ギャグマンガ日和 曽良×芭蕉アンソロジー 師弟愛(笑)

ギャグマンガ日和 曽良×芭蕉アンソロジー 師弟愛(笑)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS ~ポーバックス~(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥924(税抜)  ¥998(税込)
ISBN
9784893935946

あらすじ

殴っても、何しても、やっぱり師匠が好きなんです(笑)
日本を旅するバイオレンス師弟アンソロジーついに登場!
カラー描き下ろし企画は「師匠断罪四十八手」
あの手、この手で師匠を断罪しまくります☆

表紙:春ナオミ
執筆陣:春ナオミ/飴/伊佐見/ノラ/はにわ/アズ/イケガキ/印度ともよし/かしわぎもちこ/サヤマユキヒロ/みずのと/メロン丸/茂上/モル子/はにわ

出版社より

表題作ギャグマンガ日和 曽良×芭蕉アンソロジー 師弟愛(笑)

河合曽良・芭蕉の弟子・青年
松尾芭蕉・俳聖・オヤジ

その他の収録作品

  • 「俳句NOTE」はにわ
  • 「曽芭小咄」印度ともよし
  • 「あなたの愛は0点」モル子
  • 「はれそら!~腫れすぎた曽良の下で~」かしわぎ もちこ
  • 「まるで夢のよう」アズ
  • 「芭蕉一日一善」「さみだれを」サヤマ ユキヒロ
  • 「クリスマス其の壱」「クリスマス其の弐」「寒い日―上―」みずのと
  • 「恋は遠い日の花火ではない」茂上
  • 「はじめての弟子★」「初めてのお宅訪問★」「はじめてのアレ★」「はじめてのおるすばん★」メロン丸
  • 「海辺にて」イケガキ
  • 「青い曽良」ノラ
  • 「曽良君的スパルタ式」伊佐見
  • 「言葉の呪」「デリケートゾーン」飴
  • 「弟子とお化け屋敷!」春ナオミ
  • 企画イラスト「師匠断罪四十八手」はにわ
  • コメントページお題「わかりづらすぎる曽良君的愛情表現」

評価・レビューする

レビュー投稿数3

お曽芭パラダイス

記念すべき初の曽×芭アンソロ本のようですね。めでたい事です。純文学の文庫風な装丁、そのこだわり方からしてお曽芭への愛が漂います。
そして表紙の陰影付きマーフィー君のポージングが絶妙すぎです。渋っ
ナイスな装丁に期待で胸が高鳴りましたが、中身も負けず劣らず素敵でした!

原作路線で更に斜め上をいくようなオープニングからかっ飛ばしてます~。
正統派四コマから、思いきった下ネタ暴走系に(身と肛門が思わずツボッた)、病み具合が最高の(人によってはドン引き)どシリアス、ほのぼのラブに、真っ向勝負の恋愛展開まで、ありとあらゆる師弟愛が揃ってて、さながらここはパラダイス!

ヤンデレとツンデレの結晶(めったにデレません)ドSの申し子曽良くんの、愛、愛、愛……!
あっちでこっちで芭蕉さん、平手打ちされ、踏み付けられ、無視され、(二重の意味で)突っ込まれりと原作以上に大活躍しております。笑
曽良くんの愛を全身(打撲 笑)で受け止める芭蕉さんが、可愛く見えてきます。オヤジ受けというかもはや中年受けなのに、無邪気な笑顔が驚くほどにラブリー。
そして、曽良くんのSの仮面がポロっと外れる瞬間続きに、死ぬほど萌えさせられました。
MよりSのが繊細ちゃんで弱いんだよねっていうのがもう……たまりませんよ。虐めずにいられないその病み加減にぞくぞくいたします。
この甘えん坊さん☆

個人的にぐっときた作品↓
「恋は遠い日の花火ではない」茂上さん
皆さんと同じくやっぱりコレ。まさかの本気恋愛モードに、照れつつにやにやできました。
デコピンと芭蕉さんの泣きっ面が可愛すぎるし、曽良くんは血が似合い過ぎてました。

「はじめてシリーズ」メロン丸さん
まだ幼さ残る曽良くんが、どんどんに芭蕉さんに目覚めていく様子にきゅんきゅんしました。
芭蕉さんを相手に初夢精って、マニアックすぎて哀れ。
衆人環視エチにもちょっとときめいてしまいました。

でも何といっても「師匠断罪四十八手」と、カバー裏の「師弟愛(笑)行程図」のもじり俳句が最高だと思います。
背表紙にある市振での一句に噴きましたよ。
断罪技はどれも素敵なんですが、どうみても天国片道切符な39エクソシストとか、48断罪ヒップアタックの曽良くんの思いきり弾けた感じが特に好きでした。

この本に続いて第二弾、第三弾と続きますように……☆
買いますから。

2

修行中

絞り茶巾ストラップが超欲しい修行中です。

>SMって、ギャグとシリアス背中合わせのギリギリ感がとっても最高
激しく同意します!(横レスですみません…)特にこの二人のギリギリ感は他じゃ見られないんじゃってぐらい奇跡的な気が。

それから、芭蕉さん攻って
曽「いつも僕ばかり上なんでたまにはあんた上やって下さい」

(略)

曽「この下手男が!」(ビシッ)
芭「おそば!!」

…的なのしか思い浮かばないw(ベタ)
はた目から見て主導権握るのは曽良くんで、でも欲望の源は芭蕉さんとするとーとか考えてくともうどっちでも美味しく頂けそうで!(私も結局雑食ですw)攻受のギリギリ感もまた一つの魅力なのかもですね。

ともふみ

こんにち輪~修行中さーん。

お二人とも、購入を促して頂けてありがとうございました!幸せをありがとう!
絞り巾着の芭蕉さんは、あのままストラップにして携帯に吊り下げたいくらいラブリー!わたし断罪四十八手を写メして待ち受けにしてしまいました。アホです。笑

あの一句は本当に本当に萌えますよね…。
ご飯が何杯おかわりできるやら。
そして嶋二さんのが収録されてるらしいと知り、一緒にひより日和も購入してしまいました。
確かに芭曽くさかったけどすっかり曽芭だと思い込んでました。でも攻められてる曽良くんも結構そそるかも。なんて。(超雑食主義)
でも問題は攻めてる芭蕉さんが想像つかないところ。そうなると史上最高(最低?)のヘタレ攻めになるのかしらん。笑

ともふみ

こんにち輪~茶鬼さん。

愉しみすぎて読了した方にしか分からないレビューになってるなーとちょっと反省してたんですが、楽しんでもらえて幸いです。
茶鬼さんのおっしゃる通り、真性ドSこそがツンデレの真骨頂だと確信しました!曽良くんのおかげで、ツンデレ受けよりもツンデレ攻めに心が傾いちゃってます。
SMって、ギャグとシリアス背中合わせなギリギリ感がとっても最高ですね。
この勢いで、2弾3弾出ちゃうと嬉しいですよね~♪
ふゅーじょんぷろだくとにメール送ろうかな…

こっちで一緒にコメしてしまいますが、修行中さんと同じく、他の日和アンソロでの嶋二さんの話が結構感触が良かったので「嶋二」気になってます。
でも銀魂知らないんです…。
知らずに読んでも楽しめそうでしょうか~。やっぱり無謀?笑

修行中

祝!ご購入!!無事に手に入れられてよかったです♪

>背表紙にある市振での一句
私、気づいてなかった!ともふみさんのご指摘が無かったらずっと知らないままでした。ありがとです!!
ちょ…そんな、俳句で報告されても…浮かれすぎ芭蕉さんw

そういや、ポチリが確かに増えてますね。嬉しいなー♪これからのお曽芭の発展を強く願ってます!

茶鬼

ともふみさま、こんばんは

ご購入おめでとうございます!
萌え満載でゾクゾクした様子、実況中継のように楽しんで読ませてもらいました♪
2弾、3弾が出るよう、微力の応援を自分も惜しみなく励もうとか思ったり、、
曽芭の輪、広がるといいですよね~!

好きだからいじめたい、それがヘタレ天然おやじなら、尚更もっといぢめたい!

修行中さまと、ともふみさまの熱~い熱気に押されて、曽良×芭蕉オンリーのアンソロに手をだしました!
あーーー、悶える、萌える、この嗜虐性。
自分も曽良くんと一体化して、ヘタレ芭蕉をイヂメ抜きたい!?
そんな、まるまる一冊です♪
しかし、ちゃんとそれは愛なのです、誓って愛なのです☆

カバー見返しの『師匠断罪四十八手』この本を購入する際、おまけとしてブックカバーにもついてました。
原作でもこうやって曽良くんに、芭蕉さん愛されてますから、、、

どの作品でも割と芭蕉さん、曽良くんに突き落とされそうになったり、首締められたり、殺しの一歩手前までされてますが、究極の愛のツンデレ(真正ドS)の表現なんですお。
いぢめでもいい、構われないより、構ってほしい、そんなMのおぢさん芭蕉が可愛くて可愛くて。。

自分も修行中さまと同じ 茂上さんの『恋は遠い日の花火ではない』←月並みな題名で、某作品にも題名でありましたが・・が一押しでした!
おぢさんの、笑顔、照れた顔、恥じらった顔、戸惑った顔、泣いてる顔、エチの顔、どんな顔も愛おしく、そんな表情を全て引き出す曽良くんはやはり芭蕉さん続きラブな極度のツンデレ。
モノローグがまた、泣かせてくれますヨ。
あんなアホなギャグマンガ日和がここまでラブ作品になると、こっちまで照れてしまって、、

でも、あの原作あればこその設定ですから~♪
オヤジ受けを愛する方々に勧めたい、曽良×芭蕉カプですっ!

4

ともふみ

茶鬼さん修行中さん、丑三つ時から今晩は。
その公式は、お曽芭の会事務所に額縁入れて飾っときましょう。笑

書店を2店巡ったのですが見つからず。うわーん。次はそれ系のお店へ足を運んでみるつもりです。(アナログ人間)早く絞られた芭蕉さんが見たいー!

それにしてもポチりが増えてて、お曽芭の人がちるちるにも結構いらっしゃるんだと分かってすごくすごくすごく嬉しいです。


茶鬼

修行中さま、こんばんわー
またまたお返事ありがとうございます。
自分がエスエムスキーの痛いのスキーなので、ついつい(恥ずかしい?)
曽芭カプは、両方含んでいてその要素がたっぷりかと。
ただれた世界に招いたようで恐縮であります。

修行中

こんばん輪~日和の輪~♪

>>ともふみさん
お?昨日はニアミスかな?
ともふみさんも早く読んでみてくださいよー♪
断罪四十八手は全部好きですが、中でも47番「絞り巾着」が好みです。(羞恥プレイとも言う)

>>茶鬼さん
>『セックス=暴力』の公式
…深いですね…(ゴクリ
痛そうな作品てあまり進んで手に取らなかったんですが、お曽芭好きになってから気にならなくなってきたような。こういう愛の形もあるのですね。また一つ新しい扉開けました。

茶鬼

ともふみさま、こんばんわー。
あの誘惑から即座に書店へ行ってゲットしたですよ♪
こちらこそ、日和の輪~宜しくです。

そうなんですよ、自分の中ではドSは究極のツンデレの姿だと、曽良くんのはツンデレ最終形の一歩手前までいってると感じます。
なにせ『セックス=暴力』の公式を密かに持つ自分なので、このカプは理想形なのであります。
元がギャグなので、どれだけしても平気っていうのが許される部分かとも。
どうぞ、一緒に悶えましょう!

茶鬼

こんにちは、修行中さま
コメントありがとうございます。
こちらこそ、色々と参考にさせていただいているので嬉しいです♪

日和同人はネットチェックのみで、以前は妹子×太子をどちらかというと、、でしたが、おやじ受けにはまってからは密かに曽良×芭蕉に転換しました(エヘ)
とうとう踏み込みましたーー!!
中々アンソロで曽×芭オンリーはみかけないので、とても参考になりました。

原作の暴力(?)そのままに愛が見えるのがステキすぎますよね。
こちらこそ、また色々情報おしえてくださいましネ。
日和仲間、どうぞよろしくです^^

ともふみ

こんばん輪~お曽芭の輪~ステキだ輪~♪
茶鬼さん&修行中さん。オジャマしまっす。
修行中さんからのお宝スパムメールに続いて、とどめに茶鬼さんのこのレビュー!……あかん、もうダメ!我慢できない!!近々必ず書店に走ってきますっ
そして曽良くんの愛の断罪四十八手を拝み隊。
そうか、真性ドSこそがツンデレの真髄なのですね…っ(興奮)

修行中

は、はじめまして茶鬼さん。
修行中の者です。(?
今までもよくレビューを参考にさせて頂いた方にこういった形でコメントするとは…(照+緊張


ついに手に取られたんですね、このアンソロを(笑)
きっともう戻れませんよ。経験者談。…っても、私もついこないだ染まったばっかりなんですけどね♪


>あんなアホなギャグマンガ日和がここまでラブ作品になると、こっちまで照れてしまって、、
本当にその通りだと思います…!!!
ギャグ物だから恥ずかしさが倍以上になって跳ね返ってくると言いますか。もう悶えるしかないですよね。罪作りな作品です。原作者も作家さんも。

もし、他にも日和パロで何か良さげなのがありましたらぜひレビューお願いします♪

曽×芭アラカルト。

色んなバリエーションの曽×芭があってお得気分~な本。
これだけあればどれか一つは好みの作品が見当たるんじゃないでしょうか。

ざっと特徴を挙げてみると、原作に割と近いノリ/何気にほのぼの/絵柄可愛ゆしbut2chオチ/なんと甘々/狂気の曽良君/しっかりエロあり/過去話(曽良君の弟子入りなど)
…等々。

中にはちょっと流れやオチが分かりにくいのもあります。こういうアンソロのレベルについては全く疎いので、特に言うことは無いかな…でもこれを定価で買うのはちょっと考えちゃうかもなー(ボソッ
でもツボな作品も見つけることが出来たので萌評価で。


【個人的ヒット】

「恋は遠い日の花火ではない」
これは原作を知らなくても、芭蕉(師匠)と曽良(弟子)が俳句作りながら旅をしていたって事を知っていれば普通のBL作品として問題無く読めると思います。

曽←芭、デレ度5%位のツンデレ。ラブラブに近いほのぼの。
まずは初っぱなの曽良君の殺し文句に心臓打ち抜かれましょう。ちょww読んでるこっちがドキドキするから!!お願いしますよホントにもう曽良さんてばもう!!!

恋す続きる松尾は超乙女。曽良と俳句と自分との距離関係にあれこれ思い悩んでて可愛すぎです。ヴァージン松尾。
…と思いきや、どうやら旅の前に一度だけいたしちゃってる設定らしく。もしやカラダから入っちゃった恋なのか!?

この話ではそこらへんはちらっとしか描いてないので、もしこの話の前の話が有るなら是非読みたいですねー。


「さみだれを」
ふて寝している芭蕉の首をじわじわ踏んでいく曽良(非ギャグ)。
狂気入ってます。オチが秀逸。
いやー、ドSキャラが落ち込むのを見るのってホンっトーにイイもんですねー。ニヤニヤ。…すいません妙な趣味で(汗

これは原作読んでないと分かり辛そうです。あのギャグがあるからこそ生きる感じのネタかと。


最後に、カバー折り返しの『師匠断罪四十八手』も原作好きには堪りません♪

3

修行中

こんばんは、ともふみさん。変態という名の淑女・修行中です。(連行
迷惑だなんてとんでもない!!コメントお待ちしておりました!

>病気
ですよねー(笑)
シリアスな雰囲気の作品なんですが、私ってばギャグとして楽しんでいるかも…(今気づいた)
命がけのギャグ。

しかし只でさえ数少なそうな日和スキー、更にBL二次作品までイケる人ってどんだけのイバラの道を乗り越えて来たんでしょう。かなりのレベルの高さ(何の?)が求められると思います。

ともふみさんも、気が向いたら試してみて下さい。新しい世界が見えて来ちゃうかもなんだぜ。

ともふみ

きたきたきたきたーーーーーー!
……って、すいません、それだけ言いたくて。(迷惑)
おはようございます修行中さん、日和仲間のともふみです。
狂気の曽良くんがかなり気になります。
首踏み…Sっていうかそれ病気じゃ。笑
まさかのシリアスにドキがムネムネ!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ