ストロベリー・デカダン2 兼次おじさまシリーズ5

ストロベリー・デカダン2 兼次おじさまシリーズ5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花とゆめCOMICS(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥379(税抜)  ¥409(税込)
ISBN
9784592121183

あらすじ

ぼくの名前は小暮茂。3才です。お父ちゃまの名前は太郎。お母ちゃまの名前は柚似子といいます。ぼくの大切なお母ちゃまがこの間とお~くへいってしまったの。でもね、ぼくにはお父ちゃまも兼次おいちゃんもいるから大丈夫です。そんなある日お父ちゃまが倒れてしまって…

表題作ストロベリー・デカダン2 兼次おじさまシリーズ5

片恋に苦しむゲイ・尾花沢兼次
ノンケで子持ちの幼馴染み・小暮太郎

その他の収録作品

  • 君が、嘘を、ついた

評価・レビューする

レビュー投稿数1

役者の言うことを信じちゃいけない

シリアス調になってきたシリーズ第5弾。
太郎の妻・柚以子の死。太郎が男色嫌いとなった原因が明らかになり、
そしてついに兼次の性癖が太郎へ発覚するという怒涛の展開。

愛する夫と子供を残して旅立たねばならない哀しみを打ち明け、
兼次に後は頼むと言った柚以子の優しさといじらしさ。
そんな柚以子に同じ男を愛した共感と愛情を覚え、友愛のキスを贈った兼次。
大の女嫌いの兼次にとって、このキスは最上最大の愛情だと思います。

『貴方に光の君が必要なように 光の君には貴方が必要だわ』

柚以子から贈られたこの言葉を支えに、
兼次は太郎と茂を守って生きて行こうと決意します。
兼次と柚以子、太郎を巡る恋敵ですが。
二人の間にも親愛の情があり、素敵な三角関係に涙しました。

そしてあることで、兼次の性癖が太郎に知れてしまいます。
太郎の側にずっといたいが為に、恋心を押し殺し、
『太郎は家族。君だけは唯一、性愛の対象になり得ない』と、
必死に太郎へ訴える兼次の姿が、切なくて哀れです。

太郎が好きだからこそ、真実をずっと隠してきた兼次。
兼次が好きだからこそ、騙さ続きれていた事が許せない太郎。
「友情」と「恋愛」の違いがありましたが、
二人はお互いの事をとても深く思っているのです。
だからこそ問題がこじれて行く様子が、辛くてたまりません。

胃の痛くなる展開が続きますが、太郎の気持ちの変化が希望の光。
『ストロベリー・デカダン』第1話に登場した亘理太郎が再登場し、
物語が大きく動き出しそうな気配を見せ、次巻へ続きます。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ