ヒ・ミ・ツの家庭教師

ヒ・ミ・ツの家庭教師
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
3
評価数
4件
平均
1.8 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典:「東瑤学園新聞」(アフレコレポートほか)
フリートーク
あり
発売日

表題作 ヒ・ミ・ツの家庭教師

天方康煕 → 子安武人

桜井裕也 → 宮田幸季

その他キャラ
桜井雅人[緑川光]/ 井上隆文[鈴村健一]/ 北井[岸尾大輔]/ 小椋[高橋広樹]/ 里中[楠大典]/ 橘[野島健児]/ 橘[野島健児]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

うん。ね

私が年をとりすぎたのか・・・なんなのか・・・・
申し訳ないが、攻がキモチワルすぎて(´A`。)グスン

英語の成績が愕然とするほど酷い。
両親を早くに亡くし、兄と弟の兄弟二人。
弟をまっとうにすべく兄は家庭教師をつけることにしたのだが
これが波乱の幕開け。というところなのであります。

男子校のアイドルである受。
ちらほら学校中から狙われてる空気はあるものの
やりて生徒会長様、親友によって守られている様子。
そんな受に対峙してきた家庭教師。
いまだお子様の受にキスをし、惑わせる

初めての恋に動揺する受に対し・・?!
という展開なのですが、「俺のこと好きなの?」に対しての反応然り
生徒会長様とイチャコラして見えたのに憤慨して、受をよもや強姦。
言い訳が「キスされてるのを見て頭にきて」とか
受のせいじゃないじゃん。。。。ある意味踏んだりけったりというな。
あまつさえの強姦プレイ。
どーなっとんのよ。
それに対して、相変わらずトンチンカンに恋を募らせる受。
ぐぬぅ・・・がぬぐいきれない作品でした。

声優さんたちが無駄に豪華なのは皆さんおっしゃ続きるところ。
なのですが・・・この攻はうけつけられなかった。
横暴攻は好きなのよ。受が好きすぎてもだえるのもいいのだけれど
なんか傲慢すぎてどうにもな。

まぁ、久々に宮田さんのショタ受が聴けただけでもよしとします。ᵀទ

0

なんという豪華キャスト!……の無駄使い

笑っちゃうぐらい支離滅裂でつっこみどころ満載のお話でした。
古くさい昔の学園モノのテンプレ。いちいちつっこむとキリがないのでやめておきますが、全編つっこみどころです。
そんなストーリーにこのキャスティングというのがまた凄い。主役カップルだけじゃなく、ちょい役の脇キャストに至るまでどんだけ豪華なのさ~!

話はちょっと変わりますが、趣味じゃない作品でも、語りたくなる作品と語りたくならない作品があるんですよね~。
この作品は完全に後者です。
語る気にもなれないッス。

0

声優が豪華なんだけど・・・

宮田さん受が聴きたくて、某BLショップで中古で購入。
その他のキャラが、また好きな声優さんでっ!!
でも、内容的には普通・・・だったり・・・。嫌いじゃないけど、まぁ普通。
でもって何が一番不満だったのが、フリートークが、あったのは、いいんだけど、一人ずつのコメントだけっだったので、なんだかなぁと・・・
個人的には、みんなで、わいわいフリートークをしてほしかったなぁ・・・

0

愛だけでは乗り切れない時もある

まずは本作の出演陣に注目だ。
宮田幸季、子安武人、三木眞一郎、緑川光、鈴村健一、岸尾大輔、野島健児、高橋広樹、楠大典と、非常に豪華!
なのだが、びっくりするくらいぐだぐだなストーリーで驚愕した。
いくら宮田好きでも、そりゃないぜ・・・という内容でショボーン(´・ω・`)

両親が亡くなってから大学生の兄・雅人(緑川光)と二人暮しの、中学生・桜井裕也(宮田幸季)は、英語の成績がみるみる下がってきたために、兄と同じゼミの学生・天方康煕(子安武人)を家庭教師として迎えることとなる。
ええと・・・このお話の絶対的に破綻している部分は、先に天方の方から裕也の唇を奪っておきながら、後日「僕のこと好き??」と裕也にしつこく問われたことに対して逆ギレしているところだ。
そして「挑発するな」と、最後まではいかないまでも嫌がる裕也を襲っちゃうところ。
そのくせすごいヤキモチ焼きで、裕也が生徒会長に肩入れしただけでまたまた逆ギレして、今度は最後までやっちゃう鬼畜。
さすがの私も無茶苦茶だなぁオイ、と。
どんだけ逆切れ大魔王なんだよ、と。

ま、宮田さんは色っぽくて良かったんだけどもね続き
泣きながら“ヤダ!”とか、それはそれで結構・・・(* >ω<)ジュルリ
あとお兄さん役の緑川さんがBL作品では珍しくノーマルで(初めて?)、女性が好きな男の人だったこと。
これは貴重だ。

・・・・・・えっ?オススメそこなの?

と言うか、コヤピーちょっと棒(略)・・・。

えっ!?(笑)

まあ様々な感想のひとつという事でどうか<(_ _)>

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ