それを感じてるというんだ。覚えようね。

不道徳なプリンシプル

fudoutoku na principle

不道徳なプリンシプル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
32
評価数
10件
平均
3.3 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576090726

あらすじ

王子様のような美形で売れっ子の作家先生に王子様扱いされ、甘く愛される広睦。ところがあるものが二人の関係に微妙な影を!?

「広睦くんはパーフェクトだ」――手芸雑誌編集部のバイト・広睦は勤め先のパーティーで美形の作家・奥住と出会う。男性しか愛せない性癖と体つきが華奢すぎるという広睦のコンプレックスを、奥住は独特なテンポの会話と価値観でからめとっていく。体格以外は平均的な社会通念を備えた広睦は軽い困惑に陥りながらも、そんな奥住に魅了されてしまう。衣装としか言いようのない洋服のプレゼント、豪華な食事、Hに至っては紳士的な口調でねっとりたっぷり攻められて、周囲の不安をよそに誕生したカップルは甘い蜜月を過ごしているかに見えたのだが…。
出版社より

表題作不道徳なプリンシプル

奥住周嗣 32歳 テディベア作家 
篠田広睦 22歳 雑誌編集者(バイト)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

溺愛系攻めと純粋受け?

 手芸雑誌編集部でバイトする広睦は、勤め先のパーティーで美形のテディベア作家・奥住と出会う。
 男性しか愛せないという性癖と、男性にしては華奢で小柄すぎるという体格がコンプレックスな広睦は今まで、誰とも付き合ったことがない。
 そんな広睦を一目見て気に入った奥住は、独特なテンポの会話と、価値観で搦め捕っていく。
 体格以外はとても一般的な社会的価値観を持っている広睦は困惑するものの、自分の好みの男から「素敵だ」と言われてくらりとこないはずもなく、結局は奥住に魅了されてしまう。
 けれど、奥住から送られてくる衣裳としか思えないような洋服のプレゼントや、自分の給料で食べれる金額を上回る豪華な食事……。
 身に余る扱いに当初は困惑していた広睦だったが、奥住に「稼いでいる金額が違うのだから、僕の納得できるようにさせてほしい」と言われ、素直な広睦はそれを受け入れる事にした。

 こうやって周囲の不安をよそに誕生したカップルは順調にいっているかのように見えたのだが、広睦の耳にある日、とんでもない噂が入ってくる。
 何でも奥住は自分の恋人を、テディベアと同列に思っていると言われてしま続きうのだ。
 確かに考えてみれば、いつも奥住が自分を褒める褒め言葉は「かわいい」だったし、洋服を送られるのもテディベアと同じ。
 挙げ句の果てに、自分と同じ名前がつき、奥住から送られた自分と同じ服を着たテディベアが展示されているのを見た広睦は、その噂を事実だと信じ、奥住の元から逃げ出してしまう……

 という話でした。
 最後は、確かにテディベアに対する愛情はあるけれどもそれに対する愛情と、広睦に対する愛情は違う……という誤解が無事に解けてハッピーエンド。

 ちょっとずれた人気テディベア作家×純粋で疑うことを知らない小柄で華奢な編集バイト。
 攻めが溺愛系で、受けもそれに対してあまり疑問を持たなかったけれど……というある意味純粋カップルのお話をどうぞ。

2

変態ベア作家?

今月新刊が出るのでおさらいで読み直し感想でも。
22才なのに身長が158㎝でスペシャル童顔フェイスの受け様。
自分の男らしくない容姿に限りないコンプレックスを抱えて
周りにはいつも愛玩動物のように接されて落ち込む日々。
いつか一人の男として自分を好きになってくれる人が
現われるなんて言う夢も希望も捨ててしまってる日々に
出版社のパーティーで目を奪われる程の素敵な男性と出会う。
そしていきなり素敵だ一目ぼれしたと受け様は迫られ・・・
後日有名なベア作家だとわかり、更にお食事デートに誘われ
いつの間にか恋人同士になってしまう。

とても大事にされて可愛いと言われプレゼント攻撃の嵐。
付き合ううちに攻め様がどこか寂しげな違和感があり
なんとなく理由も無く気になってしまう受け様。
攻め様が受け様に贈る衣類はどこかコスプレの匂いが・・・
フリル付きの服なんて嫌だけど攻め様にお願いされると
断る事も出来ずに・・・

ベアの展示会初日に、送られてきた服を身に着け会場へ
途中攻め様の知り合いでカメラマンに君はベアの代わりだと
言われ、プレゼントや服の事まで続き色々知っていて不安に。
そして展示会場で見たのは、受け様の衣装と同じ服を着たベアで
受け様はショックを受け自分はべアじゃないと攻め様を拒絶。

攻め様はかなり寂しい子ども時代を過ごし身内からの
生身の愛情と言う感覚を知らないで育ったために
愛されるという事が解からない。
攻め様の作るベアは愛される為だけに作られたようなベアで
暖かい愛を伝えてくれるような感じがしないベア。
受け様は自分からの好意や愛を攻め様が求めてくれていない
のでは?と、いつも攻め様に与えられるだけだと気づきます。

初恋で恋愛経験初心者の二人が不器用ながらも心を通わせ
今まで愛される事を望まなかった攻め様が受け様からの
愛を受け取る。べアの代わりではなく一人の人間として
受け様を愛していると・・・

それ程重くない可愛いハッピーエンドでチョットだけショタが
入ってる受け様の見た目と、それを愛でている攻め様の
今後が穏便な感じもしないように思うコミカル要素もある
楽しい作品だったと思います。
次は続編「不埒なプリンシプル」です。

0

花川戸菖蒲らしい花川戸菖蒲

テディ・ベア作家攻がネックで一度クレバスに落ちかけた作品だそうですが、シャレードさんサルベージ刊行グッジョブ…!!
花川戸先生のあとがきでのコメント「原点回帰」に納得。尤書堂スキーは是非読むべき。

ボディサイズはミニマムですが、器はデッカイ男前受・広睦くんと、一見王子様で実は大変残念な中身の攻(一般的なヘタレにあらず、登場人物曰く「ベアしか愛せない、頭おかしい」)ベア作家・奥住の純愛物語。
おそらく彼らは至って真面目なのでしょうが、そもそも奥住が滅多にない変態で、広睦くんも奥住のおかげで一見まともそうに見えますが結構ズレているので、コメディ調でどんどん読めちゃいます。
けれど単なるラブコメかと思わせつつ、物語の中にはちゃんと一本の筋が通っていて、作者からの強いメッセージを読み取ることができます。

あらすじでもまだ生ぬるい、上げ膳据え膳どころか、床に足も付けさせない(=移動は殆ど抱っこ!!)、冗談かと思うような広睦くんへの甘やかしっぷりは、読み進むにつれ明らかになる奥住の事情に、途中からむしろ切なくなってきます。
しかし、奥住の傷が分かってくる以前から、明らかにオカシ続きな奥住を一つの個性として受け止めている広睦くんに、ガツンと来ました。
作中で奥住も語っていますが、トンデモ高級店ばかり連れて行く、金銭感覚も常識外の奥住と、自分の価値観との相違を認めた上で、なんの衒いもなく自分の好きな定食屋に招待する広睦くんは、一般的な社会通念を備えているというよりも、社会通念に照らし合わせた上で確固たる自分を持っている、と言った方が正しいような気がします。
人の決めたあやふやな基準ではなく、ちゃんと自分で選びとっているから、大事な所で惑うことがない。一見子供のような単純さに見えますが、つまりそれこそが広睦くんの強さであり、本当は私たちも持っていなければいけない、互いを一人の人間と認めた上で関わりながら生きていくための基礎だと思うのです。
このお話が、設定やキャラクターの特異さの中で意外な程浮ついた感じがせず、キャラクターたちも何度もすれ違っては、きちんと歩み寄って関係を作り上げていけるのも、そのためかもしれません。

などと堅苦しい感想を書いていますが、もちろん作品そのものはけして堅苦しいものではなく、むしろコスプレとか歯が浮くどころか飛びそうなセリフなどに、広睦くんと一緒に「無理、無理無理、無理!!」と叫びつつ楽しく振り回されているうちに読み終わっちゃいます。
単純に奥住の変態っぷりや、迷ったり悩んだりの可愛い広睦くんを愛でるのもアリアリ。
クマスキーの端くれとしては、作中にクマとかクマとかクマ雑貨が出てくるのも嬉しい♪
笑って泣いて、ドキドキして。元気になりたい方にお勧めです。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ