薔薇の名前

bara no namae

薔薇の名前
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
10
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
なし(ブックレットに書き下ろしSS有り)
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

16歳の封殺師~山上彬。強大な妖力を持つ男。謎の存在~瀬名勇。行方不明の弟を探し求める彬の前に、戦慄の黒いオーラを放ち傲然と立ちはだかる瀬名。運命の二人が出会った時、妖艶なる薔薇の物語が幕を開ける!! 出演声優フリートーク収録

表題作 薔薇の名前

瀬名勇 → 諏訪部順一

山上彬 → 福山潤

山上菜津央 → 宮田幸季

山上彬 → 福山潤

藤川翔 → 野島健児

山上彬 → 福山潤

その他キャラ
紗倉巧[三木眞一郎]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

豪華キャスティング

原作未読です。
展開は封殺師ってことでミラー○ュや封○鬼で育った私にはとても懐かしい展開です。時代を感じる。ありえなくてなつかしーい!
戦い展開にもりもりエロシーンをもってきたお話ですね。

フリトで福山氏が「いままでにないほど絡みのシーンがあった」とのお話ですが'03年時点でですね(笑)意外にフォードアウトと朝チュンが多かったです。朝チュン表現も懐かしい!
まぁストーリーと設定説明と各相手との濡れ場が必要ですからね、濡れ場は少しずつって感じですかね(笑)

諏訪部さんはキス以上は今回が初めてとのことでした。朦朧とした中で彬(福山さん)に奉仕いただいてるところは良かったですね。
福山さんは「僕が初めてですみません」と謝ってました(笑)

三木さんは絡みシーンのない役だったので「あー、こんな感じで皆楽だったんだ」と感慨深げでした(笑)

原作は続いてますね。宮田さんの演じた弟君がどうなっていくのか瀬名の正体とか今後の展開が気になります。

1

★★★★☆

ほにゃらら師とかヴァンパイアとかって、基本ファンタジー?だったけど
ストーリー構成は原作ではしっかりしてるんだろうけど
CDだからギュッと詰め込んじゃってるんだろうな。でも、普通に楽しんで聴けた!

最初、ほにゃらら師とかの説明をしてる時は正直面倒くさいなと思ったけど
序盤からエロシーンぶっ込んできて、そこからはストーリーの成り行き上セックスセックスセックス!!
今まで聴いたCDの中でもエロシーン多!!
萌えた。

瀬名さんのキャラもよかったし、彬はもう少し年が上でも良かったかな(彬は高校生)とは思うけど
まぁそこはとりあえずよしとします。

そして!!
べ様(諏訪部順一)の低音がカッコイイィー!!
笑い声なんてもうゾクゾクしたよー
じゅんじゅん(福山潤)も終始可愛くて、喘ぎ声もよかったです、堪能できた

クライマックスシーンの、朦朧とする瀬名の妄想彬はよかったー
瀬名さん彬のこと好きなんじゃーん!ってムハムハっとしたね
後半、ザ・ショタ声宮田さん(宮田幸季)演じる菜津央が攻めだした時には『おおぉ!?』って感じだったけど それもなかなか萌えた!

個人的には紗倉さんが誰かと絡むのが聴い続きてみたかったけど
まぁそれは仕方ないかww
最終的に紗倉さんと菜津央がくっついたと勝手に解釈しようww
期待してなかったぶん、とても嬉しいCDでした!

1

宮田攻め増えて下さい、お願いします

全然可愛くない「お兄ちゃん」呼びと「呼んでよ、ほら!」のところ、こんなに男らしい声出せるなんて思いませんでした!
メインCPに関しては、根暗で無口で友達いなさそうな性格が悪いちょっと電波な男前、THE・BL攻め様って感じの瀬名が苦手でした

0

なんかもったいない感じ

なんかもったいない作りのCDだなと思いました。
脚本に問題があるんじゃないかな。
原作を読んでない人にはストーリーがよく分からないんじゃないかなァと思いました。
ちょこっとストーリーが進んだかと思うとエロシーン、またちょっとストーリーが進んだかと思うとエロシーン。それより、もうちょい話を説明してくれ~と思いました。ストーリーの分かりやすさよりも、とにかくエロを優先して作りました!って感じ。
飽きさせないためのサービスなのかなと思いますが、多すぎたらむしろ飽きるし、先を聴きたい気力が削がれてしまう。
原作は未読なんですが、凝った設定のようだし、ストーリーも面白そうだなァと思ったんで、なおさら残念です。つまんないお話ならそれでもいいけど、せっかく面白そうなお話なんだから、エロの分量を抑えてでもストーリー性を優先させるべきじゃないかなァ。

あとキャスティングもばっちりです。
エロボイスの諏訪部さん×福山さんのほか、
宮田さん×福山さんという美味しい組み合わせの濡れ場もあり。しかも黒い宮田さんです。

もったいないなぁ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ