やさしい雨に濡れる砂

yasashii ame ni nureru suna

やさしい雨に濡れる砂
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784592875864

あらすじ

最初は利用しようとしてお互いに近づいた瀬良と真砂。いつしか二人は深く愛し合うようになっていた。ところがこれまで特定の恋人を作らずにいた瀬良は、真砂を束縛しすぎて困惑させてしまい…!?
出版社より

表題作やさしい雨に濡れる砂

瀬良彰人,保険調査員,(26)
史倉真砂,大学生,(20)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

続編ですね。

『月のガラスと共犯者』の続編になります。

こちら単独ではおそらくわけわからないんじゃないかと思います。前作読んでるの前提で書かれてるといってもいいくらい。ほぼフォローはありません。

前作ラストが『続編ありき』とでもいうくらいに思わせ振りだったので、やっぱり出たかって感じでした。

ただ、続編が必要かは疑問、というより個人的にはまったく求めてなかった。
そもそも、前作もまったく好みじゃないし面白いとも思わなかったんですが、こちらはさらに目が滑りました。


メインキャラクターは、瀬良(攻)が別人のように独占欲の固まりのベタ惚れになっちゃってますが、もうそれはきたざわさんの(特に続編・シリーズの)パターンですから十分想定内です。
真砂(受)も、なんというか『健気な執着』タイプで、このCPは別にキライじゃないんですよ。

しかし、瀬良の会社や上司がまたなんとも鬱陶しい!
特に上司の槙は、きたざわさん作品にはホントによくいる(そして私は虫酸が走るくらい大ッキライな)悪趣味な揶揄に満ちた脇キャラクターなので、もうそれだけで読むのが苦痛でした。

前作と続き違い、槙が『味方』側になったので(?)、前作ラスト近くに出て来た真砂の祖父関係のキャラクターである周防がこちらでは『敵』ポジションになります。
というより所謂『当て馬』なんだろうけど、それにしては魅力がなさ過ぎて、ただ気分悪いだけの存在でした。


う~ん、とにかく読むのがツラい作品でしたね。早く読み終わりたくて飛ばし読みだったんですが、それでもうんざり。

ただひたすらにつまんなかったです。それしか言うことない。

ただ、前作と同じくメインキャラクターとラブは別に(好みでもないけど)イヤじゃないので『中立』で。←それ以外は完全に『しゅみじゃない』です。脇キャラクターのほぼすべてにハラ立つばかりだった。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ