発情? ハニー

発情? ハニー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775513811

あらすじ

高校生の安曇緒が恋に落ちたのは、新入生の真尾伊純。顔は可愛いけれど超クール! な伊純に猛烈アタックの末、なんとか「オツキアイ」してもらえた緒。だけど最近「デレ」が出てきたはずの伊純の様子がおかしくて…!? ヘタレだけど変態&とクールだけど大胆な2人のエッチで濃ゆ~いラブがいっぱい詰まった表題作ほか、箱入りお坊ちゃま×庶民なお世話好き、美形ダメ男×クールな優等生の読みきりもアリ☆
出版社より

表題作発情? ハニー

安曇緒
真尾伊純

その他の収録作品

  • こっち向いてハニー
  • Are you ready?ハニー
  • ハニーのお気に入り
  • ドキドキしちゃうのダーリン
  • 禁欲ダーリン
  • 愛を学べ!
  • 愛を学べ!2
  • 愛を学べ!3
  • ダメにヘタレに愛してる

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ありきたりなBLからちょっとだけ視点がずれてていい

学校で見かけたかわいい子に猛アタックして落としました。
でも両思いになってからもお互いの思いに疑問を抱いてやきもき。

というBLのど定跡と言っていい学園BLが基本線なんですが、なんだろ。定跡通りから1mmだけずれてる感じ、普段そこには触れないよねなぜか。な所に触れている所に凡百で無い面を見ることのできる本です。

受けのお尻の穴をまじめに心配してそこからすれ違うのも、
(実際受けの尻の穴へのダメージはかなりあるのが普通ですが!)
受けでなく攻めの方が自慰を見せるのも、
(オンリーワンではないけど。以前愛欲執事で見たけど)
攻め側の女装に受けが反応したのを見て「男だから」心配するのも、
(受けが女装して攻めが反応して心配するのはよくある)

「普通に考えりゃあってもあたりまえ」
なはずなのになぜかあまり見たことがありません。
ほんのちょっとの角度の差で斬新になるんだなーと思ってしまいます。

他の短編にはそういうずれはないものの、お坊ちゃまと忍びとその恋人たち、などといった定番という意味で可もなく不可もなく普通に萌えられました。

ちなみに「抜いてな続きいので腹が痛い」はないけど、下腹部という意味では痛くなる可能性はあるかもしれない。

0

表題作は神

激しく萌えました。クールで素直な受けにメロメロな攻めというなんと素晴らしい設定。どんなに受けに拒否されたって健気に受けを追いかけ続ける攻めにときめきました。
それにしても受けちゃんの表情、しぐさがいちいちかわいすぎる。
情事のあとのちょっとすねたような表情とか、嫉妬してストローの袋を丸めるシーンとか攻めの自慰シーンを見てムラムラしちゃうところとかとにかくかわいい!!
でも・・・Hのときに白目がちに見える時があるので(といっても全部のコマが白目というわけではありませんww)
ちょwwwと思いました。こわいよwww
攻めもすごくいいキャラをしていて、受けに対して容赦なくいろいろなことをするわけですが、ちゃんと思いやりの心をもっているところが好きです!!
濡場はとにかくすごい!!いろいろとギリギリな描写がエロいです。
すごいな~となぜか放心状態。

愛を学べ!のほうは、中立か萌えくらいです。まず、おかしいと思ったところがあります。自分は女なので男の体のことはよくわからないのですが、
ヌいてないだけで腹痛が起きるもんなんですかね。それはないと思ったんですが。
カップリング続きはお坊ちゃま×庶民で、そのお坊ちゃまを監視するのが忍者(?)の密。密はツンデレでドジっこという珍しいキャラだったなーと思ってます。こんな密も愛を学べ!3ではホモってますよっ。

ダメにヘタレに愛してるは萌評価です。ヘタレな攻めの泣き加減がよかったです。泣きすぎていたらウザったく感じるけど、いい感じだったのでそれがよかった。

0

かざり

コメント遅くなりすみません・・・
びっくりデス!!抜いてないと痛くなるんですかー
男の人の体はわかりませんなー

いい豆知識を得られた気がします(アハ)

のび

長い期間出していないだけで、お腹が痛くなるというのは本当らしいですよ。
私も女性なので、感覚がわかりませんが、知り合いの男性がなっていましたので、本当かと思います。
初コメントで、なれなれしいコメントで申し訳ないですが、驚きの事実を知ってもらいたくて、勇気を出してコメントしました。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ