神の子羊 1

kami no kohitsuji

神の子羊 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
光風社出版
シリーズ
単行本
発売日
価格
¥1,214(税抜)  ¥1,311(税込)
ISBN
9784875193616

あらすじ

作曲家・セルジュ・バトゥールの生涯を探ぐるフランとアンリ。セピア色のアルバムの中に、謎の美少年ジルベールの存在が…。セルジュをめぐる人々が交錯して…。いま、活字で甦る、名作漫画『風と木の詩』の謎を解き明かす、主人公の次世代達のお話。


表題作神の子羊 1

子爵家の少年 アンリ・バトゥール
画家 ヴィクトール・マイセ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

豪華絢爛な1960年代のエレガンス

名作漫画「風と木の詩」の続編には違いないのですが、
彼らは出てきません。
彼らの子孫たちが、ほんの数代前のご先祖さまの、
謎の人生を解き明かすべく探索するお話です。
BLであるにもかかわらず、
主人公の少女視点で語られるというのも異色なら、
最後の最後に、意外なアンハッピーエンドと…
同時に大団円に向かうのも異色!
(このあたりは3巻になりますが…。)
エロス自体は少なめなのに、
不思議な吸引力で、最後まで読ませてくれますよ!
驚くべきは1960年代のフランス上流階級の、
夢のような描写の数々です。
もはや戦後であるにもかかわらず、
今よりずっと貴族が貴族らしかった時代。
ちょうど、サガンやヴィスコンティ監督が活躍した頃なのよねぇ。
そういえば、くだんのヴィスコンティ監督(の少年時代?)らしき人物が、
アンリ君の夢の中に、少しばかり登場します。
なかなかに、粋な計らいですね。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ