しあわせにできる

しあわせにできる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
7
得点
40
評価数
12件
平均
3.4 / 5
神率
16.7%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
音楽
佐藤啓
脚本
芹沢ともえ
原画・イラスト
陸裕千景子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

表題作 しあわせにできる

久遠寺皇 → 置鮎龍太郎

本田雪彦 → 森川智之

その他キャラ
徳永映[小杉十郎太]/ 各務保[鈴村健一]/ 豊川課長[高木渉]

評価・レビューする

レビュー投稿数7

帝王受け

帝王受け、しかも攻めは置鮎さんです。
1巻はなんともなんとも愛がほぼない(苦笑)
お仕事小説ですね。お仕事内容は結構好き。

置鮎さんの攻めは低音で渋め。標準語です。
心配していた帝王受けですが、1回目は強姦がまぁ痛そう。しかーも愛が全くない強姦。本当に痛そうで上手いですねぇ。
陸裕先生の本田は強姦で倒れそうだけど、森川さんの本田は毎日の深夜残業に慣れない受けでも仕事が忙しくて復帰するだけのタフさがある感じでぴったりな気がします。

2回目は本田に惚れた久遠寺が、テクで強姦の上書きしようと強引で頑張ります。森川さん受けは、まだ愛がないので強引にやられちゃうわけですが、1度目とは違い少しは見直してるかな。
気持ちよさそうってとこまではいかないけど。
でもここから久遠寺の強引猛アタックがはじまるんですねぇ。
強引攻めは好物なのでこれから原作読んでみようと思います。

帝王受けですけどなよなよしてなくて男同士の恋愛ってかんじで好感触です!

0

強引さが好きなので・・・

好き嫌いのはっきり分かれそうな作品かな・・・とも思います。

先ず、帝王受けに抵抗がある場合は聴くのが辛いと思いますし、無理矢理(しかも初Hは会社の机で強姦・・・さすがに痛そうTT)というのに抵抗がある場合も聞くに堪えられないと思います。


・・・が、私は帝王受けも好きですし、無理矢理も好きなので(但し鬼畜過ぎたり、ただの強姦とかリンチや拷問的な物はNG。あくまでハイスペックな攻め様で、しかも後にちゃんと愛に変化しないとだめです。)この作品はドストライクでした。
Hも、2回目以降は「嫌・・・」とか言いつつも攻め様がまんざらでもない感じ。でも、例え気持ちよくなっていても、受け様には「嫌・・・」とか言って欲しい私。

この作品は何よりも攻め様のしつこさと強引さが良い!!!!とても良いです!!!

もうひたすら萌えまくった一枚でした。

1

二度目がいい

久遠寺と本田の間の緊張感がとてもよかったです。
会社の同僚の皆さんはなんだかスーダラ節の時代の様な
のどかさでギャップが激しいです。
ただ一度目のアレは痛そうでとても気の毒で二度とは聞きたくないです。
でも二度目の「だから、よくしてやるよ」はよかったですね。
そのシーンのBGMも二部構成でドラマチックです。
でもやっぱり痛そうですよね。
映さんのひょうひょうとしたところが好きでした。
頑張って欲しいですね。今消費者金融会社ってリッチなのかな。

0

これが始まり。

シリーズ全て拝聴済みなのですが、ここから全てが始まります。
少めだと思う森川さん受け、そして安定の置鮎さん攻め。
お上手なお二人の最高の組み合わせでした。
内容はリーマンもの。私は好きでした。濡れ場は今回は少し痛め。森川さんの息ができない演技が秀逸。聞いているこっちも圧迫感を感じてしまうほど、リアルな演技でした。置鮎さんの攻めも相変わらず素敵でした。
声優買いも十分アリだと思います。

0

面白い

俺様リーマンとツンデレ?リーマン、イケメンで仕事のできる男二人のガチンコバトルが面白かったです。攻めの能力が若干チート気味です。
ドラマCDを聴いてから小説を読んだんですが、話を上手くはしょってまとめてるなァと思いました。脚本GJ。
昔のドラマCDも、名作はたくさんあるんだよね。(なかにはびっくりするほど悲惨なのもあったりしますが…)

受けが森川さんで、最近の森川さんなら絶対にやらないであろう役で、新鮮でした。なかなか陥落しない、常に前を見てる気の強さが魅力的な受けです。でも正直、森川さんは攻めのほうがイイ。
攻めは置鮎さん。すごい俺様な攻めなんですが、ぴったりでした。
この攻めがへこむところが見てみたい。へこんでくれたら萌えるだろうけど、続編ではへこんでくれるんだろうか。

あとレイプシーンが壮絶です。かなり痛そう。

0

せめおっきー、うけもりもり

長いシリーズ物の第1作

人の話を全く聞かない。
仕事はできても、人間としての機微は全くできていない。
そんな男、久遠寺と仕事で組むことになった本田。
久遠寺のとってくる仕事は量もハンパなく、仕事への要求もハイレベル。
本田はそんな久遠寺の強引さに辟易としつつも、有能さも認め、自分の忙しさにも、それなりにやる気を持っていたのだが、ある事件をきっかけに・・・

この、久遠寺、超地雷キャラ。
でも、置鮎さんの、低く抑えた、人間らしい感情があまりこもっていないお声だと、なんだかどうでもよくなっちゃう。
対する本田は森川さん。
数少ない受け役だけど、このCDでは無理矢理強姦されて、感じて喘ぐってより、痛みにうめく声ばかり。
でも、このキャスティングでよかった。
これが逆だったら、多分途中でギブアップしたな。

トークは高木さん仕切りで。
最初の家は一言ずつって感じで回っていたのが、最後十郎太さんで掛け合い漫才に突入。
この二人のしゃべりが大半だったような印象が残る。

0

リーマンv

オーフェンス♪(*´▽`)ノ
オーフェンス♪(*´▽`)ノ
だって森川さんが受けてるっていうじゃない。
あれ?それってオフェンスじゃなくてディフェンス?
・・・・orz
面白かったです。
シリーズものって、けっこうダレちゃうので聞くまでどうかなと思っていたんですが何が何が。
テンポもキャラクターも立っててすごく面白い。
サラリと聴けてしまう作品に仕上がっているのではないでしょうか。

舞台は建築会社の営業?
出来る男「久遠」サマが、バンバン受注をとってきて、それを「本田」クンがフォローするというお話。
お話なんですが、苦労の尽きないと言いますか。
それでいて、その仕事にも慣れてきて、ようやく相手との信頼が見え始めたころに、危ない情報を手に入れてしまう。
それを久遠本人に言うべきか悩む本田。
結論、ホンダには直接いわず、課長を通して~な話にしてしまった。
結果的に、その受注はなくなったものの事なきを得る。
しかし、それを知ってしまった久遠に・・・というのがお話。

ゴーカン♪(*´▽`)ノ
ゴーカン♪(*´▽`)ノ

男を力でねじ伏せ犯す。
続きこれぞ、最大の屈辱。とばかりにですね。
感じるまもなくな感じ。
森川さんって、普段攻なイメージ強いじゃないですか?
低くて響く。
腰に効く~~ぅwwって感じで。
ですけど、受でもナチュラルでしたね。
いつもの腰に効く感じじゃなく、あれ?これ。。森川さん?
っていうのが雑感。
ちょっと残念な反面、これもいいなと思ったのが正直な感想。
個人的には、腰に響くくらいの低音な男が、低音のまま掘られてうなるような喘ぎを漏らすって言う設定はかなり萌えると思うんですがね。
キャラクターの感じでみると・・仕方ないかなと思わなくも無い。
その代わり、今回は置鮎さんの低音が光ってたのでよしとするw

話としては、まぁ、雑感そんなに浮き沈みがあるわけでもなく、サラリと端的な感じでした。
しかしながら、シリーズものということなのでそこは長期戦で待つ事にします。
キャラクター。
これは結構可愛い。
ありがちな、アホな攻に翻弄される受。
出来る男・久遠。
そんな久遠に逆恨みの上にレイプされて。
挙句、え?ちょ・・・なんで高級ホテルに連泊してたようなヤツが寮の、しかも自分の隣に引っ越してきたんだよ!!!
不憫なんだけど、それもまた良い。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ