あしたのひまわり

あしたのひまわり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白夜書房
シリーズ
白夜コミックス(コミック・白夜書房)
発売日
価格
¥951(税抜)  ¥1,027(税込)
ISBN
9784893672865

あらすじ

力士を志し山羊の里部屋に入門した日向輪太郎こと向日葵。
アイドル然とした風貌とは裏腹に彼は愚直に相撲道に打ち込んでゆく。
その中で訪れる、ライバルであり後に大きな目標ともなる伊達の海部屋の横綱・千代桜との運命の出会い。
波乱を含みながらも、向日葵の相撲道は今日も続いてゆく。

表題作あしたのひまわり

千代桜:伊達の海部屋所属の横綱。美形の偉丈夫。
向日葵:山羊の里部屋に入門した新人。気合根性旺盛。

評価・レビューする

レビュー投稿数2

びんづけのいい香りのするBLでした。

私、実はぶっちゃけ「好角家」
しかも序の口序二段力士まで見てしまうようなディープなのですが、
「相撲とBL」って何をどー考えても喰い合わせが悪そうな組合せなので無いと思ってました。
なんせ、ねぇ・・・相撲向きの体型はBLにはいちゃいけないタイプじゃないっすか?

でも、20年も前にはこういうのもアリやったんですね。
よく考えればこの時期は若貴のよーな細身のアイドル力士がピチピチの若手で、
これまたイケメンマッチョだった千代の富士の引退した年。

だからマッチョでイケメンな千代桜みたいな力士が横綱というのが想像できたのでしょう。
新人が華奢で力士よりアイドルの方がよくね?な向日葵でもよかったんだと思います。

・・・よかったのかなぁ?(苦笑)

まぁ、そういう何もかもが破格なお話で、正直言って絵の感じもざっつい感じが否めないのですが、それでも世界を生かした筋はちゃんとしていて普通に面白かったです。
相撲という事で、肌色率は異様に高いですが、エロさは控えめ。

いろんなところに(例えば横綱が普段はまげすら結わないとか)「ねーよwww」と思いながらも「BLは続きファンタジー」という事の元祖を見たような気がします。

結局向日葵はこの本では「最高位西幕下十五枚目」で終わりますが、
もう一寸昇進したところまで見てみたかったなぁ・・・。
エッチした相手と本場所の土俵で組み合うとか、どんなんだろうか。

1

異彩な正統

本作はJUNE掲載作品にしては異色作であろうと
考えられます。舞台が角界即ち相撲の世界です
から。
筆者も往時断片的に作品を観た段階では違和感を
感じずには居れませんでした。
幾らJUNE風に登場人物をアレンジしてあるとは
言え、相撲と言う世界をJUNE風に解釈するのは
無理があるのではないか、と。
しかし、こうして単行本に纏まった作品を通して
読んでみると…これがきちんとJUNEになって
いるのですね。

この作品を敢えてボーイズラブの枠で分類する
ならば空気のある作品、と言う事になるのでしょうか。
軽い口当たりですが、相撲モノだけにどっしりとした
腹持ちのする作品です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ