恋が自由の鳥を抱く

恋が自由の鳥を抱く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784344817166

あらすじ

押しかけ助手の晴人に、恋愛でも押し切られた探偵・梶。今度の依頼の調査対象が、今は亡き、梶の大切な人・陽平によく似ていて…?
出版社より

表題作恋が自由の鳥を抱く

西之木晴人・押しかけ助手
梶雲雀・もうからない探偵

その他の収録作品

  • 着地点

評価・レビューする

レビュー投稿数1

護るよりも並びたい

前作で押しかけ助手兼恋人として、ようやく晴人を受け入れた雲雀。
晴人が来てからもう1年、いまだに「失う怖さ」にウジウジするし、素直に好きなキモチが出せずについツンケンしてしまう。
そんな雲雀に、晴人は独占欲剥き出しに、周り中に威嚇しまくっています。
今夜もバーで、雲雀のある魂胆をよそに、晴人は周囲へのアピールに余念がありません。
そこへ、陽平の生きていた頃の仲間、達木が現れて…

達木が現れたことで、雲雀と晴人の関係が、ただ「好き」だけで、怒濤のように流されてきた日々から、それぞれ、お互いの関係を見つめ直し、より深い結び付きへとステップアップする、そんな結末へ、

謎解き、アクション、エロエロ、ラブと、バランスが取れたスッキリ読みやすい作品。
けっこう、オススメです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ