スリルがいっぱい ~ファントム・アイ編~

スリルがいっぱい ~ファントム・アイ編~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 スリルがいっぱい ~ファントム・アイ編~

神谷義一 → 三木眞一郎

不二丸直 → 鈴村健一

その他キャラ
マイケル[子安武人]/ 鳥居世津[福山潤]/ 篠原真実[遊佐浩二]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

豪華声優陣★

「賢い子は好きです。でも詮索する子は嫌いです。」

めっちゃくちゃ腐女子初期に聴いたBLCDをふと思い出しレビューです(笑)

これでなぜか「自分は鈴村さんの受けは萌えない」と判断しちゃったんだよなーw
鈴さんファンのみなさまごめんなさい。
今はそうでもないです(笑)

不二丸 直は、幼い頃、囲碁の天才であったが、
今ではすっかり落ちこぼれ少年(´・_・`)
そんな直の潜在能力を信じていたのは、警視庁のエリート警視の神谷さん!
神谷は、直を狙って急接近・・・そんななか、ひょんな事から
直と事件に関わるホストラクブへと出向くことに・・・


いやいやヤってることはあなたが犯罪ですよー神谷さーん!
と言いたくなるくらい乱れてますw
ホストクラブでしかも事件の調査なのにwwwwww


このシリーズ、実はこれだけしか聞いたことないんですが、
当て馬の外国人の役って子安さんだったんですねーwwwww
いやーぴったり★(笑)
フリートークも相変わらずのフリーダムで楽しかったですwwwww

この頃のすずさんの受けボイスにはなぜか艶っぽさを感じられ続き
あまり萌え萌えはしなかった記憶があります。
懐かしいなあ。


集めなおそうかしらこのシリーズ。。。

1

こういうお馬鹿BL、大好きです

いやー、面白かったです。
鈴村さんは可愛いし、三木さんは飄々とした魅力いっぱいだし。
ストーリーはテンポが良くてサクサク進むから、ダレることなく聴けるし。
濡れ場では三木さんの敬語攻めにゾクゾク、鈴村さんの泣き演技にキュンキュンさせられるし。

ミステリー仕立てなお話です。
微妙にコミカルで、微妙にシュール。
シリーズもので、色々な伏線が散りばめられてますが、回収されないままで終わるので、この作品だけでは全貌が見えないです。
でもこの巻の核となる事件そのものは解決するから、そのあたりは無問題。

三木さん演じる攻めが、温厚そうなのに腹黒キャラっていうところが良かったなー。
大好きな受けをオトリ捜査に使い、しかもその一貫として初エッチしちゃうなんてあり得ないよ。ひどいw
俺様で鬼畜な攻めが多いBLでも、なかなかないキャラで新鮮でした。
それだけに、この攻めの性格は、趣味が分かれると思います。
私はこういう攻め、大好きです。こういうのが真の鬼畜でドSだと思うw
鈴村さんは可愛さが炸裂してました。こういう鈴村さん、ほんと好きだなー。
元気でヤンチャで、ちょっとお馬鹿で。

軽い気持ちでさくっ続きと聴けば楽しい作品じゃないかなと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ