極妻のススメ

極妻のススメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
芦沢ともえ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
ブックレットに書き下ろし番外編「婚約指輪のススメ」
フリートーク
あり
発売日

表題作 極妻のススメ

伊達崇人 → 堀内賢雄

和田優介 → 福山潤

その他キャラ
神宮(伊達の相談役)[千葉進歩]/ 川崎(伊達の部下)[伊藤健太郎]/ 和田の父(和田組組長)[緒方賢一]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

脇役が素晴らしい

ヤクザもの。
受け(福山さん)の、女々しくて後半になってもまったく相手を信じようとしない性格は気になったなァ。せっかくヤクザの息子な受けのわけだし、もうちょい“漢”ってところを見せて欲しかったです。
でもその他は良かったです。
攻め(堀内さん)はとてもカッコいいヤクザでした。ちょっと下品なところがタマランですね。
でもこの作品の最大の聴きどころは、ヤクザ攻めの舎弟たちの健気さだと思います。
世話係の知的な神宮(千葉さん)の生真面目な恋愛アドバイスが面白い。言ってる中身そのものは間違ってないんですが、言う場面を間違ってる天然っぷり。
あと、兄貴に惚れるあまりに暴走してしまう川崎(伊藤さん)のアホアホな熱血さとか。

この舎弟くんたちの出番を多めにして、もうちょいコミカル寄りに話を作ってくれてたら尚良かったのになァとは思いましたが、全体的には楽しく聴きました。

0

世が世ならば…勇者の声!

ことの始まりは…ヤクザ相手の事故でした。
(うっかり自転車をぶつけた相手が、運悪くもヤクザのベンツ!)
「500万円で弁償するか、死ぬか、俺に抱かれるか?」
所詮はヤクザです、言うことがえげつない…。
ただしっ、この場合、加害者も被害者もヤクザおよび関係者ですから…笑えません。
不運そうな被害者は、暴力団和田組の坊ちゃん・優介君で、
加害者らしきヤクザは、暴力団伊達組の2代目・崇人若様!
実はこのお話、崇人の優介君に対する…10年越しの片思いに始まっていたのでした☆
攻の崇人の男っぷりは素晴らしい! まさに男が惚れる男です。
…といっても、BLのヒーローではなくて、少年漫画のヒーローです。
そう、「ドラクエ」の勇者のような…まごうことなき勇者声です☆
勇者声のキモは…誰がどう聞いても色男声なのに、そのイメージは「少年ジャンプ」!
少女漫画や、ましてやBLのオーラなど、露ほども感じさせません。
(これがはからずも…勇者の気骨を感じさせてしまった!)
そして、超下品なヤクザ言葉なのに、不思議と下品さに気付かせないところです。
(これがまた、勇者の正統派を印象づ続きけてしまってます。)
そこで最後の極めつけ…SEXシーンが、かなりかなり濃厚で長い。
…にもかかわらず、BL特有のウエットな雰囲気に偏っていません!!!
(これが勇者の必須条件、爽やかさの極みですよっ。)
爽やかで、気骨があって、正統派勇者なら…
…男が惚れるも仕方無し…と神妙に納得してしまうのでした☆
BLCDの攻としては異色のヒーローですが、
女好みのウエットな二枚目向きでないなら…
三枚目を狙うより、いっそ男好みの正統派を目指そう…という役者魂も素晴らしい。
そうそう、このCDは脇役さんもなかなかの上手です。
任侠映画さながらのヤクザっぷりでした。
女好みの甘さは、福山氏が引き受けてましたよっ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ