水に眠る月 夢見の章

mizu ni nemuru tsuki yumemi no shou

水に眠る月 夢見の章
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥505(税抜)  ¥545(税込)
ISBN
9784199000485

あらすじ

契る相手は一生に一人だけ―。そう運命られた世界で、レエナと共に生きる決意をしたタスティス。でももしオレが、誰とも契ってはいけない『月の王』だったら…?レエナの傍で眠るとなぜ、オレは見たくない未来を夢見てしまうのか。不安に苛まれるタスティスはある晩、レエナに執着している兄王ラフィーネに二人の逢瀬を見られてしまい。

表題作水に眠る月 夢見の章

タクティス
レエナ

評価・レビューする

レビュー投稿数2

出会い

かなりファンタジー路線な内容です。
BLと言うよりファンタジーとして読んだ方がいいかも。
レーベルもコバルト文庫辺りで出しても違和感ないかも。
なので濃いエロが苦手な人にはいいと思いますし、
BL知らない人にシレっと貸す(笑)のもいい本だと思います。

この巻は世界観と登場人物の人間関係の説明な感じです。
でもレエナとタスティスの出会いからトモダチへの流れ、
複雑な人間関係を説明しつつ話は色々進んでいき、
と読んでて面白かったです。

誰からも愛され尊敬される太陽の王クラルテ。
超ブラコンで譲ってばかりのタスティスと屈折しまくりの兄ラフィーネ。
そんな自分に仕えるイージスとクラルテの片腕バイスに見守られ、
切ない思いをしながらも真っ直ぐに育つタスティス。
そしてバイスを想う武人のパロット。

優しく賢いばかりに素直になれないバイスと、
男らしく包容力のあるパロットの恋物語も気になる所でした。
このふたりの番外編も読みたいです。

全体的にキレイで切ない話でした。
あんまりBL的でないと言えばそれまでなんですが、
それだけにタスティスとレエナ続きの想いが丁寧に書かれています。

0

微妙すぎる

BLとして微妙です。
レエナという名前、レエナの行動、イラストにいたるまで、女の子だとしか思えなかった。てか途中で男だということを忘れてたしw
もう女の子でいいやんと思ってしまった。男である必然性がまったく感じられないのはともかく、「どう見ても女」だと、BL萌えができなくて萎えます。
ファンタジーとしても微妙じゃないかな。
もともとファンタジーは苦手な分野なので、はっきりは言えないけど、個人的には世界観に馴染めなかった。
太陽の王と月の王と水の王子が支配する世界。終末の予言が数十年後に迫る。
タスティスは月の王として、レエナは水の王子として、一度は継承者候補に上がりながら、その資格を失った存在。んで、互いに惹かれあっていく。
一巻はこの世界観の説明と、まだ子供のレエナとタクティスの出会いを中心にした話です。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ