DRは龍に乗る

DRは龍に乗る
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
イラスト
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日
価格
¥2,857(税抜)  ¥3,086(税込)

あらすじ

●作者●
原作:樹生かなめ
イラスト:硝音あや

●キャスト●  
氷川諒一:鈴村健一
橘高清和:鳥海浩輔
橘高正宗:堀内賢雄
宮城 翔:福山 潤
松本力也:近藤孝行
柳沢京子:甲斐田ゆき  他

表題作 DRは龍に乗る

橘高清和 → 鳥海浩輔

氷川諒一 → 鈴村健一

その他キャラ
橘高正宗[堀内賢雄]/ 宮城翔[福山潤]/ 松本力也[近藤孝行]/ 藤堂和真[高田べん]/ 多田[保村真]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大好き、樹生かなめさんのユーモアセンス

『だまし討ちだぜ、DR』のスピンオフです。
そちらの作品のキャラと同じ病院で働く受けが主役というだけで、キャラはまったくかぶってないので、単独で聴いてもまったく問題ないです。

原作は樹生かなめさんなんですが、特有の、「爆笑はできないけどニヤリとしてしまう脱力する感じのユーモア」がたっぷりで、改めていいなァと思いました。本当に好き。大好き。
いろいろいっぱいツボでした。
とくに受け(鈴村さん)の天然ボケっぷりですね~。
ゆえあってヤクザ攻め(鳥海さん)の姐さんにされちゃうんですが、昔受けは攻めの面倒を見てたことがあるもんで、オカンみたいな話をはじめるんですよ。攻めのオムツをかえてた話を舎弟の前でしたり、昔は小さかったアレの話をしみじみしたり。
舎弟たちは笑いを噛み殺してたり、攻めは目をシロクロさせてたり、面白くて可愛くて萌えました。
攻めのほうは、ひたすら一途な年下攻めくんです。
やりたいさかりの彼が、身体を気遣ってガマンしてるって、もう萌えしか感じないんですが!一生懸命に守り愛そうとしてるんだけど、無駄に悲壮感があって若干ズレてるところがまた可愛い。かっこいいんだけど、オマヌケにも見続きえるという絶妙さでした。

キャスティングも良かったと思います。
攻めの鳥海さんが渋い喋り方をされてたので、10代だったのか!ってびっくりしましたが、キャラ的にokだと思いました。鳥海さんの年下攻め好きなんですよね。だんだん年下攻めをすることは少なくなっていくと思うし、そういう意味でもレアだと思いました。
鈴村さんは可愛い。真面目にボケボケ。口うるさくて空気読めないオカンと、優しくて可愛い年上受けが見事に同居してるキャラを見事に演じて下さってたと思います。

0

まあまあ楽しめました

原作のこの巻は読んでいないのですが、小説のこの後のシリーズで奈良千春さんが挿絵を描かれているのでストーリーを知っておくために聞いてみました(この後の巻からは小説読んでいます)。

主人公の二人の声優さんは、清和はちょっと大人びているかなと思いましたが、イメージと合っていると思いました。
私は小説のほうでは、氷川の清和を子供扱いしたりする所が私的にはちょっとダメなところなんですが、このドラマCDではそれも余り感じませんでした(もしかしたら、原作でもそういうシーンが少ないのかもしれませんが)。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ