小川さんの内部(なか)が……忘れられないんです

アゲハ蝶に騙されて

agehachou ni damasarete

アゲハ蝶に騙されて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
6件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576090436

あらすじ

俊樹が一目惚れして『処女』まで捧げた相手の正体は、超苦手な後輩・秋葉だった! 騙し騙され…お互いの真実が明らかになった時…?

「わたしに迫られるのが怖いんですか?」――小川俊樹が、うっかり惚れたニューハーフバーの人気No.1ホステス・麗美のすべてを苦痛の末に受け入れ、倒錯的な快楽を知った翌朝。そこには会社の後輩・秋葉範和がいた。新人ながらパーフェクトな仕事ぶり、一分の乱れもないストイックな美貌に、ついたあだ名は『サイボーグ』。実は俊樹は、このプライドを刺激してやまない男から入社以来、熱い視線を執拗に送られ続けていて…。そんな状況に耐えられず、ひたすら避けていたはずなのに! 秋葉と麗美は同一人物!? と、いうことは…
出版社より

表題作アゲハ蝶に騙されて

ニューハーフバーの美人ホステス「麗美」/実は後輩の秋葉範和
小川俊樹,自動車部品製造販売営業マン

評価・レビューする

レビュー投稿数1

言い出せない事、言えない事

今回は無表情ながら何事もそつ無くこなす優秀な新入社員と
彼の教育担当になった四年目社員のお話です。

自動車部品の製造・販売会社に勤める受様。
海外営業部とはいえ彼が所属するのは非正規品が横行するアジア地区。
手のかかる注文も多く、日々戦争な毎日です。

そんなある日、受様は取引先を接待する事になりますが
相手のお目当てはなんとニューハーフバー。

誘われるまま案内した世界は不思議な異空間。
居心地の悪い中で受様の脇に座ったのは
ほころびかけた花が一気に鮮やかになるホステス・麗美でした。
このホステスが今回の攻様になります。

なかなか彼女の笑顔が離れなくても仕事は仕事。
新年度、受様の所属する課には久し振りに新入社員が入り、
有名代卒で礼儀正しい真面目そうな青年が配属されます。
しかも彼が即戦力になりそうだと知れると先輩の自分を差し置いて
ヨーロッパ担当課の花形課への異動まで決まってしまい、大ショック!!

落ち込んだ受様は忘れられずにいた麗美に会いたくて再びバーへ。
出来の良い後輩の事を話すうち、
程よく酔った勢いで麗美とずっと一緒にい続きたいと言い出す始末。

最初は酔っ払いの戯言といなす麗美でしたが、
彼も受様を憎からず思っていたのである秘密を抱えたまま、
二人は濃厚な一夜を過してします。

翌朝、臀部の痛みに早くも後悔交じりの受様の前に
バスタオル一枚で現れたのは新入社員の彼?!

どうして攻様がニューハーフのバイトをしていたのか?
自分を執拗な視線で追っていたのは狙っていたから?
そもそもナゼ麗美が自分だと言わなかったんだ?

受様は混乱の中、攻様を避け始めますが、
どうしても受様をあきらめきれない攻様は
麗美としてなら話を聞いてくれるのかと説得を試みます。

しかし秘密を抱えていたのは攻様だけじゃなくて?!

本作で商業文庫は3作目の楠田さんですが、
キャラの設定付けや展開がちょっとというかかなり変わっています。
その変わったところがツボに入ると面白い!
今回も小説で「女装攻」って読んだ事ないぞと
もうあらすじだけでワクワクです。

展開も攻様の女装で受様がなじったと思ったら
受様の暴露話で今度は攻様が受様を責める立場になるなど
騙す側と騙される側がコロコロと入替るのも
ドタバタしていて面白いと思います。

但、お好みから外れると感情移入し難くくて読み辛いのでご注意を(笑)

今回は本作よりもうちょっとハードル下げて
オカマのメーキャップアーティスト攻で1冊お薦めを。
火崎勇さんの『Doubt ダウト』はいかがでしょう?

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ