あばずれ

abazure

あばずれ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
60
評価数
17件
平均
3.6 / 5
神率
17.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862635792

あらすじ

生傷の絶えない陸は、金を巻き上げるために弁護士・上月をカモに選ぶ。いつもの手管で躰を餌に、焦らして上手く金を引き出すつもりが、勝手が違ってイラつくハメに。そんな陸に上月はあくまでも紳士的な態度で接し、気づけば狡猾かつ優雅に組み敷かれ逆に美味しくいただかれてしまう!! 心に反して先走る躰は、高貴な獣に喰らいつくされる被虐的な快楽に乱れ溺れるが、素直になれず…。したたか王子様×あばずれ子羊のガチンコラブバトル!!
出版社より

表題作あばずれ

笑顔が癖者の腹黒ヘンタイ王子・弁護士/上月要
8人兄弟の長男・:けんかっ早い美少年/惣流陸

その他の収録作品

  • あばずれ・改?

評価・レビューする

レビュー投稿数11

手のひらで転がされてるのが、読んでて楽しい

貧乏子沢山の一家、惣流家のお話。
殴り合いの親子喧嘩は日常茶飯事、
根っこが愛情深くて明るい家族なので、
まるで一時代昔の理想の家族。
そんな惣流一家のお父さん一郎と次男空のお話が「ろくでなし」に、
長男陸のお話が当作品「あばずれ」となります。
発売としてはこちらが先みたいですね。
でもそれぞれ独立してるので、どちらを先に読んでも楽しめます。

題名「あばずれ」は陸の事。
美人で喧嘩に強いという事で、言い寄ってくる男を騙してはお金を巻き上げてるからなんですが、
寝てないし、巻き上げたお金も生活費の足しにする程度。
そりゃやっちゃいけない事ですけど。
なので、強がりで素直に甘えたり謝ったりする事が出来ない、愛情深くて優しくしっかり長男として惣流家を支えてる「自称あばずれ」ちゃん。
弟達の世話で「甘える」という事を知らないんだろうな。
それが垣間見えるから、読んでて陸がいじらしいです。
そんな陸に惚れるのが、呉服屋の長男として生まれ、今は弁護士をしている上月要。
優しい王子様の一面と、大人の男としての包容力と狡猾な頭も持っているものだから、
やっぱり男同続き士はいけないとか、幼い弟達にこれが世間で普通の事だと思って欲しくないと、上月の事が好きな癖に遠ざけようと奮闘する陸を手のひらで転がします。
そのやり取りが読んでて楽しい。
陸のどんどん上月の事を好きになる気持ちと、好きになっちゃいけないという葛藤は読んでて可愛いし、
陸の奮闘を「はいはい」と言いながら、自分の思い通りにしていく姿は読んでて楽しい。
また、上月は頼りにもなっちゃう奴でして、陸が窮地に立った時は頼りにもなる。
まー、なんて理想の彼氏さんなんでしょう。
おいおいっとツッコミたくなる位デキた奴であります。

お話としてはざっくりと書かれてるので、正直ツッコミ所は満載。
でもあまりそれは気にならなかったです。
あ、上月家の面々にはちょっと引きました。
あまりに呑気というか、完璧な位理解力があって。
後、両家仲良くの場面もちょっと。
台所でおしくらまんじゅうはないだろうみたいな。
でも、陸も上月も一郎を始めとする惣流家の人間が読んでて楽しいので、
読んでてツッコミながらも、まぁいいかと楽しく読みました。

せつなくて泣きたいものを読みたい時には合わないけど、
パァっと楽しくて、ちょっとドキドキ(ときめき?)みたいなものを読みたい時にいいなっと思いました。
楽しかったです。

0

これは

 あばずれじゃなかった……^^。あばずれじゃないのかよ……、と。なんかあらすじと違った。ビッチな受なわけじゃないのかあ、と少し落胆しながらの読み始めでした。

 受も攻もよかったのですが、二人の仲を邪魔してくる女が出てきます。攻の妹?だったかな?そいつが限りなくうざい。その女が居て良かった~と思うような展開や話はないです。居ないほうが良かった。
 本当に最後(オチ)までその女がウザいです。そのせいで、二人は幸せなのに後味が悪かったです。オチまでその女のヒステリックなセリフと態度なんですから。最悪でした。
 この作者はよく女を絡めてくるらしいので、この二の舞いにならないよう、この作者の作品は避けます。

1

オヤジの香りはうすかったけど…腹黒変態王子良かったです‼

コミカルでテンポがいい作品なので楽しめました。
ただ、じっくり読みたい方にはイマイチかも⁉
あとがきにもありましたけど、結構、ごちゃっとざっくりみたいな感じのお話なので、余り細かいところは気にしないで、読み手もざっくり読むと…面白くて、スラスラ読めちゃうと思います。

狡猾な王子様&弁護士•上月 × 美貌を盾にしたたかに生きる、あばずれ子羊•陸の年上攻めガチンコラブバトル‼

陸は、大家族惣流家9人兄弟の長男。
毎日の父親とのバトルのせいで、日頃から生傷が耐えず、包帯&絆創膏&眼帯姿。
自分の容姿が綺麗な事は自覚しているものの嫌っている陸。
でも、その手管と美貌を餌に、何人もの男を騙し、金を巻き上げて、貧乏生活の足しにしています。
ある日電車の中で、弁護士の上月と出会います。
陸が、父親にDVされていると勘違いしてきた上月を、カモに選ぶ事にした陸。
でも、いつもと勝手が違い過ぎる相手にイライラするんです。
上月の前では、小狡さを発揮できず、自分の心を持て余す陸。

お話の中で何が面白いか‼
上月には、あばずれだと言って強がってばかりの陸なんですけど…
続き実際は、自称あばずれだったんです(笑)
純粋で、不器用さん、家族思いでいつも1番に周りの事を考えて行動出来るいい子でした。
しかも、いつも虚勢を張って、意地っ張りで、自分の気持を素直に言えないから憎まれ口ばかり叩くという‼
あばずれどころか、全然スレていなくて、可愛くて仕方ないキャラでした♡

上月は、一見、容姿も文句無し‼…紳士的で仕事もできて、まさにゴージャスな王子な感じなんですけど…
実際は、一筋縄ではいかない、楽しめるといういい意味での、悪魔みたいな腹黒変態王子様でした
(笑)

『自分を狙っている危ない狼には気をつけなきゃダメだよ、あばずれ子羊ちゃん』とか…
『大人のセックスおしえてあげる』とか…
恥ずかしいセリフもさらっと言って、陸を口説くんです。
Hもしつこくて、言葉攻めで、陸を可愛くいじめるいじめる‼
また、陸が恥じらいながらも、上月に翻弄されていっちゃうから萌ます(笑)
サディストの一面を見せる上月が溜まりませんでした♡
そこに、きちんと愛が感じられるからいいんです。
陸の良さをきちんと見抜いて、言葉巧みに口説いていくところが見ものです。

怪我して包帯・眼帯姿の陸を見ては『綺麗だ…可愛い』といい、
『一生懸命家族を守ろうとする君が好きなんだ』とか…
『僕は絶対に陸を諦めない』とか…
ガンガン攻めてくる上月はまさしく萌キャラでした。

そんな上月に陸が勝てるわけありません(笑)
陸は、一生懸命自分が優位に立とうと目論むんですけどうまくいかないんです。
それが、恋心を自覚してからは、上月から逃げる方法を算段するばかり(笑)
逃げようと画策しても駄目‼
じゃ〜嫌われてしまえばいいんだと、色々企むんですけど、絶対に上月は諦めないんです。
それどころか、墓穴を掘っていくだけで、どんどん陸の心を占領していく上月。
結局は、益々追いつめられて、気がついたときは、狼に手玉を取られた仔羊ちゃんでした(笑)
可愛すぎます♡

このペースを乱されて、クルクル踊らされてしまう陸と、押し捲る上月の関係が楽しいんです。
こっちの方が恥ずかしくなるくらい、おバカ系なカップルでした。

脇のキャラも、曲者でいい味出している人達ばかりで面白かった。
陸の家族も、上月の家族も、現実にはありえないような人格の持ち主ばかりなんですけど…
いい人達ばかりなので、楽しませてくれます。
上月の許婚だと主張して邪魔をしてくる、上月の従妹も憎めないキャラでした。

恋愛面の障害や恋人になるまでの心理的葛藤があるわけではないので、紆余曲折が読みたい方や、読みたい時には消化不良かもしれません。

私はざっくりな気持で読ませて頂いたので、評価は高めです。

スピンオフで、『ろくでなし』が続編としてあるので気になる方は一緒に読まれるとより楽しめます。

1

腹黒王子×ツンデレ

顔は綺麗だけどそのせいでいろいろ面倒事に巻き込まれて生きてきた陸はその顔をいかして自分にいいよってくる男からお金をせしめる小遣い稼ぎをしていた。
電車の中で見かけるイケメンサラリーマンがどうやら自分に気があるとふんだ陸はさっそく父親にDVされる可哀相な子を演じひかけると相手はめんどうな弁護士だった・・・。今までの男たちとは違いギラギラしてないその物腰に魅かれはじめます。
そんな時弟の空が拾ってきた猫をただで予防接種などをさせようと常連の動物病院で先生に脅しをているとそこになぜか電車の中で出会ったイケメン弁護士が現れて陸の正体がバレる。
どうせ頭のいい男だしお金をせしめられないだろうと開きなおった陸だがなんと、相手はさらに上手の腹黒王子だった・・・・。

子だくさんの貧乏なうえ知らない子供の面倒もみる陸ってなんかワクワウするではないか!!
上月(イケメン弁護士)の性格もすごいが上月ファミリーってどうなってんの?
なんか陸と同じで「こいつら頭わいてんのか?」と心配になります。

陸の父一郎にいたっては酒1本で息子を手放しで上月に差し出す始末(笑)
惚れてるけど素直になれ続きない周りを犠牲にしてまで付き合えないと自称あばずれな陸はめちゃくちゃ優しい男だった(笑)
父親とのバトルで生傷が絶えない陸を見てうっとり上月はガチで変態さんです。
そんな上月に惚れられてしまった陸はご愁傷様としかいいようのない感じです。
設定はおもしろかったのですが最後の上月のトラップが私にはうけつけられなかった・・・・。
腹黒もいいところだぜ。

スピンオフのろくでなし早く読まなくちゃ~。

2

長男は大変そう(笑)

中原さんの本、読みやすくて最近いろいろ読んでみています。

お金を巻き上げようとしていた相手、上月に本性がばれてしまい・・・。
それでも上月は陸の事がさらに好きになったと、いってきて。
ならばと、陸は・・・。


大家族の長男は大変そうですね。
陸は、家族思いのいいお兄ちゃんという。
そして上月さん、策士ですね~。こういう人好きです。
陸は上月が好きだとなかなか認められなくて、色々抵抗してみせるも上月の方が何枚も上手な様子。
前半でなんとかまとまるも、陸は後半でも男同士という事に悩み抵抗してみせてました。
往生際の悪い子です(笑)
上月家ののほほ~んとした感じと、惣流家の大雑把な感じが読んでいて面白かったです。
いいかげんな親父と陸のやり取りとか。
よく逆カツアゲして、捕まってる空とか。
後半出てくる、上月の従妹もなんか憎めない子で。はっきりした子だなぁ~と。
メインCPもですけど、その他の人たちもキャラが立っていて、魅力的でした。

テンポよく、さくさく読めるお話でした。
スピンオフの方も、読むのが楽しみです。

3

とにかく受けが可愛い♪

自分の優れた外見を利用して、したたかに振舞おうとする19歳。
口が悪くて、喧嘩早い、なかなか男っぽい子。
そんな自分を「あばずれ」と呼ぶ彼は、
儚げな青年を演じて、大人から金を巻き上げようすることもしばしば。
いきがってる若造か?と思いきや、
母親のいない貧乏大家族の長男でとても家族思いだし、
他人の子にも動物にも優しい。
仕事でも、一人前の技術者を目指して日々励んでいる。
そんな本当は心根の真面目な彼が、
(心を痛めつつ)悪ぶったり、強がったり、攻めを騙そうと知恵を絞って画策したり♪
若い子が背伸びしている姿が可愛くてしょうがないのは、おばさんになった証拠かしらw

対する攻めは、そんな受けを全ての面で上回っている大人な弁護士。
キレ者で余裕があり本物のしたたかさを持つ、ちょっと出来過ぎなぐらいなイイ男。
現実味がないような気もするけれど、物語としてはアリだと思う☆
そんな敵わない弁護士相手に、
受けが悪あがきをしつつ、身も心も組み敷かれていく様子がとても堪らなかったです。

ふたりの個性的な家族もとても魅力的。
片や貧乏大家族、片や由緒ある大金続き持、それぞれのブッ飛んだ父親もいい☆
脇役にも沢山の愛情を注いでいるのが感じられる書き込み具合が、中原作品の素敵なところ。
今回も正にそうで、とても楽しめました。
大人数のガヤガヤとした雰囲気と、ふたりっきりの甘い(エロい)雰囲気との対象もよくて、
ますます中原さんの魅力にハマっていってるのを感じます♪

神本にするか迷った、とても好きな一冊です。

3

強く生きる!

男をはめて、お金を巻き上げるという生活?をしていた
陸(受)が、弁護士である上月(攻)をカモにしたことから、
ストーリーが動き出します。

個人的に面白いと思ったのは、
陸が、「ビッチ」なのではなく、兄弟たくさんだから
お金を集めていて、その手段が上記っていう点(笑)

だから、全然「あばずれ」ではありません!
逆に、なんだかかわいい!!

そして、カモにしたはずの上月の腹黒さがたまりません。
大人な腹黒さで、「あばずれ」ぶった、かわいいチワワを
かわいがる物語に読めてしまったのは、私だけではないはず!

0

自称“あばずれ”

主人公の陸(19)は、自らを“あばずれ”と呼び
大家族のために美人局的なことをやってるのですが
性的な意味で、身体を売ってるということがなく
ショッキングなタイトルとは裏腹に
貧しい家の子が、王子様に見初められるという
ロマンチックストーリーでした。

物語の王子様的ポジションである弁護士の上月は
毎日、傷だらけの陸を見てDVかと疑い声をかけるのです。
陸は陸で、上月が自分を見ていることを知っていて
声をかけさせるチャンスを作っている。
狡猾に王子様を罠にはめる自称“あばずれ”陸ですが
王子様・上月のほうが一枚上手です。
しかも、北風と太陽でいえば太陽のような方法で
陸の鎧を脱がしていってしまうのですw

上月は、ただ育ちが良くて天然ではなく
弁護士として世慣れしてる感じと
性的趣向がちょい変態な具合が絶妙によく
ただのいい人じゃないところがよかったな。

まあ、でも、上月も陸も、物語の中の人物といった感じで
とってもピュアな人種で後ろ暗いところとか微塵もなかったですね。

全体的にメルヘンな作りで、おとぎ話みたいに甘かった。
もう少し続き上月が悪い大人でもよかったかなぁ。

2

スレた風体ピュア受 初見を裏切る腹黒攻

キャラ的には萌え要素満載!
表紙にも好感が持てますWW
やんちゃと知的腹黒・・・いいですよねぇ
そしてアットホーム感が結構感じられました

なのに後味はなんとなく物足りない
あんまり残ってこなかったのはなぜだろう・・・

個人的に物足りなかったと思う部分を考察(あくまでも個人的見解)
快楽に流される受描写はもう少し堪える描写が欲しい
攻が折角腹黒なら言葉攻めはもっと巧みでもいい
タイトルもあばずれだしもっとミダラ~な感じを希望を抱きすぎたのかもしれない・・・

あばずれ っぽいけど実はピュアな受、可愛さ度の強い受の印象でした
格好いい系の受を期待すると少しガッカリするかも・・・?

1

“あばずれ”と言うより“蓮っ葉”だと思う

けっこう過激なタイトルで傷だらけの美少年の表紙なので、痛い系のお話を期待しちゃっていたのですが、コメディでした。
ネタバレすると面白さが半減してしまいそうなので、できるだけネタバレしないように感想を書きたいと思います。

三拍子も四拍子も揃っている弁護士の上月要と子沢山の父子家庭(9人家族+よその人がいるときあり)の長男でいつも傷だらけの惣流陸のお話。

そもそも美少年の陸は男に言い寄られることも多く、生活費の足しにするため時々彼らからお金を巻き上げておりました。
電車の中で気になった上月を次のカモに選んだものの・・・
いつもの手はずで振り回そうと思っていた陸は、上品でいい人にしか見えない上月の手のひらの上で弄ばれているような状態になってしまうのです。
それくらい上月の方が上手で変態(←はちょっと言い過ぎかもしれませんが)で、自分のことを「あばずれ」と言い切る陸の方が余程純情で可愛く思えるくらいです。

そもそも陸が、傷だらけの割にはめちゃくちゃいい子なのですが、“育ちが悪い”ことを盾に“男同士”の恋愛に区切りをつけようとあがくので、男っぽいワルになろうなろうとする続きわけですが、いちいち“いい子”が顔を出しちゃうので結局ワルくなりきれないままなのです。(ここが一つ目の楽しみ。)

どっちにしてもなんだかんだで二人はラブラブなので、もうひとつの楽しみとして、周囲の人を観察するといいかと思います。
父親の一郎を始めとする惣流家の面々は大変複雑な家族構成なのに皆仲良くて楽しそうだし、両親と妹の上月家はただひたすらいい人たちの集まりです。
そこに可愛そうな獣医・志垣や上月の従妹・里美たちが絡んできて、よりいっそう楽しくなっております。

贅沢を言うのなら、もうちょっと上月のマニアックな性癖を前面に出していただいても良かったかなと思います。(それじゃSMになっちゃいますかね?)
それから、始めのうちに退場なさってしまったヘタレの志垣獣医のその後と、最後の方で突然現れた一郎パパが拾ってきた習字男のことが大変気になります。

4

オヤジが足りないわー

 雑誌で読んだのに、内容をすっかり忘れてました。……というのも、オッサンが出てなかったからですな。
 雑誌掲載分+書き下ろしです。

 ちょっと変態チックな美形弁護士と、19歳美少年(でも乱暴者)のお話。
 どちらも、美しいだけじゃなくて一癖も二癖もある人物ですが、どうしても中原先生にはフェロモンオヤジを期待してしまうので、少しもの足りませんでした。たぶん、オヤジを求めていない人には楽しめると思います。

 ごちゃごちゃした大家族は楽しいです。そして、美形弁護士のフェロモンもやっぱり出てます。受けの陸くんが嫌がりつつも乱れるのも萌えでした。


 でも、やっぱり今発売中の小説b-boy「ろくでなし」の方が好みです。陸の父、一郎の話なのです。
 オヤジ……私にオヤジをくれ!(変態☆)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ