僕の声 金のがちょう編

僕の声 金のがちょう編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
作画
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

そんなある日、売れっ子声優の風間廉示と出会う。偶然にも上智と風間は幼馴染みであった。同じ道を目指す幼馴染みと出会い、嬉しく思う上智に対して、風間は「お前には足りないものがある」と冷たく突き放す。なぜ風間は上智に辛く当たるのか?そして二人はなぜ声優を目指したのか?その答えは二人の過去にあった。―「この声」で、勝負をかける!!(メーカーより)

表題作 僕の声 金のがちょう編

上智渉 → 高橋広樹

風間廉示 → 森久保祥太郎

その他キャラ
黒川英弓[森川智之]/ 保坂條一郎[三木眞一郎]/ 国府冬馬[緑川光]/ 子、蓑[阪田佳代]/ 王様[河原木志穂]/ スタッフ[西田紘二]/ ミキサー[小原雅一]/ 監督[高田べん]/ ミユキ[高野直子]/ プロデューサー[阿部信行]/ 店橋[小野健一]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

森川さんに惚れ直したCD

原作既読です。そもそも原作が「春抱き」のCDシリーズ制作過程から派生した副産物的なものなので、よくCD化したなーと思いました。本編も面白かったですがお話としては原作二巻まで聴きたかったので、最終トラックのフリートークの面白さに★1つプラスという感じです。

高橋さんと森久保さんというのは聴くまで今いちピンと来なかったのですが、聴いてみると同い年の青年同士の普通っぽい感じがいいなと思いました。森久保さんの受…新鮮でした。

先輩カップルである黒川と保坂は森川さんと三木さんにアテ書きされたキャラクターなので、本当に演じてくれたことに加え、「春抱き」とは違って素っぽい声と演技に、お二人の心意気を感じて感動しました。特に、森川さんの演技の巧さ…肩の力を抜いた(ように聞こえる)声のトーンに改めて惚れ直しました。

繰り返しになりますがフリートークが本当に面白かった!気心知れたメンバーの和気藹々とした雰囲気も、声優業界のお話も興味深かったです。続編への意欲を語ってくれた皆さん…。もう無理だと思いますが、続編があれば聴きたいな~。

0

声優業界震撼!?

恥ずかしい!
恥ずかしい!
とてつもなく恥ずかしい!
もうもう聴いててどうしようもない恥ずかしさを感じてしまったんですが、それは舞台が声優業界だからです。
どうしても演者さんたちの気持ちを考えちゃうもんで、素直な気持ちでは聴けないっていうか…w
でもストーリーは面白いんですよ。男のプライドをぶつけ合いながら真面目にお仕事に取り組む姿を描くのは、新田さんの得意分野ですしね。妙にリアルなぶん、余計に恥ずかしくなる感じ。逆にリアリティ皆無なお話のほうがナチュラルな気分で聴けたかもw
なんていうかな、妄想で済ませておいたほうがいい部分を侵食された感覚もあって、そういう意味では趣味の分かれてしまう作品だとも思いますが、BLCDファンなら聴く価値アリです。
森久保さんの受け、やっぱいいなぁ。

なによりフリトが楽しい。
声優さんたちのコメントを聴きながらニヤニヤしてしまいました。

1

実在の声優さんをモデルに声優業界BL

この作品は声優業界が舞台で
なおかつ実在する声優さんをモデルに描かれていて
そのモデルになった声優さんが声をあてているらしいっすよw
ちなみに、あくまでイメージだけをモデルにしてるので
BL部分はフィクションということらしい(←当たり前)

原作本描くときも監修として、森川さんと三木さんが
新田先生に協力してたんだって。
だからなのか、メインである広樹さんや森久保さんよりも
なぜだか森川さんが活き活きとフリトを仕切っていらっしゃいました。
正直このフリトが一番おもしろかったわ。盛り上がってたw
原作本読んだとき、声優さんはどう思うんだろうとか思ってた疑問も
このフリトであきらかになったし。
・・・けっこう声優さんらは、楽しく読んでいるようで原作ファンはホっとしました。
途中8分間くらい、三木さんも緑川さんもだんまりだったんで
あぁフリトにはいないんだって思いますがいますw

作品内容は、新田先生なんで業界ネタを細かく描きつつそこにBLを綺麗にあてこむw
でもこの作品は、BLシーンなくても十分おもしろい。
広樹×森久保のBLシーンのみですが・・・これ続きあんまりグっとこなかったわ。
原作でも、ずいぶん無理やりBLシーン入れたなぁって思ってたんだよね。
無理やり描き下ろしでBLシーン追加して描いた感じが否めない部分だったし・・・。
そのあたりは仕方ないかな。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ