俺は悪くない(文庫)

俺は悪くない(文庫)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
53
評価数
14件
平均
4 / 5
神率
64.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784832284319

あらすじ

脱力感たっぷりの大学生活を送っていた法学部1年の梶俊明は、ムリヤリ入部させられた映画研究会で、同じ1年のメガネ青年・中村と出会う。普段冷静な中村が、梶にだけ顔を赤らめ不器用に突っかかってくるのは何故なのか…。
一方、複数の男と関係を持つ映研の先輩・鯨井と、彼を愛し続ける幼馴染の高崎の恋は苦しいほどに切迫していた――。映研を舞台に繰り広げられる切なく甘い青春ラブグラフィティ完全版が登場!
高崎×鯨井の番外編と梶×中村の描き下ろしを加えて待望の文庫化。

表題作俺は悪くない(文庫)

だらだら大学生・梶
真面目な映画オタク・中村

その他の収録作品

  • 俺は悪くないその後1
  • 俺は悪くないその後2

評価・レビューする

レビュー投稿数8

これぞ青春の一ページ

一冊まるまる1つのお話でボリュームありました。
映画研究会が舞台の二つのカップルの話。

梶と郁カップルは王道な感じで愛らしかったです。梶がどこまでもノンケ臭するのに郁に惹かれていく感じが可愛くて。童貞臭漂う眼鏡男子の郁がぐるぐる恋に悩む姿も可愛かった。

でもやはりこのお話のスパイスは鯨井と高崎の関係かな…!鯨井がどこまでもビッチだけど、だからこそ高崎との関係が切ない。長い遠距離中の二人の気持ちを思うと再会できて…場所も立場も関係なく二人で過ごす未来を選ぶことができて本当によかった。
くまさん大事にしてるアホな高崎可愛いし、なんだかんだ恋のキューピットな鯨井がとても美人。「ほう…」と息が付くほど美しい男で眼福でした。

0

青春グラフィティー

どちらかというと小説派でBLコミックはあまり読まなかった方なんですが、最近どハマりしてしまって、一人で脳内山田ユギさん祭り状態です。短い間にほぼ全作品読破しました。どの作品も素晴らしく出会えて良かった!と思える物ばかりですが、その中でも個人的に特に大好きな物に私はこの作品を挙げたいと思います。

他の皆さんもおっしゃってるように彼らの学生時代の映研の楽しそうな様子、青春っぷりが素晴らしいです。それ自体が映画だよってくらい美しい。映研の魔性の美男・鯨井や、完全腐女子の先輩・美樹さんとか、メインカップルの梶(攻め)と中村(受け)以外のキャラも全員魅力的で愛おしいです。

中村が梶を大好きすぎるのに不器用でいっぱいいっぱいな所がたまらなく可愛くいじらしく、涙を誘います。両想いになり同棲して8年たってもその気持ちは全く変わらず、ちょっとしたことで家出しちゃうけど(先輩たちの所しか行かないし)すぐ迎えにきてくれる梶が王子様だなんて、こんな乙女な子は女の子でもなかなかいません。可愛すぎる。二人の初めて・・のシーンが良いです。本当に中村が終わった後幸せかみしめててこっちまで幸せ気分になります続き。中村の純粋さは梶の従弟の中学生や、魔性の男・鯨井の心までとろかせます。いつも中村の恋愛相談役だった鯨井は逆に中村の一途さに打たれて、自分も素直に高崎を追いかけていけたのではないかと思います。

好きすぎてうまく感想も書けないのですが、本当に映研のメンバーが大好きなので、巻頭カラーがオールスターキャストで嬉しくて感無量でした。山田ユギさん(の作品)に出会えて本当に良かったと思います。泣けるのに笑える、そのバランスが絶妙です。

0

あんまり・・・

私には合わなかったです。
山田ユギ先生の作品は全部読んでいて、大好きなのですが、この作品は合いませんでした。

ストーリー自体は面白いですし、よく練られていると思います。

ただ、攻め・受けどちらにもあまり魅力を感じませんでした。
攻めの梶君の、フラフラしていてやたら調子がいいところや、中村君の自分への気持ちを知っているくせに無意識に(?)振り回すところにモヤモヤし、
中村君の(純情で可愛いところでもあるが)ウジウジするところや、嫉妬で必要以上にツンツンしているところもあまり好きになれませんでした・・・。

しかし、お話としては面白いので、このふたりを「可愛いな~」と思えたら楽しめる作品だと思います。

1

何年経ってもやっぱり一押し

私の家の押し入れには山田ユギコーナーがあります(挿絵のみの小説も含)たまに全部引っ張り出して読み返すのですが、何度読んでもユギ作品は良いewTC
中でもこの作品は 本格的にBLにハマる切っ掛けになった事もあり、今でも愛読しています。何故ユギさんの話はコミカルなのに泣かせるのでしょうuIHvノンケがゲイに走る話がお好きな方にはお勧めです
注:ユギさんといえばリーマンスーツ姿ですが、この作品にはリーマンはいません。むしろ一昔前のムッさい学生が主人公です(なんせ携帯も無い時代ですから)
昔も今もユギワールドの虜ですn[g

1

いいなァ、こんなキャンパスライフ

大好きな作品です。
文庫版になって、梶×中村の初エッチやら高崎×鯨井がくっつくところやらが追加されてます。旧版で「読みたいー」と思ってたシーンをピンポイントで描いてくれてて、さすが山田ユギさん分かってるぅー♪と思いました。旧版が好きだった方も、買って損無しです。

読みながら、なぜ私がこの作品を山田ユギ作品のなかでも特別に好きなのかが解りました。
キャンパスライフが楽しそうなのだ!!
これに尽きますね。
みんなでワイワイひとつのものを作り上げる過程で、喧嘩したり恋したりアホなことやったり、若いっていいなーと思いました。

ユギさんの描く女性キャラもいい。
梶につきまとってた「嫌な女」が、最後に梶に言い捨てた「梶くんには謝らない」って言葉が好きです。BLで描かれるこういうポジションの女性って、最後までウザいことが多いんだけど、ユギさんはそうしないんだよね。梶のあいまいな態度を小さく糾弾して去った彼女の、なんて見事なことか。

梶×中村
中村が梶に思わずキスしたあと、やってしまったって顔をしてるのが好きです。
恋心って、相手に引きずられて芽生えることがよくあるけど、梶の場合もそうだなって思続きいました。

高崎×鯨井
ビッチな鯨井が大好きです。
高崎のほうは最後までキャラが掴めなかったんだけど、まさしくその掴めない部分が高崎なんだよね。
ふらふらしてた鯨井が落ち着いてしまうのがちょっと残念な気もするけど(笑)

0

そうそう誰も悪くない

メインカプの大学時代と7年後の現在を、
従兄の少年視点で語る、ちょっと変わった趣向ですが
何の変哲もない、そこらにいそうな人物たちの日常を
何と生き生きと描き出していることでしょう。
大学サークルなんてしょーもない輩の集まりだったり、
無為に思えた日々も思い返せば眩しくて少し照れ臭かったり。
大学時代の手撮りのフィルムを眺めながら、
回想と現在を行き来するドラマ仕立てな流れも秀逸です。
しかし、ことある事(主に男同士のアクシデント)にカメラをまわす
美紀ちゃんの腐女子パワーは恐るべし。

映画研究会に所属する中村は、人見知りで根暗で映画マニア。
いるいるこんな奴!と頷くほど見事にネガティブ要素満載で、
ちょっとした事に一喜一憂する様子をじーっと観察してみたいキャラです。
半ば強引に入会されられた唯一の常識人梶と中村の
お互いの恋を自覚するまでが、先輩たちの時におせっかいで
時に目が離せないドラマと交錯して進みます。

着ぐるみ好き青年や、美少年大好きな女の子など、
個性的な先輩たちの中でも、
性に奔放なのに時折寂しげで目が離せない雰囲気を持つ
続き美青年の鯨井は実に人間味のあるキャラです。
その魔性にちょっと惹かれる梶と、勘ぐってしまう中村の
痴話喧嘩がこれまた笑い所でもありますね。
ノンケ同士の中村や梶の人生相談役でもあり、
自身の複雑な恋愛感情を持て余して迷う姿に
放っておけない愛しさを感じます。

かつて映画への憧れを語っていた梶は、
従兄の誠にとってかっこいい兄ちゃんでした。
今、現実に疲れ夢は褪せた姿と同性が好きという事実に、
憧れはしゅるると消えてしまいます。
それでも、相変わらず梶の周りは先輩たちで賑やかで、
少しは前向きになった中村も変わらず傍にいます。
そんな彼らにもみくちゃにされる内、梶自身の魅力を見付け
応援したいと思った誠も、きっといい男になるんでしょうね。

0

オチのせいでテンション急落

おもしろかった。そう自分の脳内BLランキングに
新たな名が刻まれるっ!はずだった。

しかし唯一にして最大の落とし穴。

梶と中村がヤッている部屋に仕掛けられたままのビデオカメラ。
無論、録画された二人の営み。
そのテープは誤まってサークル内で作った映画のやつと
間違えられ、文化祭で流れてしまう。

このオチが無ければパーフェクト!

だったのに…

一気にテンションが下がってしまった ↓

もっと他のオチでしめてほしかった。

0

山田ユギ史上最高の胸キュン作品

大学、サークル、文化祭…。青春詰め合わせです!!
とある大学の映画研究会で繰り広げられる、二組のカップルの物語。
中学生・誠が従兄・梶の家を訪ねるところから始まり、梶の大学時代へと舞台が移り、彼を主人公として物語ははじまります。

主役カップルは性格が全く正反対。好きな物も見つからないだらだら大学生・梶×真面目なツンデレ大学生・中村。
もう一組のカップルは、いいとこのボンボンである奇人・高崎と魔性の遊び人・鯨井は幼馴染かつ異母兄弟。
お互い愛し合っているのにすれ違いまくる二人。
そしてこの二人に振り回される梶×中村。
大学生活、映画研究会というサークルを通してのまさに愛と青春の日々でした。

まず主役カップルは、正反対の二人が徐々に惹かれあっていく…といういわば王道展開なんですが、
このツンデレ中村が梶に抱く微妙な感情がすごくいいんです。
初めて仲のいい友達ができた喜び、またそれとは違うときめき。
最初は自分の恋心に気付いていない中村ですが、徐々に自分の気持ちに気付き、戸惑い…。
そして恋とは綺麗な気持ちだけじゃなく、汚い気持ちもあるんだ、自分は浅ましい。
続き
そう気づき、彼は涙を流すのでした。
中村にとってきっとこれが初恋。
今時珍しいくらいのピュアな青年の心に胸がしめつけられました。
そして梶も、中村と一緒に夢を見つけ、追いかけて。
恋愛経験豊富なはずなのに、中村を見て「好きってなんだ?」と考えたり、
中村の笑顔を見てドキっとしたり、ピュアな恋に落ちていくのでした。
文化祭、二人の衝撃映像が公開されてしまうのですが、これは…最低ですが(笑)、ある意味とてもドラマチックでした。
個人的にはかなり好きなシーンです。
「その後2」で語られる二人の初Hもとても初々しくて、お互いすっごく好きなのが伝わってきてよかったです。

一方高崎×鯨井は愛し合っているのにすれ違い続けています。
高崎は変人奇人ですが、それでも鯨井だけを一途に想い続け、普段はあんななのに、とても男前でした。
鯨井も臆病な男だったけど、「その後」での高崎への想いが切なくて切なくて…
高崎の鯨井への熱烈な想いはわかっていたけど、まさか鯨井も高崎もことをそこまで愛しているとは思ってなかったので、
「その後」でのラブラブぶりはかなり嬉しかった!!感動しました!!

ラブ中心に話は進むけど、ラブだけではなく、大学生活でしか味わえない友情や夢など汗と青春の1ページがギュっと詰まってます。
私の思い描く理想以上のキャンパスライフを見事に表してくれています。
これは山田ユギファンでもファンでなくても絶対読んでいただきたい。
「誰にも愛されない」「夢を見るヒマもない」と並ぶくらい好きな作品。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ