五つの箱の物語

itsutsu no hako no monogatari

五つの箱の物語
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
朝日ソノラマ
シリーズ
ソノラマコミック文庫(コミック・朝日ソノラマ)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784022670410

あらすじ

「箱」をテーマにした表題作の連作5編「第一の箱~落日」「第二の箱~君といつまでも休日」「第三の箱~エレベーターのパンドラ」「第四の箱~雪の下の柩」「第五の箱~あたたかい箱」と読み切り4編「図書館で会いたい」「花曇り」「へんなやつら」「僕らの季節」を収録。今市子ファン必読の、初期のボーイズラブ系作品集。

表題作五つの箱の物語

久野 画商
音弥 絵描き

その他の収録作品

  • 第一の箱~落日
  • 第二の箱~君といつまでも休日
  • 第三の箱~エレベーターのパンドラ
  • 第四の箱~雪の下の柩
  • 第五の箱~あたたかい箱
  • 図書館で会いたい
  • 花曇り
  • へんなやつら
  • 僕らの季節

評価・レビューする

レビュー投稿数2

『今市子… 恐ろしい子!!(白目1回目)』

【コミック文庫】です。
初期短編集。
どの話もすべてキスだけで萌えることが出来ます。

『今市子… 恐ろしい子!!(白目2回目)』

読み始めると人間臭いドラマにじわじわ吸い込まれてどんどん嵌まっていく感じ。
本当にお見事です。
人を好きになる人間の心理が絵を通して迫ってくる。鋭い痛さも柔らかな表現も。

『今市子… 恐ろしい子!!(白目3回目)』←これしか言えんくらい凄い話ばかり。

男同士の友情以上恋人未満な物語(H少なめ)が読みたい方にお薦めコミックです。

0

珠玉の短編集

今市子さんの初期短編集です。
箱をテーマにした連作が5つ、読み切りが4つ、合計9つの短編が入ってます。
絵はさすがに古いんですが、どれも何とも言えない味のある魅力的な作品ばかりで、とても面白かったです。
改めて今市子さんの魅力を実感しました。人間の心のヒダをほじくり返すようにして描くのが巧すぎる。
最近の今市子さん作品は切ないストーリーを描いててもどこかコミカルでほのぼのしたタッチなんだけど、こちらの作品群はシリアス一直線です。
そのせいか心臓がキュッと捻られて、寂しくなって、迷子になった子供のような気分にさせられました。
叶う恋も叶わない恋も、等分にセツナイ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ