俎上の鯉は二度跳ねる

sojo no koi wa nido haneru

俎上の鯉は二度跳ねる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神270
  • 萌×228
  • 萌39
  • 中立22
  • しゅみじゃない15

157

レビュー数
111
得点
1601
評価数
374件
平均
4.4 / 5
神率
72.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
小学館
シリーズ
Flower comics α(フラワーコミックスアルファ・小学館)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784091325150

あらすじ

妻と離婚した恭一。だが今ヶ瀬との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。今ヶ瀬に抱かれることに慣らされいてゆく日々。
ところが、恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が二人の関係を大きく揺るがし始め…!?
ケータイ少女誌「モバフラ」で配信された水城せとな大人気シリーズ完結編!!

表題作俎上の鯉は二度跳ねる

大伴恭一,会社員
今ヶ瀬渉,調査員

その他の収録作品

  • 憂鬱バタフライ
  • 黒猫、あくびをする
  • 俎上の鯉は二度跳ねる

評価・レビューする

レビュー投稿数111

絶対に読んで欲しい1冊

「窮鼠はチーズの夢を見る」の続刊です。

ただのBLで終わらせてはいけない作品。
ゲイであるからの苦悩、ノンケであるからの葛藤。
心情をリアルで描写していて、読んでいて胸が苦しくなります。
ストーリーに重みを感じ、マイノリティについても考えさせられました。
ただ好きなだけでは男と一緒になるところまで踏み出せない。
相手がいつ女のところへ行ってしまうかもわからない不安。
BLを読むなら、絶対に目を通して欲しい作品です。

1

本作を読めて良かった。

「窮鼠はチーズの夢を見る」と同シリーズでそちらの続きのお話。

窮鼠は~の方はまだ序盤な事もあり物足りなさがありましたが本作で物語も進んで複雑になっていき、2人の関係等にも変化ありで面白かったです。

漫画の恋愛描写は綺麗に描かれている作品が多いですが本作は男同士の恋愛というよりも恋愛そのもの、人間の本質的な部分といった所にスポットライトをあてていて決して綺麗とは言えない恋の盲目さが丁寧に描かれています。2人だけでなく出てくる女の子達も皆ずるい所があって人間らしくて良かったです。

恭一が流されやすくフラフラしているからとモヤモヤする事は本作ではもう無くなりました。元々冷静な考えが出来る人ですが本作ではよりいっそう現実を見ていて言い方が悪いかもしれませんが「冷たい」と感じる場面も多々ありました。

逆に前作で流されっぱなしの恭一に正論を言い放っていてしっかりした印象だった今ヶ瀬は、自分の感情がコントロール出来なくて恋愛に振り回されていて不安定な面が目立ってきてモヤモヤ。

恭一が今ヶ瀬に振り回されている様に見えて実は振り回されているのは恭一の方で、成長していく恭一に続き対して今ヶ瀬はどんどんダメな男になっていってる感じ。けど凄く共感出来るので苦しかったです。前作では恭一がいまいち好きになれませんでしたが本作での成長っぷりを見て好きになれました。

もし物語が続くとして2人が上手くいくかどうかは今ヶ瀬次第だと思います。恭一が成長したように彼も成長しなければどうしようもないので。彼が自分なりに答えを見つけ出し成長した姿を見てみたいとも思います。

2

BLを好きになるきっかけとなった作品です

BLという括りというより、人間の生き様を描いた、考察の余地がたくさんある作品です。
登場人物すべてに卑怯な部分や泥臭い部分があり、とても人間味あふれていて、読者をぐっと惹きつける内容だと思います。
二人が結ばれて、きれいさっぱりハッピーエンドで終わる作品が多い中、こちらの作品は恋愛というものをリアルに描いていて、ああ私たち人間はこうやっていろんな思いを抱えながら生きているんだよなあ、と深く考えさせられました。

私がBLを読み始めるきっかけになった作品です。
BLに抵抗があるという方にも、お勧めしたいなと思える作品です!

3

面倒くさい人フリークの私大歓喜

これは石橋を叩きまくってぶち壊してしまうような男今ヶ瀬と、その石橋に流されて立っちゃって引き返せなくなった男大伴の、ほろ苦い恋愛物語である…

前作の窮鼠から最後まで今ヶ瀬くんは丁寧に面倒くさく、きっとこれから月日が経てば経つほど面倒くささに磨きをかけていくんだろうな!!!と期待せざるを得ないような男!!!大伴くんもまた違った面倒くささがあって面倒くせえのインフレな二人!!!読んでる貴女は思わずイラッとしちゃうでしょう!!!
いやしかし大伴くんのような事勿れ主義はこれくらい執着された方が人らしい人生を歩めるのだと思いますよ!!!たぶん!!!

面倒くさい男が好きな人にはとってもオススメ!!!そうじゃない人は読むに堪えないでしょう!!!あと大伴くんは女と寝まくっているのでそういうのが苦手な人も避けた方がいいでしょう!!!

ハッピーエンドか?いやハッピーか?ハッピー…幸せとは何か?ヒルティ???アラン???ラッセル??????
何はともあれ、大伴くんが精神的に成長したし、ホモエンドだし、個人的にはハッピーエンド!!!いやこれからハッピーを感じてねエンドかな!!!

続き倒くさい不器用な二人に祝福を!!!

2

重たい一冊

2人の思いが色々複雑に重なり合ってこの続編をずっしり重くさせています…… 私は読み終わった後味が悪いものが苦手なのですが、 この作品は女性が出てきて、今ヶ瀬と距離を置くのでその間はもう苦しくて仕方がないのですが、2人が思いをぶつけ合い再び元のサヤに戻る時に本当にもう大丈夫だな… ようやく2人が本当に幸せになれるんだな… と安心できました。 恭一が今ヶ瀬への愛を自覚して、そのことを今ヶ瀬に懸命に伝えていく後半では、今までの辛さと嬉しさとが込み上げて本当に涙が止まりませんでした。一本の映画のようでした。

0

俎上の鯉て!

前回の「窮鼠はチーズの夢を見る」の続巻で完結です。
中身は全部表題作品です。

勉強になりました。
俎上(そじょう)の鯉って まな板の上の鯉 という意味なんですね。
このタイトル通り、今回も恭一の往生際の悪さを出してくるのかと思いきや、今度は前回では攻めだった今ヶ瀬でした。ちょっと壊れ気味。
そして、恭一がクールでかっこいい!?終始キメ顔が多かった。
頭の中で白・黒・グレー恭一が会議しているシーンにホッとしました。シリアス多かったから。
読んでよかった。深く考えさせられました。

攻↔受に衝撃でした。BLの醍醐味を見たように思います。
目からウロコ。

0

この作品からBLにはまりました。

とっても遅いのですが、水城先生の失恋ショコラティエを読んでからこの作品に出会い、衝撃を受けました。。! そして記念すべき初・BLの作品です。

練りこまれたプロットと脚本が、先生の人生経験の豊富さと頭の良さを表しており勉強になりました。色々苦労したんだろうなぁ。。。

今ヶ瀬は、結局自分のタイプに一目惚れしてそのまま突っ走っているだけで、相手を試す為にぶつける「別れてやる!」などのケンカは女子と同じネチネチ度具合だったので、「あれ?私もこういう言葉の駆け引きよくやるな、、」と女性の共感を得られやすいのではないでしょうか。

一方の恭一は、飛び越えなければならないハードルが多く、また優しい性格なので相手のことを考え自分は適切な人間ではないのではないかと苦悩する。 
ちょっと国際恋愛に似てるな、と思いました。同じ国の出身者同士なら分かり合える小さな事も、違う国の文化だから100%理解してあげられないんじゃないか、という葛藤。。。。
最後には優柔不断な性格が押し切られ(?)今ヶ瀬と一緒になることを決めたのですが、またケンカして別れてくっついて、、、と将来が目に見えますが、こう続きいう恋愛が正/否 というより、人の数だけ存在する恋愛の、一つの形なのでしょうね。

結局人間はどこまでいってもエゴと上手に付き合っていかなければならず、
相手の為を思う行動も、自分の欲望のままの行動も、
どちらも一長一短で、将来のことを案じてもどうしようもない。
360度、どこに転がっても一寸先にどうなるかなんて誰もわからない。
ならば、今自分の思う通りに、欲望のままに生きていくことしか出来ないんじゃないだろうか。。。


絵は死んだ魚の眼がどうしても好きになれないのですが、それが彼女の作品の冷徹なほどに人間の欲とエゴを突いてくる作風に合っているのだと思いました。

印象的な場面は、やはり別れの日の出のシーン。
「ごめん、、ありがとう」という恭一のセリフは、男の人って別れる時言葉少なくてこういう感じだよなぁ。。とリアルに感じました。今ヶ瀬のペラペラ話しまくるところも本当に女性っぽい。

あとは夏生の「ドブ」ですね。 コッワーーーい。。。 
作者が女性をどういう目で見ているのか分かるシーンでした。

うん、女性は気持ち悪い生き物ですよね 笑

水城先生、またBL書いてください〜!

3

最高

リアリティがある作品で考えさせられます
とても面白く上手くいかない感じがもどかしく
なんとも少女漫画チックな感じがしました

0

読み継がれる作品

今更ですが、BL作品として読んでおくべき名作ということで、前作とともに一生懸命読みました。BLというジャンルが確立される前から現在に至るまで、ブランクはあれ、男性同士のあんなことやこんなことに萌えを感じて30年近くになりますが、この作品に個人的な「BL萌え」はあまり感じませんでした。多分、わたしの萌えポイントが古いだけなんだと思います。なんとなく腐目線を持たない方が描いたBLという印象です。もう一度書きます。わたしの萌えポイントが古いだけです。これはもう、人間ドラマだと思います。

あの大ボリュームのセリフのせいもあってか、読了後は色々考えさせられました。物語終盤の修羅場を思い出すだにもの凄い疲弊感が…。ゲイの今ヶ瀬が相手を試すようなことを繰り返したり、感情的でしつこい人なので、大伴との関係は下手したら男女間の痴情のもつれのようにも見えるのだけど、男として男を愛するというのはどういうことなのか、大伴が真摯に向き合っている姿はとても男らしかったです。BLにリアリティを求めていないので、周囲を巻き込んで身も心もボロボロに擦り切れるような、リアルすぎる恋愛を体現してくれた登場人物になかな続きか入り込めなかった感もあります。(それだけ描き方が真に迫っているという証拠です。)

大伴の職場の部下である、ピュアでありながらガッツのあるたまきちゃんの存在がなければあまりに息苦しいお話でした。なので、大人んなったらこんなこともあるんやで~、というヘヴィな世界を、大人である今、あえて男性同士でもう一度味わいたいとは思わないかなぁ。評価としては難しいところですが「萌」寄りの「中立」で。

4

少女漫画の鬼才が描くBL

限りなく神に近い萌2。

そこんじょそこらのゆるふわBLとはワケがちがう、濃厚プロット。
少女漫画というかレディコミ?の構成に似て、飽きない、怖いけれど何度でも乗りたくなるジェットコースターみたいな展開。

同作者の失恋ショコラティエもそうですが
業の深い人間同士が出逢って、ぶつかりあい、傷つけあい、癒しあい、愛しあう。そのすべてを余すところなく描き切ろうという気概を感じます。

仕事に疲れて癒されたくて寝物語に手に取ると
ズドンと返り討ちにされる毒入りBLです。

2

なんだか、勉強になりました

同性間だけでなく異性間も含めた恋愛そのものにスポットが当てられており、新鮮でした。
ターゲット層は30代主婦層ということで、ターゲット層外であるわたしにはまだ理解できない部分も多々あったと思います。
ですが、なんにせよ私から見れば立派な大人のこの作品の登場人物達が、恋愛で悩み、苦しみながら幸せを手にしようとする姿には心を打たれました。

あと、わたしはリバがあまり好きではないのですが、この作品の2人は大丈夫だったというかむしろリバカプで良かったなと思いました。
一方的な関係ではなく、本当に対等な関係を築けている気がしたので…

萌えを供給するBL漫画としてではなく、深く恋愛や人生について考える恋愛漫画として読むものだと感じました。
わたしが数年後、様々な経験をしてから再び読み返して、共感することができたらと思います。
本当におもしろかったです。ありがとうございました。

2

伏線がすごい

読み終わった直後にジワジワきて3回続けて読んでしまいました。これはBLでもありますが少女漫画でもある作品です。心理描写がとても丁寧に表されていて読み返すたびに新しい発見がある。そして笑いどころもある。恭一の脳内会議楽しかったです。黒恭一に白恭一、グレー恭一は普段の恭一そのものやないかい!とつっこみたくなります。

伏線がたくさん張られていてそれが全て回収されている。少年漫画だと全部回収されなかったりするんですがこれは見事にきっちり回収されています。それを一つずつ見つけていくのも楽しい。

重要だと思うのは事の発端というか一番最初に今ヶ瀬をイケメンとして見出してしまったのが、恭一の方だったということ。あんなヤツを見つけ出してしまったがために色々苦労することになるのです。幼い頃に父親にかけられた呪いもすごいです。「女にはとにかく優しくしておけ」と嘆くように教える父を見て「お父さんかわいそう」と思う少年恭一。ノンケを主張する恭一ですがゲイになる要素は十分持っていたと思うんです。考えすぎかな。あと今ヶ瀬の女の勘(?)は所々で恐ろしいほどよく当たっていて笑えます。

モノローグや第三続き者にしか今ヶ瀬への直接的な愛を伝えられない恭一。「俺のたった一人の男を幸せにしてやってください」の場面は泣けました。たまきちゃんに「(今ヶ瀬のことが)好きだったんだ」という恭一。そこは本人に言ってやれよと思いました。

男や女やゲイのドロドロしたりしたたかだったりする人間の本質を深く描いていて、だけどダメな所があるから人間なんだ、そこが愛おしいと思える作品でした。

今ヶ瀬が攻めの前作より彼が受けに変わった本作の方が私は好きです。というか前作では今ヶ瀬が、自分がうまく抱かれるためにゲイの性教育を恭一にしていたようでした。策士すぎる。

二人はいつまで続くかわからないと言ってましたが、別れたりくっついたりするたびに周りの女性に大変な迷惑をかけているので、世の平和のためにずっとくっついていてほしいと思います。「あなたじゃダメだ」とか言いながら相性抜群の二人なんだから。

3

今ヶ瀬が完全にウザ女化してしまった…

前作と2冊まとめ買いしてしまったのでラストまで読みました。

前作は今ヶ瀬が攻めだったのでまだ読めたのですが、リバってしまったらもうこれ普通に男女の恋愛モノでよかったですよね…
特定層の女性の支持を得やすそうなキャラの今ヶ瀬は、終盤に向かうにつれて見事なまでに典型的なウザ女に成り下がっていったので、萎えもイライラも通り越して感心してしまいました。
一方の恭一はと言えば、たまきちゃんとお付き合いし始めたお陰で少しずつカッコいい人間に成長しつつあったのに、結局最後は今ヶ瀬に戻ってしまったのが残念。
『梟』で終わっていたらまだジュネ的な美しさがありましたが、そんなところで終わらせないのが良くも悪くもレディコミですね。。

作中では恭一の視点で、今ヶ瀬への苦しさを伴う感情こそがあたかも本物の恋愛感情のように描かれていますが、どう見てもこれは同情ですし、最後も今ヶ瀬が可哀想で捨て切れなかった末の選択にしか……優柔不断男が責任を取るべき相手に対して責任を取ったと解釈すればまぁいいのかな?愛ではないけど。
「恋愛は業だ」作家さんから世の男性に送られる無言の圧力が怖過ぎます…(汗)過去続きに苦い経験でもあるんでしょうか…
計算高い蜘蛛女に絡め取られて情で結婚しちゃってさらに疲弊していく旦那像が簡単に目に浮かびます(笑)
恭一さん頑張れ〜

私には今ひとつ良さを理解し難い作品でした。

1

難しいね…

「窮鼠はチーズの夢を見る」、続編の完結編。
ラストのふざけ半分で恭一が言った『俺の人生なんかどうにでもなるんだからさ』が今ヶ瀬をラクにしてあげたいって気持ちが伝わるような感じでした。
以前なら・・・もしも今ヶ瀬と分かれたら自分はどうなる?って不安感の方が大きかったのに・・・今ヶ瀬の逃げ道を確保しておくような言動に男前度あがったなー・・・と。
この結末も、完全なハッピーエンドじゃないですよね。
いつか別れがあるかも知れないことを色濃く匂わせる、余韻の残る結末です。
でも、ゴタゴタしながらももしかしたらこのまま未来へと続くのかなー?って期待もしちゃう。

1

名作っ!

言わずもがなの名作ですね!

水城先生の漫画は、どの作品も人の本質をつく素晴らしい作品ばかりですが
この作品もBLといいつつ、人の恋愛観までグサリと深く切り込んでいて、尚且つストーリーもとても惹かれるものがあって、どこをどう突っ込んでも素敵としか言いようがありません…

0

重たいけどそこが萌える!

わたしは個人的に現実味のある、男をすきになることがだれにでも理解できる前提で話の進まない、重たいストーリー展開がすきなんですが、
これはわたしにはもってこいでしたね!!\(^o^)/

受けの恭一の迷いが現実的で確かにな〜と思うところがたくさんありました。

攻めの今ヶ瀬の、受けへの思いも相当重いですが、ここまで人を好きになれる今ヶ瀬が羨ましくもなりました…(笑)


あとは、女性のキャラがいい味だしてました!恭一が付き合ってた女性を振ったあとの彼女の親友と恭一のやりとりも印象的でした〜

でも萌えが多いのは前半部分です!ここを読むとやっぱりこの2人は相性合うんだなーと本当に思います。今ヶ瀬の幸せそうな顔が、本当にかわいいです。ヽ(〃∀〃)ノ
この部分があるので一巻の窮鼠はチーズの夢をみるより、わたしはすきです。
他にもグッとくるセリフも多い作品です、1度読んでもらいたいです。

2

萌えでは無く、愛しい

前作を読み、こちらも購入しました。


自分自身恭一のように優柔不断な面があり、尚且つ今ヶ瀬のように好きなのか執着心なのか分からないような恋愛(と言えるのかは分からないですが)を経験したことがあるので二人ともとても人間臭く、身近な存在に感じられました。

前作では今ヶ瀬の恭一への想いの方が格段に強い印象を受けましたが、今作で恭一の今ヶ瀬に対する想いの方が深く強くなっていくのが分かり、流され侍、成長したな。と上から目線になってしまいますが思わずにはいられませんでした(笑)

今ヶ瀬が恭一の行動に赤面する場面や、受け攻め入れ代わる場面で確かに萌え!は感じたのですが、全体を通して人間らしく、自分が傷付かない為の狡さや自分勝手さを持つ、そんな二人が同性同士という困難を抱えながらも惹かれていくという心の動きを中心にした作品のように感じられたので、私は萌えというよりはそんな二人の関係性が愛しくて堪りませんでした。迷わず神評価です。


最後はこれからの二人のお付き合いは順風満帆という訳にはいかなそうだなと思わせる締め方でしたが、個人的には恋人であれ愛人であれ先輩後輩というだけの続き関係であれ、どんな形でも二人の関係はなんだかんだうだうだと続いていきそうだな、と私は思いますし思いたいです。二人が幸せでありますように。

2

ただ圧倒される一冊。

有名な作品だったので、たまたま本屋で手に取ったこの漫画に、ここまでやられるとは思いませんでした。二冊の感想まとめて書きます。
読み終わった後は、ただただ圧倒されて暫く何も考えられませんでした。とにかくすごい。この一言に限る。私が今迄読んできた漫画の中で一番感動しました。決して萌ではないので、一番萌えた作品は?と聞かれれば、これではありませんが、一番面白かった作品は?と言われれば、真っ先にこの作品を引き合いにだします。
すこし癖がある作品なので、人を選ぶかもしれませんが、絶対に読んで損はありません。断言します。
あまり参考にならないかもしれませんが、とにかく一回読んで欲しいです!

2

私のBL歴において一番の衝撃作

水城先生の作品は、BL意外の作品も色々読みましたが、どの作品もすごく激しい。

この作品を読み終わったとき、感動と一言で片付けられない気持ちが沸き上がりました。泣けるわけではない、萌えるわけでもない、何なんだろうこの気持ちは。恐怖、という言葉が一番しっくりくるかもしれません。

この作品は、BL作品という枠に留まらず、愛とは何かについて語っている作品のように思えます。

正直、愛ってこんなに激しいものなの?ドラマチックすぎやしない?とちょっと疑問に思います。きっと水城先生自身の恋愛観がものすごく顕著に現れているのだと思うので、万人共通の感覚ではないのでしょう。リアルなようで、実際私のようにのほほんと恋愛するタイプの人間にとってはファンタジーな恋愛模様であると思うのです。だから、怖いと感じる。

読了後に、色んな感想を聞いたり、たくさん議論をしてみたい作品!

3

恋愛の修羅である側面を描いた名作

◆あらすじ◆

「窮鼠はチーズの夢を見る」の続編。
その後妻と離婚した大伴は、今ケ瀬との半同棲状態を続けています。
相変わらず今ケ瀬に対する気持ちが愛情なのかどうか分からないまま、今ケ瀬との情事に溺れていく大伴ですが、そんな時、部下の岡村たまきに告白され、たまきにも惹かれ始めます。
大伴の異変に気付いた今ケ瀬は大伴に別れを切り出し、一旦は別れる二人。
しかし、たまきと結婚を前提に付き合い始めた大伴の前に、再び姿を現した今ケ瀬に、大伴は――
恋愛の修羅である一面を描いた後編です。

◆レビュー◆

「窮鼠は~」では今ケ瀬に押されっぱなしの大伴でしたが、後編に入って二人の関係は攻守交替しはじめます。(左右の関係もリバへ!)
狂言廻し的な役目もしていた前半の冷静さを失い、恋に溺れて壊れていく今ケ瀬。
今ケ瀬の言動が被害妄想的になっていく一方で、大伴は次第に覚醒的になっていきます。

今ケ瀬に対する「持て余すようないとおしさ」が愛情と呼べるものなのか、自問自答を続ける大伴。
同性愛であるがゆえに生まれるこの疑問によって、愛情というものの本質と否が応でも向き合わさ続きれていく大伴の葛藤が、とても赤裸々で、リアル。
大伴の葛藤は、恋愛感情というものの、相手を思うばかりではなく実はエゴそのものな部分や、劣情の延長線上である部分、ある種の支配と従属の関係である部分(そうでない形もあるのでしょうが)など、恋愛の喜びよりも、恋愛の苦しみや汚れた側面を読者に容赦なくつきつけてきます。
恋とはそういうものだと知りながら、どうしようもなく恋にはまり込んでしまう「業としての恋愛」が、この作品のテーマになっている気がします。

「少女みたいな可憐さを残しつつ案外しっかりしてて積極的」というたまきは、大伴の理想の女のコ。
彼女を選べば、誰からも祝福され、安定してやすらげる幸せな人生が送れることは目に見えているのに、どういうわけか、情緒不安定で、大伴を愛しすぎているがゆえに大伴を信じきれない、同性の今ケ瀬を選んでしまう。
そこに安定した幸せは望めないにもかかわらず…
「幸せになれる選択」という物差しを見失ってしまうほどの激情を、大伴は知ってしまいます。

そして、二人の関係がいずれ終わりを迎えることを予期しながらのラスト。
ハッピーエンドが求められるBLというジャンルでは、こういう苦みを残したラストは珍しい。ここはレディコミならでは、な気がします。
でも、多くの場合恋が成就した瞬間はその幸せが永遠に続くと錯覚しているだけで、本来恋にも終わりがあるものなんですよね。

恋に溺れて、自称「大伴(への愛)しかないつまらない男」になってしまった今ケ瀬と、今ケ瀬に出会って本当の恋を知り、恋の修羅に堕ちた大伴。
恋は人を幸せにするばかりじゃない――これも、恋愛の真理です。
作者あとがきに「ミクロコスモスとマクロコスモスの大きさは等しい」とありますが、大伴と今ケ瀬の物語は、同性愛というシチュエーションならではの特異なものではなく、あらゆる恋愛が包含している、修羅である側面を描こうとしたもの…そんな気がします。
そして見事にそれを描き切ることができたのは、BLという引き出しを持つ水城さんだったからこそじゃないでしょうか。

「窮鼠は~」同様に、言葉の放つオーラが凄い。
まるで、恋愛がテーマのエッセイを読んだような読後感です。
こういう重みのあるBLに、もっと出会いたくなりました。
本来「抱かれたい側の男」である今ケ瀬の本質が後編に入って見えてくる…という溜めのある展開にも、大満足!です。

7

リバをありがとう、せんせい

すきなキャラが受けにまわってくれて本当に嬉しい…!
今ヶ瀬ってほんとダメなやつですよね笑
でもすきです
恭一は浮気さえしなかったら結婚したい男ですよね
優良株ってやつな気がします
ながされ侍なところも共感できるし

今ヶ瀬が女みたいにきゃーきゃー言いながら受けてるのが可愛かった。ほんとに女子ですね
ゲイというかややおネエ入ってる気もします
女性と接してるときの今ヶ瀬はかっこいいんですけどね
いやーこんなイケメンと付き合えて羨ましいよ、恭一!
美男カップルですね

読んでて萌えたし、少女漫画家さんの作品にしてはホモセックスの描写も素敵でした


でもわたし的にこの二人すぐ別れそうな気が…
今ヶ瀬は別れてくれなそうだからそれに恭一がほだせれ
て別れられずにずるずるいくか、恭一がきっぱり別れるかのどっちかじゃないかな
今ヶ瀬は三日後にはまたもうダメだ~!ってなる気がします笑

1

水城せとな的恋愛論・完結編

自分の心にどこまでも誠実に対応しようとする恭一と、嘘ばかりつこうとする今ヶ瀬と。

窮鼠~から、恭一が受であることに対してものすごく違和感があったので、攻めに転じてくれてほっとしました。リバも私はぜんぜんOKでした。ある意味うらやましいとも思います。可愛がってあげたい、泣かせたい気持ちは女性にだってありますし。それができるなんてやっぱりゲイならではでしょう。

今回は恭一がすごく成長してかっこよくなっていました。男の人が腹をくくった時のかっこよさ、ステキでした。
それを引き出したのは今ヶ瀬なのに、目の前しか見えない彼はそのことに気が付かない。やっぱり女性的です。じれったくなるほどですが、それは庇護を求める立場の女性ならではの不安だと思うのです。

ゲイカップルのお話ではありますが、やはりこれは男女の恋愛論として読めるなぁと思います。
これだけ面倒な部分を盛り込んでラストシーンにまで持って行った作者さんに拍手です。

3

覚悟の上で。。。

好きな声優さんが出演されているオススメのBLCDで前作と共によく挙げられていた作品で気になっていました。
「リバやNLもあるので注意」とただし書があるのも常で、BL作品でのNLが好きじゃない私には地雷かもしれないと思うと購入に到れず…。

しかし気になるのも事実。
こちらのレビューでも神評価が多かったので、原作、コミックならば!と購入しました。
覚悟していたNLや恭一のフラフラはそれほど気になりませんでした。恭一の気持ちの動きが分かりやすく、理解できたので地雷になるどころかお話にのめり込んでいました。
ラストシーンがすごく素敵で、窮鼠〜のみではきっとここまでの満足はなかったかも知れませんが。

今ヶ瀬とのウダウダが妙に生々しくて…お互いの、経験を重ねたからこその葛藤がリアルでした。

まだ一読めで、今後 何度も読み返すだろうし神評価になっていくのは間違いないと思うので…期待の意味で 今はあえての萌評価です!

1

恋愛は、


 業だ



体の芯から押し潰されそうな痛み
足下から根こそぎ全部もっていかれるような
ほかの荷物が 何も持てなくなるような苦しみ


それが、恭一がたどり着いた、「本当の恋」だった。



 俺は 貴方との絆がほしい
 俺には貴方がいるって思いたい

 でも100じゃなくていいんです
 ゼロでなければそれでいい
 それだけなんです



ふたりの恋の「死」まで、あとどのくらいなのか。



***



表紙に描かれた
「蝶」(憂鬱バタフライ)
「黒猫」(黒猫、あくびをする)
「梟」(同タイトル)
「鯉」(俎上の鯉は二度跳ねる)
も素敵。

2

BL界にはあまりない…が……

神評価をつけるほど胸には響かなかったかなぁ。
そして少なくとも萌、ではないです。はい。
かっこいい男の人が出てこないというのもあるかもしれない(^_^;)

お話としては買って損する!とまではいかなくても
期待を膨らませすぎるとガッカリするかも。

私個人の意見では、長く続く作品より1冊完結の重さの作品を
好まれる方は2~3時間はこれ一冊で満たされるのかな~なんて…

しかし私の好みが今日のBL界とは少しずれている部分もありますので
この作品が誰にとっても面白くないかといわれるとそれはNOです。

7

男同志の恋愛って。

前作『窮鼠はチーズの夢を見る』を読んで、すっかりハマり本屋さんへダッシュしてこちらをゲットしてきました。

『窮鼠はチーズの夢を見る』はハッピーエンドで終わって、今ヶ瀬、よかったね~、なんて思っていたのに、こちらはかなりのシリアス度です。

確かに恋愛ってくっついて終わり、じゃないんですよね。そこからお互いに努力し、妥協もし、二人の時間を共有していかなくてはならないわけです。

「ゲイではない」恭一を自分が繋ぎ止めておくことが出来るのか、常に不安と闘っている今ヶ瀬にとって、たまきの出現があまりに衝撃だったことが手に取るように伝わってきました。恭一だけを想ってきた、恭一だけを見てきた今ヶ瀬には、恭一の少しのしぐさでたまきを気に入っていることを感じ取ってしまったのでしょう。

そうした負の連鎖によって一度はすっぱりと切れてしまう二人でしたが、また偶然に出会ってしまい。

いずれ捨てられるのなら、100%でなくていい。ほんの数%でいいから恭一の中にずっといたい。そんな今ヶ瀬の想いが非常に重かった。
お互いに酷い言葉を相手に言いながらも、どうしても離れられない。でも一緒に続きいることも辛い。
男女の恋愛ならば障害にならないことが、男同志というだけでここまで辛いものになるのか。なんだか涙が出て止まらなかった。

すごく不思議だったのは女性陣。今作のたまきも、前作『窮鼠はチーズの夢を見る』の夏生も、どうしてあんなことがあった後で恭一と付き合おうって思えるんだろうか。二人とも良い女性なんですよね。BLにありがちなイヤな女性ではない。賢いし、他人に対する思いやりも持っている。そんな二人が心を今ヶ瀬に持っていかれてるってはっきりわかっている恭一と付き合おうって、どうして思ったのか。自分にチャンスがあるのなら「恋人」の立場に立ちたい、と思うのが恋愛なんだろうか。
今ヶ瀬が恭一の「良いところ」を延々と語るシーンがあったけれども、そんなにいい男か~~?

あと、表紙が良かった。
『窮鼠はチーズの夢を見る』は今ヶ瀬が恭一を見てるだけだけれど、『俎上の鯉は二度跳ねる』ではお互い向きあって、今ヶ瀬が恭一のネクタイを直している。
これからも二人がきちんと向き合ってダメなところをお互いに直していける二人であることを願ってます。

6

幸せの在り方とは

前作から流され続けた主人公・大伴と人並みに欲張りになってしまった攻め(リバあり)・今ヶ瀬のお話。

男同士、同性同士での恋愛の脆さにぞっとしながらも、ああ、これがBLか…ああ…と妙に納得させられる作品です。
前作同様、女性との正しい恋愛を望む大伴に愛を求めてしまった今ヶ瀬…うーん…一気に崩れてゆくところに現実を見た気がします。

やっぱり普通の生活をしてくればそれなりに倫理観を養いますし、大伴の葛藤は当たり前のものなんですよね。
だけどここまで現実味に溢れた表現はやはり、水城先生流石!と言いたいところです。
少しずつ男らしく変わってゆく大伴に今ヶ瀬と同じくドキッとさせられちゃいますね(笑)

ハッピーエンドではないのですが、二人はやっとスタートラインに並んで立つことができたのですから、二人にとっての幸せはそこにあるのでは…と思わされました。
そう遠くない未来に別れることがあったとしても、二人は、それでも幸せなんですね。


何度も何度も読み返して、何度も何度も涙する、素敵な作品でした。

3

やっぱり恭一は好かれるけれど

 前巻では、その場その場で好きな方に流れていく恭一でしたが、今回は同じ会社のたまきに好かれるところから始まります。

 恭一の自宅まで用事があってくるたまきですが、そこで今ヶ瀬に追い返されてしまいます。そんな恭一にいらいらしつつも、そのたびに許してきた今ヶ瀬ですが、やがて何度目かの別れがやってきます。
 今ヶ瀬との後は、たまきと付き合う恭一ですが、どこなく寂しそうなのが印象的でした。今までさんざん今ヶ瀬に愛されたのに、あっさりと次に行くあたりは、もうさすが恭一です。(笑)
 ところが、今ヶ瀬を愛するのは恭一しかいないと思っていたのですが、今ヶ瀬も引き下がらず、たまきと付き合っている恭一に復縁を迫るのです。 
 泣いたり、ほめたり、怒ったりしてすがる今ヶ瀬も実は恭一と同じような「煮え切らないもの」を感じていましたが、最後には、ちゃんと答えを出します。

 恭一と今ヶ瀬だけの物語と思いきや、他の人も巻き込んで、周囲に影響を与えていくところがやりきれませんでした。恭一の優柔不断さや、今ヶ瀬の諦めない気持ちがとても印象的で、迷いの中の物語のはずだったのに、最後に『恋愛よりも大切な続きことが人生ではいっぱいある』という恭一の言葉で、自然と落ち着いた気がします。

3

良かった~

BLの扉を開けてしまった私の背中をドンとおして、BLの世界に落とし込んだ作品です。

行きつくとこまで行って、同棲(今ケ瀬が入り浸り)している二人。
このまま、幸せに…とは行かず恭一に想いを寄せるたまき(恭一の部下)が現れたために、二人の関係が壊れていくってとこですね。

簡単に言うと…今ケ瀬が勝手に暴走して、恭一を巻き込んで不幸になろうとしたって事だと思いました。

今まで、恭一の手を強引に引っ張って歩いていた今ケ瀬は、心の中で迷っていたんでしょうね。
このまま、自分が強く手を引っ張っていて、恭一の為になるのかとか…。その気のない恭一を自由にしてあげた方が良いのではないかとか…
そして、恭一がたまきに心を許すのを感じて…引っ張っていた手を放してしまう。

私は、恭一はちゃんと今ケ瀬の事を受け入れているのが判ってた気がするので、別れを切り出す今ケ瀬が、信じられなかった…好きなのにどうして手を放すのか…
綺麗な思い出でにするなよ~最後まで縋りついて離すなよ~と思いました(>_<)。

そして、手を放した今ケ瀬。放された手を握り返せなかった恭一。
二人は、共に続き傷つきました。
傷ついた恭一を癒したのはたまきで、恭一はたまきに心を寄せていくけど、心の奥に今ケ瀬がいる。
たまきには、私的には、好きも嫌いもないです。でもたまに、恭一の心を探るような言動は好きでないかも…
「前の方の話を聞いても良いですか」とか「前の人見てみたいな」とか、普通言うか~と思いました。
でも、たまきなりに恭一が前の人を忘れずにいる事を知っていて、不安もあったのでしょうか…だから、最後に恭一の別れを受け入れられたのでしょうね。

たまきが一番良い事をしたのは、恭一と今ケ瀬を再会させたことですね。さすが、たまき(*^^)v。貴方は偉い。良いことしたね~痛かったけど…(T_T)。

そして、再会した恭一と今ケ瀬…。
恭一は怒ってましたね。私はその気持ち良く判ります。もっと言ってやれ…と応援してしまった。
でも、最後は落ち込む今ケ瀬が可愛かった。

自分の気持ちにちゃんと向き合った恭一は、今度は今ケ瀬に引っ張られることなく、二人で同じ歩幅で歩いていける。そんな最後の二人にほっとしました。

少しS気のあるMの恭一には、少しM気のあるSの今ケ瀬が必要なので、可愛いだけのたまきちゃんはまだ役不足ですね。
たまきちゃんも早く大人になって飴とムチの使い方を覚えれば、良い男が見つかるでしょう(^O^)。

この本の中で、一番好きなのはあとがきの後のおまけの1Pです。
その中で、今ケ瀬が夏生相手に惚気ています(^O^)。
指輪をはめて、誕生日にプレゼント貰って、夏生に(くだらない女になって…)と思われています。
本編の最後が、冬で、今ケ瀬の誕生日は6月なので、あれから半年近く幸せなんだな~良かったと思います。今ケ瀬が幸せならきっと恭一も幸せよね。

そして、最後に今ケ瀬のラッキーアイテムは灰皿だね。(^O^)

この作品に出合えて、BLの扉に落ち込んで、他の良い作品にも出会えたので、ありがたく思えます。なので、この2冊は私にとって神です。
水城先生ありがとうございました。

2

覚悟を決めてもそこに愛がなくては幸せにはなれなくってよ?

前編とは雰囲気も変わり、後編はもっと暗く重くなりました。
そしてリバーシブルでございます。リバ好きの方には美味しい展開ですね♪

それにしても、流され侍の大伴恭一が最後に地獄行きの道を選んだのがびっくりです。
私が大伴なら今ケ瀬は選ばないな。
そしてあの子と結婚して、普通の家庭を持つわ。
でも恭一にそれだけの強さはないのね。彼女と結婚して、彼女を今ケ瀬から守りぬく自信がなかったのかも。だって今ケ瀬の執着ったら、あの子を殺す勢いですものね。

それにしても、最後に大伴が今ケ瀬を選んだけれど、結局今ケ瀬は可哀想な人になっちゃっただけという感じがしました。だって流されて付き合ってもらっても意味がないじゃない。
それは愛っていうより、情にほだされたとか、面倒臭いから終止符を打った、という方が正しい感じがするんだもの。
そして今ケ瀬も、これは異常な執着の成れの果てであって、もはや恭一を本当に愛しているのか分からないレベルになってきていることは薄らと分かっているようでしたし。

最終的には大伴も今ケ瀬も覚悟を決めたように見えるけれど、
結局二人の結びつきに愛が無いから、こ続きういう恋愛には必ず近い将来破綻がくると思います。

特に大伴の方には愛はない。彼は疲れきっていて、もう今ケ瀬の思うようにすればいいんじゃないかという、流されて流された末の選択です。ある種の学習性無気力です。
私自身も苦い経験がありますが、流されるのは精神衛生上絶対に良くないです。
本当の愛を手に入れるためには、この二人みたいになっちゃ、駄目ですよ。

それと、今ケ瀬って、女の子の気持ちを表したようなキャラだと感じるんですよねー。
BLっていうのは大体理想の男の子同士を描くんだと思うんですが、
こちらの場合、今ケ瀬は女の子の気持ちを代弁しているから、オカマ的な印象があって。
この今ケ瀬の粘着質な感じは男性的というより、女性的な感じを受けます。
男性の粘着とはちょっと性質が違う気がするんですよね。

ゆえに、逆に言えば女の子にとっては、今ケ瀬に共感出来る部分が多々あるんじゃないかと思うんです。
それって、つまりBLじゃなくてレディコミの超王道だと思うんですよね。
作者様曰く、こちらの作品はBLのつもりがない、というのもそういう意味なんじゃないかと思います。

6

幸せとは

好きかどうかというなら、前作のほうが好きです。
でもこれはいわゆる「恋愛」を軽く飛び越えてしまいましたね。

前作同様、心理描写が上手すぎる!ちょっとしたことに恐ろしく伏線張ってあり、くらくらしました。

いろんな幸せの形があると思うけど、
恋愛が行き着く先の幸せは今ヶ瀬が望むように「愛する人が待っている家があること」だと思う。
わかっているのに、恭一とはそんなことを望めないとハナから思ってるから、「愛人でいい」なんてのたまう。恭一は今ヶ瀬のことを幸せにしたいのに、とんでもない平行線ぶりですよね。

でも追い詰めたのは恭一だから。
やはり言わなきゃ伝わらないこともあるんですよね。態度だけでなく言葉を貰えないと、心が疲弊します。…欲深いなと思うのですが。
でも当時の恭一としても気持ちの整理ができていなかった訳で。お互いの心のタイミングが合わなかったんだよね。

恭一は今ヶ瀬を抱いてから一気にスイッチが切り替わった気がします。
『梟』での二人の情の深さに身悶えてしまいました。
そして腹をくくった恭一の格好いいこと。 本当に優しい男なんですよね。

実のと続きころ、大恋愛って成就しずらいと思うのです。
同じ温度を保てなかったり、温度差が広がってしまったりすると思うから。
だけど、彼らはその熱を違う形に持っていけるところまで来れた。
恭一は今ヶ瀬とは違う愛し方が出来る。彼が苦しみながら選びとったことに価値があると信じます。
彼等がきちんと向き合えれば上手くやっていける要素は沢山あるのだから、いろいろ言い合いつつも一緒に人生を歩んでいけるのではと思います。

恭一の脳内会議は楽しいし、今ヶ瀬の妄想に大笑いし、実は今ヶ瀬と夏生は仲良しというオチもよかったw

できれば続きを見たいですね。でも今ヶ瀬のほうが長生きできないと思う、、ので見たくない気もします(笑)

2

心を打たれました

BL なんて意識せず 友人から借りた(窮鼠と共に)作品。
なんの予備知識も無く読んだため その衝撃は計り知れませんでした。

竹宮惠子氏や萩尾望都氏の作品を読んだときの様な 重い感動。

BLという括りをとっぱらって 一般的に読んでみて欲しい作品。
苦しい恋をした事がある人なら 必ず共感できると思う。

3

今ヶ瀬はあらゆる「恋する女性」を代弁しているのでは。

なんか今ヶ瀬のメンタリティって…いますわぁ周りにこういう「女」!!!
超ネガ思考のかまってちゃん、何か言えば「どうせあたしなんか」って言う面倒くさいお方なのです。

しかし
もっとショックだったのが

この面倒な思考が、ちょうど自分が不倫なんぞしていた頃の心中と大して変わらんことだった。

今ヶ瀬のウザさ面倒くささヒステリーに、コミックごと風呂の湯船ン中突き落としてやろうかと
…風呂の中でこういう本を読みくさる自分もどうかと思いますけどね…
しかし同時に「こりゃ女性読者には支持されるだろうな」とも思ったのでございます。

たいていの場合、女性にとって恋愛って不安定なものでしょ?
愛されている実感♪なんてなかなか思えなくてフツー(だと拙者は思う)
それを今ヶ瀬に代弁させているようなのがコレかなと。

うまいこと考え付いたなーと思いますよ。
コレ、今ヶ瀬みたいな女キャラいたらこうも支持はされなかったのでは。
それを見目麗しいゲイ男性にしたことで純愛みたいなのにすりかわったり、
美しく見えたりするんですな。

正直なところ、ワタクシ、泣けません。
続き今ヶ瀬がガンガン「女の代弁者」に思えてきて、相当イラァァァッ!ときました(笑)

今後、ジェンダー学でも取り上げられそうなテーマではあると思うが
読んで泣けるか楽しいかといったらビミョー。





7

ofnotice

最近のレディコミ事情ってよくわからないんですが(レディコミ=Hシーン大盛りのコミック誌だと思っていましたw)いろいろな意味で共感できないところが…あぁぁぁぁー。
唯一、共感できるのが「たまき」だった、しかも少々ブラックなところでw

snowblack

おっしゃる通りだと思います。
これを読んだとき、非常にクオリティの高い話だとは思ったのですが
BLじゃない、掲載誌通りにこれはレディコミなんだと感じました。
そして、レディコミが苦手な私は、世の中の大絶賛にも関わらずやはり苦手なのでした。
BLに何を求めるか、ということなのでしょうけれど。


BLを越えた作品

もうね…すごいですね、水城せとな先生。
すごく深くて重くて、でも最後には心があったかくなるような作品でした。

このマンガのすごい所は、登場する女性たちがすごく重要な役割や意味をなしているという所。そして、夏生先輩もたまきも、すごく魅力的であるという所。
BLの中に出てくる女性でこんなに素敵なキャラクター、なかなかいないと思います。
たまきが言った、「恭一さんは右利きだから…左側でもいいよ。」には、号泣でした。

女性たちについて語りすぎましたが、今ヶ瀬ほんとに良かったね!やっと幸せになれそう。
恭一先輩も「窮鼠は~」の頃よりも、ずっとイイ男になった気がします。

やっと決心した恭一先輩、今度こそ今ヶ瀬を幸せにしてやって下さい!*´∀`*

2

分厚い

↑とりあえず手に取った時の感想です

1作目に引き続き強烈な作品です!
私は1作目の方が超神だと思っているんですが…
この作品の展開本当にすげぇ!っと思いました。
流され侍の成長記録です!
1作目でハッピーエンドかと思いましたが、そんなことはなく…
くっついてもゴールじゃないよねってことですかね(・ー・)

とにもかくにも1作目と合わせてこの作品に出会えてよかったと思いました!
分厚いわりに驚くほどあっという間に読めちゃいます☆

1

恋愛は業だ

これこれ何回も読み返しちゃいます。窮鼠はチーズ・・・の続編なんですが、この続編こみで絶対読んで欲しいです。

なにしろ恭一が悩みまくって遂に達観して、すごいイイ男になっちゃってるので・・・・。 もともと数年越しの片思いだとかどっちかがノンケで悩みまくりとかすごく好きだし、後半の台詞も感じるものが沢山あって、萌えを通り越して感動したので神評価です。どんなに苦しくても、その人が好きであることをやめられない。最初は今ヶ瀬が、最後には恭一が、恋愛の業に捕まった。でも二人ならなんとかなるでしょう。

これがきっかけで水城先生の他の作品も読み始めました。

2

恭一の成長!!

本当にこの作品はやばい!
せとなさんの作品は他にも読んだけど、やっぱりこれが1番!!
BLかどうかよりも人間の感情が描かれてて、
ストーリーがすごく充実した作品だった!
何回読んでもおもしろい
自分も優柔不断なので恭一の気持もいつもなんとなく共感できる!
(さすがにあそこまでは流されないが)
恭一が最後自分で決心するところ、あの笑顔がたまらない!
たまきちゃんがいいこで、今ヶ瀬派のわたしは少し罪悪感に駆られたが…
わたし的にはハッピーえんどで
本当によかたー!

3

ヒステリックなストーカーだけど可愛い乙女ゲイ×優柔不断で受け身

元カノからタクシーの運転手さんまで振り回す迷惑「リ「バ」カップル」です

見開き2ページ使った朝日が昇るシーンは圧巻
それに少女漫画畑の人だからだろうけど、BL当て馬女と違って女の人がちゃんと生きてます
特にたまきちゃんは結構健気ないい子
でも最愛の父親失くした年下の女の子の前で、大の男―しかも上司―が色恋沙汰で泣いちゃうのかよと大伴に心の中でツッコんでたら……
ええお前もかーい、お父さん愛してたんだろー!と思いました
結局、たまきちゃんがなぜこんなに大伴が好きなのか最後まで分からなかったです
それは夏生さんも今ヶ瀬もだけど……

3

なぜここに流れ着いたのか・・・?

「ゲイ恋愛というのはどう普通の恋愛に勝てるのか」
というのを強く意識させられた1冊でした。

これがバイセクシャルやゲイで受けならわかるわけですよ、
女性には攻めは難しいので(たまにいてます、攻め得意な人・・・)
でも今回の大伴はストーリーの中で攻めに転じますよね。
そうなるとセックスの面だけでいうと男でも女でもそうは変わらない。

それを踏まえ
「たまきより今ヶ瀬の方がどうよかったのだろうか・・・?」
というのが結局最後まであまりよくわかりませんでした。
それだけ、恋愛の競争相手としては愛情もあるし愛嬌もある。
そしてかなりの辛抱もしてきている。愛人でもいいと言い切るほど覚悟もある
(そういう覚悟は今ヶ瀬にもあるし、別れるのも仕方ないと思ってる)
セックスが合わなかったような描写もない。

しかもここまで状況に流され続けたてるのに初めて強引にかじを切ったわけで。社会的には(たぶん会社の中でも・・)逆流に向けて。

正直、BLで当て馬の方の女性に同情してしまったのは初めてかも。たぶんたまきも男女という差とか関係なく幸せにできる能力はあったと思うし、救続きわれないのがなんかかわいそうになってくる。
BL的にハッピーエンドなのにどうよとばかりに勝っている今ヶ瀬みて「もう一波乱あっていい」と思っちゃったのはなぜかなぁと。

2

前作より何万倍もいい!

前作、私は中立評価を打ちましたがこちら続編は紛れもない神評価でございます、素晴らしすぎる…。素晴らしい以外申し上げれない自分の語彙力の無さに絶望します。

元々が中堅(大御所とは言い難い作家年数かと思いますのでこう表記致します。)漫画家さんでらっしゃいますから絵の巧さは文句なし、評すべきはこのストーリーです。

まー今回も揺れるというかふ~らふ~らしそうになる恭一(ノンケ)ですが、だいぶん今ヶ瀬に惚れ込んでいるので(本人も分かっているけど分かりたくないような文字通りの葛藤をずうっとしていますが)何と今ヶ瀬と一緒にいる間は女のコ相手にエッチをしません!あんまり揺らぎません!今ヶ瀬よく落とした!よく頑張った!

そして恭一のタチデビューです。若干強引だけど、それがいい。

ここで私、やっと恭一の人間らしさや欲望を見れた気がして好きになれました。前作はずっと今ヶ瀬贔屓&味方でしたので。(浮気がダメだとかそんな甘っちょろいこと言う気はございませんが、恭一フラフラしすぎでしたから。自我がないというか…とにかく彼氏がもしあれだったらまずひっぱたいてますね、友人だとしても拳骨!)

男と女の違いをあ続きりありと身と己の心を持って葛藤し続ける恭一、途中恋人となったたまきの言った「あんまりにも相手を好きになりすぎると自分の形が保てなくなって壊れる」、これ真理だと思いました。多分どの人にも当てはまる言葉かと思います。
一番好きな相手とずっと一緒に居る辛さと悦びと苦しさ、たまきの一言に詰まってました。たまき、いい娘に育ったのに恭一に出会ったがために失恋するとかホント恭一…ばかやろー!

と、散々恭一を貶していますがここまで恭一が気になるということはそれほど彼が好きでもあるからなのです。

もうダメだーってなった今ヶ瀬、やっぱり愛してるからちょっとだけでも側に居たい今ヶ瀬、頑張りすぎでいつか壊れてしまわないか、心配ですが、どうかどうか一生今ヶ瀬を大事に、もうフラフラしないで彼一人だけを優しく愛してあげてほしいです。
最後の、今ヶ瀬の肩に積もり始めた雪を払う恭一、そういう風な然り気無い愛をずっと、捧げてほしいと願う作品でした。

3

読むたびに、感想が変わる

何度読んでも素晴らしい作品。
きっとこれから先これ以上の作品には出会えないんじゃないかと思います。

恭一は自分を一番愛してくれる人を愛するタイプ。
今ヶ瀬は自分が好きになった人を愛するタイプ。
今ヶ瀬はいつまでも恭一に恋しているので、恭一も今ヶ瀬を誰よりも大切にする。
一見すごく相性のいい二人なのに、ちょっとしたことですれ違ってしまうのがもどかしい。
しかも二人は男同士なので終わりが見えない。
結婚も出産もできないし、社会的に恋人だと打ち明けることもできない。
そんな不毛な関係に今ヶ瀬の方が神経をすりきらしてしまう。

でも恭一の方は自分でも気付かないうちに今ヶ瀬を受け入れる準備はできていました。
再会してそれを思い知った恭一は好きだった女性を振ってしまうほどに。
涙ながらに別れる姿に思わずもらい泣きをしてしまいそうになりました。
BLでこんなにも感情移入して読んだのは初めてです。

恭一はいずれこの関係は終わってしまうんだろうと予想していましたが、この二人は苦しみながらもいつまでも一緒にいるのではないかと思います。
そうであってほしいです。

続き

2

出会えてよかった一冊

前作『窮鼠はチーズの夢を見る』に引き続き、一気に読みました。

言いたいことは前回のレビューで結構書いてしまってかぶるのですが。笑

前作よりも今ヶ瀬が面白くなった印象を持ちました。笑
かわいいなあ。
でもほんと面倒くさい。
そして恭一が、あのダメ男恭一が、かっこよくなってきます。

くっついたり、離れたり。
そこにもちゃんとドラマがあって、ちゃんと内容があって、心情の変化もあって。
気持ちが丁寧に書きこまれているので、感情移入してしまってイラッとしたり号泣したりと読み手のこっちも忙しいです。笑

でも前作より今作の方が、読んでいて辛かった。
何度も泣きました。
たまきちゃんがいい人すぎた、本当に。
そして嫉妬する今ヶ瀬の気持ちにもまた泣いて。
リバなところもありましたが、内容がちゃんとしてるので自然です。
恭一が驚くほどかっこよくなって。
これまた終わり方はハッピーエンドとはまた違うのかな?という感じがしましたが、この先はもう誰も知らない。それでいいじゃないか、と。
でもそんな終わり方でも読んだ後にもやもやが残ることもありません。

うまく続き言えないけれど、大好きな作品。
読み応えもあり、読んで損はしません。

2

いまさらですが・・・

久々に引っ張り出して読んだら、まあ、泣けること。
ってわけで神にして、レビューすることにしました。

(;゚д゚)ゴクリ… この作品にレビューはいるのか!? 
誰もが読んだだろう名作じゃないか。私ごときがレビューしてもいいのか悩みましたが、勇気を出して書いてみようと思いました。
この作品がきっかけで、BL世界に舞い戻ってきたくらいです。読み終わったときの、あの呆然とした日のことを今でもはっきりと覚えています。
とにかく切ない。なんで愛情あるって言ってやらないの! と独りで悶えていたほどです。
ああ、大人の物語だな。さすがはレディコミ。BLじゃないのに超BL。
じゃっかん、1 のチーズの二人の身長が変わっていた気がする。
長い期間を経て。いまごろ成長したのだろう。そう思っておこう。
あんなに想われたら幸せだろうな。うっとりとした世界を楽しめた名作中の名作です。
のんけの勇気ある行動がたまらない、一作だと想います。

3

うーん

あまり面白味を感じなかった。前作以上に登場人物が饒舌で、完全に会話先行の作品。彼らの思考や葛藤はリアリティがあるけど、描写を台詞(独白含む)に頼ってるせいで台詞自体が説明的で不自然だし、何だか自己顕示欲の強いお喋りな女につき合わされてる気分になってシラけてしまった。言葉を尽くせば伝えたいことは容易く正確に読者に伝わるし、それが多くの共感と理解を呼んだことがわかる。勿論作者の鋭い感性がなくてはここまで高評価を得ることはなかっただろうなとは思うけれど。今ヶ瀬の視点・言動が発する強烈な“女臭さ”も好みではなかった。

6

恋愛本

「窮鼠はチーズの夢を見る」の続編。
こちらも全作同様、BLを超えて感動できるほどの恋愛本でした。

感情移入出来すぎて、ツラくて泣けてきそうになったり
ちょっぴりムカっときたり。
それが出来るほど、内容の濃い本でした。

相変わらず「流され侍」な恭一と、その恭一を大好きな今ヶ瀬。
強気でくじけそうにない今ヶ瀬が
恭一との距離が近付くたびに、どんどん弱気になっていく。
これって、リアルな生活でもみんなそうですよね。
友達として仲良くなったり、
付き合う事になってどんどん好きになると、
一緒にいるともちろん楽しくて嬉しいんだけど、
その分、不安になってしまって今までより弱気になる事があったりして。
そういう心情が隅々まで描かれています。

今ヶ瀬だけでなく、恭一も途中から変わっていきます。
なんてフラフラした人なんだーって思っていたら
最後は「流され侍」卒業か!?ってくらいな人に。

2人の少しずつ少しずつ微妙に変わっていく心情を
じっくり読める作品で、何度でも読めるいい本です。
 

0

衝撃でした

ここまで生っぽい恋愛を描いたマンガってあまり見たことなかったのでかなり衝撃でした…レディース誌での掲載だったようですが、一般読者の共感を得られたらしいのも頷ける。NL、BL問わず本気で誰かに惚れてしまった事があるひとには激ツボなんじゃないかというセリフやシーンが幾つかあり…かなり抉られる。ラストもファンタジーとリアルの中間という感じで好感が持てた。ただBLとしてここまでリアルなのって読む人を選ぶのかな…とも思いますが、一マンガとして凄くいい。十数年ぶりに腐界に舞い戻り、BL侮れず…と思い知らされた一冊。

2

読む度に違う発見がある


もともと、せとな先生の絵は他の作品でやや苦手意識を持っていましたが、読んでみると全く気になりませんでした。
それどころか、大人の色気っていうか、余裕っていうか。そういったものを感じて、今ヶ瀬が恭一に惚れちゃうのも納得だなあと(笑)

そしてこの作品、ぼんやり読むとあまり楽しめないと思います。ストーリーは他の方が書かれているので割愛しますが…

そりゃ恭一も流され侍ですが、その時々の考えや葛藤はある訳で。そこら辺の行間とかを汲み取りつつ読むと、より楽しめるのではないかと。
なので、読み返す度に違ったものが見えてきます。

手放しにハッピーエンドじゃない所も素敵です。明日か、十年後か。いつまで続くか分からないけど、行ける所までは一緒に行こう。そんな2人が魅力的。

リバがあるっていうのも、肉体的にも精神的にも対等な気がして、このお話にはぴったりだと思います。

まあ、これだけ騒がれてる作品ですから(笑)少しでも気になっている方は、1度は読んで損はないかと。

4

何度でも読み返してしまう…


最初の「窮鼠~」のほうとあわせて購入していっきに読みました。
読み始めは、正直なんだかちょっと昔っぽい絵かな、とか思って読んでました。
でも、途中からもうぜんぜん気にならなかったです。気にならないほど、話に引き込まれました。

しっかりとした形のない恋愛が怖くて不安なのに、どうしても恭一に惹かれて離れきれない今ヶ瀬。
前巻から、いろいろ迷ったり葛藤したりが多い恭一のほうは、やっぱり最後の部分が印象的です。

ラブラブになって仲直りしてくっついて終わり!みたいのではなく…
今ヶ瀬の不安は一生消えることはないし、いつかこの関係も壊れる時が確実にくるけれども、それでも…というような、切ない思いを残したまま終わります。

でも後味悪いとかはぜんぜんです。
むしろ何度もじっくり読み返してしまいます。
登場人物の感情が丁寧に追ってあるので、読み込めば読み込むほど泣けてくるくらいです。

時間があるときにゆっくり読んでほしいコミックです*

1

流され侍の漂流地点はやっぱり今ヶ瀬

「窮鼠~」よりもこの巻の方が断然読むのつらかったです。
たまきが性格良すぎる、最後の最後まで...
別れたとはいえ、「ずっと待ってます」ってセリフがなんともねぇ~
ハッピーエンドのはずなのに、何かモヤモヤが残ってしまった気分です。
BLにありがちなイヤな女と思われようと、もう少したまきを醜い女に
して欲しかったなぁ~
そしたらもっとスッキリした気分で読み終えられたはずなんですが...
結婚の約束までしてて、いきなり別れ話されて許せるなんて無理じゃ
ないですか~?
私なら文句の1つや2つや3つ、4つ、5つ...イヤ、殴ってるな。

今ヶ瀬はどんどん美しくなっていきますねぇ~
乙女モード全開で流され侍に尽くしてますが、その深い思いゆえに
恭一のことを信じられず自分から別れ話を切り出してしまう。
きっと本心じゃなかったんでしょうね...
この巻では泣いてばかりの今ヶ瀬がかわいそうでかわいそうで...
でも、恭一だけが悪いわけじゃなく、今回ばかりは今ヶ瀬にも原因が
あるのだから仕方ないですよね。
悲しさをこらえながら車の中で恭一のいい所を語る今ヶ瀬、カッコイ続きいよ。
よく頑張ったね、って感じです。
「窮鼠~」のラストで同じ車の中で語ったのは愛の告白だったのに...
と思うと余計に切なかったです。

2人が再会してからが神です!!
今ヶ瀬のすがりつくセリフは、わざと恭一のSっ気誘うつもりで言った
ことだったんですよね?
半分本心で、半分わざとって感じですよね。
でも、それがわかるまで恭一の本心が見えなくて、今ヶ瀬が本当に
かわいそうでした。
クソ~たまきにそこまで毒されやがったか、この流され侍め!!と
何度ののしってやったことか!!
(イヤ、毒されてるのは私の脳ミソか...)
結局は恭一より今ヶ瀬の方がドSの気がしてならないんですが、
今ヶ瀬はドMなんでしょうか?!

この巻ではリバが堪能できて限りない幸せです★
三十路のそれなりにいい体格のリバってだけでそりゃコーフンですよ!!
しかも、1エッチ中にリバですからね~www
さっきはタチで、今度はネコ!?
「恋僕」以来のリバに出会えてそこだけリピートリピートwww

エチ後、別れ話にすぐいきついたのにはビックリしました。
こんなすぐ別れを決めるってことは、もう一波乱ある!?ってドキドキ
しましたが、どうやら流され侍が放浪の旅に終止符をつけたってことで。
最後カッコ良かったなぁ~恭一。
今までは一方的に今ヶ瀬が愛し続けてたように思えたけど、これからは
男になった恭一に愛してもらえるね。
指輪つけてキャハ★って笑う今ヶ瀬の幸せがいつまでも続きますように...

「窮鼠~」「俎上~」は5年程かけて連載されたみたいですが、
ストーリーも絵も内容の濃さが落ちることなく、手抜きのない素晴らしい
作品だと思いました(←偉そうだなぁ...)
改めて水城せとなさんって偉大なマンガ家さんだと思いました。
あと、一般人向けのレディース雑誌で、女とのカラミのシーンは薄く、
男同士のカラミだけがここまで詳しく描かれていることにビックリです。
BLに興味のない人は、この男同士のエッチ描写をすんなり受け入れ
られたんでしょうか!?気になる...

この2冊でもう女ガラミのモノは満腹状態なので、
しばらくの間は甘々なBLを読み漁りたい気分ですwww

2

この作品はすごくリアルな場面が多いと思います。同性同士には確たるものがないから今ヶ瀬は不安になるし、恭一さんはノンケだし。そんな男同士の「形のない」深い愛を見事に描かれていると思います。

水城さんの描かれるBLは悲しいです。片方は友情としての愛だったり、愛し合っているけど、形としてはバッドエンドだったり…
でも、この「俎上の~」は今までの水城さん作品と少し違う気がします。明るい、未来、が選択肢の中にあると思います。確かに永遠は明示してないし、別れるという可能性もおおいにあります。だけどここがリアルに感じました。彼らは今この瞬間に愛し合っているんだなーと。

最後の今ヶ瀬のセリフ!よかったです。この作品のまとめというか、二人の恋愛の形というか。

今ヶ瀬がとても可愛かったです。あとがきの今ヶ瀬が幸せそうで何より。すっかり彼に感情移入してしまいました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ