じっくりと俺のものにしてやる

アラビアン・騎士 (小冊子付き初回限定版)

アラビアン・騎士 (小冊子付き初回限定版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
21
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784862525826

あらすじ

お前は俺のものだ 誰にも触れさせない───
生真面目なサラリーマン・遥の勤める会社では経営陣が変わり、社内の様子も変化しつつあった。 それと同時に赴任してきた社内のGメン的存在・風間に気に入られ、過剰なスキンシップを受ける毎日で…!?
描き下ろし小冊子は濃厚蜜月ラブストーリー
(出版社より)

表題作アラビアン・騎士 (小冊子付き初回限定版)

Gメンのようなナゾのアラブ人 サイード
目が悪い経理部社員 清水遥

その他の収録作品

  • キスする前に(前編)
  • キスする前に(後編)
  • 【小冊子】アラビアン・騎士「気が付けば風間だけのエロ小冊子」

評価・レビューする

レビュー投稿数6

ツボにはまりまくりです

アラブ・体格差・受メガネ・・・。
ツボにはまる要素がたっぷりの上にエロエロで大満足の作品です!
小冊子の内容も大満足でした!
小冊子付き初回限定版を買ってよかった~。
電子書籍化するときにも小冊子も一緒に電子書籍化されるといいんですけど、今のところはされていないようですね。
あと、島あさひさんの作品は(全てではないかもしれませんが)嫌な女が出てこないのもいいですね。
嫌な男より嫌な女が出てくるのが嫌な私としては嬉しかったです。

1

馬鹿なことをした初めての本なのです

タイトルに意味不明なことを書いてしまったのですが…
私はあまり付属のペーパーやら小冊子やらに興味がないんです。
小冊子付き!と言ってもスルーする場合もあるくらいです。
本屋さんによってペーパーが違うと、バカめ!ペーパーなんていらんわ!と言いながらペーパー無しの本屋さんで買うくらい。
必要な話なら本編に入れてよ派ですので……

なのでこれも(かなり昔ですが)小冊子のないほうを買ったくらいでして。
それなのに本編が気に入りすぎて、しかも小冊子の評判がいいと知り、小冊子付きの限定版を買いなおすというバカなことをするはめに…!!!
ちなみに、二巻も同じことをしてしまいました。あはは……

タイトルにアラビアンなどという言葉が入っているのですが、アラブ要素はほぼないのです。
これってただのコスプレじゃないの…くらいのアラブ要素です。
でもまあいいんです。濃いアラブ要素が入ってなきゃ嫌!という方は二巻のほうを読んでくださいね、としか答えられない。

とにかく島あさひ先生といえば体格差。
小さい受けに、岩のような攻め。
細い受けに、岩のような攻め。
受けはサラリーマ続きンなのに、脱ぐと少女のよう。
この辺が好きで、ざかざかした絵柄に違和感がないならオススメです。
昔の少女漫画を見てるような気分になります。

そして肝心の小冊子ですが。
同じ本を二冊買うというバカなことをしたのに、それでも幸せになれる内容でした。
島先生の描かれる乳首が好きなんです!

同時収録の「キスをする前に」も少女のような受けに岩のような攻めで一貫しています。

これだけ書いておきながらなぜ「神」じゃないかと言いますと、やっぱり二冊買ってしまったという自己嫌悪と、小冊子と同程度の乳首責めも本編に入れてほしかった…という複雑な気持ちからでしょうか。
それでも神にしようかなぁとちょっとまだ悩んでいます。ウーン…

0

アラブ♪

アラブもの好きで、検索したら出てきました♪

0

日本でもアラブなのです。

いつも通りの体格差萌えです。
この大柄攻めの体にスポッとおさまる受けが良い。
がっしり体型の攻めに細身の受け、うーん美味しい。

舞台は日本のオフィスです。
でも、アラブ物なのです。
砂漠はちっとも出てきませんが、アラブな衣装の謎の人が出てきます。
都会の真ん中で民族衣装、悪目立ちも良い所かもしれませんが。

それはさて置き、受けである遥は経理畑で数字を毎日相手にする真面目なサラリーマン。
真面目ゆえに彼はトラブルにのちのち巻き込まれるのですが・・・
眼鏡をかけ髪の毛をビシっと撫でつけていて、見た目は本当に冴えないのだけど、髪をほぐせばふんわり、眼鏡を外せば瞳ぱっちりの自分の容姿に興味のない美人さん。
こういう自分の容姿に興味がない真面目キャラが崩れるのっていいなっていつも思う。
真面目だからこそ、乱れる事を嫌がるし、乱されることも嫌がるけど、結局は攻めに良いように扱われて、メロメロになって。
我を失うぐらい愛される様がいいんですが、正気に戻るとまたビシっと撫でつけた髪型に眼鏡に戻るという、意固地な所がある。
攻めにあれこれ良いように扱われても、ポリシーは続き曲げません!って自分があるんですなぁと。

さて、遥になにかとちょっかいを掛けてくる風間ですが、実は正体は謎のアラブ人なのです。
遥は幸か不幸かちっとも気が付かない。
大柄で強引で俺様な身勝手な風間が遥は嫌いで堪らない。しかも、彼から仕掛けられるちょっかいがもっと嫌でたまらない。
事あるごとに、経理部にやってきて遥を構う風間のスキンシップはだんだんと激しくなっていって、髪に触れるだけがキスになり、際どい部分を撫でてきたり。
遥は恥ずかしいしやられたい放題で腹が立つ!でも、体格差も腕力差もあり過ぎて抵抗できずされるがまま。
けれど、セクハラ三昧な風間にどんどん心乱されて・・・嫌よ嫌よも好きのうち!?という状態に。
しかし、謎のアラブ人も接触回数は少なかったけれど自分に迫ってくるし!?

風間=謎のアラブ人と分かった後の遥の心の声がすごーくじんわりします。
自分が本当は誰を想っていたのか?という疑問の答えちゃんと出て良かった。

□キスをする前に(前・後)
高校生に全く見えない高校生攻めと、可愛い受けのお話です。
この攻め何年ぐらい留年してるのかなーとか突っ込んだら負けな気がするぐらい堂々としていて、自信満々の俺様系肉食獣。
でもこの攻め、本当は凄く優しそう。ただ、感情の表現が激しいだけなんじゃないかな?と。
受けは素直に玉砕覚悟で、告白すれば良かったのに!と思って仕方がなかった。
叶わない恋ならば、代わりに優しくしてくれる人に慰められたい…そんな見知らぬ誰かに付いていくぐらいの行動力があれば出来たんじゃないのか?でも好きな人へ近づくための一歩を踏み出す勇気があれば、苦労しないって話でしょうか。
両思いになれて良かった。

0

乳首責めに萌え☆

なんといっても乳首アソビです!(爆)

本編よりも、初回限定版の小冊子に注目!まぁヤってます。ヤってしかいません。延々乳首責めです。

しかしこの作品、アラブものにする意味があったのか?舞台はずっと日本だし。ああ、でもdrap本誌の続編ではアラブに行ってたっけ。あっちの話も好きでしたけど。

島あさひさんの作品の中では、見やすい方の絵でした。Hシーンも綺麗で素敵です。体格差は相変わらずでしたけど。

風間の俺様キャラも、遥の真面目キャラも結構好きでした。遥は絶対眼鏡ない方がいい。あんな髪の毛ピタッと撫で付ける必要ない。風間はアラブ服でもスーツでもヨシ!

結局乳首だけではイけなかった遥は、後ろだけでイかされたようです。よかったね(?)

この作品、まだ時々本誌でやってることがあるので、また1冊にまとまったらいいなと思いました。

やっぱり乳首責めっていいね☆なレビューでした。

0

う~ん、エロイッ!

ストーリがどうこうって感じじゃないのです。エロスでアラブなお話です!
まぁアラブで小説は山ほどあるけど、あまりコミックってない気がするので楽しめるかと!

さて、この話の受けは経理畑でずーっと電卓ピコピコやってきたような真面目くんで、
仕事はできないってわけじゃないけど、なんかドン臭い子なんですよ。
一方、攻めのアラブ人はすごいガタイ良くてエロイことも強引にしちゃいます。

てかなんで日本の会社に一人だけアラブ人がいるんだよ!
と、思わなくもないんですけど…、
そのミスマッチなとこがいいのです。

でですね、この本は漫画なわけだから、当然絵で見るので、そこで思ったんですけど、BLにおけるアラブ人というのは何でこんなに逞しく、筋骨隆々で絶倫なのだろうか? 脳裏にチラッと近所のインド料理屋の店の人が浮かび「えーと、えーと」という気になりました。

BLに出てくるアラブ人の姿は乙女の夢の象徴のようなもので、現実と結びつけるべきじゃありませんでしたが……。

夢を見させていただきました。エロくて、絵が綺麗で良かったと思います!
小冊子版では本編にも増してヤリまく続きりでした。

同時収録「キスをする前に」
これはアラブではございません!
高校の先輩(めちゃイカツイ系)×後輩(女の子チック) のカップル。
これまたすんごいエロイです! 
視点(?)とか、体位とか、いちいち卑猥なのです。

援交しようとしてた可愛い容姿の受け子・ツムグは、
相手のおっさんと一緒に歩いているところを、
同じ高校の先輩で攻め・サイに見つかってしまいます。
弱みを握られたツムグはサイに犯される日々……。
エロイ!
サイはとても高校生とは思えないが、受けとの体格差は魅せてくれます。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ