メロメロのしくみ

メロメロのしくみ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
児玉隆
音楽
まるおみのる
脚本
清水恵
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

最近の俺は『ふしだら』です。それは『ましょう』の男・正津君のせい。正津君に触られまくると、もう脳みそが溶けちゃいそう…これは世に言うメロメロ状態?おかげでお風呂に入るたび、シャワーの水がこぼれるたびに俺は正津くんに触られてる気がして毎晩毎晩いじっちゃって――…。大人気、正津×進藤のかわいい思春期ラブ二人のその後を描いたオマケのミニドラマ「ドキドキの運命の日」も収録!

表題作 メロメロのしくみ

正津賢吾 → 睦月申

進藤俊介 → 花邑刀弥

その他キャラ
具志堅[陶山章央]/ 前田[笹本優子]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

真集の男

これで、「マショウノオトコ」=「魔性の男」のつもりらしい。

原作は、門地さんの、かわいいショタ物。
っていうか、小学生同士のかわいい恋愛物。
4年生でつきあい始めて、中学校受験合格までのお話。

セックスの事なんて、聞きかじりの単語ぐらいしか知らない、年相応の子ども・進藤と、同い年ながらちょっと大人っぽい正津。
正津は、ある日、図書館で一人こっそりエッチな本を見ている進藤を見つけます。
そんな進藤の様子を見ているうちに、正津は…

幼稚園のお医者さんごっこで、既に進藤を見初めていた正津。
そんな正津の想いを、進藤は知識も経験もないながら一生懸命考えて、これがメロメロ、これが恋と自覚していく。

このCD、設定が小学生なので、メインの二人は女性声優さんです。
聞く前は、それってどうだろうって思ったけど、
大丈夫、
アリでした。
最初は、ちょっと恥ずかしかったけど、進藤の言動のあまりのかわいさに、これは男性声優さんがショタ声でするより、女性声優さんの声で正解だったなあ、と。
この二人の同級生で、唯一といってもいい男性声優さんの陶山さんが登場するのですが続き、陶山さんのちょっとハスキーな声がまた、声変わり中の微妙に声のでない小学生って感じで、これもよかった。

この作品、原作もそうですが、小学生がしっかりあなるせくすまでしちゃうお話なので、今となっては再版も、制作も無理でしょうが、ストーリーそのものは、何も知らなかった子どもが、一足飛びのセックスと、段階を踏んだ真面目な恋愛とを経験していくお話なので、ただのエロい際物じゃなくて、しっかりとした恋愛物としておもしろいです。
おすすめです。

2

ハレチンコw

よく知らないんですが、この声優さん2人とも女性??
なんかそれっぽかったというかなんというか。
作品自体が、ショタものなのですが、これまでに無い、なにかくすぐったいような気持ちになりました(*´∀`)クフw
何も知らないお子様な俊介と、ちょっとおませな賢吾。
そんな2人のラブラブ~ほのぼのストーリー。
原作の色を壊さないつくりはさすがでした。
ショタ!って頭があるので「入れるぞ」の声が想像以上にショタっぽくてときめいたvv
可愛いいい間違いもウマでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ