先生が紡ぐ、愛のコトバ 英語教師・クレイ×謎めいた医師・冬雪、愛の軌跡。

西町診療所の秘密~完全版~

西町診療所の秘密~完全版~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
15
評価数
8件
平均
2.5 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
小説
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥743(税抜)  ¥802(税込)
ISBN
9784862526021

あらすじ

「あなたの抱えているもの全て───私が一生守っていきたい」
英語教師・クレイがとある診療所で出会ったのは、謎めいた美しい医師・冬雪。 彼の秘密を垣間みてしまったクレイは、冬雪のいたむきな生き方に惹かれていくが…。 大量描き下ろしを加え完全復刻。

その後の二人のLove Life大量描き下ろし&藤生先生のスペシャルゲスト寄稿も収録

出版社より

表題作西町診療所の秘密~完全版~

ハーフの小学高教師・クレイ
ある秘密をもつ医師・冬雪

その他の収録作品

  • 西町診療所の秘密 番外編
  • あとがき
  • 高久先生と私。~完全版~

評価・レビューする

レビュー投稿数6

小説をよんでいるような情景

タイトルの通り、秘密がある
診療所。その秘密がなんとも
想像を超えてました

忘れたい記憶、忘れていた記憶
忘れたくない記憶、思い出したい記憶、思い出せない記憶、
記憶って正解がないのに
確実なものとして
存在するときもあって
不思議なものですが

それをテーマの一つに選ばれたことが興味深いなと感じました。

ラブのお話ではあるのですが
記憶ということに気持ちが入ってしまい
BLとしてはあまりキュンとしませんでした

作品としてはぐっときました。

0

しっとり系のストーリー!

もう10年以上も前の作品です。
それを、今から約4年前に完全復刻された作品です。

中学英語教師のクレイ × 記憶を消す力を持つ医者の冬雪。

冬雪は、陰陽師のエリート一族のに生まれたものの、能力をそなわなかった落ちこぼれ(本人がそう思っています)
両親や兄達からいつも蚊帳の外にされ、役に立てない自分を悔しく思い、兄達を見返すためにも、医師になった…
意外と根性の据わったタイプ。

そして、ある日突然、記憶を消す能力が開花され…⁉

クヘイは、中学の保健医から用事を頼まれ病院にやってきます。
成り行きで、夏休みの間、冬雪の病院の仕事を手伝う事になります。

そして、クレイに秘密を知られ…
本当に記憶を消す事が正しい事なのか?
もし間違った事なら、自分は役立たずか?
と悩む冬雪!
また、自分はいらない人間になってしまうのか悩まされます。

記憶の為に、傷をおった人達の記憶を消し、微笑む患者さん…
それで幸せな人生を再出発できるなら、その事が、自分の存在意義なのかもと思っていた冬雪。
でも、クレイは、一時しのぎで逃げてるだけで、解決になっていない続きと言われます。

クレイも、子供時代、母親に虐待される辛い過去を経験しているから言えたんです。

良い事か間違いか…
クレイと冬雪の考え方は違いました。
冬雪は、クレイに嫌われたくない気持ちから、力を封印しようとしますけど、嫉妬心もあって…⁉
再び治療をしてしまいます。

でもクレイは責めたりはしません。
逆に、自分とは相反する考をもって悩む冬雪も、深く愛し、一生守っていこうと思ってくれています。

そして、冬雪も困っている人がいて、自分の助けを必要とするのであれば、またその力を使ってしまうんだろうなあ…
そんな感じのお話でした。

まさか、こんなファンタジー要素の強い作品だとは想像していなかったので、驚きでした。

高久先生=白衣と聞くと、他の作品の影響でエロを想像してしまうんですけど…エロはライトだったのは、少し残念でした。

若かりし頃の作品なので、全体的に少し幼稚な雰囲気は漂っているかなあ〜と。

それでも、冬雪を、懐の広いクレイが包み込んでくれようとする姿が、じんわり、ほのぼのした雰囲気で読める所は良かったです。
優しい気持ちになる作品でした。

0

ちょっと

萌えましたが、萌評価にするほどの萌えではなかったように思います。
(なんだか偉そうですみません)
BLファンタジーの世界にはと~っても慣れていますが、
普通の医療モノだと思って読み始めたので、
記憶操作ってのがちょっと萌え感抑えられてしまいました。

クレイが包容力もあり、個人的に好きなキャラなのですが、
冬雪がなんとも男らしさに欠ける性格で、ウジウジ君なのが残念。
クレイと接するうちにもっと明るい性格になってくれれば良かったんですが...
話の最初の頃は言葉遣いも態度も結構男らしくて好きだったんですけどね。

高久さんがまだ学生時代の古いマンガですが、
顔から上はしっかり高久さんですね~
首から下の絵がかなり雑なんですが、学生さんなんで忙しかったんでしょう♪

0

悪くはないけど

2002年の作品の再録版。
人の記憶が消せる力を持った医師の冬雪と彼の手伝いをすることになった英語教師・クレイのお話。

あー、そういえば高久さん昔はこんなペンタッチでしたねぇ。

寂しい過去を持つ冬雪と、記憶の操作は是か非かという問題。
そんな彼を包み込むようなクレイの存在。
せつなくて温かいお話しなのですが、なぜか私の心がふるえなかった・・・
冬雪がネガティブ過ぎる気がするのです。
記憶操作のお話もちょっと中途半端な感じがするし、クレイが英語教師という設定も生かしきれていない気がして・・・ごめんなさい。

0

10年以上も前の作品とは!

人の記憶を消したり蘇らせたりすることのできる医師 冬雪(ふゆき)と、
ハーフの英語教師 クレイのお話。
読む前、ファンタジーとは思わなかったので、ちょっと驚きでした。
表紙の色がメタリックっぽいんで、もっと現代的なの想像してました。

だけど、これはこれですごく好きな雰囲気。冬雪が働く病院、西町診療所がステキ。
例えるなら、なんかちょっと、ジブリっぽいかな・・・
廃屋のように古くて、緑に囲まれてて、なぜか洋風な建物。
ノスタルジーです。

お話は、読んでいくと、結構切ない場面もあるんですけど、
正直そこはあまり感情移入しませんでした。
良くも悪くもホワホワした感じがして、
これは「西町診療所」という異空間で起こった出来事ですよ~みたいな、
御伽噺を読んでいる感覚ですかね。

“萌え”の面では、一番萌えたシーンは二人の初チューです。
それ以降も、クレイ優しいな~、頼れるな~、というクレイ萌えが私にとっては9割。
冬雪は、特殊能力あるという設定や、キャラが不安定なところで、あまり人間味が無いように感じたので、萌えませんでした。

ラスト、エッチシーン続きが急に沢山出てきますが、
この時と、最初では冬雪が別の人のようだ! 甘甘!

あ、あとがきに「通学のかたわらネームを考えて……」とあるのを読んで、
なぜかジ~ンとしました。






1

医療ものではございません

医療ものかと思いきやまさかのファンタジー??
地方の診療所で働く物憂げな若き医師。まるでDr.○トーのような話かと思ってましたが違います。
この医師は、医師としてはまだまだのようですね。27とまだお若いですし。
でも27、8の先生でもばりばりオペとかしてますがねぇ…やはり普通の医師は向いてないのか…

そんな医師・冬雪とある日出会った中学校教師・クレイ。
とあることから彼は冬雪の手伝いをすることになります。
そんな中、彼の秘密を知ってしまうクレイ。
冬雪は普通の医師じゃなかったのです。
特別なある力を持っていたのです。それが西町診療所の「秘密」。
その力は冬雪にとっては大切なものでもあり、また彼自身を苦しめるものでもありました。
また、家庭環境も複雑だったようで…
そんな彼を特殊な力ごと認め、包んでくれるクレイ。惹かれあっていく二人。
しかしクレイは冬雪がその力を使うことに複雑な思いを持っていました。
そして冬雪もクレイにその力を使うことや、その力を否定されることを恐れていました。
最終的に二人がどんな選択をしたのかはよくわかりませんでした。
クレイも冬続き雪もお互い辛い家庭環境で育ったようで、冬雪がその力を使うことに対する意見が違うのも、
それはお互いの経験による、その思いがあったから。
このあたりがとてももどかしく、切なかったです。
二人は恋人として関係を続けていくことになるのですが、結局その「力」は二人について回るものだと思うんですよね。
今後それが二人にどう関係するのかが、ちょっと心配でもあります。
この先生の「秘密」がこの作品の核なのですが、個人的にはちょっと物足りないかんじもあります。
最初はツンツンしていた先生も、いつの間にやらえらくしおらしい男性になってたし、
最初は反対していたクレイも、いつの間にやら先生の意見を受け入れてるし。
もっともっと葛藤がほしかったし、クレイが受け入れるまでの過程がほしかったなーと思います。
何より先生がどんどんキャラ崩壊…していくのが辛かった。最初のツンデレキャラはどこへやら。

高久尚子さんはもっとエロエロなイメージだったのですが、今回はエロも淡泊でした。
描き下ろしがちょっとH増量なかんじですが、こんなに淡泊だっけ?とびっくりしました。
…って思ったらすごく昔の作品なんですね、あーなるほど。
エロエロ教師の例のあの作品の「イメージ強すぎるのせいあるんですよね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ