抱きしめてなぐさめるって、友達としてアリだろうか? 秘める大人の恋、短編集。

泣かないで、大久保くん。

nakanaide ookubokun

泣かないで、大久保くん。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌13
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
77
評価数
23件
平均
3.4 / 5
神率
17.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101469

あらすじ

毎週金曜日、大阪発の最終便で一緒になる大久保くんは
大人になってできた友達。
同級生というほかはお互いのことをあまり知らないが
帰りの時間をゲーム対戦しながら楽しく過ごす仲良しだ。
週1がわくわくの1ヶ月目くらい、道で迷って入り込んだホテル街で
男と一緒の大久保くんを偶然みかけてしまった…。

センチメンタルな大人の恋でまとめたnicaワールド全開。
描き下ろし有りの最新短編集☆
出版社より

表題作泣かないで、大久保くん。

樋口
大久保くん

同時収録作品あかねいろ

坂上 作家/27歳
攻から逃げた幼なじみ

同時収録作品下り電車の恋人

剛 小説家
半澤ひろお 攻の2コ上/編集者

同時収録作品2LDK

隆ちゃん(リーマン) / 市村(リーマン)
わかば(攻の幼なじ) / 佐伯(バー店長・30歳)

同時収録作品空腹エレジー

板橋 受の隣人/リーマン/23歳
大崎明義 バンドマン/25歳

評価・レビューする

レビュー投稿数15

ちょっと意外な1作が含まれていました

ニカさん作品=可愛らしいイメージなのですが、今回ちょっとハッピーエンドとは言い難い切ないお話が1つありました。
こういうのも描かれるのだなぁ…と吃驚。
因みに、表題作のことではありませんw


■泣かないで、大久保くん。/泣かないで、樋口くん。■
樋口(会社員)×大久保(会社員) ※27歳同士

毎週金曜日、新大阪発の最終新幹線で一緒になる大久保くんは大人になってから出来た友達。
同い年という他はお互いのことを余り知らないが、帰りの時間をゲーム対戦しながら楽しく過ごす仲良し。
1ヶ月目くらいのある日、道で迷って入り込んだホテル街で男と一緒の大久保くんを偶然見かけてしまい…。

あんな上司は捨てるがいいさ。
ゲーム対戦している2人が楽しそうで可愛い。
しょうもない罰ゲーム(例:全力しっぺ)とかムキになっていたりw

カバーひっぺがすと2ページ漫画。
酔いつぶれた大久保くんにキュンキュンする樋口くん。
据え膳状態www

初回特典ペーパーの2人が…なんか…とっても可愛かった(((o(*゚▽゚*)o)))
お花ぽわわ~みたいな?

■あかねいろ■続き
坂上(小説家)×宮下(会社員) ※甥っ子視点

15歳の俺は町はずれのボロ屋に住む小説家の叔父をこっそり訪ねている。(※父&叔父は不仲)
ある日、叔父の友人である宮下がやってきた。
帰ろうとしたが、以前見たとき喧嘩をしていたのが気になり戻ってみると2人は別れ話をしていて…。

何か暗い暗いと言われた作品らしいですが、そのようには感じませんでした。
いやまー…確かに5年後にはおじさん死んでいるんですけどね。
バッドエンド的な感じではあるんですけどね…。
どうしてかな…綺麗だって感じてしまったのですよ。
哀しいし切ないんですけどね。
夕暮れの中で静かに泣く宮下さんが印象的でした。
甥っ子が言うように2人とも馬鹿ですよね…。
両思いだったのに…坂上が小説家として売れ始めたから世間の目を気にして、坂上のこと思って別れを切り出した宮下。
でも思いは消せなくて囚われてしまって…最期までそれは変わらなくて…。

※「あかねいろ」=坂上の著書のタイトル。ある男が美しい恋人に宛てたラブレターのような内容だった。

■下り電車の恋人。■
剛(小説家)×半澤 ひろお(担当編集者)

仕事の打ち合わせ中に電話で半澤の母が亡くなった知らせが入る。
だが実家とは絶縁中で帰れないという半澤を見て支えになりたいと感じた剛は口説きまくって恋人関係に。
そして付き合い始めて訳1年のある日、実家から3回忌の線香をあげに来い、と連絡が入り…。

いまいち乗り切れずー。
受けが余り好きくなかったのですよね。。。
でも最期の方でムーッとした顔から「ちゅ」して笑顔で名前呼びしたのは可愛かったなー。(←受け)

■2LDK■
尾久 たかゆき(会社員)×わかば(引きこもり中)/市村 太一(会社員)×佐伯(ゲイバー店長)

小学校から大学までずっと一緒だった幼なじみのわかばが2ヶ月前、突然部屋から出てこなくなってしまった。
卒業式の打ち上げで女の子達にセーラー服を無理矢理着せられたあげくに男女ともに絡まれまくっていたのを救出しなかったのが原因だろうか…( ̄へ ̄|||) ウーム
可愛かったんだもん…とはいえ責任を感じて、外に出るきっかけになれば良いと思い2人暮らしを提案。
やっとこさ顔を見せてくれた日、隣室の獣のような夜の営みをする同棲カップルが実はゲイカップルだと知り思わず帰宅後に告げたら…こもられてしまったil||li _| ̄|○ il||li

この話が物凄く気に入りました。
ニカさん作品で1番好きだ。
わかば可愛すぎる(/ω\*)
たかちゃんも「うちのわかば」「俺のわかば」って…本音だだもれwww
もーどのページもキュンキュンきた。
この気持ちを言い表すのは無理。
ってことで、是非読んでくれと叫びたい。

■空腹エレジー■
板橋(大手企業勤務)×大崎 明義(バンドマン)

いつも金穴の明義は自宅で行き倒れているところを隣室の板橋に助けられる。
親切への対価に要求されたのは自分のカラダ?!

支払い設定が笑えましたwww
ビール1本=キス1回、おつまみ=×××追加…etc
おバカな受けと意地悪で計算高い攻めの話。
でも実は攻め様ってば一生懸命www

1

夕暮れ

短編が5本収録されていますが、 
『あかねいろ』の余韻を残すようなお話の締め方が特に好きでした。
相手のためをおもい、願って別れてしまったけれど、
本当にその選択で良かったのだろうか。悲しい結末になってしまう前に、
なんとか軌道修正出来なかったのだろうか、と、とても切ない気持ちになりました。

好きなお話も沢山あるのですが、体の表現が得意ではない作家さまなのかなぁ、と
感じました。それがときどき気になるせいか集中できないので、
それならもういっそ、全編着衣のままエロに突入してほしいなぁ…なんて思ったり。

1

泣きむし集合。

新幹線や互いの部屋という【空間】で成り立っている人たち&泣く子を揃えた短編集です。

北別府ニカさんは初買いなのですが、ヘタレ攻め主流な作家さんですか?
ヘタレ好きの方は美味しくいただけると思います。

チビキャラっぽいデフォルメ絵が中村春菊さんの絵に似ている気がします。4年近く前の作品だから今はどうなのかな?

各CPの関係性なのか、攻め・受けどちらにも感情の肩入れをしないで対等に書いている感じがします。

印象深い作品をいくつか…。

【泣かないで、大久保くん。】
涙目の理由(ワケ)を追及しない『大人対応』で始まった出逢いは新幹線に乗っている間、ゲームをやって騒いでるだけの『子どもっぽい』間柄に。
大人になってからの出逢いにおいて相手に気を使わない間柄というのは意外と少ないですよね。

そんな楽しいけど色っぽくない時間を過ごしていた大久保くん(おそらく受け)と樋口くん(おそらく攻め)ですが、ホテル街を男と歩く大久保くんを樋口くんが見かけたことで少し流れが変わります。

憂いの表情を浮かべ涙を流す顔とゲームをやる楽しそうな顔を見ながら相手に踏み込むのは有り?と考える樋口くん。

一方続きで今までの自分の思いを『大事な友達』に話すことができた大久保くん。

2人とも、そう思うこと自体が既に「意識している」ということに気づいているのかいないのか。

ヘタレ辛みの話ではこの恋人手前で焦れったい!部分に萌えるんでしょうね(笑)

カバー下に、その後のお話が描かれてますが相変わらずヘタレ発動の樋口がイイ!

【あかねいろ】
この作品がいちばん好き。
攻めの甥っ子(第三者)視点で描かれています。

当事者たちからダイレクトにぶつけられる場面よりも数年後に甥っ子の口から語られる哀しみの方が胸に突き刺さりました。

今は遠い夕陽の中、相手の為に愛する心を断ち切る受けの宮下。
あの瞬間から二人の想いは世間から切り離され、あかねいろの世界に封じ込められたかに見えたけれど、残された人たちは囚われたまま時間は育っています。
甥っ子の遠い瞳と語りにジワッときます。

【空腹エレジー】
唯一、泣く子がいなかった作品。
食料と引き換えに隣人:板橋と性的交渉をする明義。
※食の内容によって行為も変わる。
腹ペコお馬鹿受けが可愛かったけれど本音を零した攻めの照れ顔がさらに可愛かったです!

3

男子はいつになっても「おとこのこ」

ニカさんの本を読むたびに、「ああ、男子っていつまでも子供だよねー」とか、「そういう一言に救われるんだよね」など心が温まるような思いがします。

 新幹線の中で「しっぺ」をして騒いでしまうあたりや、大声で叫んでしまったり、大人になって自立しても「好き」といえないままもどかしい関係を続けてしまったり、うーんやっぱりいつまでも子供、少年なんですかね(笑)

 私は、「あかねいろ」の中に出てくる少年が好きです。当時15歳だった彼が、おじさんが男しか愛せないことを知ってしまうあたりや、20歳になって、おじさんの死を彼と回顧するシーンは私結構萌えました。こういうところに、男子が少年ではなく、男性の顔を見せてくれると思うからです。(この手の見せ方をされると本当に弱い…)

いずれにしても、短編作品なので読みやすいです。

2

不器用すぎて哀し過ぎるゲイ恋愛の現実

ファンタジーお断り。
これはこの本を読む度に感じること。

「泣かないで、大久保くん」の大久保はバイの上司に寂しさをつけこまれ、毎週大阪に呼ばれかりそめに抱かれる。
「あかねいろ」の叔父は世間体を慮った相手に逃げられ、永遠の愛を呟きつづけながら死んで行く。
「下り電車の恋」の半澤は男とつきあってるのがばれ、絶縁される。
「2LDK」のわかばは幼なじみの隆に告白され、ホモを自覚し、引きこもる。
そして「空腹エレジー」の大崎は飯のためにセックスに身を委ねる。

この本における「ゲイであること」の意味は恐ろしく重く、現実的。
好きだからやっちゃえ、それでAllOK♪的なBLのファンタジーはここには影も見せない。
おそらくこれだけでは恐ろしく救われない本だったはず。

そこを北別府さんらしいメリハリの効いた表情とそれでもなんとか生きて行けるという明るさ演出でなんとか耐えている本。
普段ほのぼのをベースとした方なのに、シリアス書くとこうも映えるとは。

「あかね色の空にあなたを想うのです」

いつか作詞/作曲してみたいテーマが増えた。

3

キャラが可愛いの一言に尽きる


北別府さんの描かれる男性は本当に可愛い!

表題作の
泣かないで、大久保くん。
はまだ恋愛に発展する前の2人なので何となく甘酸っぱいストーリー。
大久保くんも主人公の樋口も可愛いです。
樋口は大型犬属性だな、と(笑)

あかねいろ
も切ない系なお話。
慕っているおじさん(小説家)と、その恋人(男)の恋を15歳の主人公の視点で切なく、描かれています。

下り電車の恋人。
これもとにかく受け攻めどちらも可愛い!
こちらはほんわかするお話です。
やっぱり攻めは大型犬属性です。
敬語カップル、萌えます。

2LDK
は3話続きのお話。
すれ違いアリ、ラブラブアリでとにかくわかば(受け)が可愛いのとたかちゃん(攻め)が男前なのと…
キュンキュンしました(笑)

空腹エレジー
受けがバ可愛いです(笑)
攻めは策士です…!

北別府さんの作品を読むのはこれが2作目ですが、かなりお気に入り作家さんです。
本当に萌えました!

1

泣かないで欲しい…。(私も泣くから)

北別府さんのキャラはとにかく泣き顔が可愛くて仕方なく、そしてとてもエッチな表情で攻めを誘う。
今回の代表作は、大人の恋愛ですが、学生のような感覚です。
樋口目線で描かれる物語で、新幹線で知り合う大久保くんにいつしか惹かれていた。
そして、ゲームをするほど仲が良くなり、無邪気に笑いあってるんですね!
学生のようで、微笑ましいのですが、実は大久保くんは会社の上司と寝る為だけに出張に出向いているわけですよ!
よりにもよって、ラブホ街に入っていく所を見てしまう樋口は大久保くんに問いただすんです。

何故か感情移入してしまって、私泣いてしまった!
最近涙腺が弱いのかもww

1

短編集

5本の短編で成っています。

『泣かないで、大久保くん。』表題作。端から見ると、それはもう友情じゃなく恋だろ。とツッコみたくなるような攻め樋口クンの心情ですが、受けの大久保くんの性格が男らしいので、樋口クン頑張って…と最後は応援したくなってしまった。
ただまぁ、あの大声はちょっとなぁ…と。

『あかねいろ』
作者があとがきで暗いとたくさん言われたと言ってますが、私は暗いとは思いませんでした。視点が第三者の甥の視点で描かれていることで、当事者達が強く思い合っていたことがより伝わってきましたし、それ故に停滞ではなく未来のあるお話だと感じました。

『下り電車の恋人。』
この髪型のタイプは下ろすとかっこいい。何で結んじゃうかな…。お互い敬語なのがポイント。

『2LDK』
わかば(受)が可愛いの一言に尽きる。引き篭もりになってしまった理由さえ可愛い。現実なら大変なことだけど…。

『空腹エレジー』
攻めが分かり難くけど好きオーラをかなり出してるにも関わらず…軽い受けがどうにも苦手。


2

短編じゃ物足りない

表題作、これから二人は、ってところで終わってしまって、なんだかもったいない&物足りない。
大人だけど子供、な、キャラクターの設定とかかわいいんで、ストーリーもうちょっと練り込んで、この先ガッツリ読みたい。
せめて、この倍ぐらいの長さがあったらなぁ。
「あかねいろ」とか「下り電車~」「空腹~」は、短編として、これはこれできれいにまとまってるからまあいいけど、表題作は、この二人がどうなるか、もうちょっと読みたかったな。

「2LDK」は3連作。
メインカプの他に、お隣の大人カプのお話も挟んでる。
やっぱり、せめて、この位の長さと、広がりがあった方が、読みがいがある。


3

泣かないで、大久保くん。 レビュー。

表題作はヘタレ攻なんだけど、大人っぽい作品だった。
そして短編集です。ヘタレ度高め。
・泣かないで、大久保くん。
友達以上恋人未満。「抱きしめてなぐさめるって、友達としてアリだろうか?」それは、2人の間に恋心があるかないかでアリかナシか分かれるんじゃないかな。ゲームしてるトコが可愛くて良かった。リーマンだってゲームがしたいんだもの!

・あかねいろ
第三者視点で物語が進む。もどかしい、もどかしい。

・下り電車の恋人
年下攻!駆け出しの作家×編集。
ちょっと弱くて儚げな感じが魅力的。

・2LDK 3本
同居してる幼馴染同士。受は引きこもり。
隣人のカップルは真面目なリーマン(年下)×女王様バーの店長の10年愛。
という、2組のお話。

・空腹エレジー
意地悪な隣人(年下)×頭の悪そうなバンドマン。
攻が「体と引き換え」なんて言いつつも、受の事が好きで気を引きたくて 一生懸命。年下攻の魅力ですよね、この青さ。そして受がおバカなバンドマンでほっとけないタイプなので何だか可愛いCPです。

読後感はどの話も結構爽やか。ヘタ続きレ好きさんにオススメ。

1

大久保くんv

友情?な紙一重なお話でしたね。
でも、これ気持ち的にはすごく良くわかる~と、思わず共感してしまいました。
寂しんぼなのですつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

他短編いくつか。
死エンドはもぅそれだけで切ない。
かなりセンチメンタルなわけですが、後半に行くにつれてハッピーが増えて心救われたかな。
わかばちゃんの話が好きです。
痛んだ心のオアシス。
セーラー服とかめちゃくちゃエro・・・(ジュルリ
ちょっと短めに切られた前髪も乙。

6

初ニカ作品

書店で平積みされていて、気になっていた作者さんなのですが、わたしには絵柄が合わないかなぁと。
こちらは黄色い表紙に惹かれて購入(黄色に集まる虫みたい)。
2話目のあかねいろが暗くて好きです。最後にグッときましたので、中立で失礼します。

2

大人のお話、多め

表題作は、仕事帰りの新幹線でいつも一緒になる樋口くんと大久保くんの、恋愛未満のちょっといい話。
この際恋愛に発展しなくても、親友でいてほしい二人です。
樋口くん生殺し状態ですが、カバー裏のようなお付き合いが一番しっくりくるかなと思いました。

表題作も含め、4つの短編と1つの中編が入っています。
大人だったばっかりに大人でいようとして辛い恋になってしまった大人の悲恋「あかねいろ」と、
お互いが遠慮がちで慎重で、あと一歩隔たりを感じている二人が優しさでその壁を越えていくお話「下り電車の恋人。」は大人の雰囲気漂うお話でけっこう好きです。

お隣の男×男カップルのおかげで?めでたくまとまったグルグルタイプの幼馴染のお話「2LDK」は、主人公カップルよりお隣の二人のほうが好みだったりして。

3

ヘタレ受け?!

北別府ニカさんといえば、ヘタレ攻め・・・と思っていたので、素敵な表紙に惹かれつつも手に取るのを戸惑っておりましたが、こちらのレビューで今回はヘタレ攻めではないらしいと分かったので購入して参りました。

色々なお話が入っていますが、確かに受けの方がヘタレ度高いお話ばかり・・・私的には嬉しい一冊です♪
わりとほんわかした作品が多い中、一つだけ「え!」というラストの暗いお話があります。切ない恋の結末。「あかねいろ」というタイトルもちょっと淋し気です。大人には色々事情があるんでしょうけど、自分の一番強い感情に正直になるのが一番いいよ、ともっと大人なおばさんは思ってしまいます。

この短編集の中で唯一3話続き物が「2LDK」。マンションの隣同士の2カップルのお話なのですが、大学を卒業した途端引き蘢りになってしまったわかばと、彼をずっと好きだった隆ちゃんの幼馴染みカップルがとても可愛い!わかば君は、とにかくいつも涙目で頬を染めていて、ふるふるしています。せっかく実家を出て隆ちゃんと同居を始めたのに、そこでも引き蘢り。なんのために同居しているんだか分かりませんが、隆ちゃんは、ずっと好きだっ続きたわかばと一緒に暮らせるだけで喜んでいて、こっちも可愛い・・・けど、ヘタレ攻めの匂いがしますねぇ。お隣の大人カップルの部屋から漏れ聞こえて来るスゴい喘ぎ声に悶々としているけど、だからわかばをどうこうしようとは考えたりしない上に、手作りのサンドイッチが用意されていたりするだけで張り切って仕事しちゃう単純だけどいい人なのです。
片方が引き蘢りではコミュニケーションが取れないので、関係の進展は難しいかと思いきや、そこにお隣のカップルが絡んで来て・・・といっても3話なので、結構あっさり終わっちゃいますが、とにかく、とーにーかーく、わかばのフルフルっぷりが可愛いかったので、このお話が読めただけで萌え評価です。

あとは「空腹エレジー」も良かったです。売れないバンドマンが身体と引き換えにアパートのお隣さんに食事やら飲み物を恵んでもらうちょっとエンコー疑惑なお話です(笑)。このバンドマン君がおバカで可愛いのです。設定がかなり萌えたのですが、もうちょっと読みたかったなーという感じ。せっかくの「身体と引き換え」云々なんですから、もっとねっとりと嫌らしくもエロいお話になったんじゃないかな!ページ数があれば!!

全体的に、この1冊はサッパリ気味でエロ少なめでした。あっさり、可愛い感じなので「エロいの読みたい!」って時には向きません。BL入門編って感じでしょうか。
関係ありませんが、表紙の絵は、大久保君でいいんですかね?髪型とか「2LDK」のわかば君ぽいのですが。とにかく、こんな可愛い表紙が平積みされていたら、買わずにはいられませんよね。装丁の勝利だな~

2

NOT ヘタレ攻!

ヘタレ攻、しかも泣きながら攻めるという究極のヘタレ攻で有名な北別府ニカさんの最新作。
「泣かないで、大久保くん。」ということで表紙から泣いておられますよ。
しかし!今回泣いておられるのは攻ではなく受です。
このコミックスではほぼヘタレ攻はいません。泣いちゃうのは受ちゃん。
「空腹エレジー」にいたっては俺様(らしき)攻ですからね!!
それでも攻がヘタレに見えちゃうの絵柄のせいなのか、それともニカパワーによるものか。

「泣かないで、大久保くん」
会社員の樋口×大人になってできた友達・大久保くん。
大久保くんは上司と肉体関係を持っており…
「あかねいろ」
主人公の叔父とその恋人。かなり切ない。
「下り電車の恋人」
作家×担当者。この担当者が静か~に放っている色気がスゴイ。
「2LDK」
とあるマンションで同棲する二組のカップルの話。
「空腹エレジー」
食べ物と身体を引き換えにする攻と受。

個人的には2LDKの真面目メガネ×女王様バー店長の10年愛が好き。
女王様だから真面目メガネくんを振り回してくれるかと思いきや、
クソ真面目メガネくんは天然タラ続きシなのか、女王様を振り回してくれました。
バカップルすぎて超可愛かったーー

ニカさんの代名詞・ヘタレ攻はなかった(多少はあったのかもだけど、今までと比べると、ねぇ)けれど、可愛さは顕在!!
なんなんでしょね、この魅力。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ