茅島氏の優雅な生活 2

kayashimashi no yuuga na seikatsu

茅島氏の優雅な生活 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×214
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
119
評価数
32件
平均
3.8 / 5
神率
28.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344816626

あらすじ

茅島氏と庭師の青年は英国湖水地方を訪れるが、そこには庭師の昔の親友がいて!? 人気シリーズ、待望の文庫化第2弾!!
出版社より

表題作茅島氏の優雅な生活 2

“俺” “彼”こと庭師
茅島澄人 氏

その他の収録作品

  • パーティーとお嬢様と英国式庭園
  • 歓喜する五月~英国旅行編~
  • 追想の終章
  • まいにち、しあわせ
  • MISTY BLUEにて
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

あぁもう、かわいいなぁ。

さて、茅島氏の相変わらずっぷりにますますハマっていく2巻。
庭師のベタボレ具合もいい感じに前面に押し出されてきて、面白さがアップしました。

今回はなんといっても茅島氏のヤキモチがかわいかった…。
好きだと素直に言いつつも微妙にずれている茅島氏の気持ちを推し量るのは難しい!
庭師よ、苦労するね…と思いつつも、もっと振り回してやるがいい!と意地悪く思ってしまうのです。笑

庭師のためならめんどくさいお宅訪問もしちゃうし、人混みだって行けちゃうし、もうこれだけ思われるなんて羨ましいぞ、庭師よ。
凛として取り澄ましている茅島氏が、庭師の前だけで乱れる姿がもうたまらんです。
ほんとにもうかわいいなぁ。

読んでいる間は、屋敷の使用人同様まるで二人を見守るような気持ち。
小泉に乗せられている庭師、サクッとトゲを刺す小泉のやりとりに笑ってしまいました。
確かにみんな茅島氏に甘いけど、十分あんたもあまあまですよ。下見したいなんて。

1巻に比べて随分と感情が豊かになってきた茅島氏。
恋は偉大だなぁとしみじみ思ったのでありました。

1

2作目

1冊全部ひとつのストーリー。
原作である小説の方の2巻目。
ただし、庭師の彼が昔遊んだ男・・・との
短いストーリーなんかも入っています。

この巻では、澄人さんとの結婚を策略するオジサン(笑)のせいで
その娘である女性が出て来て、少々澄人さんと絡みます。
が、もちろん何の問題もなく。
「BLでメインカップルと絡む女性」がまーまーニガテな私でも
全く問題なく読める内容で、安心して読み進められました~。
むしろ、この女性には好感も持てたり!
そして、イギリス旅行に出かけるお話も入っています。
この旅行での澄人さんのへそ曲がりっぷりもまた、
と~っても面白かったです^^

0

茅島氏を愛でるシリーズ第二弾

1.パーティーとお嬢様と英国式庭園
 お嬢様がノリ気だったら悲惨でしたね。
全然ノリ気じゃなかったですが(笑)
ってかお嬢様、秘書と結婚出来たらいいなぁ…。
1巻でも感じたが…山添夫人は好きじゃないわ~。

2.歓喜する五月~英国旅行編~
 庭師の説明聞いてると庭園画像探したくなる(←実際に行けたらどんなに良いか…)
茅島氏が庭師の友人(肉体関係有り)に嫉妬したり~庭師の裏目に出まくる気遣い~編(*´艸`)
…ってか茅島氏、修学旅行とかにすら参加したことないのね。
取り敢えず…例え友人としか思っていなかったとしても、肉体関係を持ったことのある人間のところにつれていくのはちょっと…配慮が足らんよ、庭師。

3.追想の終章
 茅島氏をベッドに姫抱っこで運ぶために日々のエクササイズを怠らない庭師…(*´∀`*)
ラブラブですな~私も誰か抱っこしてくれ←
ふみゅ…庭師よ…お疲れ様でしたー大きなお世話的行動でしたなw

4.まいにち、しあわせ
 もぉ~皆さん、茅島氏が可愛くて仕方ないんですね。
分かりますよ~その気持ち。
庭師と千葉の某巨大遊園地…一体何に続き乗るんだろうか?
初アトラクション(?)への反応が気になるなぁ…。
庭師が傍にいれば行列の待ち時間なんて問題にならない発言…心底思ってるらしいとこがめちゃ可愛えぇ~!!!
微妙に小泉が黒い気がしてきた(笑)

5.MISTY BLUEにて
 緒方兄弟がとても気になりました。
京(弟)の足の怪我と悠一(兄)…過去に何があったんでしょう?
茅島氏シリーズで描かれたりは…しないですよね~?
気になるなぁ…別作品であるのかな?

1

これは茅島氏という迷宮の推理小説?

クリスマスに、もっとも大切な人には何をプレゼントしますか?
……あ?そんな人いない?そ、そんなこと言わないで……。
では、もしアナタが茅島氏だったら、「彼」に何をプレゼントします?

「1」から見るとだいぶやわらかくなってきてはいますが、
相変わらず行動が突飛で、何考えてるか難解すぎる美しい貴族の物語、
淡々として優雅な日常を描いているだけなのに、なぜこうもハラハラするのか。

それは茅島氏そのものが「謎」だからですね……。
突如、冷たかったり、ひとりで海に行っちゃったりする行動の理由は……
3回転半ぐらい発想の転換が必要だけど、なんかかわゆい。

ページをめくっていて「まだか、まだかッッ!!!」と焦れたのはやはりクリスマス編。
結末は読んでのお楽しみ、プレゼントというのはサプライズがある分
わくわくするものですが、結末はごく茅島氏らしいような、平凡なような
不思議な気分になること請け合いです。

アマアマな話はえてしてマンネリ化しやすいが、
夏からはじまり、秋から冬へと季節ごとのモチーフがあることで
それぞれ移り変わるのも楽しい。
とくに茅島氏続きの浴衣DEえっち♪は必見です!
美しすぎる医師とのあれやこれやも…うーん。意外に盛りだくさん。

1

変らずvv優雅!!

茅島氏の優雅さはやっぱり小説の方が想像力を増すのかな~vvvv 
庭師との英国旅行編ですが・・ やっぱり庭師の名前は出てきません!(知りたい)
でもこうやって小説も読んでしまうと、 ついコミックでも読んでみたいvvと思ってしますんですが!! コミックの2巻はでないのかなぁ??
英国 湖水地方に思いを馳せて なんだか自分も旅行に行った気分でしたvv

0

ますます甘いです

「茅島氏」と綴られる文体も独特です。
「パーティーってどんなパーティーやねん」とか「お庭って、どんな庭やねん」などと、まったく想像のつきにくい超セレブな世界に、ちょっとときめいてます。
そんなところに住む人が、1人の庭師によってアレコレと開発されていく過程もまたたまらないものがありまして…。
いえいえ、エロの部分を省いても、茅島氏の些細な表情の変化とか行動とかが、単純にかわいいのです。

今回は短めのお話が詰め込まれていて、1本の長いストーリーではなくても、いろんな場面の二人が描かれていてとても楽しい1冊でした。
とくに、旅行に行って、元カレ(?)に会う話しはよかったです。
茅島氏が1人でヤキモチ妬いて拗ねて、他の男に言い寄られてビビッたり。
そしてそれを察した庭師の甘やかせぶり。
二人の甘甘な夜も濃くてもう、「ご馳走様」といいたくなる気分です。

本当に益々可愛くなっていく茅島氏が次巻でどうなるのか、今から楽しみでなりません。
そして同時に「がんばれ、庭師」と応援したくなりますね。

0

居眠り澄人さんにキス。

またもや、またもや挿絵の誘惑に負けてしまいましたよ。
美貌の秘書小泉君とパーティーに出かける茅島氏。人んちの庭の東屋でうたた寝する茅島氏にキスする庭師。情熱的に茅島氏の腰を抱き深いキスをする庭師。お風呂場でシャツを脱がされかけて頬を染める茅島氏。プールサイドのチェアーで茅島氏に覆いかぶさってキスをする庭師・・・ハァ(溜息)
美麗です。

さて、この品のある絵柄に似つかわしい「茅島氏」シリーズの2巻。中身の方も、前作よりさらに優雅さに拍車がかかっているような。
茅島氏が珍しく他人の別荘に滞在することになる1話目では、庭師とちょっとした諍いをしていた茅島氏が、それでもその別荘の美しい庭を見せたくて、彼を外に呼び出します。
そうやって自分が呼んだにもかかわらず、庭師が到着する音を聞いただけで平静でいられないほどドキドキして、バスルームに隠れちゃったりする可愛い茅島氏!この後の、仲直りHは激しくも甘々です♪

その後に、1巻の最後で2人が予定していた「英国旅行」のお話が続きます。とにかく、この日々が優雅!眼前には、のどかで美しい広大な庭園が広がって見えるようです。コッツウォルズ続き、湖水地方と、英国の誇る美しい田舎の風景が茅島氏の優雅さを引き立てます。が、茅島氏は彼とその友人の親密な様子に静かに嫉妬しており、話の雲行きが怪しくなってきます。あの庭師一途な茅島氏が、他の男に抱きしめられたりしちゃうのです!
「一度くらい、殴られるほど嫉妬されてみたい」そんなことを考えてしまうのです!庭師ピーンチ!

他に、庭師の過去の男?の話が同時収録されています。美しさが徒となってしまう不幸体質な男、唯川幹也。庭師との再会も、電車で痴漢にあっている最中という哀れぶりです。今は半分ヤクザみたいな男に無理矢理同居を強いられている様子。人生を諦めているかのような幹也が気になって、庭師はついついお節介をやいてしまい・・・っていう感じのお話です。
いやー、これまたこっちの方が私のアンテナにビンビン引っかかってくるのですね!幹也の相手である香山は、危険な魅力のある強引な男で、幹也のことも半ば騙すようにして手に入れたのですが、このあたりでカンの鋭い方ならピーンと来るものがあるかもしれません!そう、怖いくらいの執着心。所有欲。幹也は「香山は人を好きになったりしないんじゃないかと思うよ」なんて諦観を滲ませていましたが、そりゃ真逆だろ~!と思っていたら、案の定、香山はこんなことを!↓
「オレはこいつを手放す気はないんだ」
「最初に一目見たときからオレのものにすると決めていた」
おー!こっちのカップルの方が気になるわ~!!詳しいお話を読みたいわ~~!!
来月もきっと買ってしまうと思います・・・

2

どんどん愛しくなる茅島氏から眼が離せない!

「1」では何かと珍行動・珍思考が浮き彫りになった、優雅な暮らしの茅島氏。
先ず最初は、会社社長の主催するパーティーから始まる「パーティーとお嬢様と英国式庭園」。
ホストである冬至社長による、庭好き茅島氏を別荘に招待する、茅島氏娘婿作戦です。
庭に釣られてしまい危険信号かと思われますが…お嬢さんにはその気は無いので回避です。
それにしても冬至家別荘の見事な庭を見れば、彼にも見せたくなるというこの可愛さは異常…!
茅島氏には彼の周りの者、そしてこうして読む人間を惹きつけるフェロモンがあります。
遠野先生に操られたこの微妙なさじ加減…絶妙としか言い様がありません。
さて。その日の内に冬至家別荘へ招かれた庭師…ようやく登場です!笑
現れたかと思いきや、早速ケンカ別れのままの茅島氏をお仕置きすべくキス…(※人の家
それだけに留まるわけも無く、茅島氏の客間であんなことやこんなこと…(※繰り返すが人の家
翌朝描写も萌えます。
人の庭とはいえ、愛す物を愛する人と眺める2人が愛しくてしょうがないです…。
茅島氏が、読むごとにどんどん可愛くなっています…。
それが加速していくのは続き、続く「歓喜する五月~英国旅行編~」。
上記よりも少し前、二週間の旅行中、無機質な中に限りない少女を秘めて恋に苦しむ茅島氏…。
そんな姿も可愛くて仕方が無いです…!
そんな彼に、愛情と優しさでもってフォローを入れる庭師もまた、何だか痒くしてくれます。
茅島氏の初めての旅行は、結果的に素晴らしい物となったようです。

さて、続いては「追想の終章」。
庭師が5年前に数度だけ寝た相手…幹也が痴漢に遭うところを助けて、お話が動き出します。
早い話が、恋人に散々苛められても、結局好きだからこそ全て受け入れている幹也に
庭師が若干振り回されて悶々として…茅島氏への愛を再確認するといったところでしょうか。
このお話よりも少し前に当たると思われるのが、「まいにち、しあわせ」。
タイトル通り、茅島氏の可愛らしい我がままを叶える庭師と、それに可愛らしく喜ぶ茅島氏です。
ラストには「MISTY BLUEにて」。
財界の権力者・緒方家次男の店で茅島氏が飲んでいます。
どうやら庭師と待ち合わせしていた様子…最後まで2人に当てられて、「2」は閉じます……。
この「茅島氏」シリーズ、全く終わりが想像できません…!
ずっとずっと続いていて欲しい…。彼らの非日常的日常をずっと読んでいたい、そう思わずにいられません。
しかし次の「3」で終わってしまう…。最後くらいは、庭師のお名前は出てくるでしょうか?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ