妖狐、につまる

youko nitsumaru

妖狐、につまる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
50%
著者
イラスト
作品演出・監督
高橋秀雄
音楽
山中紀昌
脚本
平詩野 
原画・イラスト
明神翼
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
パイオニア(ジェネオンエンタテインメント)
収録時間
65 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

桃川祐也と室町司は、誠心堂総合病院を訪れていた。最近、院内で患者が消失するなど奇怪な事件が多発しているという。祐也と司は金に目がくらみ、事件解決のため院長である鷹司英一朗に雇われる。が、司と口論の末、祐也はひとりで事件を解決することに。一方、祗王は祐也が自分を避けてるのに苛立つ。しかも、祐也から誠心堂総合病院の話を聞くなり一緒に行くと言い出して……。はたして、事件の裏に隠された〝想い〟とは?
人気シリーズ、ドラマCD化第2弾!

表題作 妖狐、につまる

祇王京一 → 森川智之

桃川祐也 → 三木眞一郎

その他キャラ
瑠璃光青竜王[子安武人]/ 六花[遊佐浩二]/ 室町司[松本保典]/ 鷹司英一郎[堀内賢雄]/ 鷹司晴季[矢薙直樹]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

豪華キャストが…(泣)

森川さん、三木さん、子安さん、賢雄さん、遊佐さんとくれば
まず「聴かないわけにはいくまいよ!!」てなものなのでゲット。
…でもこの作品の前には『しょせんケダモノ』があったのですね…。
だってジャケに書いてないし;;

タイトルからして、リアルにあり得るようなお話じゃないのは予想できましたが
…なんか…、さも一昔前のBL作品って感じで……。
(ファンの方には申し訳ございません!!あくまでも個人的感想です;)

やっぱり三木さん演じる受けの祐也が男にモテモテとか。
「あなたは自分の魅力をわかっていない」と詰め寄る森川さん演じる祇王が
色っぽくて独占欲強すぎて、それは良かったです(良いんかい!)
『しょせんケダモノ』を聴いていない(読んでいない)せいもあるんでしょうけども
そこまで祇王に思わせる祐也の魅力がわからなかったですし
解決しようとする事件も意外とあっさり。
更にですよ!
そりゃ重要キャラかもしれない六花が遊佐さんなのに、
ちょっとしか出番がないだなんて!!!
あんまりだーーーーーーー(泣)
子安さんも“ちらっ”程度ですよ!!
賢雄さんの、いか続きにもスケベそうなおじさんはニヤッとしましたが。

お話に入りこめなかっただけで、
勿論声優さん方の演技は素晴らしいです!!!
特に三木さんは最初「…え!?これが三木さん!?」というくらい
若いお声で驚きました!!
言いよどんだりとか、流石です。

最終trackのお仕置きHのBGMは
「そこでコミカル調なんだ…」とがっかりしながらも
森川さんの嫉妬丸出しで攻めるのと
恥じらいつつ「指だけじゃヤだ…」おねだりする三木さんに耳ダンボ。
Hシーンは3回くらいあって、
三木さんがわりと声出して喘いでいるような気がして
やっぱり聴いてよかったです。(そこなんだ)

遊佐さんのクールビューティっぷりが切なかったのですが、
どうしても“勿体ない!!!”気が否めません。
11年も前じゃしょうがないのかな;

1

ケダモノな恋人!?

ラブもエロスも感動もの~な三拍子そろった作品でしたww
もともと「ケダモノ」シリーズの2作目なので、カップリングはすでに終了。
ケダモノ~というように、攻が妖狐のようなんですが、イマイチそれは活かせていなかったですね(笑
お話は、病院で美形の男の患者ばかりが夜消えてしまう。
しかし、朝になると戻ってきている。そんな不思議な出来事が立て続けにおこっているのだという。このままでは、病院の営業にも影響するので、なんとかしてもらいたいという依頼から始まります。
その正体~結末までのドラマが良かったですねぇ。
少年を思う・・・・。ま・・・そこまで深い話じゃなかったので、逆にわかりやすくてよかったというのもあると思います。
また、危険なまねをするな!と心配する攻。
前回のこともあるがために、心配してるんですが、どうしても気になるし、なんとかしてやりたいと思う気持ちの強い受は、がんばってしまうのですがwww
せめて、毎日、報告しろと義務付けられた日の夜。
「あれ?なにか・・・わすれているような・・」には笑ったww
その後のお仕置Hもドロエロくてよかったですね。
巻末のラブHも続きこれまたウマ。言葉の選び方がエロいというか、なましいというかw
リアル画が浮かんで、思わず店内なのにニヤニヤしてしまいましたょ

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ