超人気シリーズ復刊第六弾!!

心は淫らな闇に舞う

kokoro wa midara na yami ni mau

心は淫らな闇に舞う
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
44
評価数
10件
平均
4.4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048679152

あらすじ

新宿西署の精悍な刑事・高円寺と年下の上司・遠宮は、犬猿の仲に見えて実は恋人同士。 遠宮の女王様ぶりも、高円寺は可愛く思っていた。そんな時、新人刑事の桜井が高円寺を慕い、まとわり付くように。 迷惑がりながらも面倒を見る彼の優しさに遠宮は不安になるが、素直になれず突っかかってばかり。 そんな遠宮に異動の話が持ち上がり、さらに難事件まで!? 超人気ミステリアスラブ復刊第六弾、ショートと漫画のかき下ろし付き!!
(出版社より)

表題作心は淫らな闇に舞う

新宿西署の刑事、35歳 高円寺久茂
キャリアで新宿西署の刑事課長、26歳、遠宮太郎

その他の収録作品

  • 心は淫らな闇に舞う~コミックバージョン
  • ジェラシーを微笑みにかえて
  • ジェラシーを微笑みにかえて~コミックバージョン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

あーもーめんどくさい

シリーズ6作目。
今回のお当番は刑事カプ、高円寺×遠宮です。
遠宮が苦手キャラなので、評価低めでスミマセン。
前作のレビューでも書きましたが、
年上の上条たちに対しての態度が悪すぎる!
ツン対象はパートナーだけで十分だと思うんだけど。

今回は特に苦手な展開でしたね。
恋愛脳な新人と嫉妬深い恋人が高円寺を取り合う図。
これはBLなのか?OLのまちがいじゃないの?!
職場でジェラシー丸出しでギャーギャーやってるのも萎えた。

桜井クンの件を適当に読み飛ばしつつ、
メインの(どっちがメインかわからんが)殺人事件の顛末は
おもしろかったです。
これからもOLの給湯室でのやりとりが
このカプでは続くのかと思うとうんざりですが、
謎解き部分が面白いので、やっぱり続き、読んじゃうんだよな。

0

タロー…なんてかわいいんだ。

もうね、なんでしょうね。
どのキャラよりも輝いて見えるよ、タロー。
だんだんツンの割合が減ってきた気がするけども、でもまだツンツンツンツンツンデレ。
意地っ張りというか、意固地というか、素直じゃないというか、可愛げがないというか。
でも、かわいいんだよ!
このかわいいと思う所以は、そのヤキモチ焼きにあると思う。
こと高円寺に関することだったら、どんなものにもヤキモチを焼かずにはいられない。

高円寺とタローちゃんのところに、新人が入ってきた。
その新人、桜井は一目はばからずに高円寺に抱きつき、キラッキラの眼差しを向けるという、タローちゃんにしたらホント面白くない人物なわけで。
桜井があまりにも高円寺さん高円寺さんとなつくもんだから、いつものヤキモチにも拍車がかかっています。

最後のおまけ漫画がツボ。
二人はヤニ下がり、一人は遠い目…。
頑張れ龍門。君の未来は明るい!(はず)

0

これ読んで完全にタローちゃんに堕ちましたvv

シリーズ第6作は高円寺×遠宮ペアのターン。

高円寺に憧れて刑事になったという青年が現れて。
ある事情があって高円寺はその刑事を振り払えないでいるのだが。
そんな時、遠宮の栄転の話が浮上し…。

もうね、もうね。
よーくわかったよ、自分がどんだけツンデレスキーか。
これ読んで完全にタローちゃんに堕ちました。
あの素直じゃないところがとにかくたまらんッ!!
いや、素直じゃないといいつつもタローちゃんはわりと態度とかに出やすいようなのでちゃんと考えればいろいろとわかりそうなものなのですが。
高円寺が熟考しないタイプなのでね。
それでいろいろ噛み合わなかったりするんだが。

それでも野生の感なのかちゃんと相手を見ているから本能的にわかるのか、いざって時に高円寺がステキに見えるよ!!
覚悟を決めたタローちゃんに強引に口づけた高円寺がかなり男前に見えてびっくりしました。

あと、タローちゃん、高円寺にはあんまり言葉にしなかったりもするけど、周りに対する牽制?とかはすごい。
それって「僕、高円寺のこと大好きなんですけどっ!!!!!」って主張になってるってわかって続きるのかしら。
中津に食ってかかるのとかかわいいし、龍門に不安を口にするタローちゃんもかわいかった。

お互いに言葉は足りてないけど愛情充分。
高円寺は尻に敷かれてるようでもあるのに、それさえ楽しんでるようにも見えて。
年上男の大きな懐なんでしょうか?

最後は上条に「最強のゲイ」登場で終幕。

「心は淫らな闇に舞う~コミックバージョン~」
上条ステキだ!(笑)
もう、完全に家庭内セクハラだね!!
こうして龍門の心の野望ノートにメモが増えていくのだね…。

「ジェラシーを微笑みにかえて」
今回は龍門とタローちゃんという組み合わせ。
のっけから、タローちゃんが事前に高円寺に「家に行く」という連絡を入れない理由がかわいすぎてヤラれた。
もう、これだけでごはん3杯くらい食べれそう。
なんだよなんだよ、タローちゃん、どんだけかわいいんだ、お前。
酔うと本人には言えないようなこととかも口から飛び出して。
結果的に、龍門の口からそれは高円寺にも伝わるのですが。
あー、もう、かわいいなぁ。
それしか出てこない(笑)

「ジェラシーを微笑みにかえて~コミックバージョン~」
すごい。
これ、誰一人としてまともな顔してる人がいない!!(爆)
鼻の下伸びてる子とか遠い目をしてる子とか。
ここまで崩してもキャラの雰囲気を損なわないのはキャラのことを熟知してるからでしょうね。

そんなこんなで、ここにきてダントツでタローちゃんが好きになりました。
読み始めたのは別CPが気になったからだったはずなのになぁ…。
タローちゃんは襲い受の印象が強かったのにね。
このメンツの中では一番若いから余計にかわいく見えるのかも?
いや、ただ単にツンデレ好きーなだけでしょうが。
これからのタローちゃんが楽しみvv

1

頑張れ、タローちゃん!

淫らシリーズ第6弾。高円寺×タロー編です。犬猿の仲に見えて、実は恋人同士の二人。タローちゃんは、相変わらずのツンデレ・天邪鬼ぶり。上条×神津とのダブルデート(?)の場でも一人、浮きまくってます。 

そんな中、二人の職場である新宿西署に桜井という新人がやってきます。彼は美少年然としたお坊ちゃまで、以前助けて貰った高円寺に惚れてる様子。で、桜井の父親は警察庁のお偉いさん。高円寺は部長から、タローちゃんに本庁への栄転の話が来ている時期だけに、桜井の機嫌を損ねないようにと諭され、渋々桜井の教育係を引き受けることになるのです。本来、上層部への追従など嫌いな高円寺が、タローちゃんのためなら自分のポリシーを曲げることも厭わない。カッコ良すぎ!

高円寺に甘えまくる桜井の姿は、ぶりっ子っぽくてイライラしちゃいます。そんな桜井にタローちゃんの嫉妬のボルテージも上昇。彼は高円寺が自分のために桜井に優しくしているのを知りません。桜井のことがなくても、異動のことで恋愛の先行きに不安を抱えているタローちゃん。気持ちを素直に告げられず高円寺に突っかかってしまい、一方高円寺はタローちゃんの不機嫌の根本にあ続きる不安に気付いていません。本音を言えないタローちゃんと自分に関することにはとことん鈍感な高円寺。すれ違っちゃいます。

タローちゃんはツンツンしてるけど、中身は一途で純粋で、本当に可愛い人だと思います。彼はプライドが高く、自分の能力を疑うことはないけれど、対人面、特に恋愛面では自分に自信が持てないのではないでしょうか。自分は人から愛されるような人間じゃないという思いがどこかにあるんじゃないかなぁ。だから自分が高円寺の「特別」だと信じられないのでは?思い悩み、突っ走るタローちゃんを、頑張れ!と応援しながら読み進めました。

今回、二人をフォローしたのは、中津と龍門。すれ違いの辛さを知る彼らだからこそ出来たフォローではないでしょうか。タローちゃんが二人のフォローを受け、殻を打ち破って高円寺に想いを全身でぶつけるシーンは泣けます!タローちゃんの想いを受け止める高円寺もイイ男ぶり!と思ったら、彼はタローちゃんの言葉の真意が全く分かってないようで…。でも、こんな鈍感さ、鷹揚さも彼らしくていいかな。このカップルの場合、もはやコミュニケーションのズレ具合も一つの味になってますね。

さて、本巻でも愁堂作品お約束の事件が発生し、自殺未遂か殺人未遂かという謎に企業の不正も絡んで、大きな事件性を帯びてきます。この事件に関しては未解決のままだけど、タローちゃんが色々な面で確実にステップアップしてるのが嬉しいです♪仕事面でも、身を挺して部下を守ろうとしたり、署長に意見したりと責任感の強さを見せてくれましたし。そんな成長途上のタローちゃんが堪能でき、大満足の一冊でした!

2

今回も面白かった

今回は、珍しいメンバー、
上条×神津 カップルと、高円寺×タロー カップルの4人で、
焼肉に行くところから始まります。

この焼肉シーン、ずっとニヤケながら読んでました。

東大出身のキャリアでプライドめちゃめちゃ高いタローが、
実はすっごくヤキモチ焼きで、人と接するのも苦手だったり、
それを気遣う優しい神津。いつも通り豪快な、上条と高円寺……。
なかなかこの組み合わせというのもないし、4人それぞれの性格が出ていました。

タローと焼肉っていう組み合わせも面白くて、
正直、彼は焼肉とか食べなさそうなので(^_^;)

このシリーズはいつも事件が絡んでるのでシリアスな面もあるのですが、
その反動もあって、何気ない日常のシーンは、すごく楽しかったです!

事件の方も、高円寺の男気が感じられ素敵。
今回彼は、後輩の男の子に好かれ、プラスタローのヤキモチ焼きも手伝って、
すごいモテモテ男になっていますが、それもうなずけるカッコ良さです。
高円寺LOVEです! 大好き♪

次の書き下ろしを読むのも楽しみ!

1

よう

わぁ~エレニ様、はじめまして!
でもはじめましてですが、淫らシリーズをレビューされてるの知っていたので、はじめましてな気があまりしません~(^_^;) 
何気ないシーン良いですよね。今回は、タローちゃんが、高円寺の部屋の汚さに怒ってるところとかも何故かツボでした。
そして、上条と高円寺の馬鹿馬鹿しいやりとり私も大好きです!たまに声出して笑っちゃいます。龍門の「兄貴」発言も笑えますよね。

あと、実はエレニ様の「恋は淫らにしどけなく」レビューで「ヘタレ攻めと化す」との部分にはすごく共感してしまいまして、ププーとなってしまいました。彼は最初、仰るとおり、やさぐれ気味のちょい鬼畜なキャラでしたよね!それがいつの間にやら、すごく腰の低い人になっちゃって。
これも美人の中津と付き合ってるからですかね~。高円寺は相変わらずですが。

エレニ

ようさま、はじめまして。エレニと申します。
この巻も面白かったですね~。高円寺が本当にモテて、そりゃタローちゃんも気が気でないだろうなぁと気の毒になりました。(どうしてもタローちゃんに感情移入しちゃうので。)

焼き肉シーンは、それぞれのキャラがよく出てて楽しかったですよね。 

>タローと焼肉っていう組み合わせも面白くて

確かに。タローちゃんのお高い雰囲気にそぐわないというか。挿絵にもそんなそぐわなさとかタローちゃんの浮きっぷりがよく出てて笑えました。ようさまが仰るように、こういう何気ない日常のシーンが楽しいですよね。特に上条と高円寺の馬鹿馬鹿しいやり取りが大好きです♪淫らシリーズは、シリアスとコメディーのバランスが絶妙だなあと思います。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ