コイビト恋人変人

koinito koibito henjin

コイビト恋人変人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
11
得点
58
評価数
19件
平均
3.3 / 5
神率
15.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012009

あらすじ

そこいらではちょっと有名なヤンキー校、白鳳高校2年のナツはケンカ大好きなアイドル顔、でもってかなり頭が悪いヤンキーとして知られている。そんなナツがいつも一緒にいるのは、学校で一番ケンカが強くてドSの瀬名京介だ。でも、気づくとなんでかのっかられてて、やられちゃってた!? これってなんで? エッチもケンカも力の限り!!
ヤンキーたちの明るくおバカなスクールライフ&課外活動
出版社より

表題作コイビト恋人変人

学校を牛耳る実力者 瀬名京介
ケンカ大好き、アホでどこが悪い 北沢夏

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

ちょっと読みづらかった

全編コテコテの関西弁の一人称で進みます。これを楽しいと取るか読みづらいと取るかで評価が分かれそう。

聞き慣れた関西弁で脳内再生しながら読みました。音声だったら楽しかろうと思ったものの、小説としてはちょっと読みづらかったです。読みづらいというか…読むことにパワーを使ってしまいお話を楽しむ余裕がありませんでした。

あと、なんか…こんなに沢山キャラクターが要るかな?と疑問に感じてしまいました。複数カップルのお話かと思いきや終わってみれば京介とナツが悪友から恋人になるまでのお話なので、もっと二人のことを掘り下げても良かったんじゃないかなーと。

BLらしさはそこまでありませんが、コメディーとしては面白かったと思います。

0

愛すべきヤンキーたち♡♡

思ったことをパラパラ書きます‼
ってか、ばらばら?読みにくいと思われますが、お許しを。

一個目ーーーー‼
めっちゃサラサラ読める。基本が関西弁の一人称で読みやすい‼
関西弁ちょっと濃すぎるっていうレビューもありましたが、
うちの地元はこんくらいです。(←びびるほど田舎)
二個目ーーーー‼
受けが感じない………‼めっちゃ衝撃やったんですけど。
BLってどんだけ嫌がってても、感じちゃう~、みたいなの多いし、
鶏もそういうシーン好きなんですが、この作品まさかの感じない……‼
けっこうな回数ヤッてても、攻めとなんだかんだいい感じになっても
ベッドでは痛いだけっていう………。(ノД`)・゜・。
最終、クスリ使ってヤッたときはキモチよさげでしたが。クスリ…。
三個目ーーーー‼
京介、お前。自意識過剰すぎやから。あ、攻めさんです。
京介サイドで一人称のときの京介の自信にびびりましたよ……。
ナツ(←受け)が京介のこと好きになったからいいものの
あんなんキモいストーカーとも言えるで……⁉
四個目ーーーー‼
モヤシメガネの出てくる意味………。
最終あの子どうな続きったんやろ?まぁチュー見せられて退散したんかな。

ってまぁ散々突っ込んどいてアレなんですけど、オススメです(*'▽')
上の突っ込みたちは直してほしいわけちゃうんです!
突っ込みたくなっただけで。そこがあるからこそおもろいというか。
愛ゆえの突っ込みというか。テヘ(=゚ω゚)ノ

一人称やからかなぁ、ふたりともめっちゃかわいい♡
出てくる人たちに愛着がわくと言いますか。
魅力ある登場人物的な………。
京介はナツめっちゃ好きやし、ナツはとりあえずアホやし♡
現実におったら友だちなりたいなぁ、って感じです。あ、ヤンキーやった…。

とりあえず読んでみたらいいと思います(=゚ω゚)ノ

0

こんな書き方あるんだ?!

何て読みやすい、、、。
主人公がただひたすらしゃべってる、まるでナツにあんなぁなこんなことになってんねん!おかしいやろ?!と話しかけられてる感覚になる本でした。
絵師様買いだったので当たった感満載です(=゚ω゚)ノ


顔はいいけどおバカなヤンキーナツと番長の京介のなんともドタバタなお付き合いするまでのお話です。
京介目線のナツは可愛いです。
ナツ目線の京介はひどいやつです(笑)おどかすふりでナツにいたずらしたら本気になってえっちされちゃいます。
強姦だから_| ̄|○
お前俺好きやろ。言われて え?おれ京介好きなん?って悩みます。
ばかすぎー(笑)可愛すぎー(笑)そして悩んでる間にやられます(笑)

モヤシメガネが当て馬になるかと思いきやめっちゃ脇役でいなくていい存在だったことが驚きでした。
透カプのお話か続編あるかと思いきやなんと!これ一冊のみ_| ̄|○
鳥丸さんもう書かれてないのかな?
またナツに会いたい〜。

大変面白かったです。

1

意外と…

軽いものをさらっと読みたくなり、『不良』『アホ』と奈良さんの画に釣られて購入。
関西弁アホの子は可愛いです!

もっと適当な感じを予想・期待していたのですが、付き合うとか思いの外しっかりとした関係性まで持っていかれて拍子抜けでした(笑
できれば第三者視点(モヤシメガネが良いキャラw)でもっとぐだぐだと、『好き…?』くらいで終わらせて欲しかったかも。
で、その分ハルちゃんと透の話が読みたかったです。後ろ半分はこのCPだろうと、最後まで信じてたのに…!

あまり萌えとかは無かったですが、それなりに楽しむことができました。

2

ヤンキー率高し!

いやー、面白かったです。
話の構成もちと変わっていて、それぞれのキャラに視点がどんどんと入れ替わります。
その切り替えの良さと、関西弁のテンポの良さでサクサク読めちゃいました。
ナツ〔受〕は顔はいいけど喧嘩も強い、喧嘩っぱやくてちょっとアホ、しかしそこが可愛いのだ。
そんなナツのお相手は同じくヤンキーで喧嘩も強いよ!な京介。

恋愛には直接関わってはこなくてまさに脇なんだけど(当て馬にさえならない……)毎回、ナツにかつあげされてる所を助けられるモヤシ眼鏡くんが好みでした。
彼にヤンキーが惚れてくれたらとか思って読んでたんですが最後までモヤシ眼鏡でしたね。

関西弁ならではのテンポの良さだったと思います。
あと視点がどんどん変わるので自分的にはそこがむしろ読みやすかったです。

2

おかしい~

すごく面白かったです。今まで読んだBL小説で一番面白かったかも。
ずっと笑いが絶えなかったです。
私は大阪人なので、関西弁で一人称というのはリズムよく読めました。
ツッコミ満載でずっとお笑い番組見ているようでしたね。
ただ、関西弁を話さない読者の方にはちょっと読みにくいかも。結構コテコテなので。

超オレ様の京介が「オレのこと好きやろ?」とナツを襲ってしまうんですが、ナツは「ええ?そうなん?」って感じでほだされてるアホさがもう・・・おかしい。
読んでいくと、これって京介の方がナツを好きなんちゃうん?ナツは「好き」って一言も言ってへんねんけど・・・(いや、好きなんですけどね)。っていう所が私は萌えました。

あとこのお話の番外編が大洋図書のHPのb's-gardenで読めます(2011年6月30日現在)

6

おもしろいけど

話しの流れ的にはテンポも良く読み易いのですが…
大阪人の私としてはかなり私的なことですが、関西弁がこてこてすぎて吹きました。
今時の子はこんなにこてこての関西弁使わないだろう…!
読みつつこんな言い方はせんやろ!と1人でツッコんでしまいました。

一人称で書かれている小説はめったに読まないので新鮮で良かったです。
いつもハードな感じの小説を読んでらっしゃる方は気分転換によろしいんではないでしょうか…?
逆にいつもハードな感じのものを読んでいるので物足りない所は正直あるかもしれません。
文章の作り等が少し物足りない感じです><
あとエロさも…
個人的にですが奈良さんのイラストがなければちょっともたないなって感じです。
でも普段の2人がとても可愛いので許せます!
もっと京介もナツに優しくしてあげたらいいのに!とか思いつつニヤニヤ…
そしてサブキャラが濃い!
ハルちゃんと透もですがラーメン屋のおっちゃん、モヤシメガネなどなど…
番外編で是非ハルちゃんと透のお話しを書いていただきたいです。

2

(*`Д')凸本屋でメンチきってきやがった本凸(`Д´*)

真っ赤な表紙に、みるからにガラの悪い高校生ふたりの表紙☆
奈良千春さんの描く表紙がギラギラとメンチきってきやがって!
かっ…(lll゚Д゚)…買います!いえ、むしろ買わせてくださいっ!!
と、心の中でつぶやきながらレジまで行きましたw

ちょっとビーバップハイスクール的な?
ヤンキー高のお話です。

攻めは、黒髪ドSで二年のくせして学校を仕切るヤンキーのキング。
受けは、金髪アイドル顔だけどサドでマゾで危ない喧嘩ジャンキー。

ふたりともめちゃくちゃ喧嘩が強くて男前
BL小説にありがちな乙女語りなモノローグなんか一切なしっ!
終始、関西弁の一人称語り。
小説を読むというよりも、バイト先とかで知り合った
年下の男の子の話を延々聞いてるような感覚に近い。
こんなことがあって、こんなことがあって!と、自分の近況を
取りとめもなく話されてるような気分になります。
しょーもないなぁとか思いつつニヤニヤv

進学高に通う“モヤシメガネ”
ラーメン屋“愛のおやじ”
“ハルちゃん”と“透”
京介の“おとん”と“おかん”と“弟たち”
中の挿絵ではあんまりで続きてこない彼らは
じつは中扉で、一挙に拝めるのに読後気付いたw
とくに京介をちっこくしたような顔の次男ーっ!
ランドセルしょってるじゃないのさっv
かーわーいーいーっ!
自分ショタっ気は、ぜんぜんないけどすごく萌えましたv
おとんの顔は、自転車に轢かれたあとだしっwww
これ最初にある挿絵だけども全部読んでから
もっかいこの中扉の絵を見ると2倍楽しいかもしれないっ!!!

文章は、長いモノローグ読みが苦手な人にも
とっつきやすいし、とにかくおもしろいっ☆
ただ、エロさとか萌えは
正直・・・挿絵の奈良千春さん頼みの部分はあったかもしれない。
巻頭のカラーとかvチラっと見える三日月もすごく素敵だし
枕元の「ヤンキーパンチ」の内容もすげぇ気になって仕方ないwww

タイトルどーり
コイビトで、恋人で、変人な彼らのボコボコぶん殴り青春ストーリーv

1

斬新的な一人称の、ヤンキー高校生のお話。

ヤンキー高校生同士のお話です。

関西弁の一人称で書かれているのですが、各章ごとにキャラが違うのでそこにびっくりしました!
そして、この一人称もその語っているキャラの感情がかなり書き込まれているので、すごく面白いです!!!
かなり斬新的な表現だと思います!!
ただ、そのためなのか最初のうちはちょっと読みにくかったです(汗
でも、慣れてきてしまえば、それはそれでこの作品の魅力的な点のひとつになりますね~!

ナツ(受)は、ケンカ大好きなサドでマゾで、バカ。というか本能のままに生きているようなキャラ。
もう、そう説明するしかないですwww
キャラの作り方や書き方によってはこのキャラはけっこうキツいかもしれないんだけど、一人称で書かれているためナツが考えていることが丸わかりw
ここまで本能のままに生きていることが分かると、「しょうがないか」という域を通り越して「可愛い」ですv
お相手となる京介(攻)は、とにかく強引で優しさの足りないドS。
読んでて思ったのが、「この人も結構バカなんじゃないか、ナツに対してww」←ここポイント
まず、話が「ナツはオレのことが好きにき続きまってる。だから分からせてやる」って感じで始まるわけですから、「どんだけ自信家なんだww」そして「それって、どーにかしたいくらい自分もナツが好きだよね?w照れ隠しですか?ww」って思わずツッコミを入れたくなりましたw
お互いとも自分の気持ちが分かってるんだか分かってないんだか、どうしたいんだかどうしたくないんだか……って感じで話が進んでくのですが、ケンカが起こるは、ヤっちゃうはでどんどん話が展開され、テンポがいいので面白く読めます。
これが普通……というかよくあるような設定の高校生ものだったら、「もう、いいかげんにしろ!!」とか怒りたくなるんだろうけどw
また、彼らの周りも皆さんいいキャラしていて、彼ら二人の関係にさりげなくスパイスを入れてる感じです♪
個人的には、その場の流れでナツに助けられたことによってナツに惚れて(?)しまったモヤシメガネが、自分に素直で純粋すぎていいキャラだなぁ、と!

エロ度はまあ高くもなく低くもなくと言った感じでしょうか。
とにかくケンカしてる印象が強すぎてwww
エロはどれも「闘ってる」って感じがして、それがまた萌えv
そして、最後にはちゃんとお互い自覚してヤってるので、良かった。
どだばた話が進んでったけど、丸くおさまって本当によかったよ!!

1

お・も・し・ろ・い!

こんな面白いBL小説は初めて読んだかも!
読みながら、クスクス笑いが止まりませんでした。
関西弁がいい味出してます。心の中のツッコミが楽しい!
登場人物の一人称で綴られるお話なので、全編関西弁です。それが可愛い!可愛くて面白いです。

作品の内容はというと、バリバリのヤンキー高校として有名な白鳳高校に通う京介とナツがメインのお話で、白鳳を牛耳る(?)最強のヤンキー京介と、単なる喧嘩馬鹿なナツが、喧嘩の合間に心を近づけて行く様子が描かれています。
主に2人の視点から語られているのですが、たまに進学校に通う「モヤシメガネ」視点の章があったりして、それがうまくアクセントになっていて、とても面白いです♪

京介はとにかく強くてカッコいい。最初の章では、中間管理職のボヤキみたいなこと言ってて可愛いです。それが、ナツ視点で見ると、何考えてるか分からない怖い男に見えるのが面白い。
ナツは、金髪腰パンのチャラい外見をした美形ヤンキー(byモヤシメガネ)ですが、純粋に喧嘩が好きなだけの単細胞系です。その無邪気さが愛らしい。頭の中身は子供なので、なかなか京介への気持を自覚しません。一人称続きなのにそれなので、すごく焦れったい!

この2人の同級生にハルちゃんと透という幼馴染みカップルがいるのですが、こっちがイイんですよねぇ!
京介ばりに身体は大きいけど穏やかなハルちゃんと、学校一男前な透。
透は、黒髪を真ん中で分けた王子様みたいな外見の男の子ですが、近隣高校に名前の知れたバリバリヤンキーなのです。容赦なく相手にとどめを刺す一方で、ハルちゃんにはベタベタ!!このギャップに萌えた!!
正直、(裏)表紙を見た時からこっちのカップルが気になっていたのですが、思いのほか登場回数が少なくて、それが欲求不満です~~!こっちの2人のお話メインで続きを切に望む!2人の馴初めが超気になります!

京介とナツの話に戻りますが、なかなか気持がくっつかない二人の起爆剤になる先輩の話のくだりは、ちょっとイタい感じだったなー。あ、BLなのに、コメディなのに、それやっちゃうんだ!?みたいな。
でも、それだからこそ、ようやくお馬鹿さんのナツも素直になれたっていう展開になるんだけど・・・

全体的な感想として、一人称だからこそ、2人の心の中のすれ違いっぷりが読者に分かりやすくなっていて、その辺が笑えた要因かなと思います。逆に、客観的視点がモヤシメガネの章しかないので、主役2人のイチャイチャぶりを堪能するには少し物足りないかもしれません。
とにかく殴り合いばかりで痛そうなのと、Hはしてるけど全然甘くないので、そういうのが苦手な人はダメかもしれませんが、私的には大おススメ作品です。
正直「萌え」という感じとは違うんですが、私の中ではかなりの高評価です♪

4

ともじ

ほ、ほんとですか!かにゃこさん!!
嬉しいです~
レビューした甲斐があるってもんです♪

この内容に奈良さんが挿絵?!っていう意外性もまた良し^^ですよねv

なぜかおもしろい

おかしなタイトル、奈良氏のイラスト、中をパラパラしたら関西弁、つい手を出してしまいました。学生とかヤンキーとかあんまり興味が無いのに・・・でも、おもしろかった。

各章が登場人物誰かしらの一人称になっていて、斬新な仕立てです。主に受けのナツ目線、攻めの京介目線で語られますが、どういうわけかモヤシメガネ目線の章もあります。

何のことは無い、ケンカに明け暮れる同じ高校のヤンキー仲間が、なんだかんだで恋人になっていくまでのお話です。
あれこれエピソードはあるものの、何かにつけケンカしているという・・・
お互いを分かり合うのもケンカという・・・お前ら幼稚園児か?っていうくらい・・・なんですが、なんか憎めない面白さがあります。

結局主人公二人は親友からコイビトへ変化していくわけですが、
他にナツを英雄視している“モヤシメガネ”くん(かわいそうなことに、名前も出てこない)、
もう一カップルのハルちゃん×透(こっちのカップルのお話も読みたいな)、
京介の家族、京介の先輩と一癖も二癖もある人たちが絡むことによって、ちょっと奥行きが出たと思います。
難点を言わせていただければ続き、クスリを盛られるお話は要らなかったんじゃないかと・・・スレちゃいるけど純情な高校生なんだから、クスリは勘弁してほしいなと思いました。愛があればクスリが無くてもエッチは出来るでしょう?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ