それは僕の愛じゃない

sore wa boku no ai janai

それは僕の愛じゃない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×214
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
139
評価数
35件
平均
4 / 5
神率
28.6%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832286023

あらすじ

編集者の灰塚一総(かいづかかずのぶ)は、双子の弟にとんでもない事を頼まれた。一夜限りの男に交際を迫られていて、うまく断ってきてほしいと言うのだ。しかし、弟になりすました一総の前に現れたのは、ずっと想い憧れていた担当作家の嗣原(ゆきはら)だった。情熱的に愛を囁く彼に、抱かれたいと望んでしまった一総は、正体を隠したまま関係を持つが……!? 切ない恋が錯綜する身代わりアダルトラブ。描き下ろし後日談付きv
出版社より

表題作それは僕の愛じゃない

ひきこもり気味の小説家 嗣原貴秋 
担当編集者 灰原一総

同時収録作品ウソツキの秘密

課長・長谷川
部下・市来

同時収録作品なみのまにまに

工藤・大学一年
荻原有正・教授・35才

同時収録作品誰かのだいじな誰かのはなし

檜垣 /総太の先輩
三波総太 /一総の双子の弟

同時収録作品誰かのだいじな誰かのはなし

秋原貴嗣
灰塚一総

その他の収録作品

  • そもそも体育会系の男(本編おまけまんが)

評価・レビューする

レビュー投稿数11

双子の兄のはなし

『それは僕の愛じゃない』兄・一総(出版社の編集者)
『指先で愛を語れ』弟・総太(実業団のバドミントン選手)
同じ時間軸の中での、一卵性双生児の兄サイド・弟サイドの話です。別々に読んでも楽しめると思いますが、それぞれの話で兄弟がキーパーソンになっているので、セットで読むことをおススメします。
読む順番は『それは僕の愛じゃない』からがいいです!

編集者の一総は、担当の小説家・嗣原の作品だけでなく本人にも憧れている。
一総が弟・総太から「代わりに交際を断って欲しい」と頼まれ、向かった先にいたのは憧れの嗣原!ダメだとわかりつつ、総太として嗣原に抱かれ付き合うようになる。

一総は明るくて人に好かれる総太にコンプレックスを感じ、嗣原からの愛も自分に向けられたものじゃないと思ってるのが切ない。
入れ替わりがバレてから、嗣原に震えながら謝る一総には泣けます。

嗣原は、会ったのは一度だけでも担当の顔もろくに覚えてないくらいの引きこもりなのに、高校時代から想ってた初恋の先輩だからって、総太の意識がないまま犯ってしまうものかな?とか、弟を抱いた翌日に兄を抱けば違いはわかりやすかっ続きただろー?とか、疑問に残るところもありますが…
話のはこび方がうまいので小さな疑問はどうでもよく思えてきました。
登場人物たちの気持ちが伝わってくるし、嗣原の高校時代のエピソードの種明かしが最後に効いて、正統派なラブ・ストーリーとして楽しめました。

1

そこらは、BLはファンタジーだからいいのか。

深井さんは好きな作家さんですので、かなり贔屓目でみています。
で、過去一度、作風がエロばかりになってしまって離れたのですが、あらすじを読んで久々に読んでみようかと買ってみました。

矢張り、設定や展開など上手いです。
でも、色々細かい所が気になって入り込めませんでした。
真性引きこもりの作家が、初恋の人が落ちていた(笑)からといって、一晩共にするような事態に持ち込めますかね?
妄想ではそこまでいけるかもしれない。
でも、それを実行出来ないからコミュ障で引きこもりなのでは?と思ってしまいました。
あと、双子が入れ替わるのも苦しいかも。
ずっと一緒に今でも暮らしてるならばともかく、生活が離れた時点で矢張り嘘立ちは顔に出るんじゃないかなあと思うのでした。あと双子の友人が結構沢山おりますが、その実、双子ってじっくり見ても分からない程似てる人は少ないんじゃないかなと思っているので、それもあるかもしれません。
そこらはファンタジーだからいいのか。
うーん。

そこらを割り切れれば、読後感も良くていいお話だと思います。
何だかんだで、矢張り上手いですこの作家さん。

0

メガネ作家×メガネ編集

そして、+双子。なんて素敵なマリアージュなんでしょう!(笑)
大好きな設定です~(^▽^)

初対面時のガン見はよくわかります。
ファン心理がとてもよくわかって、切なかったり、ときめいたり、ハラハラでした。
たかしがもっと変態だったら私的にはもっと面白かったな~。

ウソツキの秘密
リーマンもの。上司長谷川とちょっと乙女な市来。
長谷川はとにかくカッコいい~!
おじさんが浴衣でひとりエッチなんて…エロい(/▽\)♪


他短編1話と、双子の後日談書き下ろしあり。

1

双子の境界線

なんだよぉ、ちゃんと甘いのも有るんじゃなぃ(*´∀`*)えへへ
ちょっと重たい話ばかり読んでいたので、すごく可愛くてキュートなお話
大満足であります。

お話の主人公である受は編集さん。
それはもう好きだった作家さんの担当になれて張り切っているのだけれど・・!?
実は双子な編集さん。弟くんが、その作家と飲んで一晩むつまじい関係に
しかも交際を迫られている!?
かわりに断ってきて欲しいと頼まれはしたものの
ずっと焦がれてきた相手なわけで、断れるはずもなく、よもや弟のふりして甘い関係を~なお話なわけです。

巡り巡って実はな結末も可愛かったのですが
きむづかしいのかと思っていた作家先生が、本当は年下で甘えん坊で好きな相手にはべったり。という設定が萌えました。
なんだか子供っぽくて可愛かったのです(∩∀`*)
そんで案外絶倫とかなw
というか、個人的にはメガネはずした子供っぽい受も好きなのだが
あのメガネで知的な感じでのエロシーンも一つ欲しかったかなと思ってみたり。

弟くんとコーチの話もきになりますな。
なんだかんだで簡単におっこっちゃうと思うんだが続きなワシ。

>>ウソツキの秘密
こちらのお話も好きでしたww
上司×部下。
上司に惚れて仕方ない部下。贅沢はいわない、そばで見ていられれば
社員旅行!?温泉!?・・・・裸見放題wwwwww
張り切ってガンバルも~から、心は通じるのか!?

なんというか、自分を出し始めた上司(攻)のキャラクターがなんだかワイルドに見えて仕方なかった。こういうのキライじゃない。
酔ったダメ上司とのバランスが巧w

0

双子といえば

双子といえば入れ替わりネタでしょ!
というわけで、がっつり入れ替わりネタの入った表題作でした。
バレるかバレないかっていうドキドキで引っ張って切なさを盛り上げていくのって、王道ながらやっぱりいいなァと思いました。
『そもそも体育会系の男』は必要不可欠ですね。
笑えるってだけでなく、「編集者の体とスポーツマンの体、普通なら簡単に違いが分かるじゃ…?」という当然の疑問を、受けの天然さでナチュラルに解決してくれてます。

他短編いくつか。
どれも面白かったです。

1

いくら双子とやっちゃっても違いは解りませんかね?

両親の都合で別々に育てられた双子の総太と一総。
大好きな作家の嗣原の担当編集になれた一総ですが、酔った勢いで嗣原と寝てしまった総太に身代わりを頼まれてズルズルと・・・

一総も怒ってますが、体の違いで2人の見分けつかないんですかね?
設定では総太はバドミントンの実業団チーム所属ということですからね。
しかし「そもそも体育会系の男」で一見弱そうな一総は体鍛えるのが趣味ってありましたから、ヒッキーで体の弱いという嗣原には見分けは無理かな、と納得したり。
深井さんの作品は登場人物の表情がいいですよね。
自分とは違う総太の振りをしなければならない、一総の喜怒哀楽の表情がとってもよく伝わってくるんです。

「ウソツキの秘密」はサラリーマンもの。
あこがれの課長と実は両想いだったというお話

「なみのまにまに」これは深井さんのデビュー作?
大学の先生に片思いしていた学生と、ゴーイングマイウエイな先生のコメディ。

これ、全編通してメガネなんですよ。
あとになって「そういえば、メガネだった・・・」と気付いたり。
楽しい一冊でした。
表題作に出てきた総太のお話もある続きそうですが、こちらは総太に振られ続けるポジティブトレーナーが出てきて面白そうで、期待できそうです。

1

それは僕の愛じゃないレビュー。

タイトルから何となく予感はしていたけど身代わり愛モノでした。双子ネタです。

編集者の灰塚一総は、双子の弟にとんでもない事を頼まれた。「酔って寝てしまった男と切れたいので、自分の代わりにNOの返事をしてきてほしい」と。 その相手はなんと、自分が担当する作家で片想い中の男。いけないと思いつつ、弟になりすまして付き合う事に……。
という話です。
ひょんな事から始まった関係。だけどそれは偽りの上で成り立つ関係。

好きな相手が甘い声で自分を好きだと言う、名前を呼ぶ、だけどそれは自分に向けて言っているじゃないんだという切なさが胸に突き刺さる。
双子ならではのトラウマネタも美味しかった。
「自分と弟の区別がつく人は皆弟を選ぶ。自分でもいいと言ってくれるのは、区別がつかない奴だけ」
うわー…お兄ちゃんやさぐれているよ!

身代わり愛、双子ネタがお好きな人にオススメです。始めの方は切なかったけど、後日談の描き下ろしに和んだ。

0

すね毛を描くのは、こだわりでしょうか?

「そんな偶然ばっかり、ありえない!」と言いたい所ですが…。
全然違和感なく読めてしまうストーリーでした。

双子なのに性格の違う二人。
主人公は兄の一総、大人しく真面目な性格で、担当している作家に恋してます。
弟の総太はノリが良くて明るく軽い性格。

一総(兄)→貴嗣(作家)→総太(弟)
こういう関係です。

弟と入れ替わってまで、自分の恋を成就したかった兄・一総ですが、愛情は自分に向けられた者ではなく、弟・総太に向けられたものだと感じ悲しくてたまらなくなります。
そしていつバレるか、いつ本当の事を伝えようかと、怯えながらも関係を続けていきます。
このへんがとっても切なさをかもし出していて、ぐっと気持ちを掴まれてしまいました。
そしてとうとう双子が鉢合わせしてしまい、ばれてしまうのです。

正体がすっかりばれてしまった一総は、ゆっくりと心の内を告白して貴嗣の前から去ろうとします。
でも貴嗣は、ちゃんと一総を認め恋人でいてくれることを許してくれます。
もともとは総太が好きだった貴嗣ですが、それこそが勘違いの始まりだったのです。

双子ゆえに人に言えな続きい悲しみを抱えていた一総。
その悲しみが溢れてしまった一部分を偶然見てしまった貴嗣の恋の始まり。
すべては偶然から始まって、めぐりめぐった偶然の繰り返しで恋人になるわけですが…。
作りすぎのストーリーでごちゃごちゃした嫌な感じなど一切ありません。
穏やかで切なくて、でも甘ーい二人の世界に是非惹かれてください。

4

上目遣い

いっつも思うんですが、深井さんの、この
「じっとり絡みつくような上目遣い」「流し目」「伏した目」
が、とってもエロい
ただでさえエロい視線が、その上更に、お互い眼鏡越し、と、最強・最凶な感じで、視線が錯綜しまくり。
萌の2乗、3乗!?
深井さん位、眼鏡描くのお上手だと、眼鏡同士がとってもおいしい。

「ウソツキ~」の課長さんの、眼鏡の下の目尻のしわも、ナイスです。

0

お気に入り眼鏡を見つけてw

表題作の他に2つの短編と描き下ろしが入ってるんですが
それぞれの共通点は『眼鏡』。
カップルのどちらか、あるいは両方が眼鏡を掛けています。
それが物語に何らかの影響を与えているのか?と言われれば。。。
表題作に関しては多少の影響がないとも言えませんが
基本的には。。。好みの問題のみでしょうww

『それは僕の愛じゃない』は
双子の片割れになりすまして交際を断りにいった相手が自分の憧れの作家で
断れずに、弟のふりをして付き合う事にしたけど
ひょんなことから嘘がばれて。。。と、一見ありがちな設定に見えますが
最後にちょっとしたサプライズ的なネタばらしがあったりして
いい感じで納得出来るラストに仕上がっています。

描き下ろしの『そもそも体育会系の男』は、深井さんお得意の4コマ漫画で
思わず「ぷっ」っと吹いてしまいましたw

もうひとつの描き下ろし『誰かのだいじな誰かのはなし』は
ラブラブな後日談、と見せておいて
実は双子の弟のお話だったりします。
こちらは是非、その後のお話が読みたいですね!

『ウソツキの秘密』はクールな上司と、その上司に思いを続き寄せている部下のお話。
クール眼鏡の課長がエロく豹変するギャップがタマリマセン!
個人的にはこの本の眼鏡キャラの中で一番のツボでしたw

『なみのまにまに』は、年下攻め×誘い受け眼鏡教授。
この年下くんがどうしてこの教授の事を好きになったのかが
途中で一気に語られるんですが
出来ればもっと早い段階で気持ちが語られていた方が
感情移入し易かったかな?と思いました。
でも、結末はなかなか良かったですけどw

シリアスさをじっくり楽しむ作品ではないですが
深井さん好きなら充分に楽しめる作品集だと思います。

1

双子の見分けはつかないのか?

ゲイの双子の身代わりラブです。
両親の離婚で姓も変わり離れて育った二人だけれど、一卵性なので外見の見分けは難しい一総と総太。
一総は編集者で、大好きな作家「嗣原」の担当をしながら恋心を募らせています。
総太は酔っぱらって後輩の貴嗣にお持ち帰りされセックスし、「初恋の相手」だと迫られたものの、付き合う気など全くないので、一総が身代わりになり上手く断って欲しいと言ってきます。
ところが貴嗣=嗣原だったため、一総は総太に成りすましたまま付き合いだしてしまうのでした。

「自分を愛してくれているわけじゃない」と言い聞かせながらも貴嗣との関係に溺れていく一総ですが、怪我をして病院で総太と鉢合わせをしたため、双子が入れ替わっていることがばれてしまいます。
あれこれあった誤解がとけて、最終的には丸く収まるわけですが、この「あれこれ」の部分で三人の今までの人生の縮図が語られ、「鋏」の名言も登場し、なかなかいいドラマになったと思います。ちょっとホロリときましたし。

それにしても総太の言うように、「違う身体」の区別も付かずに一総に「総太が好きだ」と言っていた貴嗣は、本当のところ全く気付続きかなかったのでしょうか?違うような気もするんですが・・・。
まあ、どちらにせよ貴嗣は攻めのクセに弱弱しくて女々しい奴ですね。
そういう意味では総太が一番“漢”な感じですが、描き下ろし「そもそも体育会系の男」を読んで、一総が一番曲者なんじゃんと思った次第でございます。

他、短編2作はコメディですよね。どちらもなんだか変で面白かったです。総太のお話も今後展開されるとのこと、楽しみです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ