ヒショケン!

ヒショケン!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
29
評価数
10件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861343346

あらすじ

秘書の斎藤庸は人事異動により、新任の取締役・鍋島久嗣に付く事になった。だが、会社勤めの経験がない鍋島に庸は振り回され、挙句、秘書っぽくないと言われショックを受ける。おまけに秘書としての仕事もさせて貰えず、庸は酔った勢いで「もっと自分を使って欲しい」と鍋島に打ち明ける。だが、翌日から鍋島は思わせぶりな態度を取り始め――!? 描き下ろし付き♪
出版社より

表題作ヒショケン!

新任の取締役 鍋島久嗣
鍋島の個人秘書に任命された 斎藤庸

その他の収録作品

  • 秘書 兼 恋人

評価・レビューする

レビュー投稿数8

クールなツンデレ美人秘書

秘書と会社社長という組み合わせ。
主人公で受けの庸が典型的なツンデレ美人秘書のため、見ていて楽しかったです。

最初は新しく社長になった鍋島が軽くて飄々としていてとっても掴みにくくて、お話に入り込みにくく感じたのですが、庸が秘書として認められたいと頑張るお話から、後半は鍋島が庸に惹かれていくという展開になってきてから楽しめました。 
しかし、仕事はバリバリできる鍋島なんだけど、一体何をしてるのか分からないあたりがネックでした。「新しく取締役になった」と突然現れるのですが、庸もイマイチ鍋島の行動を把握できていないようで…。
一体どんなお仕事をしているのかな、とかどんな会社の社長なのか、とか、秘書と社長という設定なのだからお仕事内容までもう少し作り込んで欲しかったです。 

庸の酔ったら素直になってしまうところや、寝顔の可愛さのギャップはすごくキュンときまして、鍋島が庸に惹かれていく様子は共感できました。でも肝心のラストのオチがちょっと弱いかも…。以前読んだこのかたの本でも思ったのですが、問題が解決するのがラスト数ページであっさりとでして、長い葛藤に比べて終わりが物足りない感続きじがします。
カップルとしてとても好みだったために、ラブストーリーとしてドキドキする要素がもっと欲しかったなあと思います。

0

タメ口になる秘書

角田さんのお名前は以前から知っていましたが、単行本で作品を読むのはこれが初めてです。
絵柄は割と好みです。特にクールで美人な受け様の雰囲気がよかったです。
この本は受け様視点で描かれてる所が多いのですが、攻め様視点でも描かれている箇所があるので、読者は二人の気持ちがある程度分かって読むことになります。
そういう点では最初からこの二人は両思いだな~と分かるのですが、それがどうして、なかなか二人の関係は発展しません。
それもこれも受け様が真面目すぎるから(笑)。
かなりお堅くて融通が利かないタイプなのですが(優秀な秘書として大丈夫か?と思うのですが^^;)、仕事は非常に出来るみたいで…。
その受け様が会社勤めの経験がなくて我が道を行く攻め様に振り回されて、クールな表情が崩れるところが可愛いかったです。
中立評価にしたのは…すみません、私、受け様がどうしてあんなにグルグル悩んでるのかよく分からなかったんです…(←ある意味、致命的ともいえる^^;)。
私には受け様は攻め様に十分必要とされているし(恋人としても秘書としても)、受け様が要らぬ悩みを抱えているという風にしか見えなかっ続きたのです…。そのため、萌えることが出来ませんでした…>< グッスン
あと、中盤から受け様が攻め様にタメ口で話すところも気になりました。対等な立場としての表現とは分かってるんですが、なんかプライベートなシーンでも取締役と秘書という立場が頭にあって、タメ口のところは却って違和感を感じてしまいました。

0

秘書としての役割

前々から気になっていた漫画だったので、購入してみました。
感想としてはおもしろかったです。わかりやすいお話なので、スラスラ入っていけると思いますね。
キャラではストイックな感じのツンデレ受けとかがツボでしたw
こういうツンデレな受けがたまに見せる笑顔とかめちゃくちゃかわいい!!
それに仕事すきな受けって大好きなのでよかったです。

…って、庸(受け)しか話してねぇーΣΣ(゚Д゚)ビシッ 笑
攻めの久嗣は自由気ままな感じですが、庸を好きになってからの独占欲はよかったですよw
秘書としての自分を使ってくれない久嗣に対して悶々とするんですが、使ってくれない=邪魔だと勘違いしてしまうのはあるよなーと思いましたね。
まあ、久嗣はいままで一人でやってきたからしょうがないっちゃしょうがないけどw

しかしちょっと微妙だったのは
・顔の表情を簡略化するときのあの目が…目が!←
・鍋島の仕事内容がイマイチわからない。

ですね。まあ、これは私がちょっと気になったことなので、うん。苦笑
今回少々辛口なレビューですが、ストーリーは楽しめました!でも萌え評価にさせていただきま続きしたが、どちらかというと『萌え』と『中立』の間かな…。

まぁ、いろいろと萌えさせていただきましたが、描き下ろしが一番萌えましたw
もう庸がめっちゃか わ え え ! !

0

ヒショケン!レビュー。

角田さん御得意のリーマンモノ。自由奔放かつ型破りな攻に、振り回される真面目過ぎる受秘書の話です。

「特別になりたい――この気持ちは秘書だから?」
えーっと、秘書とは家政婦母親的なスキルを身に付けなきゃイカンって決まりはないよね?社長の甥っ子で役員として会社の入ってきた攻と、その攻の秘書兼お守りを押し付けられた受の話。

秘書は、何もそこまでやらなくてもって位に仕事に一生懸命でプライドを持っているキャラで、セクハラに困っている女の子を助ける為に代わりにセクハラ受けたりしちゃう様なド真面目さん。

攻は、ムカつく程自由人で、友人と電話をすれば下ネタばかり、その上秘書の存在を無視して自分で好き勝手に仕事して、しかも仕事は凄く出来るというタチの悪い人。

真面目なツンデレ秘書は、男のプライドとか秘書としての立場とかやりがいとか真面目に考え過ぎて、攻めに対してなかなか素直になれない。好きだと言われてもこんなチャランポランなヤツだから信用出来ないし、考えると切ないし、いっぱいいっぱいになります。

受が陰なら攻は陽、そんな感じのコンビがぶつかり合い惹かれ合うまでの流れがメ続きインです。理解し難い自由人な男を攻略していく健気な受が好きな方にオススメ。
エロは描き下ろし分のみで、両想いになるまでのドタバタ劇がメインですのでガッツリとしたエロが読みたいという方は御注意を。
ピュアなリーマン話が読みたいという方にはツボると思います。

0

男である意味

秘書なのか、恋人なのか、秘書兼恋人なのか
仕事と私情の間で悩むのは、男だからこそ?

会社勤めの経験がない鍋島は、秘書の使い方がわからない。
秘書の仕事に、人一倍誇りを持っている斉藤は、自分を使ってくれない鍋島に不満を募らせている。
でも、不満や不安は、仕事の所為だけ?

斉藤は生真面目で、仕事と私情は分けてしか考えられない。
自分の秘書の仕事にプライドがあるだけに、例え鍋島を好きになったとしても、男として仕事で頼りにされたい自分を捨てて、ただ愛されるだけのオンナにはなりたくない。
そこを悩むストーリー

いいなぁ、、、
こういう話大好き
せっかく男同士の話なんだから、葛藤するのはコウであって欲しい。

最終的には、そんな線引き、意味がないって、鍋島が押し切る形で決着がついたけど、
男として悩み続ける斉藤、
こういう話こそが、BLが男同士の恋愛であることに意味があるストーリーって思えて、好きだわ。


2

実は一目ぼれ?

秘書と恋人という違う立場で葛藤する庸側と、言葉の誠意が伝わらず庸との距離の取り方に戸惑う鍋島側、ふたりの視点が一話ずつ交互になっているので、心理がとても分かりやすく読みやすいです。

単行本の巻末の描き下しまでほとんど接触(苦笑)がないので、Hシーンは苦手だけどリーマンモノが読みたい!と言う方にも持って来いです。心理戦な話しが好きな方にも、Hは気にしないという方にも勿論もってこい(えみうです)。

一番気になるのは「秘書の庸がどこから鍋島に魅かれたのか」。
えみうは一話の「ある」ところだと思います。庸が鍋島に落とされたのではなく、鍋島が庸に落ちた。かなり個人的希望で妄想が入っている気がしないでもありませんが「庸の一目ぼれ」がないと成立しなかったストーリーだな、と。報われてよかった。

0

働く男!

 いや~、リーマンっていいですね。
 必死に働く男って好きです。

 秘書か恋人か。受けのきまじめな葛藤もいいし、攻めの徐々に惹かれてゆく様子もいい!
 視点が、1話ごとに変わるので、どちらの心情もわかって読んでいる方はドキドキします。
 やっと最後に結ばれるのは、よかったなーと思います。

 

1

純情な秘書のストイックさを堪能

新任取締役の鍋島と秘書の斎藤のお話。
仕事熱心な秘書の斎藤は、なんだか軽い鍋島に不信感を抱きつつ、あまりやりがいの無い仕事をこなしておりました。
鍋島の行動に振り回され、発言を一々真面目に捉えるものだから、ショックを受けたりイライラしたり。
ある日接待の席で酒を飲んだせいで、鍋島に本音を明かしてしまうことになり・・・

そこでお互いの心が通じ合いめでたしめでたしではないところがこのお話のいいところ。
とにかく鍋島が軽い割には意外と慎重派なのと、斎藤が融通がきかない生真面目なうえ、自分の事となると早とちりで後ろ向きなので、一歩が踏み出せないまま押したり引いたりの微妙な関係が続くのです。
何やら熱いものを内に秘められていそうな斎藤の色気を時々感じながら、この際ラブは少しずつ進んでくれればけっこうです。
キッチリしたスーツに身を包み、誇りを持って仕事をする。
ストイックでいいですねー。疲れちゃいそうだけど・・・。

お仕事好きな私としては、今回秘書として必死に頑張る斎藤に好感が持てました。
鍋島の仕事内容がもっとはっきりしていれば、言うことないと思うのですが・・・凄腕続きのエージェントって何をしているんでしょうね?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ