ブルーな子猫

ブルーな子猫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
亀山俊樹
音楽
高瀬ゆい
脚本
あさぎり夕 
原画・イラスト
あさぎり夕 
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
ランティス
収録時間
72 分
枚数
1 枚
ふろく
不明
フリートーク
あり
発売日

表題作 ブルーな子猫 子猫シリーズ2

瀬名雅志 → 中井和哉

久住公平 → 宮田幸季

久住弘樹 → 成田剣

南部芳 → 杉田智和

その他キャラ
有栖川玲[斎賀みつき]/ 有栖川拓[山崎たくみ]/ 谷川マネージャー[山岸功]/ 団員[栗山浩一]/ 団員[吉田裕秋]/ 女生徒[升望]/ 女生徒[桜川朝恵(現:瀬那歩美)]/ 黒田師匠[山下啓介]/ ヴィヴィアン[半場友恵]/ 瀬名茜[笹本優子]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

「乳首見せてあげる。ちらっ」

親猫シリーズのスピンオフシリーズである子猫シリーズの二作目。
私は『魅せられて』を聴いたあと色んなものをすっとばかしてこの作品を聴きました。
でもストーリーを把握するのにまったく問題なかったです。
『魅せられて』はシリアスタッチだったけど、こちらはかなりコミカルでした。んで、私はこちらのコミカルなほうが好きでした。

宮田さん演じる受けのキャラクターが、ちょっとエキセントリックでめちゃくちゃ可愛くて最高。
宮田さんの声、合いすぎるほど合ってました。かわいいー。
「乳首見せてあげる。ちらっ」とか、こんなに可愛く言えるのは宮田さんしかいない。
見たいです乳首!w

攻めの中井さんは、歌を歌ってて笑っちゃいました。
ごめんなさい、あんまり上手くないもんで、余計に面白くて…w
ドラマCDの中で、これだけがっつり歌を歌ってるのってはじめて聴きましたが、この演出はどうなんだろう…。

主役カップルの絡みのシーンは初々しくてかわゆくて、キュンキュンしました。

あと、成田さん×杉田さんの大人カップルでの絡みもアリ。

0

こっこはどぉこだぁー♪ オッレはだぁれだぁー♪ 中井和哉の歌ばっちり収録

「目指せ本番生挿入!」
↑瀬名(中井)ってもう少しかっこいい子かと思ったけど、バカな子でしたww

いまだsu-ma-taどまりの瀬名(中井)と公平(宮田)
あいかわらず公平(宮田)贔屓の芳(杉田)に反対され
瀬名(中井)の妹まで登場し、断固ホモ反対されてしまうw

親猫CPも、相変わらずの濃厚変態絡みっぷりですw
芳(杉田)は、母親のように父親のように
公平(宮田)を猫かわいがりでなんか癒されますよ。

ここにきてやっとわかった有栖川家との関係。
瀬名(中井)の幼なじみだったわけですね。
拓(山崎)が、非常に悪い人でした。びっくりw

前作では、ちょろっとしか流れてなかった
バンドマン瀬名(中井)の例の歌。
きっと反響があったんでしょうねwww
こっこはどぉこだぁー♪
オッレはだぁれだぁー♪
ばっちり入ってました。かなり長い尺とってます。
中井ファンは必聴ですよwww

今回の目的は、冒頭で瀬名(中井)が宣言しているとおり
初えっちです。
またしても、危機一髪を救ってラブラブ!
という展開はあまりにもベタすぎですが
「69しかねぇ続きべv跨げよ」とか言ってる中井ボイス良かったです。

キャストロールは「がんばりました」談ばかりでしたw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ