恋姫(新装版)

koihme

恋姫(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
36
評価数
12件
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862635365

あらすじ

人気歌舞伎役者・優紀は遊び仲間の秋川に密かな想いを寄せていた。戯れを装って身体の関係を持つようになってしまった二人だが、優紀は彼の心にも期待し始め…!?
続編の「小春日和」や、人気読み切りも収録された特別編集・新装版!!

表題作恋姫(新装版)

歌舞伎の脚本家・秋川
歌舞伎役者・優紀

同時収録作品2元中継でお送りします。

高校球児(エースで四番)習志野/野球部後輩(忠)
野球部監督/野球部先輩・三宮春太

同時収録作品運命の人

高校退学を考えている?元陸上部員・水凪
婚約に踏み切れない高校教師・奈上

その他の収録作品

  • 蚊帳の外
  • 小春日和

評価・レビューする

レビュー投稿数5

つくてん、つくてん

門地かおりさん、他の作品は好きですけど、「恋姫」だけは
どうしても受け付けなかった……というか切なかったですね。

攻めの秋川がふらふら、うろうろしててどうにも女々しくて
個人的にはどうしても無理だった。
受けの優紀は一途に秋川を想ってて、多少小狡いところはあれど、
秋川を想ってて、いつまでも想ってても報われない。
「小春日和」ではやっと、優紀の想いに気づいててくれていたのか
と秋川にはバシン!っと背中を押したくなるような感じがしました。

暗いお話ですが、切ない……のかな、どうかな。
読む人によって好みが分かれるんじゃなかろうかという作品でした。

「運命の人」
高校の生徒と教師、身体の関係になるのですが、
最後、読後が暗いけれどもなんとなく安堵できるような。
停滞感???
よく分からないけれど、表題作品よりはまだ良いかなと思えるお話でした。

0

シビレた

前のレビュアーさんが 同時収録について詳しく書かれていて
「なるほどー!」 と思いましたが、
私はこちらのコミックしか読んだことが無いので
あくまでも表題作についての感想です。

有名な作家さんのわりに ずっと未読でした。
この作品が初読み。

とてもシビレるお話で、「大人っぽい!」と感激しましたが
どうやらこの作品だけなんですね・・・。
学生の恋愛モノを多く描かれているようで。

表題作と「蚊帳の外」、「小春日和」・・・
それだけで「神」です。

言葉で交わすだけが 愛じゃないのですよ・・・。


他の収録作品は ・・・特に印象に残りませんでした。

1

いろいろな恋のかたち

表題作の「恋姫」は書き下ろしや、同人誌に掲載された「小春日和」を読まないと相当、後味の悪いお話になりそう。
あらすじだけ読むと「どこの王道BLじゃい・・・」とツッコミをいれたくなりそうですが(笑)
読んでみたらそんなことを言えなくなりそうなこの頃(90年代中期くらい)の
門地さん特有の救われない感じの和ものでした。


秋川は悲しい人なのかもしれないですね。
優紀の「一途」さと秋川の「一途」さは方向は違えど強さは同じで
ただ、秋川の恋愛は「恐れ」を常に秘めているから長くは続かない。
「小春日和」は本当に初冬に春みたいな日が差し込んでいくように
秋川の「恐れ」が溶けていったようで、よかった。

<運命の人>
先生はひたすらにずるい人間。
「水凪と寝たのは水凪が脅してきたから」
「今、家を出ることができないのは水凪が離さないから」
確実に水凪にほだされているのに、それを認める強さもないから
総てを水凪に押し付けることでいくらか自分を楽にしようとする。
その反面、真正面から愛されることに引け目を感じるところがある先生は水凪の「強引さ」にいくらか救われてもい続きる。
傍から見ると噛み合わない二人だけど
先生にとって「自分の行為の責任を押し付けられる=甘えることのできる人」
だから、それを許してくれる水凪は先生の「運命の人」なんだろう。
「運命の人」って優しい意味で使われることが多いけれど
こういう「運命の人」もいるんだな、と思った。


門地さんの漫画を読むと自分の中にある汚い部分を
露呈させられそうな気がして怖いところがある。
が、その感覚が楽しくもあったり。

1

「恋姫」シリーズが網羅されたのは結構なのだが…

旧『恋姫』から『恋姫』『蚊帳の外』『2元中継でお送りします』を、旧『好き式友情術』から『運命の人』を、旧『デジャブ。』から『小春日和』を収録した新装版。
作品レビューは旧版を参考にされたい。

超短編かつ別コミックスに収録されていた『小春日和』が同時収録され、『恋姫』のシリーズがこの一冊に網羅されたという点においてはよかったと思うのだが、ページ数の関係か『2元中継でお送りします』のリンク作が収録されなかった、逆に言えばこの作品だけ収録されてしまったのはどうしたことか。
本作は旧『恋姫』には収録されていた『年下の男の子』に対してコミックスで書き下ろされた作品であり、同人誌初出である大学進学後の続編『恋をするならワンルーム』(現在絶版の『メロメロのしくみ』収録)はまだしも、『年下の…』はぜひ同時収録してもらいたかったところである。

新装版『デジャブ。』のレビューにも書いたことだが、単行本化の原稿を現在進行形で貯めている状況とは異なるわけである。
もちろん作者である門地氏の意向が最優先ではあるが、旧版をそのままではなく再編することを選択するならば、同じ世界観の作品群はできるだ続きけまとめて提供するのが読者への良質のサービスではないだろうか。

『恋姫』は非常に好きな作品であり旧版では神評価にしたのだが、同時収録作の選択などコミックスとしての出来に納得のいかない部分があるため、萌評価にとどめることにする。

6

思いは通じているのにね

最近立て続けに新装版が出ている、門地先生
表題作は14年前に雑誌に発表された作品

「恋姫」
歌舞伎の人気女形・優紀と座付き作者・秋川の長くもじれったい恋のお話。
BLの王道設定の一つ「寝てみて気が付くノンケ」もの。
「蚊帳の外」
書き下ろし。「恋姫」の続編

「2元中継でお送りします」
書き下ろし
野球部の監督と選手、このカップルの選手の方を好きだったチームメイトとそのルームメイト
この二組のある休日を2元中継
って、この話、どっかから続いているのか?
または、どっかに続いたのか?

「運命の人」
この作品だけ。前にどこかで読んだことがある。
1999年の作品で、前にも本になったことがあるようなので、その内のどこかで読んだのだろう。

「小春日和」
これも「恋姫」の後日談

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ