好きになったのは、酷い男。

芳醇な恋に

houjun na koi ni

芳醇な恋に
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
28
評価数
10件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784059040903

あらすじ

「飛鳥井、キスしたことねぇの?」「あるよ」
「その返事、むかつくな」――。
高校時代の、一世一代の恋だった。老舗酒蔵の若社長・飛鳥井がその男と再会したのは、吸収合併の会議の席。買収を持ちかけてきた相手は新進のネット販売会社社長となったかつての恋人・麻生だったのだ! 裏切られた過去を忘れた飛鳥井に対し、麻生は「今お前が一人なら、昔の男のことは忘れてやる」と傲慢に言い放つ。今も昔も酩酊するようなその恋に、飛鳥井は……。
出版社より

表題作芳醇な恋に

ネット販売会社を立ち上げた社長・麻生壮一
老舗酒造を受け継いだ若社長・飛鳥井穂

評価・レビューする

レビュー投稿数5

浮気・ワイン・再会もの

丸ごと1冊表題作です。飛鳥井(受け)の目線で進んでいきます。

飛鳥井はワイン会社の若社長。苗が病気になり金策に困ったときに、好都合な買収を持ちかけてきた会社が現われます。ところがその会社の社長は高校時代の元恋人・麻生(攻め)で…という内容です。

飛鳥井が好きな元同級生の神谷が、高校時代に二人が誤解するように導き、今回も引き離そうと画策します。ただそれは差し置いても、麻生が昔も今も女性と浮気をしていたのは事実で…私はそこがちょっと気になりました。いくら当時は飛鳥井に挿入できないとはいえ、だからってねぇ。麻生が、ケンカの原因は自分の浮気だけど、別れたのは飛鳥井が神谷と浮気した(と当時は思った)からだ、と言いますが、飛鳥井からしては麻生の浮気時点で別れを考えたのだからそれはお前の勝手だと厳しいことを考えたりしました。

でも、麻生は社会人としては良い男だと思います。飛鳥井が仕事に役立てるように色々さりげなく教えたりして。ただ、もうちょっと飛鳥井に誠実な部分があればもっと良かったのになと思いました。

傲慢なオレ様攻め、反発しても結局は攻めに振り回される一途な受け、社会人カ続きップルがお好きな方にはお勧めです。さくっと気軽に読める作品です。ワインの話も出てきますが、そんなに難しいことはありませんし、プレイで使用することもありません。ワイン飲む場面もあまり無くてちょっともったいないなぁと思ったりしました。

0

熟成された恋 溺れる恋

『魅惑的な契約者』が気に入ったので、こちらも読んでみました。
軽いタッチで読みやすいです。

飛鳥井は父親が亡くなったのをきっかけに実家のワイナリーを継いだ。ただ、経営は思わしくなく、そんな時に融資をしてくれるという企業が現れた。
その企業の社長はなんと高校時代の恋人の麻生だった。
麻生とはその当時浮気され喧嘩別れをした苦い思い出しかない。しかも麻生は昔のことを反省もせずにまた口説いてきた!
しかし会社のことを考えれば契約を結ぶしかない。そんな折、今度は高校時代に友人だった神谷も融資を申し出てきた。その意図は?…

ぜんぜん読めちゃうストーリーですが、でもふたりの気持ちを考えると、あー誤解なのにいつまで誤解し続けるのー?いつわかるのー?神谷だよ、嘘ついてるの!って教えてあげたくなるこのもどかしさが、読んでいて面白くてよかったですw

この三角関係に会社の今後が左右されそうになっているのはいかがなものか!?なんですが、まぁまるっと収まるのは見えていたからいっか(笑)

離れてしまったふたりだけれども、ずっと想い合っていたってことで、気持ちが通じあえばあまあまな世界続き
でもそれがふたりにとってはほぼ初めての経験。麻生がすごく嬉しそうで、その様子がいやらしく感じましたw

あとがきで、ふたりのその後がこんな感じになるんじゃないかと短く書かれていて、バカップルになるでしょうと。
それ!続きをぜひ読ませてくださいー!

0

オトコマエな受にルネッサ~ンス!

あおいれびんさんのかわいいイラストに反して、火崎さんの作品なので
受もしっかり男なところがグ~ッド!
最後まで男としての意地もプライドも持ち続けた格好いい受に乾杯!
酒蔵メーカーの社長という設定のわりにワインネタ少なかったんですが
ワタクシ、ワイン飲めませんので、ダラダラワインについて語られても
つまんなかったと思うから、ちょうどこの程度で良かったです。

ストーリー全体の流れは特に珍しくもなくて、買収相手が裏切られた
かつての恋人で、会談の席で無礼な態度をとった受に体で償えと
傲慢な攻のお決まりのパターンなんですが、そうあっさり体の関係には
至らず、意外としっかり仕事の話も織り交ぜながら進んでいきます。
当て馬も、婚約者(当て馬が手配した偽者)も登場して
無理矢理駆け足でまとめた終り方がちょっと残念なような気もしますが
腹黒だけど根はきっと純粋であろう当て馬も憎めない存在で、
キレ者の立花やのん気な清水に、役員のオヤジーズ。
脇キャラもなかなか面白かったです。

結局のところ、嫉妬に狂った当て馬の神谷のウソのせいで誤解したまま
別れてしまった2人が続き、またその神谷の暴挙によって誤解が解け
ハッピーエンドって甘々な展開です。
嫌いで別れたわけじゃなく、当時はまだ高校生の幼い2人だったから
自分の気持ちが一番で、相手の意見に聞く耳持たず、一時の感情で
お互い気持ちを残したまま別れている。
いざ再会しちゃえば、成長した大人な2人のはずが、
また熱く燃え上がったってわけです。

最初から最後までラブラブなんですよね~
女遊びが派手なのは体の寂しさを紛らわせたいだけで、
本当に抱きたい男が手に入らなかったから。
高校時代の初エチ(挿入ナシのさわりっこ)シーンが初々しくて
やけに萌えましたww
けんかの時の生々しいセリフも高校生の2人が言うから
なんだかかわいいしwww
この高校時代のエピソード結構好きです♪
それでも、一番の見せ所は、神谷をおもいっきり殴った男前な受君です。
こーゆー受側の格好良さはBLならではの醍醐味ですね★

0

仕事でも恋でも三角関係

再会ものですねӂ

経営が傾きかけた老舗ワイナリーに好意的買収の話を持ちかけたのは高校時代の恋人で…

そしてついでにもう一人、経営に力を貸すと言って現れたのも高校時代の友達で…

この元恋人とクラスメイトが受けの心と体、そして会社を取り合うトライアングルラブでしたn[g3

元恋人の方は別れてからもまだ未練があり、また、友達だった同級生の方も、実は高校時代から受けに気があり、受けの会社がピンチに陥ったのをいいことに、二人ともここぞばかりに姿を現すわけです。

ちょっとこの受けに対して、高校時代から何年も経ってるのに未だに想い続けられる(しかも二人に)そんなモテモテってどーよって気もしないではないですが、受けのキャラがわりとプライド高い系だったから楽しめたかなCOX

助けてくれるって言われてんのに、本人あんま嬉しそうじゃないしd

見た目女の子なのとか、見た目男でもナヨナヨしたのとかだと、イラッときたかもだけど、ルックスも性格もやや女王様なとこありましたPd

続き仕事面でもしっかり会社のことも考えているし、ちゃんと男らしい性格の受けなので良かったです。

まぁ一応、父親の死で急に社長にさせられたという設定なので、まだ若く頼りないところはありますが、その辺は父親の代から勤めている重役が爺や的存在になってていて、かえって楽しめたりもĂĂ

再開ものはよくあるし三角関係もよくあるけど、ワイナリーの社長が主人公ってのはなかなか新鮮で面白かったですCOX


1

本気な恋には臆病なのか

今回は新進のネット販売会社社長と
老舗酒造を受継いだ新米社長のお話です。

二人の出会いと別れ、再会を経て本当の恋人同士になるまで。

受様は自分の畑でブドウを収穫し、
ワインを製造販売しているブティクワイナリーの次男坊。

本来は会社経営とは無関係だったのですが、
社長だった父親が急逝した際も既に経営が芳しくなかった上に
苗木が病気で全滅して更なる借金を負った為
ブドウで手一杯の兄達に代わり、受様が会社を引継ぎます。

しかし何分素人の受様。
頑張っても会社を持ち直すまでには至りません。
そんな時、とある会社から好意的買収の話が!!

専属契約で融資も考慮と言う好条件ながら、
社長の話が全くでない事がとても気になりつつも
先方と顔合わせに向かいます。
しかも件の社長は遅れて登場。

受様は件の彼の顔を見るなり、
彼に黒毛和牛をお見舞いすることに?!

バルサミコソースを額にたらした彼こそ、
高校時代の恋人にして今回のお相手・攻様だったのです!!

攻様は昔から良くモテる男でしたが、
攻様に恋人になってほしいと口説かれた高校時続き代、
若かった受様は悩みつつも
攻様が一番必要な人間だと思って付き合い始めます。

しかし自分と言う恋人がいながら女との浮気を
男の甲斐性という攻様との恋は続きませんでした。

そんな過去が有ると言えない今、
大人気ない行動をしたと攻められた受様は
菓子折りもってのお詫びを迫られます。

そして向かった攻様の自宅で彼が提案したのは
攻様の身体で代償を払ってもらうと言う事で?!

と言っても俺様でいじめっ子気質の攻様の策略で
家政婦もどきのお世話係りの任命でしたが
自分の感情に任せて取引を危うくした自覚のあった受様は
シブシブながら彼の提案を受け入れます。

そして攻様の会社で彼の仕事ぶりを見るうち、
また攻様に惹かれていく受様ですが、
別れた原因は受様の浮気だったろうと言われて?!

この後、伯父の出版社を継いだ同級生が
受様の会社に融資をしたいと現れて、事態は更に迷走状態に!!

果たして受様の会社は持ち直すことが出来るのか?!
そして二人の恋の行方は?!

俺様な攻様ほど本気な相手には不器用なのかもと
思わせるお話です。
受様を手に入れようといろいろと画策する攻様ですが、
最初の一歩が甘かった為にやたら遠回りした感じですね。

某通販社で購入すると特典小冊子が付き、
本編後の独占力丸出しの攻様が楽しめますよ♪

今回は融資の方に受様を手元に置こうと画策する社長攻で、
同じく火崎勇さんの『世界を二人のために』をお薦めしますね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ