小説道場 1

小説道場 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
¥1,068(税抜)  ¥1,153(税込)
ISBN
9784403220265

あらすじ

かつてJUNE紙上で連載され、今日も活躍する数々のBL小説家を育てた、中島梓の小説道場です。
後にジャンルを超えたベストセラーとなった『私説三国志』シリーズを上梓した、江森備の初投稿作品をはじめ、三編の門弟作品も収録。

表題作小説道場 1

色々
色々

その他の収録作品

  • 如月みこと『影人たちの鎮魂歌』
  • 江森備『桃始笑』
  • 滝尾令以子『心身症の夏』

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ちるちるさん、仕事が早いぜ!

ダメモトで掲載依頼してみたところ、掲載してくださいました。
ありがとうございます、ちるちる!

この『小説道場』シリーズは、かつて『JUNE』誌上で連載されていました。
中島梓(栗本薫)さんが道場主となり、作品を募り、門弟たちをビシバシしごきあげて、今日も活躍する数多くのBL作家を育てあげたのです。
英田サキ、榎田尤利、秋月こお、鹿住槇、野村史子、江森備、金丸マキ、須和雪里、尾鮭あさみなどなど、門弟さんたちのメンツを見ると、文句なくスゴい、スゴすぎる。もしこの道場がなかったら、今のBL界の地図は変わってたんじゃないでしょうか。

小説を書きたい人には必読の書だと思いますが、もっとスゴいのは、書かない人間が読んでも面白いということ。
中島梓(栗本薫)さんの歯に衣を着せない酷評が、小気味いいのだ。(酷評された本人にとったらキツかったとは思いますがw)
けど、このジャンルへの愛、小説への愛、とにかく愛に満ちあふれてて。
で、門弟さんたちは「ナニクソ!」と食らいついていってる感じでした。
ついでに中島梓さんの自画自賛も見どころですw(そういやちょうど彼女の才能が多方面で発揮され、アブラののりき続きってた時期だなァ…)

一巻にはあの『私説三国志』の江森備さんの初投稿作品が収録されてました。
この小説、はっきり言って面白くないw
けど中島梓さんは四級という低い認定をしながらも、「見込ある」ときっぱり書いていました。

しかし、自分がちるちるでレビューしてて思うんですが、的確な言葉でその作品を表現するのって、難しいんですよね。あらすじ書くだけならまあまあ簡単なんだけど。
泣けたとか面白かったとかつまんなかったとか、ワンパターンなことしか書けない私からすると、中島梓さんの批評は驚異的でした。語彙が豊富。良い点と悪い点の両方をビシバシ理路整然と書いている。彼女は書く才能だけでなく、読む才能も批評する才能もケタ外れだったんだなァ…と改めて思いました。
しかも大半がアマチュアの手書き作品で、読みにくくて面白くない作品のオンパレードだっただろうに。つまんない作品を読むのって、ほんと苦痛なんだよね…。
やっぱ『愛』がなきゃできなかったと思いますです。

いろいろ書きましたが、単純に、ごく単純に、この本は面白かった!その一言に尽きます。
明日のBL作家を目指す人たちの熱気が伝わってきて、読んでてワクワクしました。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ