相思喪曖 二重螺旋4

二重螺旋

相思喪曖 二重螺旋4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×23
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
110
評価数
27件
平均
4.1 / 5
神率
51.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199005282

あらすじ

常識や道徳を捨てても欲しかった、実の弟・尚人の心。
それを手に入れた今、雅紀に怖いものは何もない。
ところがある日、父の愛人の妹・瑞希と尚人が面識があったと知らされた上、尚人が怪我をしてしまう!!嫉妬と心配で苛立つ雅紀は、「二度と俺に隠し事はするな」と初めて尚人に弱音を曝して・・・!?
尚人が雅紀の仕事場を訪ねる、原作描き下ろし番外編漫画「情愛のベクトル」も同時収録!!

(出版社より)

表題作相思喪曖 二重螺旋4

美形カリスマモデルの兄 雅紀
無垢な高校生の弟 尚人

その他の収録作品

  • 情愛のベクトル(漫画)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

雰囲気的には、少々中休みかなという印象の4巻でした。
ここまでが、落として落として、また落とすの連続だったので
息継ぎできる一冊だったかなと思うのでした。
まぁ、、、ドロドロしてるのにはかわりないんだけども(´Д`;)むー

一人家を出ている沙也加の出番も少々多めの今回でしたね。
オヤジが暴露本を出す!?からマスコミが押しかけてきたり
未だに過去に囚われたままの沙也加・・・・
雅紀は自分の味方はしてくれない・・どころか興味なさそうに
なんだか殺伐通り越してなところですが・・・・

千里妹、またきちゃいましたね。
確かに知らなかったこと・・・だけれども・・・

コミックつきで美味しい一冊でしたw

1

副題の4文字熟語の当て字が気になる

副題の4文字熟語の当て字が気になってきた4冊目です。
桜坂と野上の一件は、野上が自主退学。
保護者会で雅紀は中野くんと山下くんのお母さんと出会う。桜坂くんも交えて尚人に良い友達がいて良かったと思う。
沙也加の雅紀に対する複雑な想い。
ひとりはじかれた感じの沙也加が可哀想だとは思うけれど雅紀の想いは尚人にしか向かないし、いくらしっかりしているとはいえ雅紀だって理不尽な目にあった子どもなのだと思う。
そして、相変わらず勘違いな彼らの父親の不倫相手・・・吉原さん、このお話、女性の登場人物に容赦ないな~と(笑)
そして、ことの元凶の父、暴露本とか・・・少しは反省して欲しい。

1

3年ぶりの新刊

冒頭いきなり始まった篠宮家長女沙也加の人生論に、ああ吉原さんだなあと思いました。
二重螺旋。三年ぶり?の新刊です。
間が開いた分過去の事件を振り返ってくれるのはとってもありがたいです。
シリーズモノは新刊が出る前にたいがい読み返すのですが、今回それをやらなくても十分話わかったし。
だがしかし、その一方で話はあんまり進んでいない。
過去回想や、その時のそれぞれの登場人物の心情がこれでもかッ!!というくらい書き込まれてるのでまあ仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれないけれど。
おかげでドロドロです。最初からドロドロだけれど巻をおうごとに違う意味でレベルアップしてる。
自分の一家を崩壊に導いた父親の不倫相手の妹の心情まで書き込んでくれるBL小説って結構すごいよね。
や、BLじゃなくても十分すごいと思います。
今までにちょっとでも内面が描かれた人数を数えてみたらかなりの人数になるんじゃないだろうか。
今度再読したときにも挑戦しようかなと一瞬考えた次の瞬間にくじけそうです。

物語がどちらに転がっていくのか予想がつかないのが楽しみであり、怖くもあり。

雅紀と尚人が本当の続き意味で幸せになれる日は来るのか?
家を飛び出している長女の動向は?
あ、それから三男のひきこもり少年裕太がちょっとずつ成長してるのがなんともほほえましいです。
しかしだいぶ前にたっていた兄弟三角関係フラグはどうなったんだろう。
それはそれで楽しみな展開なので楽しみに続きを待とうと思います。が。
次はもうちょっと早く続きが読みたいです先生!

円陣さんのマンガはなんとも眼福でした。尚人かわいい!!

1

話が進まない…

シリーズ初期の背徳感や、ジェットコースターのような素早いストーリー展開が大好きだったんですが、ここにきて首をひねってしまいました。
話が進まない…。
吉原理恵子さんのシリーズものにはよくある話なんですが、前回までのあらすじ的なストーリーで百ページ以上も使ってました。
こうなると、多用される『どっぷり深々ため息』とか『唖然呆然絶句』などという吉原理恵子さん独特の言い回しに、疲れてしまう…。

兄と弟の関係は、甘々です。気持ちが完全に通じあってて、エッチもラブラブ。
それはいいんだけど、私が読みたかったのは、サディスティックでヤンデレなまーちゃんと、羞恥と罪悪感にうち震える気丈なナオの緊張感に満ちたセックスのほうなんだよな、と。

しかし女性の登場人物の魅力のなさには笑ってしまうぐらいです。容赦がないほどにイヤな女ばかりw
裕太が成長して兄弟で三角関係になるんじゃないかと楽しみなんですが、この様子じゃ裕太の入り込む隙間がないぞ。

0

"神"に近い萌・・・

待ちに待って3年ぶりの二重螺旋シリーズ4巻。
出版予告を見つけて歓喜してからも(笑)読み始めるまでドキドキしてました。
吉原ファンとして長い者には、いつの間にか連載途切れちゃったり(爆)、
出版社変わって繰り返し修正再販…みたいな事態があり得ると身に沁みているので;;;

■相思喪曖
主に雅紀視点で状況が進んだ今回。
各章で、妹・沙也加、真山千里、真山瑞希について、此処に至るまでの立ち位置や、
篠宮家スキャンダルの暴露により激変した現況と周囲の目、そして傍目とはまた少し違う個人の真実と心情が描かれていました。

事実は一つでも真実は其々にある・・・ 
けれど、他者の思いを想像できない、または知ろうともせず自己を主張する罪悪… 
無責任に事態を掻き回す世間、と、制御できない情報の独り歩き…
こうして膨れ上がったものが尚人達をまた追い詰めるのね…(-_-;; という吉原節でした。

■情愛のベクトル 
円陣さんによる全サドラマCD(これも良かった!)のコミック化
初出が、2008年末出版の 小説Chara、Vol.19です。
雑誌掲載時、白抜けの多かった続き画面(苦)にベタやトーン、背景が入って充実したマンガになってたのは嬉しかったんですが、
これまでの挿画より デカ目たれ目気味で幼くなってた尚人のアップは、
当時結構ショックを受けたのですが、やはり今回もちょっと気になりました;;
あの表情はルコちゃん入ってるでしょ? 円陣さん・・・と思って。(^_^;ヾ

大好きなシリーズで4巻通して全体では、"神”評価なのですが
いつも程どっぷり浸れなかった…という点でマイナス。
今作は、視点が分散していて、また一つ騒動になる序章…的なショートを集めた短編集みたいな感じだったのと、
保護者会とか周囲のゴタゴタ振りが、ルビーで休止中(?)の別シリーズ2つ(爆)と似た印象で;; 
雅紀と尚人の関係描写が(Hではなく(笑))薄かったですよね?
ともかく、1年くらいで次が読みたいです。(切

0

円陣さん最高(´∀`*)

今回の表紙は、たぶんはじめて尚人から雅紀に甘えているみたいな構図で、それだけで幸せな気持ちになりました。
3巻までとは明らかに雰囲気が違うのがたまりません(´Д`*)

円陣さんがコミカライズした、携帯電話を自宅に忘れたまま出勤した雅紀に、尚人が仕事場まで携帯を届ける、「情愛のベクトル」が収録されているだけで買いです。
自分の失態のせいとは云え、普段自転車で学校と家とスーパーとの往復程度しかしたことのない尚人を遠出させること、そして業界人の目に触れさせることが心配でたまらない雅紀の焦りに思わず頬がにんまりと緩みます。

本編は此処にこぎつくまでに波乱が多過ぎて、何を語ればいいのやら。
最初は兄弟相姦と云う雅紀と尚人の禁忌の関係がメインでしたが、巻を追うごとにその軸は安定して来て、今は父親を軸とした家庭内トラブルが話のメインになっています。
初めはメインであったはずのキーワード“背徳性”はかなり薄れましたが、わたしは尚人が幸せならそれでいいです(笑)。

今回は、ずっと気になっていた姉・沙也加が遂に表舞台に登場。
沙也加は頑張って過去を乗り越えて、今を生きているよう続きに視えるんですよね。
とは云え、乗り越え切れているわけではなくて、臭いものにはなんとやら状態。
そして、兄・雅紀への愛情は歪んでいびつになってしまったけれど、それが逆に妄執のようになって絡み付いている…そんな感じ。
その沙也加の鬱憤は総て次弟・尚人へ嫉妬と共に向けられるのがなんとも…。

このお話に出て来る女性は兎角鬱陶しく、それぞれの“正論”が痛々しいです。
反面、人の世には絶対的な正義や真実はなく、それぞれが手探りで色んなモラルや価値観や感情を汲み取って生きて行くんだなあ…とやけにリアルなことを考えさせられもして。
読んでいると凄く疲れるのですが、読むのをやめられないのは、云うまでもなく尚人の存在です。
彼の存在は、イライラ地獄の中のオアシスであり、サンクチュアリです。
巻を追うごとに、わたしの感情移入の加減は尚人からすっかり雅紀に移ってしまい、今は尚人の気持ちが延々と気になっているところ。
今回も彼の真実の気持ちには特に触れられていなくて、そう云った意味では進歩ナシと云う感じなのが口惜しい!
吉原先生、続きはいつですか…!!
もう数年単位でなんて待てません…!(涙)

今回の1番は、雅紀が尚人を頭ごなしに縛るのではなく、本音で不安や弱音を語るようになったこと。
これまでは俺様で兎に角怖くて逆らえなくて――のイメージが強かった雅紀だからこそ、この変化を嬉しく思います。
ずっと言葉が足りず、尚人を恐怖と快楽とで縛り続けて来た雅紀のこの変化が、どうか尚人の本心が聴けるステップになりますように…!

1

何といってもやっぱり漫画!!

全サCDだったみたいなのですが
手に入らなかった
あたくしには嬉しかったですね~ヽ(^。^)ノ

それに今回の本編は 
あまり 長男 まーちゃんと 二男 尚の絡みが少なかったので
甘い二人の漫画はテンション上がりました↑↑ ホテルでHしちゃって うふっ♪

で、本編ですが
やはり3冊の終わりに登場してた 長女 沙也加からでしたね~
でも序章のような・・・
今後 嫉妬にかられ尚とまーちゃんの取り合いとかしちゃいそうな予感・・・。

三男 裕太もちょっとずつ大人になってきて
まーちゃんとはまた違った男前ぶりを発揮してきました。
今後のさらなる成長が楽しみです。


父親と愛人とその妹もまだまだ 何やら起こしそうだし
次巻まで待ちきれないですね~

是非とも3年も置かず次巻をお願いいたしますm(_ _)m


 

1

漫画付き!!!

私史上、こんなにも挿絵があることが嬉しい小説はありませんでした~!
円陣闇丸さんの描く雅紀兄さんは、形容し難いほどにカッコいい~
そして尚人は、普通なのに可愛いのです~~
今回も、口絵が素敵すぎるv
「まるで、幼児が小用を足すような格好」をさせられて、恥ずかしがっている尚君ですよ!!
いやぁ、読む前からテンションが上がります。

と、思ったら、始まりは篠宮家の長女、沙也加からでした。
そして中盤、篠宮家の不幸の元凶である父親の不倫相手千里とその妹瑞希が登場。
そして、最後の締めはまた沙也加、という具合で、二重螺旋4巻目は女性陣のターンといった印象です。

3巻までに広がった、尚人が被害を被った暴行事件と、後輩絡みの殺傷事件の収拾がついたと思ったら、今度は瑞希が尚人を訪ねて来て、そこでまた一悶着あるというお話で、なかなか兄弟の甘々シーンばかりはやっていられない本巻。
でも、その分雅紀が尚人に弱音を吐くシーンがあったりして、甘い雰囲気が味わえます。
尚人の前ではパーフェクトで居たいと思ってたりする雅紀兄ちゃん!なんか可愛いじゃないですか!
最初は強姦から始まって続き、鬼畜攻めって感じだったのが、いつの間にやらこんな甘々カップルに!!
でも、「檻の中に閉じ込めてしまいたくなる」とか思っているその執着ぶりが、今後どんな風に暴れだすのか(むしろ暴れて欲しいv)、この先が気になります。

そして、(心の)成長著しい三男裕太の男前っぷりが、今回、円陣さんの絵で明らかになってます。
こんなにカッコいいコだったんだ、裕太!
早く身体も成長して、雅紀兄ちゃんと尚人を取り合って欲しいものですv
なんだかんだ言って、結構尚人に執着持ってますよね、裕太も。
雅紀&尚人はすっかりラブラブカップルですが、そこにどんな風に裕太が参戦してくるのか(こないのか?)、これまたこの先が楽しみです。

そして!なんとこの巻末には、全員サービスCDの為に作者が書き下ろした話を元に円陣さんが漫画化された「情熱のベクトル」という漫画が挿入されております!!こんなサービスがあったら「神」評価するしかない・・・
雅紀が家に忘れた携帯電話を届けに、尚人が雅紀の仕事場まで行き、帝王加々美さんと初対面します!
尚人の無垢な色気に、加々美さんまで過保護になっちゃう様が微笑ましい~
雅紀に向かって「いいねえ あんな弟 おれも欲しい」って言ってる加々美さん、可愛いです。
すかさず「ウチにもう一人余ってるのであげますよ」と言う雅紀兄ちゃん、依怙贔屓しすぎです(笑)。

兄×弟の甘々はトータル的には少なめですが、口絵も挿絵も鼻血が出るほど尚人が可愛いし、何と言っても漫画にもHありvですので、まぁ満足です。本音を言えば、次こそ兄弟に焦点を当てて欲しいんですけどね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ