卵の日(新装版)

卵の日(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ゼロコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784862633606

あらすじ

世界は、巨大な次空間に蝕まれ、今にも消滅しようとしていた。
わずかに残された人類は、持てる技術の全てを費やし、世界を守る為の人工生命体「外人」(がいと)を作り上げた。
称号付守護者「四人衆」 
黒髪黒眼 アートルム=メイン 
金髪碧眼 オール=エール 
銀髪眼帯 プラティーン=ローク 
茶髪緑眼 ジェイド=ツァンナ 
そして、白き聖地封印の描き手 ヴァイス=ヴィーゼ。
聖地を、世界を守るため、4人と1人の旅が始まる――!!
出版社より

表題作卵の日(新装版)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

NL+BL

2010年発売の「Libre Premium」に番外編「卵の話」が載っていて、興味をもって購入しました。

ファンタジーものです。話によってメインになるキャラは変わりますが、主人公ヴァイスは女性です。オールとプラティーンのBLカップルも登場しますが、主人公と黒髪アートルムのNLカップルがストーリー的にメインだろうと思うので、非BLになると思います。

次空界からやってくる次界生物という化け物に襲われる世界。
そこには人間、亜人種、外人という3種の知的生命体が暮らしている。
外人は、次界生物から身を守るため、人間が「卵」と融合してパワーアップした生物であり、「卵」の力により強さのレベルがある。
現在、紅一点の外人であるヴァイスは、「描き手」といい次空界を封印する役割をもつ。アートルム、オール、ジェイドが属する「守護者」より強いけれど、封印の作業中は無防備にならざるを得ないため、「描き手」は「守護者」と契約をして身を守ってもらう。
しかし、契約とは互いの信頼と命をかけてなすものであり、望ましい契約相手がいない3人+亜人種プラティーンは傭兵となり人間の戦に金で加勢をするうちに続き、その強さから「死神」と呼ばれていた。

そんな4人とヴァイスが出会い、旅をするというストーリーです。

つきつめると設定に結構アラがあるので、細かいところが気になる方にはオススメできません。「ま、いっか」と気にせずに読める方には面白いと思います。

1巻はヴァイスにひとめぼれしたアートルムがぐちゃぐちゃになりながら、さらわれたヴァイスを奪い返す話と、ヴァイスの故郷での話の二本立てです。

NLメインなんですが、ところどころでオールがプラティーンを大切にしている場面が登場してにやけてしまいます。顔の汚れを拭いてあげたり、髪を結ってあげたり。オール(攻め)が、一般的には強いけれど自分よりは弱いプラティーン(受け)を愛でている様が愛らしいです。あと、アートルムはヴァイスの身に危険が及ぶと暴走してしまうのですが、そんな彼がプラティーンに攻撃を向けてしまったとき、オールが恐ろしい笑顔で守ったのも良かったです。ヴァイスを除く4人の中ではオールが最強なんだろうなと分かります。

表紙の次にあるカラーイラストでは、5人が草原に寝転がる中で、プラティーンの首元をしっかりと抱くオールにはグッドでした!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ