不器用な純情(新装版)

不器用な純情(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
6件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784862636188

あらすじ

「あなたは何もわかっていない。」大学時代の後輩・織田と久々に再会した北巳。
今は大手商社のエリートとなった織田。
静かな、しかし秘めた激情が見えかくれする双眸、スーツを難なく着こなす恵まれた体躯。
自分の腕を掴む織田の力強さに、意味深な言葉に、北巳は目眩をおぼえた。
寡黙な男が向ける、あまりにも真摯な熱い視線。
そして、とまどう北巳の心の奥には…!大人のラブロマンス、書き下ろしを加え新装版で登場。

表題作不器用な純情(新装版)

大学時代のサークルの後輩・織田高秋
大学時代のサークルの先輩・松岡北巳

その他の収録作品

  • 不器用な熱情
  • 不器用な恋情

評価・レビューする

レビュー投稿数3

何かが足りない

このシリーズ、2作目と3作目を先に読んだのですが、やっと1作目が読めました。

この作品で岩本さんの特徴が更によく分かったという気がします・・・すごく甘い!!(笑)
ネタバレになりますが、お話が書き下ろしも含めて3作収録されているので、それぞれがちょっと短めのお話なんですが、1作目であっさり主人公達がくっついてしまうので、片思いの時間がちょっと短くてあっけなかった感じがします。
攻めがしっかり者の年下なんですが、突飛というか猪突猛進な行動が序盤にあって、えっ?と思った展開でした。
全体としては先が読める展開でサプライズなことが何も起こらなかったので、残念ながらちょっと物足りないと思いました。
攻めがずっと敬語を使っていて、普通のシーンでは全く違和感ないのですが、絡みの場面になるとその敬語がなぜか白けてしまいました・・・多分、台詞の入るタイミングが私の好みのタイミングとずれているからだと思います><
ここでこの台詞がでてくるのか?って感じで・・・
絡みのシーンも多めで甘~いお話という点ではまずまずの気がしますが、それ以外にも何かスパイスが欲しかったな、と思いました。

2

先輩後輩10年愛の王道

熱情シリーズ第1作目
大学の先輩後輩同士の10年愛モノ。
お互いの気持ちは最初から駄々漏れで
読者の思うとおりに転がっていくシナリオv

男らしい艶とたくましさを身に着け控えめで従順な後輩
いつまでも若々しく色香の漂うちょっとモラトリアムな先輩

美しく芯が強いがダークサイドに弱いお姫様みたいな受けを
がっちり寡黙にやさしく守るナ騎士な攻め
超v王道でしたねぇ。

何度身体を重ねてもいつまでもいじらしくて愛らしい年上受けv
もうかわいくてかわいくて仕方がないといった年下攻めv
ごちそうさまーっな一冊でした。
もうちょっと痛い目に遭えばいいのに(゚∀゚)

1

ちょうどいいサジ加減のすれ違いラブ

岩本さん、と言えば「王道」だと思うのですが
この作品も、BLの王道を目いっぱい盛り込んでて
彼女のロッセリーニ家シリーズほどのキラキラや
エビリティシリーズのセレブな雰囲気はないものの
読者の萌えやキュン心を絶妙に刺激してくれて
安心して楽しめましたw

大学時代の映画研究会の先輩後輩の関係である北巳と織田。
2人とも、出会った時からお互いに惹かれていたっぽいのに
その気持ちを相手に知られてはいけない、と思い込み
結局10年もすれ違い続けてしまうんですが
そのすれ違い加減が、イラっとさせられるギリギリレベルなので
程よい刺激になって、その後のラブラブ具合をより楽しめるスンポウになってますw

寡黙な年下攻めと、繊細な外見に似合わない漢な受けってのも
割とハズレのない組み合わせなのではないでしょうか。
普段冷静な織田が、激しい嫉妬心から性急に北巳を抱くシーンとか
さらに年下攻め好きにはタマリマセンw

この新装版では
北巳が芸能プロダクションを立ち上げてから2年後の模様が描かれていて
相変わらずラブラブの2人の様子がうかがえる他
北巳の甥っ子で続き、いまや売れっ子タレントの悠介と
彼の幼馴染の大和も相変わらず仲良くやってる様子も垣間見えて
彼らがメインの「好きの鼓動」も是非読みたくなりました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ