うちの巫女が言うことには

uchi no miko ga iukotoniwa

うちの巫女が言うことには
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
34
評価数
12件
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784344816640

あらすじ

連続殺人事件の被害者が持っていたおみくじ。頭は切れるがやや性格に難ありの年下刑事×ツンデレな美貌の禰宜の恋は!?
出版社より

表題作うちの巫女が言うことには

麻績冬真,26歳,キャリア組の刑事
咲坂葵,27歳,美人禰宜

その他の収録作品

  • うちの刑事が言うことには
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

嫌いではないんですが

穂波先生の絵と神奈木先生のお話し ということで読んでみました
嫌いじゃないです
嫌いじゃないけど、何回も読み返すか というと、それはなさそう・・・
なんでかよくわからないんですよ。
受けの禰宜さんも、攻めの刑事さんもキャラが一応あるんですけど
ちょっと弱いのかなあ?
もちょっと強引とか どっかあくどいとか あればいいのかなあ?
二人ともキレイすぎるから ? なのかも。
2作?ほど続編があるのですが、続き読む気にあんまりならなかったです。刑事さんの上司が一癖あって、続編で盛り上がるらしいんですが、なんとなく触手のびず。
痛いところなし、あまあまもあんまりなし、せつないもあんまりなし。。な印象でした。
設定は好きなんだけど。残念。先生ごめんなさい。

0

タイトルに惹かれて……

ルチルのSSを貰うのに、
タイトルから設定的に面白そうと購入したのが「うちの巫女、知りませんか?」、
帰ってみてみたらシリーズ2作目だということで、ヤレヤレと遡ってこちらを購入。

麻績冬真(おみとうま)は、警視庁捜査一課の刑事。
N区で起きた連続殺人事件の聞き込みで、高清水神社を訪れる。
そこで出会った禰宜(ねぎ)の葵に、いきなり礼がなっていないことを叱られ
最初は反発するものの、何故だか気になって惹かれて行く……

事件の犯人自体は、そう複雑な謎解きはなくあっさり分かってしまう。
謎解き物やミステリーと思って読むと、物足りないこと甚だしいが、
主人公達の過去と事件との関係が明らかになっていくストーリーは
それなりに面白く読んだ。

恋愛はあっさりだが、優秀な二枚目麻績が意外にヘタレなところとか、
めがねで堅物の葵のツンツンぶりとか、キャラは好き。

何より、神社、弓道、狩衣、と美味しいアイテムが並び、
さらには、双子の弟巫女達が小生意気で優しくて
まぁメチャクチャ楽しくて可愛いキャラ!

事件が解決してメアドとケー番を交換するまでが本編で、続き
その後の「うちの刑事が言うことには」では、初デート初Hです。
Hはいらないような気もしたんですけれどね、お約束で必要なのかなw

麻績の上司で何を考えているか分からない端正なエリート蓜島と、
バツイチの先輩熱血オヤジ刑事の矢吹。
この二人がなんだか訳ありっぽいんですが、どこかで明らかになるのかな?
それは、ちょっと楽しみかも。

3

『巫女』は弟たち。

う~ん、設定は悪くないと思うし、ストーリー自体はまあそれなりには面白かったんですよ。

ただ、麻績(攻)にも葵(受)にも、あまり魅力は感じませんでした。キャラクターというなら、葵の双子の弟たち(タイトルの『巫女』)の方がよっぽど存在感ありましたね。

正直なところ『BL(ラブストーリー)』としては、いったいどう評価すればというか、評価しようがないと思ってしまいました。
この2人の恋愛そのものに違和感を覚えたほどで、『ラブストーリー』としてはもうまったく乗れなかったですね。

いっそ、ラストのHがなければもう少し評価できたかもしれません。あまりにも唐突過ぎて、正直余計だとさえ感じました。

とにかく、そこでそのシーンを入れる必然性がまったく伝わらなかったんです。それまでの恋愛面でのゆっくりした流れは一体何だったのかと呆然としてしまいましたよ。
『BLだからHなしじゃ終われないから』としか思えませんでした。

つまらなくはなかったんですが(神奈木さんではホントにマシな方)、なんとなくさら~っと読み終わってたいして印象にも残らない・すぐ忘れそうという感じでしたね続き
あえて言うなら双子の弟たちくらいでしょうか。

3

タイトルの巫女はいったい誰?

結構ストーリー、面白かったですね~・・・
実は私全然違う事想像してたんですよね~「巫女×刑事」だから、巫女の葵になんか能力があって、麻績が頼ってっていう、関係なのかと思ってました~なんたって「うちの巫女が言うことには」・・てなタイトルだから・・でも全然違ってましたね~能力なんて、無いし~って感じですが、ストーリーは面白かったです~さすが、神奈木さん!って感じで・・

でも、私個人の感想で、言うとHは要らないんじゃないかと・・・あそこで・・あのタイミングでは、この2人は、早すぎるって感じがしますね~
BLだからいれなきゃ・・って感じで入れた~って感がとっても感じられる取って付けたような展開だったような・・気がします~
それがなんか、ちょっと残念な気がします~別に無くてもこの物語は良かったような気がするんですが・・
私はあの双子の巫女で満足なんですが・・って・・あの二人はかなりいい味だしてましたね~将来が楽しみ~出来れば麻績の妹に走らずに・・こっち方面に走って来て欲しい感じですね~
ストーリーの内容は、なんか、ちょっと最後は辛い感じの終わり方だったような気がしますね~犯人が続き、ちょっと可哀相な気もしましたが・・
先輩刑事の伊吹がいい味出してましたね~あの、蓜島(はいしま)課長とくっ付いたら面白いのに・・なんて思ったりもしたんですが・・・どっちが受け?伊吹だと・・面白いかも~挿絵では、蓜島が出てこなかったんだけど・・それもありかと・・思います~

3

巫女じゃないです、禰宜なんです!

CD化するということと、穂波さんの表紙、そしてあらすじを読んで購入しました。
だって…ツンデレな美貌な禰宜って!!しかもメガネ!買っちゃうでしょー!

ある事件で高清水神社を訪れた刑事・冬真。
彼はそこで、一人の禰宜と出会う。
辛辣な物言いと、地味なようで実は綺麗な顔を持つ神社の息子、葵だった。
二人の出会いは最悪だったが、冬真は葵が気になって仕様がなく(一目惚れ)、
事件を通して二人は距離を縮めていく。

キャリアの冬真が刑事になったのは、とある事件がきっかけでした。
男前で自信家で傲慢な男のように見える冬真ですが、愛する人を守りたい、という気持ちは人一倍強いのです。
俺様なイメージでしたが、実は全然違って気になる葵には尻尾を振って近づいていき、
ついつい手を出しそうになるのをグっとこらえる、ヘタレな姿もうかがえます。
そして葵の双子の弟、陽と木陰と仲良くなり、二人をキューピットとして葵との距離を縮めますw
この陽と木陰がいいキャラで、中学生男子なんですが、いまだに巫女姿で神社で働いていたり(これが超絶美少女w)
怪しい本を読んで(おそらくレディコミやB続きL)、そのネタを使ったりと
可愛くて、でもこの作品のムードメーカー的な存在でした。
冬真に「ハンサム刑事」というニックネームまで付けちゃうしww
でもこんな破天荒な双子達も、兄を思いやる気持ちはとても強く、いつもはわざとバカなことをやっているのでした。
そんな兄・葵はある過去(トラウマ)を抱えていて、そのことがこの作品の事件と大きな関係があるのです。
お互いに過去にトラウマを抱えた冬真と葵。
事件解決と二人の恋の行方が見どころ。
恋については…冬真は最初のイメージ覆してのワンコキャラがかなり素敵だし、
ノンケのくせにガンガン押して、でも優しく見守るように葵を思い続ける姿がかっこよかった。
葵は…ちょっと自覚が足りないような気がしました。
あんな中途半端なかんじで体か重ねちゃってもいいのかなー??
でも、嫉妬して自分からキス迫るあたりから、やっぱり好きって思ってもいいのかな?

穂波さんの綺麗な絵柄と、私好みのキャラクターで、とても楽しく読めました。
ただ、想いが通じ合ってからがもうちょっと見てみたかったカナー
ドラマCDでの声は
麻績@前野智昭、葵@武内健となかなかハマりそうなかんじ♪
気になる双子も梶裕貴と、代永翼!これは…!!ジュルリ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ