ゴールデン・デイズ 7

ゴールデン・デイズ 7
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
3件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
花とゆめCOMICS(コミック・白泉社)
発売日
価格
¥390(税抜)  ¥421(税込)
ISBN
9784592182108

あらすじ

「浅草十二階下」で負った傷も癒えぬまま、大正11年の正月を迎えた光也は、仁と共に春日の本屋敷へ年賀に訪れた。しかし、そこで殺人事件の容疑をかけられてしまう!更にその日、屋敷近くで慶光を見たという情報がもたらされて…!?

表題作ゴールデン・デイズ 7

評価・レビューする

レビュー投稿数2

いきなりサスペンス!

光也に殺人事件の容疑が!
混乱した光也を落ち着かせ、なだめる仁が素敵です。
浅草で光也が襲われた事件(6巻)が、
今回の殺人事件にも繋がっているかもしれない?
そしてそれは慶光の両親が事故死したことにも関係がある可能性が。

一気にシリアスなサスペンス調になった7巻。
慶光が変えたい運命、彼が消えた理由。
全ての真相が見えそうで、見えない。ハラハラ・ドキドキのもどかしさ。

謎を追いかけ、不安に陥る光也を『お前を信じている』と支えたのは仁です。
今まではどちらかと言うと、精神的には光也が仁を支え、
救ってきたような感じでしたが。今回はその立場が逆転。
守り・守られる二人の関係が美しくて。
そして次で最終巻かと思うと寂しいです。

2

来る歴史

やっと!!やっとですよ!!慶が歴史を、不文律をおかす決心を固めます。
節に気持ちを伝えさせておいて、逃げていた慶が節を抱きしめるラスト、涙で霞んで読むのに困りました。

そして、義光が消えた理由となり、光也に殺人容疑を被せようとした人物が。

この物語も残す所、次が最後です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ