BAD BOYS! えーちゃん

BAD BOYS! えーちゃん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
28.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
芦澤ともえ
原画・イラスト
やまねあやの
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
リーフ出版〈CD〉
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
あぶらとり紙
フリートーク
あり
発売日

表題作 BAD BOYS! えーちゃん

ボー・ジョン・ビー → 檜山修之

矢崎栄吉 → 森川智之

矢崎鉄郎 → 野島健児

鈴奈五夢 → 宮田幸季

あて馬
穂立力也 → 大友龍三郎
その他キャラ
穂立寅安[うすいたかやす]/ 若者1[栗田圭]/ 若者2[安元洋貴]/ 若者3[斉藤隆史]

評価・レビューする

レビュー投稿数4

独特のノリが楽しい

趣味の分かれそうな作品ではありますが、独特のアホアホなノリが非常に楽しい作品でした。
古風な?トラック野郎受け(森川さん)と、典型的な変な外人さん攻め(檜山さん)。
なんかもー、最初からぶっ飛んでるんですよ。“漢”って感じの男(森川さん)が、男らしいモノローグを語り(完全にギャグです)、お話がはじまる。さあ、このテンションについてこい!って感じ。ここをプククと笑って楽しめれば、最後までそのノリを楽しむことができます。
そんなトラック野郎受けに挑んでいくのが、ザ・変な外人攻めの檜山さん。もうこの檜山さんがノリノリで楽しぃー!いわゆる「外人喋り」をやりきってくれてるんですよ。
二人のエッチも同じノリです。男らしく?抱かせてやろうと決意する受けの森川さんですが、ひたすら痛ぇ!痛ぇ!ぐええ!としか言わない喘ぎ?っぷり。森川受けが苦手な私も楽しめました。こういう受けなら大歓迎です。
対する攻めの檜山さんは、攻め方もやっぱり変な外人。ohを連発する外国のAVみたいで笑いが止まらなかったです。

脇役には野島さん×宮田さん。
宮田さんはオカマ役ですが、かわゆいです。
腐れ縁の幼馴染みカップルの二人の続き絡みも聞きたかったなー。

フリトまですべてが楽しい作品でした。

0

面白かった~

原作未読です。
やまねさんの挿絵と森川さん目当てで聞いたのですが、森川さんの珍しい受けが聞けて最高~^ー^
今まで聞いたのが、ほとんどクールでカッコイイ役が多かったので、こういうギャグで追いかけ回される役も似合ってる!と新鮮でした。
攻めの檜山さんもすごく楽しかった。なんかおバカな外人役になりきってる感じでした。
このお話は原作を読んでないので、ジャケットとかの絵からしかイメージ受けるものがなかったのですが、ハンサム金髪王子様系(外見)の役が檜山さんにとても合ってると思いました。

そして、全く予期していなかったお楽しみがフリトにありました!
フリトの最初から面白かったのですが、一番笑ったのは大友さん!
もう、ほんとのヤクザさんかと思っちゃいました(笑)。
フリトだけ何度も聞いてしまいました。へへへ
楽しいフリトをありがとうございました!

0

いろんな意味でぶっ飛んでますww

森川さん@矢崎栄吉(通称:えーちゃん)、
檜山さん@ポー・ジョン・ビー、ってことで、
役名からしてもうイクとこまでイっちゃってます!
それに、森川さん受ですよ~!!感激~ww
相手が檜山さんなので、エチもオスの雄々しい声しか聞こえてこない...
新鮮でしたね~三木さん受もビックリしましたが、三木さんはちゃんと
喘ぎ声はかわいかったんですが、森川さんは受であろうが
やっぱりオスですね!

檜山さんの声はめっちゃイイ声でした!
学生より大人の男の声の方が合ってますね。
しかも、この役は金髪の外人さん。
ネバーギブアップやらフィニッシュやら、ルー大柴なみの英単語の
羅列がおバカ過ぎて笑えるww
森川さんはいつもの男前キャラはどこへやら??って感じの3枚目受。
巻き舌のセリフに、檜山さんのバズーカから逃げる悲鳴に、えーちゃんの
モノマネと、とことん役になり切ってる森川さんがすげぇ!

エチの時がめっちゃおもしろかったです!
森川さんはひたすら「イテェ~」連発するし、檜山さんは「オウオウ」
って外人さんにありがちな喘ぎ声だし、変なBGMがずっと流れてるし、続き
これが笑わずにおれようか!?
ちょっと森川さんの「あんあん」言ってる喘ぎ声に期待したものの
やっぱり無理でした~

宮田さん@五夢がコカマ役なんですが、恐ろしい程の高音のかわゆい声。
ホントいつも思うんですが、こんな声どっから出してるんだろ!?
コカマってゆーか、もう女の子なんですよね~しゃべり方が...
電話の泣き声なんて女性声優さんかと思うぐらいかわいくてかわいくて~
野島さん@鉄郎は役の上では男前な声なんですが、
フリトではかわいい声でした~♪
あと、安元さんはホントに初めの一言二言しかしゃべってないんです...

「フリト」
檜山さんのトークってホントにおもしろいなぁ~
外人さんテイストは程々にしたらしいんですが、
いやいや全然控え目じゃなかったです!
笑えるぐらいやり切ってましたよ~!だからこそ面白かったんでしょう★
“ペンソーペンソー“(←ペンシルのこと)って笑っちまうぜ!
森川さんはこのおバカな役を結構楽しんでやってたみたいですね~
ノリでわかっちゃいますww

本編もフリトもひたすらギャグテイストな作品でした。
森川さんと檜山さんがズバ抜けたはっちゃけ演技してるから
他の人の影薄いんですが、フリトで宮田さんにツッコム大友さんの
一言のパワーはその声質通りすごいwww
ビビってる宮田さんかわいいなぁ~♪

1

男らしすぎて、

主人公のトラック野郎エイちゃん。
男らしさを追求するあまり、ぐるっとまわって、かわいい嫁に。

このCD,森川さんが珍しく受け。
それよりもっと珍しいのが、檜山さんの攻め。
この手の役、今だったらきっと遊佐さんとか、そんなキャスティングになりそう。

最初の方で出て来るチンピラの中に安元さんの声。
こんな事もしていたのね

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ