OFFICIAL 08

OFFICIAL 08
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
IZUMI TANIZAKI〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
108ページ
版型
A5

あらすじ

「君が好きなのさ」つぐみの年末進行の話
「しあわせにできる」久遠寺が日芳を退職後の年末の話

表題作OFFICIAL 08

浅井青士・カメラマン/久遠寺皇・社長
加納つぐみ・マンガ家/本田雪彦・営業

その他の収録作品

  • ヘヴィツリー☆クリスマス(君が好きなのさ)
  • 男心と冬の空(しあわせにできる)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ほのぼの~

商業誌「君が好きなのさ」 「しあわせにできる」 番外編同人誌
冬コミ発行ってことで、どちらも年末のお話。
Hシーンが一切ないのが残念だけどvv
相変わらず幸せでほのぼのとした日常を過ごしてる感じで、ほっこり温かい気持ちになりました。

<ヘヴィーツリー☆クリスマス> 「君が好きなのさ」
毎年恒例の年末進行で大忙しのつぐみ。
ダニエルさんからクリスマスツリーをもらい・・・。
編集部の女性陣が激務の合間にツリーのオーナメントを飾るのは、いい気分転換になって癒されるだろうけど。
いつの間にやら、願い事カードをぶら下げてるのにウけたw
サンタさんなら何気に叶えてくれそうだけど・・・
七夕じゃないっつーの(笑)
みなさん、ホントお疲れだね~
つぐみもつい願いごとをぶら下げて、浅井に見つかり・・・。
っていうか、浅井 文字読めたんだ?(笑)
来年こそはちゃんとした願いを!な~んて懲りないつぐみ。
浅井はつぐみのお願いなら何でも叶えたいって思ってるんだろうな。
ん? 恋人はサンタってことで、ある意味間違ってないオチなのか!?
あまあまな2人は健在ってことで、ニンマ続きリのお話でした♪

<男心と冬の空>  「しあわせにできる」
スイスで年始を迎えてから、次の年末。 あれから1年・・・
6月に久遠寺が転職し、元旦しか休暇がない久遠寺とゆっくり過ごせるのは1日だけ。
そんな本田の年末年始の前編。 (後編はOFFICIAL9に収録)
本田は相変わらず人気者で、年始の休暇もあっという間に予定ビッシリに。 久遠寺と過ごす1日以外はのんびり過ごすんだろうな~って思ってたら、やっぱり本田なんだよね~
死ぬほどヒマな本田っていうのもみてみたい(笑)
久遠寺のお世話係(隠密仕事人でいわゆる黒子)の赤塚くんが、各務とご対面! 各務のノーテンキぶりが何ともいい感じで、礼儀正しい赤塚くんもうっかりフレンドリーに!?
私、赤塚くんが何気に好きなんだよね~
しどろもどろだけど敬語で応対する赤塚くんがかわいくって♪
(彼の話は、『ハピハピ2』の「24・7」、「赤塚氏の受難の日々」と『Christmas Special』で読めますv)
今回、本田とはすでに顔合わせ済?なので、初対面の話が読みたいな~
隠密行動してる赤塚くんが、本田と鉢合わせてお互いに動揺って感じで。
谷崎先生、ぜひ書いて下さい!
久遠寺がちょっとしか登場してなくて残念だけど、久遠寺家ってスゴいよな~ってつくづく感心。 
私ん家にも、赤塚くん派遣してくれないかな(笑)

1

君好きにしあわせ、贅沢な組み合わせです。

同人誌 「OFFICIAL 08」です。

こちらは、「君が好きなのさ」と「しあわせにできる」の番外編です。私にとってはとっても、スペシャルな1冊でございます。


「ヘヴィツリー★クリスマス」
毎度お馴染みの、年末進行あたりのお話です。

年末進行を目の前に控えたある日、ダニエルさんから電話が掛かってきます。
日本に仕事で来ているから、一緒に食事をしようと、誘われて、ダニエルさんが泊まっているホテルに行きます。

ホテルに着いて、もちろん浮いている3人です。なんせ超高級ホテルですからね。
そして、ダニエルさんとついにお食事。
もうすぐクリスマスという事で、ダニエルさんにプレゼントのリクエストを聞かれるのですが、そんな時一番最初のクリスマスの話題になって、浅井がクリスマスツリーを飾ったという、お話に突入します。それが、良かったのか、悪かったのか?のちのち大変?楽しい事に、なります。

年末進行も始まったある日にダニエルさんから送られて来たのがもみの木です。
それからが、大変?ではないですが、編集者の小川さんが第一弾です。可愛らしいオー続きナメントを持って、飾って、写メ撮って帰ります。第二弾は石坂さん。
そして、次は?広瀬さんです。もちろんオーナメントを飾りに来たわけではないですが、ツリーを見に来るという、名目の逃避ですね。なんたって編集者の皆さんはこんな所に来ていて?大丈夫?ってぐらい忙しいんですから。

そして、振り出しに戻って、また、小川さんです。今度はカードに願い事を書いて、ツリーに飾って、帰っていきました。短冊じゃないんだから~。と思わず突っ込んだ私なんですが、さすが、年末進行中のつぐみは可笑しいと思いながらも、スルーしてしまいましたね。
そして、石坂さんは大量のカードを持ってまた飾りに来てました。つぐみも誰にも見つからないように可愛らしいお願い事を書いて、ツリーの後ろの方に飾ってましたね~。
そして、年末進行も無事終わって、謝恩会の後家に帰ったら、浅井が帰ってました♪
甘々のお二人ですからね。そして翌朝、片付けるのはもちろん浅井とつぐみなんですが、大量のツリーの飾りに、
「来年はツリー禁止」と浅井が怒ってました。


「男心と冬の空」
こちらも、クリスマスというよりも、年末ですね。
仕事休みに入った本田のお話です。
本田のお休みは30日から4日まで、久遠寺のお休みは元旦のみとなりました。
そんな中の30日と31日の2日のお話です。
久遠寺が元旦のみという事で寂しいながらもゆっくりと過ごせるだろうと思っていた本田です。
そう!誰もそんな彼をそっとはしといてくれないのが、このお話ですよね~。
30日に各務が遊びに来て、その間にに久遠寺家の赤塚君が大掃除にやってくる。
そんな時にまゆりから蟹をくれるというので二人で取りに行って、各務と今井と3人で鍋をするんですが、
その時に赤塚君も御相伴!
まゆりの家に行った時にまゆりに2日の日を予約されてしまって、そんなこんなで、いろんな所からお誘いの電話が、鳴りますね~。そして3日は実家に。ついに4日は早紀さんのお家に。
モテますね。本田君は!皆、久遠寺は忙しいだろと思ってるからその間に本田を、って思うんでしょうね~。
こうして、本田君のお正月休みは忙しいままに終わってしまうんでしょうね~。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ