かげろうの森

かげろうの森
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
オリジナル媒体
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
76 分
枚数
1 枚
ふろく
告知用ポスター(公式通販初回特典)
フリートーク
あり
発売日

表題作 かげろうの森

北川陽瑚 → 緑川光

葛西実紀 → 阪口大助

その他キャラ
愁[野島健児]/ 木崎柾之[飛田展男]/ 古川雄介[置鮎龍太郎]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

前半は好きだったんだけどなァ

原作未読。
前半の展開がかなり好きでした。
さっぱり訳が分からないんですが、なにやら不穏な空気で。その不穏さと、主役である阪口さんの可愛らしい演技との対比が、ワクテカ感をより高めてくれました。
それだけに、後半の強引なストーリー展開がもったいないなァと思いました。
コミカル風味な番外編が二つほど入ってるんですが、とくに二つ目の番外編が面白くないので(花嫁修行のくだりは、狙いすぎて寒かった)、そのへんを削って、もっとじっくり本編を掘り下げて欲しかったなァと思いました。

野島健児さんの腹黒キャラはかなり好きでした。
やってることは鬼畜なんですが、こういう鬼畜さはキライじゃないですw
攻め(緑川さん)も受け(阪口さん)も、腹黒野島さんの手のひらの上で転がされてるんだなァと思うと、気の毒というかオモロイというかw

全体的にはビミョーでした。前半に謎をたくさん提示して盛り上がったぶん、後半でストーリーにパンチがなくなっていくのが悲しくて。
失速したというよりも、説明不足を感じました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ