PLEASE-プリーズ-(新装版)

please

PLEASE-プリーズ-(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
18
評価数
4件
平均
4.5 / 5
神率
75%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784862636232

あらすじ

売り専バーで男娼として働く涼一は、自分を買ってくれた物静かで無愛想な男・佐倉と半同棲を始めることに。でも、好きだと言われるわけでもなく、ただ抱き合い一緒に過ごす日々は、佐倉に惹かれてしまった涼一にとってつらいもので…。さらに佐倉の昔の男が現れ!? 宮本佳野ビーボーイ初作品が新装版で登場! ミニ4コマ付き☆
出版社より

表題作PLEASE-プリーズ-(新装版)

高校教師・佐倉慎司 27才
フリーター・須藤諒一 21才

その他の収録作品

  • PLEASE 雨
  • カム・インサイド
  • プレイ・ウィズ・ミー
  • ドリームスケープ
  • SILLY CONTACT
  • SLEEPLESS
  • breathless

評価・レビューする

レビュー投稿数3

売春ものですが

お金のために体を売る涼一と、それを買う高校教師佐倉のお話。
宮本さんの作品は売春がテーマになってるものがわりと多いのですが、涼一は影のある売りボーイというわけでなく、泣く泣く売春しているわけでもなければ性格も明るくて前向き。

こういう話だと体を売るほうの事情とか内面にスポットを当てるのがセオリーな気がしますが、これは買う側の佐倉がゲイであることによる生活面などに焦点があてられています。

この攻めキャラ、俺様なのにちょっと優柔不断でというか・・・涼一とつかず離れずで涼一が俺たち恋人なの?違うの?と怒鳴りたくなる気持ちも分かります。
こうやって自分勝手で優柔不断で、大事なものを何も選び取れてこれなかったんじゃないかと涼一は言います。

佐倉が自分の未来を選びとっていくお話なのですが、ちょっとこんなにページを使うにはダラダラしている印象もあって、も少しギュッとしたほうが楽しめたかな?
大きな展開がなくて淡々と続いているような印象を受けました。(それもこの作者さんの特徴である気もするんですが)

最後には事件がおきますが、それもちょっと物足りなかったかも。涼一がしっか続きりしすぎているというのもあるのですが^^; 逆に佐倉がやっぱり頼りない感じがします。弱弱しいというキャラではないんですが。
なので2人のバランスは取れているのかもしれないですね。

よくあるようなウリ系の暗いめのお話ではないので、売春系はあんまり好きじゃない!て方にもそこまで地雷じゃないようなお話だと思います。

1

ゲイのカムアウトが素敵すぎる!

宮本佳野にどハマりしてたときに、神とあがめていた作品。。+゚*(w´∀`w)*゚+。
あがめてたのは旧版だけど…結局新装版も買ってしまった…。

なぜそんなにハマれたのか。
その魅力はズバリ!『女子』がいたから!!!

女子高の教師と売り専バーの男娼くんのカップルなんですが、
攻の先生に恋心を抱く女子生徒が、むりやり先生に迫った際に他の教師にみつかり、校長室で事情説明をするということになってしまうんですね。
女生徒はプライドがありますから「先生にやられました。私たち付き合ってるんです」と嘘の証言をします。
で、どうにも言い逃れできそうにない状況になり、仕方なく自分はゲイで彼氏もいるととカムアウトするんですが…

ゲイのカムアウトってなんであんなにトキメクのでしょう…???(*゚Д゚*)

純愛見せつけられたぜ~~~!!みたいな。
そんだけ男娼くんのことが好きなんだね!!!わかったよ!!!みたいな:。(〃ω〃)゚.+:

そういう展開のキーマンになるのはやっぱり『女子』なんですよね~!
上手に女子を使いこなしている作品は少ないので、なおさらグッときます。続き

結局、先生は教師を辞め、男娼君といっしょに地方で薄給ながら考古学研究に没頭するというオチも好きでした。

社会的地位を失うリスクをともなってでもカムアウトするという愛の深さこそBLの醍醐味だと思った名作です。(´ω`*)

《個人的 好感度》
★★★★★ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★★★ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

1

私はいったい

どれだけ宮本佳野につっこんだのだろうか、、、
と、
思わず遠い目になりつつ、結局買ってしまった新装版。

今回の新装版で新たに書き下ろされたのは、オマケ4コマが2本。
他は、旧版の「PLEASE]や「メイクミーハッピー」から再編集とのことなので、そのウリ旧版と照らし合わせてみようかな。

宮本作品としては、適度な長さに纏まった、糖度高めの短編連作。
涼一が明るくポジティブに振る舞っているし、佐倉はあんまり感情ないしで、妙にあっけらかんとしたバカップルに収まってる。

この位の長さで、この位の軽さだと、これはドラマCD向き、といつものクセで思ってしまう。
夢のキャスティングは
佐倉は鳥さんかコニタン、木内さんもいいな、で、涼一がわちゃ、涼一にちょっかい出すリクがマモでぇ、佐倉の元彼はタイテム?坪井さん?
マモちゃん、ガッツリ絡まなくてもイイから、こっちのお仕事してくれないかなぁ、、、
さらに、ミユ君もこっちに来て欲しいなぁ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ