たちまち大人気★神主さん×高校生で贈る恋愛大騒動♪

夢結び恋結び 2

yumemusubi koimusubi

夢結び恋結び 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌17
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
91
評価数
27件
平均
3.4 / 5
神率
14.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048543262

あらすじ

近所に住む神主さんの隆明に恋をして、迫った揚げ句に一回だけキスをして貰うことに成功した高校生の青。そんな青を拒否し続けていた隆明だけど、熱を出した青に押し倒され、思わず手を出しかけてしまう。自分の無意識の行動に混乱した隆明は、苛立ちのまま青を拒絶してしまうのですが…!?
隆明に見合い話!?青そっくりな男の子登場!?盛りだくさんで贈る、理性に負けがちな神主さん×性春だらけな高校生の恋愛大騒動♪描き下ろしも大サービス

表題作夢結び恋結び 2

高坂隆明 神主兼パティシエ
澤ノ井青 高校生

その他の収録作品

  • 番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

翻弄される隆明さんが可愛い

神社の神主さんと近所の高校生の、幼馴染から恋人になるまでのじれったいラブストーリーの2巻です。
この2人、ほんと、なかなかくっ付きません。青が迫れば、隆明がビビッて引く。隆明が引けば、青がショックを受ける。そして、ショックを受けて青が距離を取ろうとすると、隆明が焦る…という感じでお話が動いています。

大人の余裕を見せようとしても全然できてなくて、逆に思いっきり青に翻弄されてる隆明が可愛いです。
でも、青にしたら、コロコロ態度の変わる隆明に、疲れるだろうな~と気の毒になるけど…。だけど、失恋したからって、女の子達の胸を触りまくったらダメだよ~。おまけに、身内(双子の赤)に対して態度が違いすぎるのも、ちょっと引きました…(汗)

でも、隆明に恋する気持ちは本物なので、青の切ない心境を目にするたびにキュンとなります。2人がくっ付くのを楽しみにしながら、3巻に続きます。

2

スローペースな恋

進んだかと思っては戻り、また進み、進んだというよりスタート地点にたったような恋で、かなりスローペースな気がします。
ほんの~り進む恋が好きな方には楽しめるかもしれませんが、自分はう少し展開がないと物足りないです。

ここまで一方的な片思いって、意外と珍しいのかもしれません。
本当にこちらを恋愛対象としてみていない相手(なんてったってこっちは子供だし)の心を変えさせるのって、本当は1巻や2巻じゃ足りないんでしょうが、じれったいというか…。

青の積極的でアプローチに慣れた感じが1巻では苦手に思っていたけど、ここに来て双子の登場で、比べる相手ができたからか青のこの性格はいっそ清々しくて好感度が上がりました。  

降明さんの心情はまだ曖昧なまま。
漫画としてはもっと展開がほしいです。次回はもっとすすんでほしいな 。

0

『夢結び恋結び』第2巻

第1巻のラストから続くシーンで始まる2巻。

〈青、迫る→隆明、拒絶→青、ショック→隆明、動揺する〉の流れが確定。第1巻に引き続いて、第2巻もストーリーラインはこの流れにほぼ沿っている。隆明をまっすぐに好いている青。気持ちを認めたがらない隆明。二人の関係はじりじりとスローペースだが進んでいる。

二人のお話は定型通りなので真新しさはないが、本作の魅力は脇役たち。
前作『コイ茶のお作法』では小学生だった春平は、青の友人として再登場。眼鏡の美形高校生に成長し、青のために隆明を挑発する活躍を見せる。「あの人」をいまだあきらめていないとの発言もあり、前作からのファンは楽しめるだろう。

隆明の友人である谷原柊至はチャラチャラしている遊び人系。隆明をからかって楽しむ一方で、傷ついた青をさりげなくフォローする一面もある。事態を深刻に受け止めずに助言ができるキャラクターは貴重だと思う。次作『秘めごとあそび』の主人公でもある。

また青の双子の弟・赤や隆明の姉と姪も可愛らしい。

2

もう会いに行くのやめるね、に


やはり迫まる→拒絶される→ショック→戸惑いかけたとき→身を引くはきゅんきゅんしますね、本当。迫っていたほうが本当に好きなら自分の思いを押し殺さないとと思う展開。
始めの拒絶では迫っているほうが大丈夫、と浮かれていればいるほうがその後のダメージが大きいのかな?
迫られていたほうがそういう意味で拒絶したんじゃないって思わせられる。

けど2巻も相変わらずで、粗筋の理性に負けがちな神主さんにも性春だらけな高校生、にも うーんといった感じです。
煽りだから仕方がないのかと思う反面、違うなーと。

柊ちゃんいいキャラですね。
この後に受で別本出ているとは…!一番の喜びかもしれない(笑)

1

ヘタレ攻に萌♡

シリーズ第2巻!

青の隆明を想う気持ちはどんどん本気モード!
さすが誘い受様!熱にうなされながらも、しっかり押し倒す勢いに大笑いでした。

でも、そんな青も本気の恋だからこそ…隆明の一言で現実を叩きつけられて落ち込んでしまいます。
どんなに邪険にされても、毎日隆明の所へ通って、好きだと言い続けた青。
でも、その気持ちすら、否定される言葉を伝えられ、本気にはされていないことに、深く傷つきます。
この時、複雑な表情をして青が謝るんです。
いつも笑顔で表情豊かな青とは違った、せつない一面に胸がジーンしました。

隆明もツンデレさんだから、勢いで言ってしまった感じなんですけどね。
隆明は大好きなキャラですけど、この時ばかりは、本当に大人気ないな〜と内心ムッとしてました(笑)

隆明の複雑な気持ちも分かるんです。
現実的に考えたら、ほいそれと流されたりは出来ないですよね。
ノーマルだからこその反応が、とてもリアルに描かれているから好感が持てます!

青が迫れば迫ってくるほど、更に困惑に拍車がかかる隆明。
弟みたいに、小さな頃から、ずっと可愛がってきた青。
続き
ランドセルを背負っていたのがついこないだのように思いだせるのに、いつの間にか恋愛の話をするまでに成長した青。
しかもその対象は自分(笑)
当然、青に恋愛感情はないはずなのに、なぜか胸がざわつく隆明。
その、複雑な感情が消化しきれなくて…苛立ってしまう隆明は、つい青にその苛立ちをぶつけてしまいます。
自分から振り払い、傷つけたのに、姿が見えなくなると、それはそれで気になる存在…なんて我儘なのやら(笑)
そして、失いかけて始めて、どんなに大切な存在なのか気づき始めます。
それが、恋愛感情からなのかは、まだ分からないんだけれど、悩みながらも、顔がみたい、会いたい…ただそれだけの気持ちで、意を決して青に会いにいく隆明。
かなりじれったいんですけど、じんわりと2人の関係が進展していく巻でした。

読み始めしょっぱなから、誘い受の青と、その勢いに壊れてしまうヘタレ隆明には、笑い萌状態でした。
「ヤラれる位なら俺がヤる!」
と襲いかけた隆明の、戸惑う感じがとてもリアルにコミカルに描かれていて好きでした。

ここまでヘタレ攻だと、段々嫌になってきそうなのに、隆明はその逆で、青に振り回されて、自分の良識な感情との間で、のたうちまわってる姿が可愛いんです。
しかもツンデレなものだから、自分の本心を伝える時の表情なんかは、特に萌♡
最後の恥ずかしそうに、頬を染めて顔を隠しながら
『顔みたかったんだよ…正直キツかったよ…頼むから避けてくれんな』て、青に告白してるシーンは、この巻1番の萌シーンでした。
どんどん、手で顔が見えなくしていく所なんかは、キュンキュンでした♡

あと、隆明の和装に、パティシエの姿、こんなバラエティにとんだ攻様も珍しいかと(笑)
その度に髪型も下ろして上げてと…色々楽しめる所も好きでした。

そして、この2人のじれったさに、一役も二役もかってでてくれる、お互いの友人、春平&柊至がとてもいい立ち位置にいてくれて、お話に深みを持たせてくれているな〜と
こういった、友人や家族の温かみも味わえる作品です。

青の双子の赤も登場して…やっと少し進展し始めた2人の間に、今度はまた違う問題の怪しい雲行きが…
それにしても、赤にはとても強気でしたたかな、若干性格の悪さを見せてくれた青に驚きでした(笑)

描き下ろしの第二ボタンのエピソードも楽しかったです。
隆明の学ランを着た青が、中学生ながらエロ色っぽくて‼
最後の柊至のツッコミに爆笑でした(笑)

二歩進んで三歩下がる様なじれったい恋愛の模様!
せつなさもあり、笑いもあり、とてもコミカルに描かれていているお話!
元気になれる作品なのでぜひオススメしたいと思います。

1

好感度、受けは↑で攻めは↓…

わたしの心が狭いのかなぁ~
う~~ん、
どうもこの2巻辺りから、攻めの隆明さんへの好感度が下がってきてしまって困る…
反対に、受けの青への好感度は上がっているんですけどねぇ。
なので、
青~、もう友達の春平にしちゃえば?(春平にその気はないけど)
と何度も思ってしまったよ~(ごめんなさい~~)

隆明さん、
その場の勢いというか、自分の貞操の危機を感じたからとはいえ、
青を組み敷こうとしたのに、
それなのにイラついたからって大人気ない発言をしたり、
青の気持ちは受け入れられないと言いつつ、
嫌いになられるよりは、好きでいてくれた方が…なんていう答えを出したり、
そんなの格好悪いですよーーー

お話としては、
隆明さんの心ない言動を柊至がいい感じにフォローしてくれたり、
その分、青がいい味出してくれてたりなんで、プラスマイナス萌え☆ですけどw

特に、
青が巨乳を触りながら(そういえば巨乳好き設定だっけw)
「…これがついてないから、ダメなのかなぁ…」と思って感傷にひたるところと、
隆明さんを諦めなくていいと知ってホッとしたら、
すぐにオナ続きニーしようしてwせっかく来た兄弟を部屋から追い出すところが、
ステキポイントでした☆

2

悩む姿は良い

二巻は隆明の気持ちの揺らぎが
面白いです
好きは好きでも、どういう好きなのか、幼すぎるくらい幼い時期から知っている、年下のかわいい子を自分がどういう、対象としてとらえていたのか

よくある設定ですが、卑屈ではなく、動きある悩み方で描かれているので重くはなかったです

それぞれの友人がとても良いキーになっているからだと思いました

主役の2人それぞれだけの、悩みとして動かしている部分と親友を通して動かしている部分のバランスが良いと思います

1

心が折れたか?

前巻で熱でおかしくなった青が迫るところでしたが、
青は隆明さんにエロイことをしだして、そしたら隆明さんが青を襲ってしまう!!
いい感じだったのに青は途中で爆睡。
隆明さん!気の迷いじゃすまされないと思います!!
でも隆明さんは大人げない。
青に「くだらない」って・・・
それにはさすがの青もすごく気づ付いてます(>_<)
毎日の日課になっていた隆明さんのいる神社にも顔を出さなくなって。
それで気付いたのか?
まだ両想いにはなりませんけど(笑)
隆明さんは青に会いに・・・
でも、青は隆明さんには迷惑かけないもう会いに行かないって・・・
その言葉に隆明さんは
顔見にきたんだよ。って
これはもう好きと言っているようにしか聞こえません、
が、青のとどうこうなるっていうのは考えられないようで(>_<)
仲直り?した青と隆明さんですが青の双子の弟赤が当然やってきて思うわぬ発言!!
青と隆明さんがどうなっていくかすごく気になります。


2

オナニーするから出てって。

え…。え…?隆明さんが受けなの?嘘でしょ?嘘だよね~…というのが最初の感想。あ~びっくりした。もしそうだったらどうしようかと思いました。隆明さんの「ヤられるくらいならヤった方がマシだ!」と開き直るのももっともだと思います。ホントにそのままヤっちゃえばよかったのに…

Hは未遂だったけど、キスマークをつけられた青。喜ぶ青に、親友の春平はその隆明さんに会わせろと言ってきます。隆明さんに会った春平は「応える気がないなら中途半端に青に手を出すな」と言い放ちます。

よく言ってくれたよ春平!優柔不断な隆明さんにはそのくらいバシッと言ってくれる人が必要だったんだよ。そして嫉妬も煽ってくれてナイスでした春平!
でもこれがきっかけで隆明さんは青にはっきり「男同士でくだらない」とか言っちゃうんですよね…。おい隆明!(´Д`)

完全にフラれたと思い落ち込む青は、友達に誘われて合コンに。そこに来た巨乳の女の子に面と向かって「胸触ってもいい?」と聞く青に惚れました。男だな青!女の子たちも快く触らせてくれました☆

隆明さんは隆明さんで、青に言ったことを気にして大人気なかったと反省してるみた続きいです。青を振ったらもう青は会いに来なくなるのかと考えた隆明さんは、青の所に行って「おまえの気持ちを否定したりはしないから」と言ってくれました。

いや、これも十分中途半端だと思いますけど!気持ちには応えられないけど、好きでいてはいいって何様じゃー!!でも青は嬉しくて泣いてたからいいのかな…?徐々に落とされて下さい隆明さん。

そして青の双子の兄弟・赤が登場。これからどうなるのか気になります。
あと今回の名言はやっぱり「オナニーするから出てって。」でしょう。青…素敵(´∀`)

これ3巻出るまで長そう…。まだまだ待たないとな…。

4

赤もOK!

赤もかわいいーーーって叫びました(*´∇`*)
赤のが好みかな~vvうふふvv
天然もかわいいけど、ツンツンもかわいい!

隆明さんを避けてる間の青は見てられなかった(/_;)
でもあのパパと息子みたいな関係(笑)は変わってなくって嬉しい~

1

可愛い顔して男前

青が男前すぎて可愛い…!!
巨乳好きとか「オナニーするから出てって」とか欲情して鼻血出すとか。
可愛い顔してアレは可愛すぎるぞ!!
可愛い顔して乙女な男の子は正直好きじゃないけど、この男らしさは大好き!!
隆明さんも相変わらず萌え~ですね。ホント、こっちが受でも申し分ないです!!

今回は隆明さんの気持ちがグラグラと動き出しました、…よね?
多分まだまだ自覚はないだろうけど、嫉妬してみたり、ぐらぐらしてみたり。
今後は春平と赤がどう動くのかが楽しみvv
そして何考えてるのかイマイチよくわからない柊至。多分楽しんでるだけだと思うけど(笑)

そして隆明さん。作者さんも言ってるけど、アナタ素質じゅうぶんだから!!
青のぶかぶかブレサー見て「ぐらっ」としてるシーン、かなり好きvv
でも作者さん、「受の素質」って…(笑)
やっぱりまだそっち諦めてないんですね、ええ十分いけますよー受で(笑)!
二人がくっついた後はリバでもOKかな、なんて思ってたりもするんですが!

3

隆明さん、いい人過ぎ

ヤられるくらいならヤった方がマシだ!!だって。
青に襲われそうになってあわてて組み敷いて、キスまでしちゃったのに・・・青の積極的なアプローチに戸惑い、自分の気持ちがわからなくてグルグルする隆明さんでありました。
春平に嫉妬し、柊至に説教され、お姉さんにも姪っ子にもチクチク言われ、真面目なものだから真剣に考えて、ちょっとだけ折れてみる隆明さんでありました。

青は青で、振られたと思い込み、落ち込む日々・・・
相変わらずよく鼻血をたらしております・・・

双子の片割れ赤も登場し、このあとどうなる?
それにしても春平と柊至っていい男だなぁ。

描き下ろし番外編は制服の第二ボタンの話。
「ブレザーの第二ボタンて心臓より股間に近くね?」に爆笑!

それから裏表紙のリコーダー吹いている青が可愛い。
電柱にぶつかりそうだからフードをつかんでとめている隆明さんも隆明さんらしくて楽しい。

3

でました第2巻!

1巻の終わり方。引っ張り方がものすごく気になって仕方なくて。
ずーーーーっとお預け食らってたこの作品(´∀`∩)
結局わといいますと、またしても(笑
寸止めは心臓によろしくなくってよorz
とはいえ、煮え切らないのか、理性が強いのか、それとも気持ちに鈍いのかわからないリョーメイさんの気持ちがずずっと動いてきた感じありますね。
後半、双子の赤が出てきて~の兄弟の会話。
青が男らしすぎて無駄にトキメイタv
なんにせよ、まだまだ始まったばかり~ですね。
1巻とまとめて読んだほうが面白いかもしれません。
1巻どこにやったっけな~・・・

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ