その肌を味わわせろ

月の砂漠で抱きしめて

tsuikiyo no sabaku de dakishimete

月の砂漠で抱きしめて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781601892

あらすじ

商談先で聞いてはならない会話を耳にしたことにより命を狙われる優司。敵なのか味方なのか…異国の血を引くアレクセイに助けられたのはいいが、命の保障と引き換えに求められたのは優司の身体だった…。アレクセイの愛撫に身体は堕ちても心まではと殻に閉じこもる優司だったが、彼を慕う人々に触れ…彼の過去が心の傷となっていることを知り、戸惑いながらも次第に…。エキゾチック監禁愛★書き下ろし
出版社より

表題作月の砂漠で抱きしめて

ロシア人とアラブ人のハーフ アレクセイ 26
商談でロシアへ来た営業マン 酒井優司 27

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

デビュー作ということで。

あとがき読んで、んー大変だなあ・・・おめでとうございます。
と言いたくなりました(´▽`)
やっぱ念願叶ってのデビュー作というものは、なんとも言えない思いがありますよね・・・

お話はよくわかりやすく、結構王道の流れだったんですが読み切れました。

ただ、主人公は死んだことになっていて、両親も涙の帰国・・・
なのに結局円満に結ばれて、家に帰らずにそばにいるってのはちょっと・・・
うーん、せめて家族には言おうよ。っていう変な良識が働いてしまいました(;´∀`)
なんとなーく、主人公も攻め王子も、
自己中というか自分たちしか見え無さすぎていて・・・
いい年なんだからもうちょっと考えよう?盛り上がってるとこ悪いけど・・・
ってなることが多々ありました。

これからが期待の作家さんですね。

0

後半おもしろくなりました。

アラブものですね。
タイトル通りに。
表紙イラストもそうですが。

でも、最初のうちはちょっと違和感ありました。
というのも、攻の方がロシアとサウジのハーフで名前とかもロシア系だったので、どうにもロシア人的な印象が強かったんですよね。
アラブなのにロシア人かよ…みたいな。
舞台も最初はモスクワでしたし。
そこからサウジの個人の城に軟禁されてって感じではあったのですが。
それほど王道アラブっぽくないというか、そこまで俺様な感じが感じられなくて。
口調は不遜になったし、扱いも抱き人形的なところはあったのですが、それほど卑劣な扱いをしている印象が持てなかったからかな。
いや、乳首ピアスとかしてますが。
なんだろう。
それほど無理矢理感を感じさせないというか…。
かといって感情があるようにも見えなかったりするのですが。
それでも、ホントは優しい部分があるのはいろいろ漏れてました。
それに比べると受が「えー、今まで気付かなかったのー!?」とか思う部分もあったりで。
感情面で自覚してからは、わりとピュア路線というか…。
陰謀とか関わってくるあたりがアラブっぽくて続き、前半はちょっと…な部分もあったのですが、後半、攻が毒にやられたあたりから面白くなってきました。
あれだけ誰も彼も拒絶するのに、受のことだけは必要としてて。
孤独の中で生きてきた人なんだなーと。
アラブものの強引傲慢な攻にいつの間にか絆されて…みたいな感じじゃなくて、そんな中に隠れている弱い部分・孤独な部分がせつなくて引き寄せられて、みたいな感じ。
もちろん、それ以前に最初の段階で既に一目惚れ的な要素もあったんですが。
最後のえちシーンは「じゃ、自分で確かめてみる?」的に攻が受を誘導してるシーンが好きです(笑)

0

乳首にピアス 痛い!

途中から自分が予想していない展開になったので、ちょっと満たされない気持ちになりました。前半のエッチはエロエロだったので、もっと、ずーっと卑猥なシーンが続くのかと思いきや、途中から純愛に変わって、美しい物語になりました。

受けの優司は語学堪能な営業マンです。日本語・英語・ロシア語 ペラペラ。アラビア語も単語なら聞きとれます。彼は運悪く、テロ組織の秘密を知ってしまい、それを助けてくれたのが攻めのアレクセイでした。

でもこの攻め、助けるって言いながら、それには条件を出してきて、受けの体を欲しがります。そして、受けはアッサリと体を差し出します。この受けは元はノンケで彼女もいたという設定ですが、命と引き換えじゃあ仕方なしですね。まぁ、自分だったらと考えてみても、命と引き換えなら、もちろんOKしますよ! 脂ぎったオッサンならともかく、金髪の超イケメン金持ちですし! 攻めは受けを実家のあるアラブに連れて行きます。

こうして受けは命拾い、めでたしです♪ が、テロ組織から狙われている身なので、容易に日本に帰ることは出来ません。助けた側の攻めも、テロ組織からは救っても、自分の元を去られる続きのは嫌なので帰そうとしません。

そこで出てきたのが乳首ピアス!!!
攻めのアレクセイは、発信機を仕込んだピアスを受けの左乳首にぶっ刺します!

足枷手械などはよくあるけど、乳首にピアスって、
それは愛じゃなくてプレイですよね。どうせなら両側にしてあげてよ!と思いました。

しっかし、この乳首ピアスシーンで何が一番萌えたかっていったら、抵抗する受けを押さえつけてるのが、まだ子供みたいなナリの従者なんですよ。アラブものによくある、攻めが用意した受け専用の使用人です。この人物が、受けのことを押さえつけて、攻めのアレクセイがピアスを刺すんです。いや~興奮!

こんなとこばかりを記憶して、その後の純愛をあまり楽しめない私って…なんだかなぁ~と思いましたが、まぁなかなか面白かったです。


2

気がつけば一気読み

とても読みやすい文章で、話のテンポも良く、気がつけば最後まで読み切っていました。
丁寧というのか、誤解を与えない感じの文章が心地よかったです。

ストーリーとしては、いたってアラブものの王道で、監禁凌辱そののちほだされてハッピーエンドというものです。
ですが、花嫁あつかいされたり、女の代用にされる設定ではありません。
優司はアレクセイの夜の相手として監禁されますが、どこまでも普通の青年なんです。またそれが素直というのか、健康な精神というのか、まっすぐな性格で……かわいいです。年齢のわりに幼いとも言うかもしれません。

ただこの話、一見ハッピーエンドのように見えて、一番大きな問題は解決していません。
優司はテロリストに追われたままです。しかも、世間ではテロに巻き込まれて死んだことになっています。このまま一生砂漠の真ん中の城で隠れて暮らすんでしょうか。それも無理があると思うのですが。
もしかして、次作へ続く伏線でしょうか。
そうですね、続きがあるなら読みたいです。どう見ても形勢逆転、精神的に強い優司と、優司にメロメロになったアレクセイの話を。イラストレーターの方の後書き続きが非常に的を得ていてウケました。

この方の他の小説を読もうと思うくらいには面白かったです。
そうしたら、これが処女作なんですね。次に出る本にも期待します。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ