やましい からだ

やましい からだ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
38
評価数
15件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813051978

あらすじ

今日も元気いっぱいな高校生の義江は、同級生の三加和の父親が営む整体院に通っている。三加和は無口で無表情だけど女子に人気で、整体の勉強といっては女子を部屋に連れ込むと噂の男だ。そんな三加和を少し苦手に思っていた義江だが、ある日、三加和のマッサージを受けるハメに…! しかも、マッサージが始まった途端、「いじめたくなる」と言われて…!? ちょっとキケン♡ฺな青春ラブ!
出版社より

表題作やましい からだ

三加和・高校生・整体院の息子
義江・高校生

その他の収録作品

  • やましいことがあるときは
  • あまい日々
  • やましい昼下がり

評価・レビューする

レビュー投稿数11

受けの子がほどよい可愛らしさでいいですね

「骨盤の開いた女に興味ない」と言ってはビンタされて振られている三加和。
それをクラスメイトとして見ていた義江は、その彼の父親がやっている整骨院に通っている。痛いと評判のマッサージをしてもらっている義江が我慢して痛みに耐えている顔にゾクゾクしている三加和がかなり怪しいです。保健室では骨の見本にスリスリしていたり、変態ギリギリなんですが、きれいな顔とはっきりした性格が魅力的な三加和が初めての義江とのエッチで見たことのない顔をして、そんな顔もするんだーと喜んでいるシーンがあるのですが、二人の幸せオーラがヤバイです。

0

骨格フェチS×痛み強い隠れM

帯『恋は弱肉強食!?』

菊屋さんの初コミックス。
表題作連作に、年下攻の短編が1作収録されてます。

作中モノローグに「心より先に身体が反応した」とあるんですが確かにそんな感じの始まり方な恋愛。
三加和[攻]は思考が訳分からんけどとりあえずキャラ立ちはしてます。
お相手の義江[受]は生まれ付き痛みにやたら強い以外は至って単純明快なタイプ
整体院の息子で骨格フェチで根っからのS、ドSな三加和は最初こいつ訳分かんねーって思ったですが読んでる内にじわじわ来て2回読んだらなんか味が出てきました、変なヤツーー。
タイトル程はエロくはないです、整体やマッサージの痛みが快感に通じる感じとかはむしろ可愛い、いや可愛いっていうのは変だけどエロって雰囲気ではないです、もちっとぽやぽやしてる。
ただ三加和が本当い女好きなのかどうなのかがイマイチよく分からないまま終わりました。
しかし何故こんなに彼がモテるのかがちょっと読んでて謎。
凄い美形なのか?そこんとこの魅力がちと分かりにくかった。
表情豊かにぐるぐるする義江は可愛かった、あとデコ加減がよろしいです。

「あまい日々」
続き
店の息子年下攻。
従業員のパティシエ受で息子の甘味グルメっぷりと若さの押しの強さでサクッと読めました。

もうちょい何か欲しい気もするんですが初コミックとしては合格点クリアしてると思います。
発行時特典ペーパーは三加和と義江とのツーショット説明とちまっこい2人のイラスト付。

0

かわいい

表題作は、高校生同士の、かわいいドタバタラブです。
ちょっとMっけのある義江君と、かなりSっけのある三加和君。
お互い恋愛初心者なので、義江君はラブに対しての反応がちょっと鈍感でアワア
ワしています。
そして三加和君は、義江君のM具合をはかりかねてウロウロしています。
設定や、お話の展開はかわいくってよかった。
おメメクルリンなキャラクターもかわいい。
三加和の、企んでいるむっつり顔もなかなか萌。
エチシーンをお顔のアップだけで乗り切っちゃうのも、この絵柄だったら、アリでいいかも。

0

痛みに強い義江はMなのか?

男子って割と痛みに弱いですよね。
この主人公義江は痛みに強く、気持ちよささえ感じるのです。
といっても、整体の話。
しかし、いきつけの「みかわ整体院」の息子のマッサージは違う快感を引き出すようです。
絶対Sの三加和と、M疑惑の義江。

「CRAFT」で一部読んだので、この展開が気になり購入しましたが、この巻ではまだまだ三加和の引き寄せ&突き放し(飴とムチ)作戦と翻弄される義江の話でとどまっておりますので、一体どんな展開になるのかお楽しみはまだ先のようです。
愛情表現が「いじめたい」という骨マニアの三加和のキャラクターが大好きです。
あの目が高校生のくせにゾクっとさせます。
でも、義江は正常で決してMではないと思うのですよ。
義江の真っ直ぐな気持ちは三加和に届くのか?

どうしよう、やっぱり次も読んでしまうのかな?気になります。
あっと驚くおもしろい展開を期待して、辛口中立で。

2

アップだけなく全体の構図でエロを描いてほしい。

“やましいからだ”といいつつも
絡みのシーンは、部分のアップのコマばかりで
あまり全体的な構図もなく
“やましいからだ”を拝めなかったのが残念です。
そういうシーンの割合も少ないしねw

痛みに強い高校生がじつはMだったというお話ですが
攻めてるほうも、ビンタ食らうようなことばっかして
相当Mなんじゃね?と思いました。

それと「骨盤開いてる女に興味はない」というセリフは
経産婦には刺さるセリフなので勘弁してくださいw

1

痛みで感じる、やましいからだ

痛みで官能が刺激される子の話です。ただし精神的な痛みは苦手。あくまでフィジカルに感じたい子。はじめは自分の性質に無自覚な分、かえってインランな気がします。どこがインランかというと

整体でツボを強く押されて感じてる…
準備運動で前屈して気持ちよさそう…
ベロチューで舌を噛まれてぞくぞくしてる…

まあ最後のは違うかもしれませんが、確実に痛みで感じる性質です。前屈のときは「胸が押されて苦しいのと押される痛みが何か…」とハァハァしながら話しており、己の M 気質に気づきかけていてハラハラしました。好き好んで痛いことするんだからやっぱり……うあー

マッサージやエッチのシーンは、顔とか臀部とか足首とか特定部位がアップで描かれているので、ほかの部分が見えないんです。「この瞬間どういう表情しているんだろう?」などと、あられもない姿を想像しちゃいました。隠されると、そのぶん想像力たくましくなりますね。

攻は、黒髪・メガネ・Sっ気、の三拍子がそろっています。
最後のアレは絶対に痛い(笑)

どんぐりまなこの絵柄がかわいらしい! ジャケ買いです。
かわいくてインラン……ゴ続きクリ。

1

裏表紙と帯のイラストに騙された!w

タイトルと表紙の鬼畜っぽい眼鏡くんの流し目に惹かれ
更には、本の帯作品紹介っぽい漫画に惹かれて
ジャケ買いしたんですが。。。

エロくないじゃん!!

いや、エロくない事はないんですが
どちらかというとかわいい感じのキャラ絵と
帯の煽るような購買意欲をそそるような漫画のギャップを期待して
鼻息を荒くして買った自分が恥ずかしかったですw

鬼畜好きとしましては
三加和の骨格フェチぶりの割りに鬼畜度がもう一息!って感じで
しかも竹史くんの事を好きな気持ちが見えづらくて
もっと鬼畜度が高くて、竹史大好き度も高かったらよかったのに~
などと思いましたが
とりあえず、竹史くんがいちいち可愛くて
竹史くんの駄々もれな気持ちと
くるくる変わる表情だけでもキュンキュン出来たので
作品としての印象は萌え~な感じがちゃんと残りましたw

同時収録の「あまい日々」の方が
短いながらも、萌えポイントが詰まってたかも。

やましい期待をして衝動買いしたけど
想像とは別の方向で楽しませて頂きましたw

1

久々のジャケ買い

以前から表紙&裏表紙が気になってて今回この作家さん初購入してみました。
全体的な感想としては思った通りでそれ以上でもそれ以外なかったですね。
絵柄も雰囲気も描き方もイマドキ風(私基準)で結構好きなんですけど時々びっくりするくらいデッサンが狂ってる時とか、人物の見分けがつかない時とかがあってちょっとがっかりしましたね。

痛みに強い高校生・義江は効くけど痛いと評判の「みかわ整体院」に定期的に通っている。
そこの整体院の息子が同じクラスの三加和で無口なのに結構モテてしかし良く振られてもいる。
それでも整体の練習という名目で自宅に女の子を連れ込んでるという噂が絶えない男だ。
そんな三加和が気になって仕方ない義江。
ある日酷く足を痛めて、三加和に姫だっこで運ばれてマッサージされるのですが…

まあ言ってみれは結構お約束。特にびっくりする展開もないし、結局二人とも元々惹かれてたんだよね?という感じでしたね。
絵柄のせいか、ストーリー展開に微妙に無理があるせいか、私にはツボなはずのシーンに今ひとつ萌えなかった…。残念です。
SとMにこだわったストーリー展開は分かりやすかった続きんだけど、そのストーリーにはめ込んだ感があって、その分キャラの性格が掴みにくい感じにになってたのが惜しかったかな。
キャラの言動がしっくり来ないもんだから、乗れない感じ。割とタイプとしては三加和みたいな攻めは結構ツボなはずなのに、イマイチその魅力が出てこなかった。
そこのバランスが取れてたらもうちょつと違ったんじないかと思いました。

2

可愛い

とりあえず表紙買いした作品っ


可愛い絵だぁ~と思い読んで、お話も可愛いらしい作品です。


骨格?骨フェチ?Sな攻めに

我慢強いMの受けのお話で、

自分的には

「骨にやきもちか?」という三加和のセリフがお気に入りです。


骨に嫉妬っって ̄Д ̄υ

でも、可愛いっ

飴と鞭をものにしている三加和君が大好きです。
鞭のが多いのでないかぁと思いましたが、そこもまた良いっ

2

タイトルとのギャップが・・・

タイトルとあらすじを見ていろいろ妄想しちゃったあなた!
残念ながら私とお仲間ですね笑
でも中身は結構健全なかわいいお話です。
高校生カプでエロ描写はほとんどないですよ。
痛みに感じてる(?)ことが「やましい」なのかな?

痛みに強い義江は痛みを「気持ちいい」と感じてて、その表情がなんとも色っぽいです(*´ェ`*)
そんなMな義江君も精神的な痛みには弱いようです。ほっとかれてうるうるしちゃう、そんな表情もかわいかったのでドSの三加和をますます煽っちゃうんじゃないかと思いました。

「身体は正直だな」
よくあるセリフだけどやっぱり名言だと思う。

2

やましい?なやましい?

面白かった.。゚+.(・∀・)゚+.゚。
あんまり期待していなかっただけに収穫ですb

いつも元気いっぱいヤンチャボーイな義江くん。
知っている限りの人の中で自分は、いろいろな痛みに強い。
そんなだから、「腕はいいけど痛すぎて通えない!」と評判の整体にも通っていた。
その整体。じつは同級生の三加和くんの父親がやっている整体。
ある日、「マッサージ」してやると連れ込まれた部屋。
ちょっ・・・・おまっ・・・どこさわって!!?

モテるし、かっこいいのにちょっとオカシな子。
それが三加和くんでして、ヤンチャで元気な義江くんといい感じにバランスとっていたんじゃないでしょうか。
いや、ちょっと三加和くんはやりすぎな感じもしましたが(笑
痛みの中に生まれる快楽。
痛いんだけど気持ちいい・・・wwっていう顔がたまらなくそそります。
三加和くんじゃないが犯したくなr・・( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン
「お前はMなんだろう」と願っても無い行動に出てみたり(Mじゃないのに)。
「飴と鞭も難しい」と頼んでも無い行動にでてみたり(Mじゃないのに×2回目)
それが逆に、続き義江くんの気持ちを目覚めさせていくというつくりが非常に上手い。
日常的な部分だからこそちょっと良かったかな。
三加和くんは早く人間になればいい(ぇ

後半
パティシエと~なお話。
年下攻めの押せ押せ~な流れです。
キャラクターたちがものすごく可愛い。絵柄がいい!
小学生のときの一目ぼれが高校生になっても続いててというのが一途健気で良いですね。
今回初コミックスということなので、今後が楽しみな作家さんが一人ふえましたw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ