可愛いひと

可愛いひと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

195

レビュー数
6
得点
63
評価数
15件
平均
4.2 / 5
神率
40%
著者
作品演出・監督
平光琢也
音楽
三宅洋
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
59 分
枚数
1 枚
ふろく
ポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

エッチの経験もないのに、遊び馴れたふりで片思いの後輩・池内に告白した篠田。そんなけなげな篠田の姿を見てグラリときてしまった池内は篠田の可愛さにだんだん夢中になっていく。クールな池内×罪作りなほど純情な篠田センパイのミダラで一途な学園ラブライフがついにドラマCD化!(帯より転記)

表題作 可愛いひと

池内智弘 → 神谷浩史

篠田ナツ → 鈴村健一

慎一 → 飛田展男

皆川晴彦 → 高橋広樹

同時収録作 おまけ

慎一 → 飛田展男

皆川晴彦 → 高橋広樹

評価・レビューする

レビュー投稿数6

可愛い!

もう、とにかく可愛いの一言につきます!
キャラに声優さんの声もあいまってか、より可愛くなってて、聞いてるこっちが悶絶しました「かっ、かわいいわ〜!!」って笑
CDを聞いた時は原作未読だったのですが、聞いたあと原作も即購入し読みました!読んだ後だと、少し飛田さんの声が「うーむ…」って感じなんですが、演技に関してはなにもいうことないので、気にしない方向でいきます笑

基本的にシリアスといわれるシリアスもなく、主にギャグ風味なところで進んで行くのでとても聴きやすいと思います。

神谷さんらと鈴村さんがとにかく可愛いので、ぜひ聞いて欲しいですね。

0

可愛くて楽しい^^

原作既読です。
漫画のエピソードから「純情スウィートデビル」「可愛いひと」「可愛いひと~楽しい合宿編~」「可愛いひと~Kiss me please…baby?編~」「男マエ思春期少年」、そしてシンと皆川のエピソード「おまけ」が収録されています。
使われている台詞はほぼ原作通り。声のイメージも主役の2人と皆川は若めのお声だったんだけど、シン役の飛田さんが時々年齢的に上かな~?と思う時がありました。
主役の2人のバカップルぶりに充てられて呆れてる時の低めのお声の時だからそう思うのかもしれませんが…。

年下なんだけどセクシーで男前な池内を神谷さんがカッコよく演じられてましたし、健気でちょっとネガティブな篠田を鈴村さんが可愛~く演じられてました。

後半はちょっとコミカルなシーンが楽しく聞けました。
教室エッチをする時の神谷さん、すっごく面白いし、おまけエピソードの2人もおバカで、思わず声出して笑ってしまいました。

原作の漫画の方ではもう少しエピソードが多いし、とっても可愛いお話なので、どちらもお薦めです。^^

0

見事な高校生

 久しぶりに聞きました。
 今をときめく神谷さん。聴いてたんですねェ。
今は受けが多いようですが、お上手ですねェ。本当に男前な高校生でした。
その後の展開が一番気になっていたシン役の飛田さんは、ちょっと老けてる?
お上手はお上手なんですけど…
篠田役の鈴村さんは、可愛いというより幼い?
考えていることはガッツリ青少年な人物なのでもう少し大人な感じがほしかったかな…
好みの問題なのでお許しくださいませ。
 神谷さんがあまりにも普通に高校生なので、飛田さんも鈴村さんもそう聞こえるのかもしれません。

0

本当に可愛いひと

高校生同士、部活の先輩と後輩の、本当に可愛い恋のお話。
BLを読みはじめた初期にこの原作を読みました。
私をBLにハマらせる一因となったとても大好きな作品なのですが、CD化されたものも大好きです。

神谷さんが攻めという珍しい作品なんだけど、ふつうに攻めでした。ホントにふつうに、違和感なく。
これ聴くと、なぜ神谷さんに攻め作品が少ないのか不思議に思えちゃう。

受けは彼女持ちの攻めにアタックして奪っちゃうんですが、この受けをよくぞここまで可愛く描いてくれたなぁという感じ。
背水の陣で必死でぶつかっていってるから、まったく嫌な感じがしないんですよね。むしろ可愛い、ひたすら可愛い。
鈴村さんはもちろん可愛い。
キャスティングが神だなぁと思います。

ストーリー的には前半の流れが大好きです。
慣れたふりしてエッチに誘う受けの可愛さにメロメロになっていく年下攻め。
後半は、BL読んで勉強したという攻めの神谷さんの言葉攻めに腹がよじれました。「メスブタ!」って、いったいどんな凌辱系BLを読んだのだろうw
でも神谷さんのカツゼツのいい「メスブタ!」は大好き。神谷さんに言われたら、泣きながら萌えちゃ続きうよ。

0

神谷くんがかっこいー攻です。

篠田はバスケ部後輩の池内のことが好き。
彼女がいても好き。
だから、重くならないように、一度きりでもいいからと、遊び慣れたふりして告白。
そんな健気な姿に池内も心を動かされて…。

つい聞いてしまった神谷くん攻のお話。
先にコミック読んで好き系のお話だったので。

フツーに神谷くん男前声です。
篠田の真っ直ぐな気持ちに動かされて彼女とすっぱり別れてみたり、やることもなかなか男前。
ちゃんと篠田のこと好きなのに、それがうまく伝わってなくて。
というか、篠田が求めないように欲しがらないようにって感じの人で。
篠田は今までも男が好きだったけど、池内はノンケだったからって自分が女の代わりになれないかみたいなこと考えてたり。
考え方自体もちょっと独特というか天然というかアフォというか…。
思考回路がちょっとブッ飛んでるとこあるので池内は苦労するよね(苦笑)
篠田役の鈴村くんは終始可愛かったです。

で。
コミック読んだ時に実は一番好きだったのがシンさん(慎一)
皆川の幼馴染みで、いろんな男を好きになっちゃう皆川を密かにずっと好きな人。
振られた皆川をベッド続きで慰めたりする人(2人の間でそういう関係は成立している)
今回はオマケにそんな2人のちょっとしたエピソード(半分以上ギャグちっくだけど)が入ってました。
やっぱシンさん気になる~!

シンさんが幸せになれる日が来るといいな(コミックでも皆川に告白とかしないので曖昧な関係のままだった)

0

原作が好きで、初めて買ったBLCD

この原作が好きで、好きで、初めて買ったBLCDがこれ。
当時は声優さんのことは,何も知らないまま買った。
けれど、後に本格的に声優さんでCDを追い出してから、よくぞ、このCDを買ったなと、自分の選択眼に自画自賛。
っていうか、CD化に、よくぞこのキャスティングしてくださいましたって感じ。

ナツ先輩役の鈴村さんは、ちょっと生意気で、ちょっとオバカで、とってもカワイイ。
後輩・池内の神谷さんの攻め声も、落ち着いているようで、せっぱ詰まっているようで、ニュアンスがなんともエロくって素敵。

オマケに、先輩達のオバカ小話が付いていたのも楽しい。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ