狂犬

狂犬
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
4件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005213

あらすじ

何にでも食らいつく凶暴な男──あだ名は“狂犬”。警視庁テロ対策課勤務の立佳(はるか)は、その男・鬼塚(おにづか)にたった一人で接触する羽目に! 元傭兵の鬼塚は、秘密裏に入国した要注意テロリストの情報を唯一握っているらしい。しかし鬼塚は「服を脱いで這いつくばれ」と初対面の立佳を、銃で脅しながら強引に抱いてきて…!? 硝煙の匂いをまとう男と、暗殺の恐怖に身を晒す──緊迫と官能の三日間!!
出版社より

表題作狂犬

元傭兵 鬼塚流動
警察庁キャリア 阿達立佳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

狂犬は誰だ?

元傭兵とキャリアとテロリスト。
まさに“ハードボイル”チックな登場人物たちです。
いきなり警視庁テロ対策課勤務の立佳は、上司から「一人で行ってこい」と元傭兵の鬼塚へ会いに行きます。
行ったら行ったで速攻「裸になれ」って言われて。
うわぁ~、何という鬼畜な攻めさまだ……と、そこから先「どうなるんだ?」と心配したけれど、きっちり自分の足元やら気持ちやら見えてて、しっかり男前で庇護されるようなやわな受けちゃんじゃなかったのがよかった。
きちんと対等な二人! っていうところがツボでした。

そして家庭環境からか、大人しいんだけど腹の中ではブラックなことを考えている立佳のギャップも結構好み。
読む前だったら、題名の『狂犬』は鬼塚って思いこんでしまいますが、実はそうじゃない……というのもツボ。

0

トラウマに立ち向かえ

テロリスト・ファルコン(小西)が日本国内に潜入したらしいため協力を依頼された、
元傭兵の鬼塚と警察庁警備局テロリズム対策課の阿達立佳(あだちはるか)のお話。

テロリストの情報を引き出すために、ゲイの鬼塚の前に一人で向かわされた立佳は、
職務に忠実であろうと、言われるままに無防備な姿をさらしてしまいます。
さらに鬼塚の巧みな誘導で、からだを差し出すことにもなってしまうのですが・・・
これまでのぬるま湯の中のような生活に欲求不満を抱えていた立佳は、鬼塚の傍らにいることによって充足を覚えるのでした。

狂犬と言われるほどに恐れられている鬼塚ですが、
自身のトラウマやポリシーがあり非情にはなりきれません。
その点ファルコンは異常とも思える非情さで、数々の殺戮を行ってきています。
彼らが出会い、支えあい、対立し、別れた長年のいきさつと、
鬼塚が立佳と出会い、守りあって過ごした短い期間が、
DVや爆弾テロ、警察の暗部などを絡めて展開されていきます。
鬼塚がコルト・ガバメントに執着しているなど、拳銃絡みのお話でもあるかと思います。
そして一番のキーワードは、主要キャラ続き3人(鬼塚・立佳・小西)のトラウマだと思います。

トラウマに狂わされた小西と、正面から向き合い克服しようとする二人。
お互いの欠けた部分を補いあえる存在を見つけられた鬼塚と立佳はめでたしめでたしでしたが、
きっと後悔しているであろう小西の哀しい人生に、少し同情も感じました。

そういえば、狂犬狂犬と言いながら、鬼塚は“大きな犬”といったイメージで、
決して狂っている感じではありませんでした。
狂っているといえば小西の方だと思うのですが、彼は犬的なイメージはありません。
で、立佳ですが、意外と彼のほうが狂犬なんじゃないかと・・・
プッツンした感じの仔犬に見えるのですが・・・

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ