共同戦線は甘くない!

kyoudousensen wa amakunai

共同戦線は甘くない!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
57
評価数
18件
平均
3.2 / 5
神率
5.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784199005268

あらすじ

同い歳で同じ名前、なのに顔も成績も女子の人気も負けっぱなし!? 浅羽佑(あさばたすく)が仕事先で再会したのは、大学時代のライバル・柘植匡(つげたすく)。二度と会いたくない男だったのに、業務提携で新商品の開発をすることに!! しかも手違いで同居するハメになり!? 意外と天然で男気もあるけれど、料理も掃除も全くダメ──初めて知るライバルの素顔に惹かれ始めて!? 課長同士の恋愛攻防戦スタート
出版社より

表題作共同戦線は甘くない!

大手パンメーカーの開発宣伝課長・柘植匡35
老舗洋菓子店の営業課長・浅羽佑35

評価・レビューする

レビュー投稿数7

大人同士&男前リーマン同士&ノンケ同士の恋!

以前から人気ある作家さんとして、お名前は知っていたんですけど、読むのは初めてです。
やや先生の表紙のイラストが素敵で、もうインパクトありありな自分好みな予感に、思わず買ってしまいました(笑)
読んだ感想は面白かったです!
あとがきにもありますけど、この表紙1枚だけで2人の関係性が物語られていて、35歳の!仕事に恋に奮闘する可愛らしい大人の一生懸命な姿にニヤリと萌させて頂きました。

大手製パン会社開発宣伝課長の柘植匡 × 洋菓子店営業課長の浅羽佑
同じ『たすく』という名前で、大学の元同級生&再会&ノンケのもどかしい恋路。

業務提携で新商品の開発をすることになり、13年振りに再会を果たす2人。
浅羽は大学時代、柘植をライバル視していて、しかも、当時惚れた女性と柘植が結婚した事で、嫉妬心が膨れ上がり出来れば再会などしたくはなかった相手。

小さな洋菓子屋の課長と、大手メーカーの課長。
同じ課長という立場であるにも関わらず、あいかわらず、柘植は仕事は出来るし、部下の信頼も厚く、自分とは全く正反対なタイプで、出来すぎる男を憎らしく思います。

成り行きで出張の間、続き柘植の家に居候することになった浅羽。
ところが…なんでも卒なく出来るタイプだと思っていた柘植が⁉︎
離婚後数年たっているにも関わらず、片付けられていない部屋や、家事一切苦手だという予想外のだらしない姿を目の辺りにして…⁉︎

何でも、気になればとことんやらないと済まない性格の浅羽は、几帳面というか…頑張り屋さん過ぎるというか…その姿はまるでおかん状態(笑)
結婚願望も強いのに、結婚ができなかったのは…多分おかん気質な性格が問題だったんだろうなと思いながら…でもこの展開は美味しいぞと!
部屋を掃除したり、食事を作ったりするシーンをニヤニヤしながら…
また、浅羽の前だけではダラしない姿を曝しながらも、負けず嫌いな浅羽をうまく持ち上げながら、甘え上手になる柘植。
この2人のやりとりがとっても楽しませてくれました。

お互いを意識するきっかけになる展開も良かったです。
ただ気持ちを確かめ合ってからも、なかなか甘いムードになれない2人。
物足らなく感じる方もいるかもしれませんけど⁉︎
この、照れ臭くて、恥ずかしくて…お互い好きな気持ちは間違いないのだけれど⁉︎
初めて尽くしに、戸惑い、すれ違いそうになるもどかしい関係性が私は好きでした。

35歳といういい歳した大人が、初めて男性に恋心を抱き、必死になっている姿が凄く可愛く見えてきます。
もうノンケ同士ならではの葛藤も良かったです。
笑いが止まらなくなったり、過呼吸になったり、ある言葉で気まずくなったり…現実味も感じられて気に入ってます。

言葉のいい回しや使い方、考え方、文章も読みやすくて好みでした。
心理描写も上手くて、2人繊細な気持ちがとても伝わりました。
どんなに完璧そうにみえても、人は一つや二つコンプレックスだったり、暗い過去や傷だったりを抱えているもの…
『真に戦うのは相手は自分だ!』
という言葉に、ズドンとやられました。
『子ども=良い商品』を作ろうという言い方も、好きな言葉でした。
こんな誘い方も、恋の仕掛け方もあるんだな〜と!
この言葉マジックと、2人の言葉のキャッチボールが最高に楽しませてくれます。

あと、働く男もの好きにも堪らなかったです。
どうしても仕事メンイで進むと、甘さ加減が低くなってはしまいますけど、仕事も恋もぶつかり合いながらも、その都度話し合い理解を深め、負けずに一生懸命頑張るノンケ35歳!素敵てました!

エロシーンは少ないものの、やっと思いの丈を叶える2人のシーンがとてもエロくて、言葉の表現や、キャラの台詞回しも私好みで萌でした。
もっと、もっと激しく乱れる文章が読みたかったです♡

心残りなのは、商品開発の行く末です。
あれだけ、職場仲間と奮闘シーンを繰り広げ、2人のキューピット的な役割だったであろう子供達(商品)が、どんな姿&形として生まれたのかも読みたかったです。

そして読んでいる間中気になっていく、パティシエの小清水と、柘植の部下・仙達の関係!
こちらも名前が『かおる』同士⁉︎
絶対この2人の間でも何か生まれたハズ!
いつか2人の続編なんかも読めたらいいな〜と思いました。

甘さは少ないものの、仕事ものとしても、もどかしくて可愛らしい、男前なノンケ同士の大人の恋愛ものとしても、楽しませてくれるかと思います。

0

ベタなライバルモノ。

 浅羽佑は、稼業でやっているパティスリーを継ぎ、まあまあの営業成績をやってきた。
 そんな浅羽がやっているパティスリーは有名になったものの、デパート等の出店は一切せず、コラボ商品もまったく出さないことで有名だった。
 けれど今回、かなりいい条件でコラボ商品を出させてほしい、とパンを作っている会社から依頼が来、その条件ならば……とコラボ商品を作ることを了承することになった。
 その打ち合わせのために出向いた会社で出会ったのは、大学時代に苦い思いを抱かされた相手・柘植匡だった。
 どちらも同じ名前だったのにも関わらず、顔も成績も恋愛も負けっぱなしだった浅羽は、柘植に一方的なライバル心を抱いていた。
 そんな男との再会に、負けず嫌いな浅羽の胸に再び火が付くけれど、東京滞在中に用意してもらっていたはずの部屋が用意されておらず、手違いで柘植と同居することに。
 一足先に部屋にたどり着いた浅羽は、その部屋の惨状を見て唖然。
 意外と天然で男気もあるのに、家事は壊滅的にダメであるとライバルの弱点を知るけれど、浅羽はこんな部屋ではおちおち寝られない! と掃除をし始めてしまって……

続き という話でした。
 かつてのライバルに再会したはいいけれど、同居しているうちに勝手に目を吊り上げていた相手のいい面が見えてきて、次第に恋に落ちていくというよくあるライバルから恋に落ちちゃったモノ。
 よくもないけど悪くもなく。
 ライバル者が好きな人にはオススメできる内容になっているかな、とは思っています。

0

お仕事の話のほうがメインかな

どんな職種でもほんとに仕事内容が詳細で、それだけでも毎回ものすごく楽しいんですよねえ。働く現場を見せてもらえて…かなり長いこと恋愛が始まらないのもあって、うっかりこのまま細腕パティスリー繁盛記を楽しんで終了となるとこでした。

母子家庭で育った浅羽佑は、国家公務員試験を通過したエリート候補だったのに、恩返しのために老舗洋菓子店で働くようになり、その会社の課長におさまっていた。
その浅羽のもとに大企業の製パン会社の課長として現れた、大学時代同期の柘植匡。
13年前、浅羽が惚れた女性と結婚した柘植は、ルックスもよく女性にモテ、なにをやってもスマートで、当時とてもコンプレックスを感じていた相手だった。
でもう、延々とお仕事の話が続くわけです。面白いもんだからすっかり引きこまれちゃって、あ、そうそう、BLなんだったけ。と、何度か我に返るのですが、こんな二人がどうやって愛だの恋だのになるんだよという間違った期待を抱いたまま読みました。
しかしそこはさすがのハトムーさんだからして、もうほんとにそれぞれの心理描写が繊細で、急展開に恋愛モードになっても、ちっとも不自然ではないんですねえ。
続き
あ、でも今気づいたけど、半分ぐらいの辺りで恋愛モードですねえ。あれ?
なぜこんなに仕事の話が多いと感じたんだろ。配分の問題なのかもしれませんね。


0

負けず嫌いな痛がり課長

35歳・課長同志のじれったい愛ってとこでしょうか?
前半は仕事に生きる大人の男同士の仕事メインのお話で、
中盤からやっとちょこちょこ恋愛が絡んできます。
思ってたよりきっちり仕事内容を書き込んであるので、
まさに働くリーマンモノって感じがしました。
でも、その分恋愛に関しての描写は薄く、それを期待されてる方には
ちょっと物足りないお話だと思います。

ちょっと前に読んだ鳩村さんの作品が、受を受と思えないぐらい
男らしかったので、今回も桜城ややさんイラスト効果も伴って
ガッチリ受を期待してました。
仕事メインの前半は柘植やその部下と対立することが多く、
デキる課長の立場を大いに発揮していたのですが、
柘植に告白されてからは女々しい男になり下がり、ウザい女の行動
パターンを踏襲するようなことばかりする浅羽にちょっと疲れました。

前半萌えただけに、後半女々しくなると評価が下がっちゃうんですよね。
これが逆だったら中立→萌へと評価は上がるんですが...
でも、萌にしたのは、最後の最後で浅羽が闘争心むき出しの負けず嫌い
根性を取り戻して、柘植に抱かれてやっ続きたからです。
口説き文句も男前!
なのに、この期に及んで入れられる方か確認してるし~ww

まぁ、こんな偉そうに啖呵切って抱かれてやった浅羽さんですが、
痛みに耐えられず最後まで入れるのを無理だと言う...
あぁ、男は女より痛がりと言うけれど、BLで痛みに耐えれず
挿入半ばで動かさせるやつがいようとは...
しかも35歳の男がですよ!?ガマンしろ~!!
でも、個人的に“あんあん”言う喘ぎ声じゃなくて、
“イくイく”って喘ぎ声大好きです、男らしくて★

それはそうと、薫と仙達さんの関係ってどうなんでしょう??
仙達さんの話題が出ると赤くなったり、2人でご飯食べに行ったり...
190cmの体のわりに気の小さい薫と、浅羽に似た負けず嫌いの性格の
仙達さんのお話って萌えるんですけどww

浅羽みたいに掃除も料理も家事もカンペキにこなすうえ、
お掃除チェックシートなるものまで作る男なんて付き合いたくないなぁ~
浅羽より精神的に大人で包容力のある柘植なら、
こんな扱いにくい男もうまく扱うこと出来そうですけどね♪
ってことで、浅羽の方が完敗です。
無事2人が最後まで入れられる続編を期待しての萌評価にしました★

1

地に足がついてるリーマンはいいな

35歳と35歳のリーマン同士の恋のお話です。
「普通の魅力」みたいなものをヒシヒシと感じる作品でした。
二人ともちゃんと地に足をつけてお仕事をしていて、そこがたまらなくよかったです。
リーマン同士はこうじゃなきゃ!というポイントをしっかり押さえてくれてるので、気持ちよく読むことができました。
仕事に対する考えかたは微妙に違う二人だけど、両者とも稚拙な価値観や倫理観は持ってなくて、柔軟性があって、でも真摯で。両者ともにちゃんと欠点があって。
イイヨイイヨーと思いました。

エッチの場面は妙に恥ずかしかったですw
頑張ってるぞー!頑張るぞー!みたいな気負いが空回りするエッチ導入部。受けのために穴を掘ってあげたくなりました。
でもこの、なんともいえないムードのなさや、いたたまれなくなる感じも、この作品の魅力だと思いました。

1

ケーキ屋とパン屋のコラボ

大学生の頃の友人同士が社会人になって再会モノなんですが
大学時代に恋心があったとかそういうことじゃなく
女をめぐってライバルだった、正真正銘のノンケ同士。

柘植は企業パン屋で、浅羽は一族経営のケーキ屋。

パン屋とケーキ屋がコラボして1つの商品を作るというお話。
パンとケーキって似ているようで職人からして違う。
まったく別モノっていうことから語ってくれるビジネスモノ。

浅羽は、初恋の相手を柘植に奪われてから
ずっと柘植をライバル視してきたんだけど
パンとケーキのように違うモノで
ふたりは競いあうものではないってところでしょうかw

ノンケリーマン同士の恋は、すぐに成就はせずに
何度もニアミスをするんです。
同性にはじめて恋をするので、こういったちょっとした
ボタンの掛け違いや、タイミングに乗れないというニアミスは
起こるべきアクシデントのような気がします。
すごく焦れましたが、やりとりがリアルっぽくて良かったなぁ。

ノンケがノンケを好きになるという心情がすごく丁寧。
いやぁ、きゅんとしましたv

※余談ですが・・・
キャラ文庫創続き刊12周年記念
Chara Birthday Fair 2009
バースディフェア小冊子に番外編
『課長と呼ばないで』が収録されています。
柘植匡(たすく)と浅羽佑(たすく)
攻めと受けが同じ読みの名前なので
なかなかベッドで下の名前を甘く囁きあうのは難しいというお話でしたよ☆

1

恋する気持ちに正直に

今回は大手パンメーカーの開発宣伝課長と
老舗洋菓子店の営業課長の同窓生カップル。

業務提携の担当者として再会してお互いを知る事で
近くなったり、離れたりしながらまとまるまで。

受様は老舗洋菓子店の営業課長。
受様の伯父と友人のパティシエが始めた店は
「町のケーキ屋さん」と呼ばれる小規模店舗ながら
熱狂的なファンも知る人ぞ知るスィーツの名店です。

伯父と友人のこだわりで
大都市への出店や物産店への参加は断っていましたが、
全国的に有名な大手パンメーカーから
スィーツ部門を作りたいので協力をという話が舞い込みます。

・通販をしない
・商品開発は友人の息子が一任

条件の下、コラボ企画を推進する事になり、
受様は店の代表として友人の息子と東京入りします。

実は先方の女性担当者に淡い恋心を抱いていた受様。
密かに公私共々のチャンスと燃えていましたが、
着いた早々、
件の担当者に寿退社する事を知らされ大ショック!!

その上、引継者として紹介されたのは
大学の同窓生にして受様が憧れた女性を妻にした男?!

彼が今回の攻様なので続きすが、
13年ぶりにあっても攻様は美形でそつがなく、
自信に満ち溢れているように見えます。
モテる男の最上級だと思った印象のまま。

受様は学生時代永田町の役人を目指す位
頭も良くてしっかり者でしたが、
生来の負けず嫌いが祟ってか女性に縁遠く、
モテる男である攻様は久しぶりに会っても永遠の敵!!
今度こそ逃げずに勝つ!と誓う受様ですが?!

手違いで攻様の家に同居したり、
企画そのものの見直しを迫られたりと
細々とした問題が次々と押し寄せてくる中、
今まで見えなかったお互いの長所に惹かれたり、
考え方や感じ方の違いですれ違ったりして山あり、谷あり。

仕事で部下をまとめる姿にやっぱりすごい奴だと思いつつ、
自宅マンションを片付けられない不器用な生活を見て
自分の想像と現実での違いで更に魅力的が増すという
まさに「ハマる」ループに一直線な受様と一緒に一喜一憂!

出来事としては大きな事件は無いのに
メンタル的にはジェットコースターな展開でハラハラ
最後まで楽しく読めました♪

二人の未来はもちろんですが、
本作ではコラボ企画はまだ初期段階を脱してもいないので
ぜひぜひ続きを書いて頂いて
どんなスィーツに仕上がるのかも知りたいで~す。

最後にチラチラ見えてきている友人の息子のパティシエ君と
攻様の部下との恋模様も気になるっ!

今回は同じく広報と製作者のカップリングで
秀香穂里さんの『くちびるに銀の弾丸』をお薦めします。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ